294: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24 21:09:26 ID:5Gi4N0hr
 俺の武勇伝と言うより友人がしてくれたスーッとした出来事。

その友人が久しぶりに大阪に遊びに来たので、観光ついでに大阪でんでんタウンへと行った時の話。
 パソコンやらおもちゃ、そして看板屋に什器屋などを楽しく見て回り、そろそろお腹が空いたなと適当な店を探していると
前からいかにも、といった感じのDQN三人が参上、そのニヤついたいやらしい視線は明らかにこちらへ向けてロックオンしていてて嫌な感じ。

 まぁ、彼らが目をつけるのも無理もありません、
何せその時の俺は背は高くとも痩せ型のヒョロイ男で、そして友人もまた如何見ても体重90オーバーのデブオタにしか見えません。
彼らにしてみれば、鴨がネギを背負ってやって来た、といった所でしょうか。
十中八九、俺達の財布を奪うついでにストレス発散をするのが目的でしょう。

 そして予想通り「おい其処のデブ、汗くせえんだよ」と絡んでくるDQNたち。
俺は兎も角、友人に絡むなんて止せばいいのに、と考える俺をよそに、DQNの一人が友人の胸倉を掴みにかかります。
 その次の瞬間

 バ チ ン

 通りに響き渡るとても良い音。吹き飛ぶDQN、
友人が何も言うこと無く放った平手打ちによる物でした。
他のDQN二人は一瞬、何が起きたのか理解できず唖然とした後、
倒れてる仲間を助け起こすこともせず「てめぇ何しやがった!」と友人に掴みかかります。

 バ チ ン
    バ チ ン

再度響く良い音、そして先ほどの仲間と同じく平手打ち一発で吹き飛ぶDQN二人。
その時の友人の表情はどういうものだったかは、あいにく俺には吹き飛んだDQNの方を見ていてた所為で分からなかったのですが
吹き飛ばされたDQNが尻餅をついた体勢のまま、怯え混じりの視線を友人へ向けていた所から見て、さながら仁王か不動明王の様な顔をしていたことでしょう。
程なく、DQN達は「お、覚えてろよッ!」などとありきたりな捨て台詞を残してそそくさと逃げ去っていきました。

続きを読む