406: 名無しの心子知らず 2011/06/01 11:20:13 ID:PN10fTJ5
ぶった切り。

数日前、いつもと違う時間帯に赤ん坊を抱いてスーパーで買い物した。
前抱っこなので手元が見づらくて、トロトロ袋詰めしていたら、
詰め終わって横に置いていたエコバッグ1がスッと消えた。
「?」と見ると、茶髪で40~50代ぐらいの女性が歩き去ろうとしている。
「え? ちょ、返して!」ぐらいしか言えなくて、
追いかけることも出来なくてそのまま逃げられてしまった。

・・・はて。どうしたもんだか。などと呆然としていると、
向かいで袋詰めしていたお婆ちゃんが
「あれ、町長んとこの嫁さんだわ。電話しといてやるから家で待ってな」と。
スーパーがあるのはA町、私もA町在住。
お婆ちゃんは隣のB町から来ていて、町長もB町の町長、息子一家もB町在住。
更に私は元々B町出身で、今は育休中だけどB町で働いてるのでお婆ちゃんとも面識あり。
知り合いの店員さんも見ていたので、ミルクの時間も近づいていたし
通報云々は後回しにしにひとまず私は帰宅。

数時間後、B町長御自らw電話をくれた。
平謝りで、取り急ぎ弁償するのでレシートをFAXしてくれ、とのこと。
盗られなかったものは横線で消してFAXしたんだけど、
B町長婦人が盗られてないものまで全部買ってきてくれた。
しかもさりげにグレードアップまでして。
(98円のやっすい食パンがホテルブレッドになってたり)
町長夫妻も元々知人だし、あんまりにも平謝りなので泥ママについて詳しく聞けなかった。

続きを読む