キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:変質者

オススメピックアップ!

746: 名無しの心子知らず 2011/03/04 00:14:38 ID:mfb1P+h+
温泉でパンツ盗まれた。
その温泉は着替え等大きい荷物はカゴの中、貴重品はコインロッカーに入れるようになってる。
温泉から出て、替えのパンツ履こうとしたらカゴの中に見当たらなかったから、忘れたかな?と思ったんだけど、履いてきたパンツもない。
もしかして盗まれた?とオロオロしてたら、いつまでたっても素っ裸の私にミセス御一行が「早く服きなさいよ~」と声をかけてくれて、事情を話したら、
皆、自分のパンツが盗まれていないか確認、そしてパンツ盗む変質者がいる!と更衣室だけじゃなく、湯船にまで大騒ぎに。
その騒ぎのなか、慌てた様子で親子がササーッと着替えて更衣室を出ようとした。
が、娘さん、スカート履いてからパンツ履いたんだろうね、パンツの中にスカートが入っちゃっておしりのとこ、パンツ丸見え。
そしてそのパンツは紛れもなく私のパンツだった……。
私のパンツは大人用だけど一般的には子ども向けとされているキャラクターのパンツで、2歳くらいの娘さんには当たり前だけどサイズがあってないw
数歩歩くだけでズレてたw
思わず「私の○○(キャラクター名)!」と指差して叫んだら、近くにいたミセス数名がドラム缶のようなママを掴んでとめてくれました。
ミセスに取り押さえられながらママは「離せ!警察よぶわよ!」と鬼のような顔で叫びながら暴れたんですが、その時にスカートがめくれあがり、パンツ見えた。私のパンツでした……orz
もうショックと怒りで「うるさい!警察呼びたいならこっちが呼んでやるよ!このパンツ泥棒!」と言ってしまい、ミセスたちも「人様のパンツ盗むなんて!気持ち悪い!」と興奮状態。
泥ママは更に興奮して、「パンツぐらいで警察警察いうな!このパンツは娘チャンに似合う!お前がはくパンツではない!」とふじこった。
かなり騒いでたから店員さんきてくれたんだけど、その店員さんは泥ママの知り合いだったみたいで、「えっ、Aさん何してんの!?」
泥ママは店員さんの顔見ただけで、ミセスたち跳ね除けて「かえせばいんでしょ!」とパンツ脱いで投げつけ逃げて行った。
娘さんのパンツも走ってるうちに脱げたのか、靴箱のところに落ちていたらしいorz
泥親子はその場では捕まらなかったけど、その店員さんのおかげで警察に捕まえてもらうことができた。
ちなみに私はノーパンで帰りました。

続きを読む

711: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/05 01:50:50 ID:H+GA8S3O
今日部活帰りにあった、友人の武勇伝
田舎で、専業主婦が多い地域に住んでるんだけど、
今日の雨で部員の大半が母親に迎えに来てもらってた
部の中で共働きなのは私とMだけだし、家も近かったので一緒に帰ることに
送って行くよという申し出もあったんだけど、途中で本屋に寄りたかったので断った
家から本屋までの道のりの途中には雑木林があるんだけど、そこで変質者が出た
見た目は普通のリーマンだけど、顔がグロイ。しかもニタニタと気持ち悪く笑ってた
そんな奴が傘もささずに、両手に紐を持ってピンと張りながら下半身丸出しで近寄ってきた
思わず固まってしまったんだけど、文科系女子×2だし、私はともかくMはかなりかわいいし、やばいと思ったその時
Mがさっと駆け寄ると鞄で男の横っ面を思いっきりぶん殴った
私たちの部活は文芸部で、Mも私も大の読書好き
教科書+電子辞書+ハードカバー3冊+文庫本5冊の入ったカバンは相当痛かったと思う
その後はっとなった私はなぜか自分のカバンを持って男の局部を連打(私のはハード2冊と文庫8冊)
結局通りがかった犬の散歩の人が警察に通報してくれて事なきを得ました
二人とも両親にめちゃくちゃ怒られたし、カバンも駄目にしてしまったのは後悔してるけど
あの時飛び出していったMの雄姿は忘れられません
興奮して眠れないので記念カキコ

続きを読む

4: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16 13:05:19 ID:iIa4oaNM
とりあえず書きます。動物話です。

五年前のことです。
私は当時小学生で、校区が北と南にとても長かったので家まで3kmの道のりを歩いて通っていました。
自転車は全面的に禁止されていました。
その日は委員会の集まりで放課後まで学校に残り、校門を出たのが五時。門限は六時だったので問題はないのですが、すでに暗くなりかけていました。
田舎なので人気も少なく、田んぼばかり。
早く帰ろうと神社のそばを通った時、茂みから何かが飛び出してきました。
人でした。汚れた白のランニングシャツに作業用のズボンをはいたおじさんでした。
おじさんはこちらをじっと見て、ズボンに手をかけるとジッパーをおろし、私に見せるようにズボンを下げました。

正直当時はそれが何を意味するか分かっていなかったので、大した恐怖もなく変なおっさんだなあとしか思いませんでした。
しかしそれがいけなかったのでしょうか、おじさんは確実に私をターゲットとしたようで、近付いてきます。
ここにきて気持ち悪いと思い始めました。

続きを読む

このページのトップヘ