キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:遺産相続

オススメピックアップ!

560: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/28(金) 21:20:13
ウトメと義弟夫婦は同じ県内に住んでる。(うちは飛行機の距離。)
同じ県内だけどウトメが住んでるのはド田舎ですごく不便な場所。
義弟が住んでる所から車で2時間以上かかる。
義弟嫁がウトメの家は私たちが相続する、義兄さんとこは離れてるしーと
いった事を言ったので「ええ?あんな不便なところに住むの?」と
大袈裟に驚いたら「まさか!売りますよ~」とニコニコ。
「売るなら売った金額をうちのと半分でいいんじゃない?」とわざと言うと
「えっ?でも義兄さんとこ遠いし…ゴニョゴニョ~」
いやはや馬鹿だなあと思った出来事でした。

続きを読む

740: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/09(月) 12:39:43
ウトが手広く事業をやってる関係で、私も一軒店を任されてる。
もともとここはトメがやってたんだけど、
体調を崩したため私が引き継いだ。
その時、私は義両親の養子になった。

今年の初めトメが亡くなり、トメ名義だった店は私が相続した。
夫や義兄にも話は通してたんだけど、義兄嫁が激怒。
私にも少しよこせ!嫁同士を差別するな!ということらしい。

ウトの会社に入るのは嫌だと義兄は公務員を選んだので
実家の相続には一切ノータッチだったんだけど、
義兄嫁はそれが面白くなかったようだ。
義実家のあれこれには一切かかわらなかったのに
お金が絡むとこれだ。
義弟嫁の実家だって相当な金持ちな筈なのに、何であんなに必タヒなんだか。

続きを読む

806: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/24(木) 09:10:33.98
義兄嫁は地元の大地主の旧家の跡取りお嬢様だったそうだ。
でもリーマン長男で本人高卒で中小企業勤務の義兄との恋愛を大反対されて
身一つでお屋敷を転がり出て来たそうだ。
しばらくすれば親もあきらめて認めてくれて、お屋敷に帰れるからと
アパート住まいでも我慢していたそうだ。
だが親が親戚から有名国立大学院卒と有名私立大卒のカップルを夫婦養子にして
会社組織にして財産を会社管理にして、養子に生まれた子供達にも贈与して
義兄嫁に残る財産を極力少なくして、実父が亡くなった。
亡くなった時に意気揚々と自分の代だと乗り込んだら、弁護士と税理士から
示された財産が相続税支払った残りが一千万程度だったそうで
夫婦養子に入った奥さんの方に殴り掛かって怪我させて被害届を出された。
被害届を取り下げてもらうのに義兄と義両親が土下座に近い謝罪をして
二度と関わり合いにならないと公正証書に署名捺印してやっと取り下げてもらったそうだ。
今は「あんたなんかと結婚したから財産を失った。」と義兄と険悪になり
離婚調停中。

続きを読む

384: 1/2 投稿日:2014/04/05(土) 10:18:11.04
ごめん、ぶったぎり。愚痴きいて。

義兄嫁が何考えてるかわからん。

ウトは鬼籍、義兄は首都圏に住んでたけど数年前に他界。
義兄嫁はその後そこに義兄嫁両親と同居で住んでる。
超大手勤務。
私は次男嫁、中部地方義実家近距離別居。
義実家にはトメさん、義妹ちゃん家族が住んでいる。

義兄さん死後も義兄嫁さんは義兄子を連れて義実家に来たり、
トメさんを自宅に招待したり、いい関係を築いていた。
私たちも義兄嫁さん義兄子さんの義実家訪問に合わせて
義実家行って仲良くやってきた、つもり。

で、半年前トメさんが亡くなった。
諸々終わり、遺産相続の話になった時から義兄嫁がおかしくなった。

遺産は、義実家の土地、建物、近所の田畑、現金。
トメさんの遺書には、現金は義妹、私旦那、代襲相続義兄子で3等分、
土地、建物、田畑はそこに住み続ける義妹が相続となっていた。
その話はトメの生前からみんな知っていたし、
故義兄も義兄嫁ももちろん了承していた。

続きを読む

515: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/20(木) 16:26:57.98
私は兄と二人兄妹ですが、兄が家業を嫌って大学卒業して就職をしてしまいました。
その際に父と兄は大ゲンカをして家業を継がないと勘当だと父が言ったようです。

その後私が家業関係者の主人と結婚して婿に来てもらいました。主人は両親と養子縁組もしてます。
この不景気なので大変ですが、地元名産でもあるのでなんとか保っています。
兄は結婚も子供が産まれたことも知らせて来ませんでした。

それで父はもうだめだと思ったといい主人に社長を譲り自分は隠居しました。
自宅名義は私に書き換え財産も少しずつ私に譲ってくれました。私に男の子が生まれると
孫を養子にしてまた生前贈与してくれています。兄家族とはそのまま疎遠となっていました。

続きを読む

このページのトップヘ