キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:GJ

オススメピックアップ!

908: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 12:46:55.62
宗教の流れにのってものすごく小さいのを一つ

当時小学生で、友人Aと学校帰りにA宅で遊ぼうと向かったらA家は留守
Aは家の鍵を忘れてて、仕方ないので家族の誰かが帰ってくるまで
家の前でAと待機する事に
その待機中に宗教勧誘のおばさんと会ってしまった
彼女はAの母に用があったので、三人で待ってる間に
自分への勧誘(というか宗教の紹介)が始まってしまった

宗教勧誘する人を見知ったのがはじめてだった自分は
宗教のパンフレットに描いてある「神様に選ばれた人が行ける楽園」の絵を見せて
本気の目でそれが実現すると話すおばさんの存在にとても驚いた
日本語は通じるのに話がわからないみたいな、え?こんな事本気で信じてる大人がいるの?って
その時の衝撃が修羅場だった

楽園の絵はどこかの庭園で人と数種の動物が戯れてる物で
疑問を感じた自分は素直に
「で、米は誰が作るんですか?こんな狭いと米作れないですよね?
この人達や動物達のごはんはどうやって用意するんですか?」
と食糧確保についてのあらゆる事を延々聞いてしまい、それに慌ててオロオロし始めたおばさんに、そういうこと考えてなかったの!?と更に衝撃を受けた

今思うとおばさんには失礼だったし申し訳ない事をしてしまった

続きを読む

8: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/17(木) 13:21:20.73
プチ修羅場

私が高校生、弟が中学生の時のこと
家には母、私、弟がいた
母が夕飯を作るダイニングキッチンを背にしてテレビを見ていたら、弟が「姉ちゃん姉ちゃん」と服を引っ張ってくる
生返事してたら「姉ちゃん、台所燃えてる」Σ(゚д゚lll)
振り向いたら中華鍋から火柱が換気扇を越えて天井まで上がってた
消火器を探したらキッチンの端に置いてあって、火の熱さにビクビクしながら取りに行った
なんとかパニックにならずに消火できた(自分でも驚くくらい冷静に消火器使えてた)けど、消火器の粉が部屋に舞ってたから慌てて家中の窓を開けたら
外の畑で父親がトラクターかけてて「父さん火事ー!」って叫んだらアハハーって笑われて助けてもらえなくて泣きそうになった(冗談だと思ったと言ってた)
母は中華鍋で揚げ物して火を消してから風呂に入ったけど、なんかの拍子に火がついたらしい
その晩は消火器なんか使わなきゃ良かった…って思うくらい部屋の片付けが大変だったけど、火の被害は換気扇がちょっと溶けた+フィルター全焼+壁紙焦げたくらいで済んだ
私が消火中なぜかずっとテレビを見てた弟が、消防士になりたいと言ったのを聞いて思い出しカキコ

続きを読む

526: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/25(金) 15:40:08.34
長文です。

私の実家は都心の一戸建てで古いけど結構大きい。
私が子供の頃に両親が頑張って新築した家で、
専業主婦の母がずっと頑管理していた。
母はなんというか程よい人で、本物の「専業主婦」。
だからその家も本当に住み易く、又立地の良さからも
兄家族や私家族、親戚ももちょいちょい遊びにきていた。

やがて父が亡くなった。母はまだ還暦そこそこだったけど、
その頃から衰えが目立つようになってきた。目や耳、物忘れ、言葉。
どれもたいした事は無いんだけど、今後を考えると心配だった。
この大きな一戸建てに一人で住んで管理していくのは大変だろう。
本人と話すと、やはり負担に感じていたようだった。
残念ながら私家族も兄家族も他に家を構えてしまっている。
かくなるうえは、家を売って住み替えか。そんな相談を兄にすると
兄&兄嫁、猛反対。「実家は実家としてそこに残すべき!」という。

