キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:夫婦喧嘩

オススメピックアップ!

55: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/04(木) 20:55:16.09
むかつくと言うより馬鹿馬鹿しいコトメ。

旦那実家で同居中。
コトメがクーラーを金鎚で叩いて壊した事を発端に盛大な夫婦喧嘩になって
家出してきた。
コトメの友達の家のクーラーが故障したけど、メーカーの都合で新品に
交換して貰えたのを聞いて、新しいクーラー欲しさに張り切ったようだ。
あまりにも馬鹿な理由な為、ウトメが引きずってコトメ家へ連れてった。今ここ。

続きを読む

370: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/16(木) 12:40:53
ではお言葉に甘えて。
大したスカじゃないかもだけど。

中距離別居のウトメ。
結婚するときは「うちは関係ないから勝手にしろ、こっち迷惑かからなければいい。」
子供生まれて連れて行ったら「私たちは子供好きじゃないから。」
ウトメと仲良くやっていきたかった若い頃の私は結構ショックだった。
んで、結婚2年目くらいに旦那の浪費癖とかモラハラとかが原因で、旦那が逆切れして離婚する!って騒ぎ出した。
旦那が斜め上過ぎて話し合いにもなんないし、その頃はまだそれなりにいい関係だったトメに、間に入って欲しいと相談した。
そしたら、「嫁子さんが騒ぎ立てるから悪いんだ!(騒ぎ出したのは旦那)そんなのムチュコタンを立てて嫁子さんが上手くやりなさい。うちは関係ない。嫁子が悪い。」
要約するとこんな感じで言われた。
それで「原因も騒ぎ出したのも旦那くんて言ってるでしょ!お義母さんがそんなんだから息子があんなんになっちゃうんですよ!」
で、絶縁。

長くなったので一回切ります。スマソ

続きを読む

96: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/07/29(木) 09:26:53
私はかすかにもれ聞いていた程度だったんだけど
義妹が嫁イビリでダウン寸前、もう離婚か!という所まで来ているそう。
で、トメが泣きながら
「あなたも将来こんな思いしないで済むからいいわよね。(家は息子のみ)
婚家で娘が苛められてるなんて思いは経験した人じゃないと分からないわ…
フッ、そっか、あなたは将来いびる側ねふふふ。
あーもー嫁子さんは孫男の奥さんの事陰険にいびりそうねw
私に対してもそうだしw
ふーー…嫁子さんじゃ駄目か…気持ち分かってもらえないものね…
あなたは私の気持ちなんて考えようともしないもの、だってあの時も…」と言ってきた。
それを遮って「いえ、私は「婚家で娘が酷い目にあわされてる親の娘」なので
嘆く親を見てきましたから、お気持ちはわかります。
夫も、「嫁イビリをする親の息子」ですし、あんな思いを息子にさせたくないので
将来息子が結婚しても絶対に嫁イビリなんてしません。
夫が「息子の嫁をいびる嫁の夫」であったお父さんを見て悲しんでましたし、
義父さんもあんなにやつれて、疲れて…
私、夫にあんな酷い思いをさせたくありませんから、嫁イビリなんてしません。
今おっしゃられた様な根拠の無い嫌味も言いません。
そのせいで息子から縁を切られそうになってて、
寂しい老後を送る人が身近にいるのに。」
って言った。

夫と大ゲンカになり、渋々自分が嫌味を言っていたのを認め謝罪、
「今後はこちらからは行く事もあるかもしれないが、こっちに来ることは無し、
最後の砦として電話だけはOK、かける時は夫携帯へ、
でも用事が無かったらかけるな、家にかける時は緊急時のみ、
かけた時、嫁子に迷惑かけたらもうおしまい、二度と会わない」
と約束させられてたトメは一瞬ファビョりそうになったが黙ったw
この話し合いの時、夫が頼りになるので私はあまり口を出さなかったし、
嫌味言われてても聞き流していたので、私に言っても大丈夫と思ってた節がある。
そんなん男児3人の母が弱い訳ないじゃんねw

続きを読む

248: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/03(火) 20:18:57.31
義実家のコトメが双子の娘に「実零(みれ)」と「亜夢(あむ)」と付けてたな。
2000年生まれで「ミレニアムだし、二人合わせてミレニアムw」とか言って。
その後、ミレニアムには、キリスト教の「千年王国」の意味があると知って、狂ったように夫婦喧嘩してた。
あんたが止めないからとかなんとか言って。
夫婦どころか(コトメの)実家、(コトメの)義実家そろって狂信的な煎餅で、キリスト教由来ってのが
許せなかったらしい。
だったら先に意味を調べろよと、本人たちの狂乱を見て周りはしらーっとしてた。
まあ、ミレニアムの意味を教えたのは私なんだけど。
日頃勧誘がしつこくてうんざりしてたから、ちょっとつついてみた程度の気持ちだったんだけどね。
予想以上の反応だった。

続きを読む

このページのトップヘ