523: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/22(火) 20:09:53.18
母は父が亡くなりしばらく凹んでたけど、頭を切り替えたらしく昔よりパワフルになった。
つい最近母には珍しく私夫婦と弟夫婦を実家に呼び集め、何事かと思ったら
「親の務め妻の務めはこれにて終了!あとは自分の好きなように生きます」って宣言した。
実家を売って自分が見つけたオサレな終身医療ホームに入り、余生は趣味三昧するつもりらしい。
家を売る不動産屋さんに当たりをつけたり、お金の事とかも積極的に自分で動きまわってきちんと計画を固めてる。
私も弟も元気で自立心旺盛な人とはいえ、広い家に母1人で置いとくのが心配で、そろそろどっちか引き取るか何か考えようって話が出てたから異議なし。
そこに弟嫁が「あのお、思うんですけどお」って言い出した。
実は私は弟嫁のべっちゃりした話し方が嫌い。弟は可愛らしいと思ってるらしい。
まあそれは置いといて、何かなって訊ねたら
「今地価が下がってるからあ、売るのは待ったら」とか「お義父さんがせっかく残したお家が勿体無いかなあ」要するに家を売るのに反対らしい。
それなら弟夫婦がここに同居するか、それとも私達夫婦が暮らそうか?と聞くと
「え…でも、それは」どうしたいかはっきりしない人に少しイラッとしながら
「あなたは具体的にどうすればベターと思う?」
「同居とホーム以外で代替案があるの?」ってちょっと意地悪く畳み掛けてみた。
「そんなあ、私はべつに、ゴニョゴニョ」
「そんなに言われたら…なら私は、なあんにも話せないじゃないですかあ」って上目遣いでじっとり見る。
日頃は嫁に甘い弟が
「君はもう黙ってて」ってピシッと言ったもんで、シクシクべそべそ泣き出した。
いい年した大人が泣くか、ホントに面倒臭いな~と思ってたら母が
「でもね、私は家を売るって決めたから」
「古屋敷、古い女と、抱き合わせ、おお、嫌だ嫌だ」
得意の毒舌川柳まじりでおどけてガクブルして見せた。
それまで空気に徹してた私夫がぶほって吹き出して、つられて一同なんとなく笑ってお開きになった。
私もカリカリし過ぎたと反省してるけど、弟嫁はけっこうな曲者じゃないかな。

続きを読む