552: 名無しの心子知らず 2009/09/16 16:49:41 ID:5fDIvBFi
先週、市の教育委員会主催の絵本作家の講演会に出かけた。
会場の端の一角にはベビーカー乳児連れ母子が三組くらい固まって座っていた。
公演が始まってすぐに一人がぐずりだし、お母さんは通路に立ってあやし始めた。
講師の先生も話しにくそうだったし、聴講している人たちも「出て行け」なムード。
一向に大人しくならないのでそのお母さんは子供を抱いたまま出口に向かって行き
会場もほっとした空気に。と、しばらくして後ろで泣き声が。
そのお母さんは後ろに行っただけで、別に出て行ったわけではなかったらしい。
そんなことを繰り返して、公演半ばでやっとその子が寝たと思ったらもう一人が(ry
結局、二時間の講演会ほとんどが子供のぐずり声のBGM付きで終了。

私がびっくりしたのは、その二人の母親たちが決して会場を出て行かなかったことと
一瞬たりとも申し訳なさそうな顔をしなかったこと。
いくら子供向けの本の作者だからといって講演会であれはNGだ。
そのあとサイン会があって、そのために本も購入していたけど、そいつら図々しくも
サイン会にも参加するみたいだったのでムカついてサインもらわず帰ってきてしまった。

続きを読む