466: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/18(土) 02:03:25
義弟の大昔の写真は、天使みたいな可愛い顔立ちと薄茶色の天然パーマだった。
現在は、なかなか禍々しい顔立ちと薄いポヤポヤ頭。

姑によると、声変わりと共に、あれよあれよと様変わりしたそうだが、
今でも自分が天使みたいな童顔だと思い込んでいて、
「俺は年齢不詳系だからぁ~」とか「まだまだガキなんだよな、俺って♪」と気持ち悪い。

お盆に来てた遠縁の子供達に
「じゃあ、おじちゃんは『とっちゃんぼうや』なの?」(親類の陰口を聞いてたらしい)
「50歳に見えるけど10歳とか?」等々、悪気のない澄んだ瞳で質問攻めにされてた。
怒るに怒れない35歳の堕天使が、ちょっとだけ気の毒に思えた。

続きを読む