976: 名無しの心子知らず 2011/03/05 12:11:01 ID:HG6DecRM
台車を盗まれかけた。

アート系のフリマに参加することが多いので、2000位の安価な台車を買い、搬入などに利用していた。
いつものように、台車を使って搬入していたところ、隣のスペースにいた子供連れの出展者が、
「台車なんて便利ね~ 貸してくれたらいいのに~」と聞こえよがしな独り言を言って遠巻きにクレクレしてきた。
まったく知らない人だし無視していた。

フリマも終盤に差し掛かって、泥ママは早々に店じまいをしていた。
途中何度も台車を引っ張られて盗まれそうになったので、そのたびにガードしていた、文句も言った。
泥ママの荷造りが終わったのか、思い通りにならないのがむかついたのか、
「こっちには子供がいるのよ!ちょっとは助け合おうと思わないの!!」と大きな声で怒鳴って来た。、
自分は、なんか上手いこと返そうと思ったけど口下手なので「泥棒はやめてください」とだけ繰り返した。

泥ママはキーッって感じで、すごい顔でにらんできたけどカンケーないし~っと思って放って置いた。

ただ泥ママの子(5歳くらい)が「ごめんなさい。ママをいじめないで」と泣いていたのが軽くトラウマです。

泥棒だめ。絶対。

続きを読む