156: 名無しの心子知らず 2008/09/11 17:49:17 ID:38g3jRr5
職場の女性Mさんが結婚することになった。
皆で「おめでとうー!」と言っていたら、Yという女性が
「おめでとうー!披露宴呼んでねー。出席してあげるよ!」
と言いだした。
Mさんは
「ありがとうございます。でも親戚と少しの友人だけの予定なので」
と、断ったんだが、Yさんは
「その『少しの友人』として参加してあげるって!あ、席は三つね。子ども二人いるから。
料理は子供用でいいから安くすむと思うよ」
と、くらいつく。
我々が「式場の収容人数とかもあるんだから」とたしなめたら
「だって、結婚式とかでもなきゃ、兼業ママはお出かけなんてできないの!
子ども達と一緒にオシャレしてお食事なんてできないの!
どうしてわかってくれないわけ!?」
と、逆切れ。
「Mさんの結婚式は、Yさん家族のお食事会じゃないんだよ」
と周囲がたしなめても
「兼業ママの大変さを誰もわかってくれない」
と泣き出して大変だった。

続きを読む