42: 名無しの心子知らず 2012/04/29 19:05:38 ID:UOuro8u7
この前、地元のある競技の大会で見かけた泥ママ。
大会の間は競技場の駐車場には警備員がいて、車場荒らし等に警戒してる。
で、その駐車場に泥ママが出た。
私が駐車場隣りの屋台で買い物をしてると子連れのママが駐車場を歩いてました。
で、私が自分の車に乗ろうと鍵を遠隔で解錠すると子連れママが子供をおいてダッシュで私の車に来ました。
いきなり走って来たママにパニクる私、ママは私を押し退け車に乗ろうとしてる、私はとっさに叫び、警備員に気付いてもらおうとしたら、叫ぶな、黙れ、鍵を出せと泥ママが髪を掴んで来ました。
私はもう、恐くて震えて涙目でした。
その時、声がしました。
声の主は巡回中の警備員でした。
警備員は私の髪を掴んでる泥ママに対して
その人を話なさい、話さないとあなたを拘束し、警察に通報します。
と、言いました。
ですが泥ママは私が鍵を盗んだ、この車は自分のだ、と言い私から鍵を奪おうとします。
その時、怒声がしました。
ふざけんなや、その車はお前のじゃないだろが、と、警備員が言い泥ママの

続きを読む