キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:100均

オススメピックアップ!

326: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/10(火) 22:58:05.74
今年から幼稚園にあがった姪。
義姉(夫の兄嫁)は100円ショップで園グッズを揃えた。
幼稚園に行ってみたら、周りの子は手作りの可愛いグッズばかりで
姪が泣きながら帰ってきたらしく、義姉が義実家(私達夫婦は同居)に来て
「急いで朝までに可愛いスモックと絵本袋とコップ袋作って!
 とりあえず、明日はそれだけで良いから!
 レースとリボンとプリキュアのアップリケ付けてね!」
と言い捨てて帰ろうとしたので、義母と二人で玄関先で「「断る!」」したら
姪(孫)が可愛くないのか?!姪(孫)が虐められたらお前らの所為だ!!
心の傷になったら、どう責任取ってくれるの?!!!!!
と、足を踏みならして喚きだした。(@義姉37歳)
しかも泣き叫びながら、エーン、チラッみたいに、こちらの反応を見ている。
「ご近所に恥ずかしかったら早くアテクシのご機嫌を取りなさいよ」みたいな態度。
姪が可哀相だと思わないのっ?!
と、言われたので
「ええ、可哀相ですね。こんな恥ずかしい母親で」
と、答えたら一瞬意味が分からなかったみたいで素に戻った後、一層狂おしく喚きだした。
義母が「こんな嫁を持ってしまった私を可哀相だと思わないの?」と義姉に言ってドアを閉めた。

叩かれるかも知れないけど、姪って言っても血が繋がってないし本人も可愛げが無い子。
義姉の連れ子なので、義母とも血が繋がってない。
まだ再婚して半年で、数回しか会ってないし、園で虐められようが泣こうが関係ない。
うちは男の子しかいないので、女の子用の布なんて無いし、有っても明日までなんて無理。
入園準備の時間はたっぷりあったのに、100円ショップで揃えたのは自分だし
義兄が30年以上前に使っていた、水色のシミだらけのスモックを着せたのも自分。
夜に義兄が謝罪に来たけど、この半年で8㌔痩せて別人見たいになってた。

続きを読む

481: 名無しの心子知らず 2010/05/14 17:42:20 ID:tHjvDAyA
100均では遭遇率が高い放置子なんだけど、おもちゃ売り場から
ちゃんばらのバットをもって駆けてきて、いきなり見知らぬ私を叩いてきた。
だいたい4~5歳の男の子なんだけど「知らない人を叩いたらダメでしょ」と
小さな声で叱ったんだ。

そしたらその子固まっちゃって、ちょっと薬になったかと思ったら、母親が駆けてきた。
「おまえ、何をしたの、何をしたのよ!」「はっきり言いなさい!」と
肩をつかんでガクガク。 激しく問い詰めるから、訳を話してもう、私が叱ったし分かった様だからいい、
と言っても親は「この子の口から言わせたいんです!」
その母親らしいガキの婆ちゃんは私に「子供のしたことなのに大人気ない」
あきれてその場を立ち去ると後ろから聞こえるように
「世の中にはああいう悪い人(!)もいるんだから気をつけないとねえ」

本当に悪い人だったら、子供さらってトイレで首絞めてたね。

ああいう乱暴を正当化してたら幼稚園で嫌われ者だろうな。
親も、まず子供だろうと他人に迷惑かけたことは
謝るのが筋だと言うことを知らなければね。いつか、清算する時が来ると思う。

続きを読む

418: 名無しの心子知らず 2012/10/17 10:30:14 ID:g/cNlrVK
流れを読まずに。
先日、近所の100均をウロウロしていたとき、3歳くらいの子を連れたママが万引きをする現場に遭遇してしまった。
しかも子供の前にしゃがみこんで、盾にするようにして商品を鞄にいれていた。
あっちも見られたことに気づいて、ハッとした様子でこっちのことを見る。
どうしたらいいかわからずに、「あの…」と声をかけようとしたところ、ママが立ち上がって、子供を置いて走って逃げようとした。
が、振り返ったところにあった棚にすごい勢いで直撃、しかもグラスの棚だった。
棚は倒れこそしなかったが、商品は勢いよく散乱。子供号泣。
棚の反対側にも人がいたみたいで悲鳴が聞こえたが、奇跡的に怪我人は無し。
音を聞きつけた店員さんがママを発見、「なにがあったんですか?」と尋ねる。
私は「この人に突き飛ばされたって言われたらどうしよう!」と思い一瞬ハラハラしたが、
ママは「万引きなんかしていないです!!!」と聞かれてもいないことを大声で叫んだ。
店員や周囲の客ポカーン。と同時に、「万引きして逃げようとしたんだな…」と察した模様。
とりあえずママと、号泣したままの子供は裏に連れていかれた。
そのあと別の店員さんがせっせと掃除をしていたが、破片がかなり遠くまで飛んでいたので大変そうだった。
知り合いではないのでその後どうなったのかは不明。

続きを読む

このページのトップヘ