気持ちは解る。良い場所に温かい一戸建ての実家って、良いよね。
でもそれは母が管理してこそ成り立つ実家であって、
本人が体力的にもう無理で、サポートも出来ないようなら
「素敵な実家」だって存在し得ないんだよ。荒れ果てちゃうよ。
何度もそう説明したけど解ってもらえなかった。
今の実家の状態が未来永劫続くと信じて疑わないようだった。
兄夫婦は親戚を味方につけて、私が母を唆していると吹聴。
母は何度も皆に説明してくれたけど、自分が衰えているっていうのを
説明するのって、辛いよね。辛い思いをさせてしまった。
兄夫婦&親戚は、母はこの家を売って素敵なマンションに引っ越し、
浮かれた老後を過ごそうとしている、私がそれを手引きしていると
思っているようだった。怠け者みたいに言われたし。
真面目一筋のプロ専業主婦は母としては
そんな言われ方は耐えられない屈辱だったと思う。

続きを読む

616: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/17(日) 04:20:11.17
数年前の修羅場。

当時、社会人三年目だった俺には付き合って五年になる彼女がいた。
俺には申し分無いくらい可愛くて優しい子だったんだが、まだお互い若い(彼女とは大学の同期)ということで結婚は保留していた。
そんな秋、彼女が妊娠した。
やることはやっていたので急いで家族に連絡して結婚の準備を始めた。
妊娠がわかった次の週には俺家両親+妹と彼女家両親+彼女弟×2の九人での食事会に漕ぎ着けた。
食事会も和やかに進んで、食後の飲み物を待つのみとなったところで妹が突然「子供のDNA鑑定をお願いできませんか?」と言って、場が凍った。
俺は怒鳴ったし、彼女は「お兄ちゃんを取られるのが嫌でも、(妹)ちゃん流石に酷いわ」って泣くしで散々。
喚く俺達を止めたのは、俺両親と妹を気に入ってくれている彼女両親で
彼女父に促されて妹が話したのは以下の通り。
・大学時代、彼女はビッ●で有名だったこと(全然知らなかったw)
・卒業したら別れると思っていたから兄(俺)には伝えなかったこと
・俺達が長続きしてるので彼女の身辺調査をしたこと(&勝手にごめんなさいと謝罪)
・現在、最低でも三人は浮気相手がいる&体の関係があると思われること
・双方の両親と兄(俺)が誰の種でもいいから結婚って思ってるなら構わないが、自分(妹)自身はDNA検査してほしいと思ってること。

続きます。

続きを読む

225: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/11(月) 00:10:26.93
問答の最中に急にサングラスをかけ「この子達は介護犬です!」と言い切った
おばさんを昔、見たことがある。
バックの中に2匹、腕の中に1匹のチワワに対して。
真っ赤な顔になったバイトのウェイトレスが「何の介護ですか!頭ですか!!」と
言い返してた。
俺、小さく拍手したよ。
店長が飛び出してきてババアに頭下げてたが、その後あの娘の姿は見れなくなった。
馬鹿な店長だよ。
あの娘目的でどんだけ売り上げがあったかわかるだろうにね。

続きを読む

264: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/01(木) 17:15:42.70
 流れを無視ししてカキコ

 まだうら若き乙女だった頃の話。
快速電車内で毎日のように痴漢にあった事があった。
耳元でンふっ…ンふっ…と気持ち悪くて仕方がない。
泣きながら兄に一緒に通学してくれるよう頼んだところ、一言「潰せ」と言われた。
そうか、潰せばいいんだ!と妙に素直に納得したのを覚えている。

兄の指示に素直に従い、翌日いつものように痴漢してきた野郎の○玉を
全身の力を込めて思いっきり握った。
次の停車駅で痴漢を電車内から叩き出し、駅員に引き渡した。
…ところを当時憧れていた先輩に目撃された。 orz

帰宅した兄に「お兄ちゃんのせいよ!!」と文句を言ったが
「俺は(痴漢してきた)手を叩き潰せと言ったつもりだった。
玉を潰すなんて、お前は鬼か!!」と逆切れされた。
「痴漢の玉なんざ、みんな潰れちまぇーっ」と泣きながら
何故か兄をポカポカ叩いたのを覚えている。

元気に帰宅してくる子供達を見ていたら思い出したので、吐き出しカキコ

続きを読む

321: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/01(木) 23:26:15.99
タヒ体発見話ではなく
あやうく発見される方になるところだった話
いいですか?

