キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:LINE

オススメピックアップ!

702: 名無しさん@HOME 2013/09/29 00:12:29
自営業の義実家。義父が社長でコトメが事務員、義弟は社員。
夫は自分の自営があって別会社経営。私は手伝い。
義父の会社事務所に毎日顔を出してる。
コトメ、朝は10時すぎに出勤。そして昼前には消える。
たまにいるかと思えばネットかスマホでゲーム。ラインの呼び出し音も
しょっちゅう鳴ってる。行方不明になるとみんなキレながら電話して
呼び出すので、逆ギレしながら戻って来る。
いつもいないので、私が事務所にいるはめになったり、来客対応したり
してるけど、最近は税務署や役所関係にまで行かされる。
仕事らしいことしてないくせに給料ももらってる。なのに
「あれしかもらってないのにやってらんない」と言っていなくなる。
少なくとも所得税とられるくらいはもらってるはずなのになー
税務署行ったの誰だと思ってんだ。あと経費の整理したのも誰だと思って
んだろう。最近、コトメがいないと私に義母から電話かかってくる。
コトメの行方を聞く電話ではなく、「アンタらがちゃんとしないから
コトメが帰れない、ちゃんとして」という電話。もう意味不明。
どういうことかわからなくて夫に相談したら「私たちが無能なせいで
コトメが大変、仕事をしにくい」ということになってるらしい。
夫が怒って義父に言ったようだけど、なんも変わらん。
コトメ、どっちにしろ仕事しないならいっそ出てこないでほしい。

続きを読む

154: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/25 09:05:47 ID:Aujl6bLp
4月に入った職場のバイトのシングルママが図々しい。
仕事時間は10時30分~16時30分までだが、残業が多くて学童のお迎えに間に合わないので、
1時間早くずらして欲しい、と先日チーフと話をしていた。
(うちの職場はバイトのタイムカードはない。)
しかし、今でさえ毎朝5分~10分遅刻してやってくるし、仕事中は娘からいつ連絡が入るか
分からないから、と机にスマホ置いてLINE?をしていることもしょっちゅう。
今より仕事量の多かった前のバイトさんは、時間内にきっちり終わっていたし、翌日の準備
もしてから帰っていた。
まずは勤務態度を改めてから言って欲しい。

続きを読む

88: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/22 20:07:47 ID:fSgHrzjb
友人Aの彼女が物凄いわがままで、友人としては別れたかったがなかなか別れられなかったようだ。

彼らは同棲していて、彼女がAに仕事に行ってほしくない時、
Aより早く起きて目覚ましが鳴る前に止めて起きないようにしたこともあり、
Aとしてはかなり迷惑していた。

欲しい物があると「買って!」を連呼し、
買ってもらえるまでしつこく言い続けることもしょっちゅうだったようだ。

ある時、Aに彼女が「ラインやりたいからスマホ欲しい!買ってよ」と言い出した。
「自分で買えよ」と言ってもしつこくねだってきたようで、Aは我慢の限界が来た。

「分かった。ラインさせてやるわ」と言って、とりあえず彼女を落ち着かせた。

そしてライン下りを予約し、そうとは知らない彼女をそこに連れて行ったようだ。
「お前がやりたがってたラインだよ」と言って嫌がる彼女にライン下りをやらせた。

かなりスリルがあるライン下りで、そういうのが苦手な彼女は大泣きだったようだ。
それをきっかけにして彼女は「お前なんか振ってやるっ」と言ってやっと出ていってくれたらしい。

俺はちょっとやりすぎじゃないかと思ったが
「ここまでやらなきゃ絶対別れてくれなかった」というAの言葉に、
確かになぁと思わざるをえなかった。

人のいいAにとっては本当に勇気のいる行いだったと思うし、
よくやったと言いたいわ。

続きを読む

15: 名無しさん@HOME 2013/08/02 20:27:19
文章書くの下手だからおかしいかもしれないけど投下させてくださいな。トメは時間を考えずに毎回くだらない電話や突撃訪問してくる。(朝の忙しい時間帯や夕飯作るような時間に世間話の電話とか)
何回「この時間帯忙しいからかけて来られても困る」って言っても1週間後には元通り。
そんなトメが最近スマホを持つようになって、LI○Eを使いだした。
そしたら今度はL○NEで頻繁にかけてくる。
もうあまりにもひどいから、ここで軽めのDQN返しさせてもらった。

朝起きてからスタンプ連打。手が空いたらスタンプ連打。寝る前にスタンプ連打。
全部ゴルゴの銃ぶっ放してるスタンプで。
時間帯なんてお構いなしだし、寝てるだろう0時頃にも大量に送ってやった。
そしたらトメも参ったのか、突撃訪問と時間帯無視電話はして来なくなった。

続きを読む

このページのトップヘ