続きを読む

363: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/02(金) 18:09:31.12
私と友人の昔話。

桜舞い散る季節の深夜、仕事から帰宅中にコートを着た男と出会った。
怪しい男だな…と思っていたら、案の定「ンバッ」と勢いよく前を広げて
ご自慢のブツを見せてきた。

私「…!(声にならない悲鳴)」
男は満足げに笑うと立ち去った。
気持ち悪くて、泣きながら交番に駆け込み、警察官に慰められつつ被害届を提出。
状況説明を求められたが、口にするのも恥ずかしく情けなかった。

同じく、夜勤帰りに遭遇した友人
(犯人の背格好や着ていたコートの色等から、恐らく同一人物と思われる)

思わず一言出たそうな。

「あ!仮性だね。早めに治療した方がいいよ!」
そして逃げる男の背中に残酷な一声
「人様にお見せするなら、ちゃんとしようね~わかった~?」
犯人は泣いただろう(たぶん)

「思わず確り観察しちゃった。一種の職業病よね~」
友人は泌尿器科の看護師だった。
少しだけ、犯人が可哀想な気もしたが、ザマァ!と内心笑ったのは内緒だ

続きを読む

541: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/26(水) 15:28:13.88
10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。
休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が
あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に
近づいて行った。
しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。
エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。
彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら
隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。
後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが
奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。
今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが
夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず
どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。
彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。

拾った人の実家に着いて彼女が抱きかかえて家に連れて行ったら
家人全員が出てきて抱き合って泣いたそうだ。彼女は大反対を押し切って
嫁いだので帰れないと思っていたそうだが、連絡がとれないで家族は心配していたそうだ。
お礼を言われてお金を渡されそうになり固辞をして、連絡先だけ交換して
帰ってきた。

彼女(現妻)は、お姉さんが農家に嫁に行きいびられまくって心身壊して
戻って来たので、ああいう人は放っておけなかったそうだ。
その後拾った人は弁護士を入れ無事離婚できたそうだ。夜伽の話は仕事先で
この地区の最上のもてなしであると聞いた。普通は未婚の娘を差し出すのだが
そこは嫁を差し出すのだそうだ。子供が出来たらどうするんだろうと思ったよ。
転勤でそこからは離れたが、そんな土地柄がいまだにあるらしい。

続きを読む

735: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/12(日) 17:27:23.35
痴漢で思い出した修羅場。

5年ほど前に海外旅行に行った。関西住みで出発は成田だったため、一旦、新幹線で成田→目的地
帰りは節約のためとついた時間が遅かったので、大阪まで夜行バスで戻ってきた。

バスが思ったより早い時間についてしまったため、辺りは真っ暗。
ただ、よく知った場所なの駅まで重い荷物を両手にたっぷり抱えて歩いていた。

どでかいスーツケース1個
トートバック、ボストンバック、土産入れた紙袋二つ。

こんな感じで重たいし、両手はふさがっていた。

駅までの道は暗くて人は全く通らず。薄暗い階段をスーツケースを持ち上げて歩いてたら
下からニヤニヤしながらおっさんが上がってきた。
嫌な予感がしてたが、そのまま通り過ぎようとしたら、おっさんが両手をこっちに向けて
胸をぐわしっと鷲づかみにしてきた。

ぎゃーーっと大声を出して、そのまま持ち上げてた重たいスーツケースをおっさんに
向かって振り上げてしまった。
そのままおっさんにヒット。おっさんは階段を落ちていった。

え、ひょっとした殺しちゃった( ;∀;)
どうしよう…と思ったけど、確かめる勇気もなく、階段あがったところに交番があることを
思い出し、駆け込んで詳細を話した。

お巡りさんと一緒に戻って、おっさんを確かめに行ったんだけど、そこには誰もいなかった。
血も落ちてないようで、お巡りさんにも「大丈夫じゃない?」といわれて
一応被害届出す?と聞かれたけど、やめておいた。

それから少しして、その辺りで痴漢を繰り返してた人がつかまってTVに出ていたんだけど
あのときのおっさんだった。懲りずにまた痴漢してたんだと思うと、あのままタヒんでしまえと少しだけ思った。

続きを読む

このページのトップヘ