769: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/10/28(木) 23:01:21
未婚で実家の話だけど、汚惣菜で思い出した。

実母がお取り寄せで加工食品を買った。しかも2箱も。
1箱食べてみたら、ものすごく不味かった。2箱目は誰も手をつけず
ずっと実家の冷蔵庫に入ってた。

それを実母が息子(私にとっては兄)家に持って行った。あんな不味いものを持って
行ったのか、息子(兄)への嫌がらせか、と実父と私とで実母を怒ったんだけど、
実母は「いいのよ、あれで」と取り合わない。
その日の夕食が終わり、そろそろお風呂に入ろうかなという時間になって、
実母は義兄家に電話した。
「あら、○○さん(兄嫁)、今日持ってったアレ、うちで食べてみたんだけど
美味しくなくて。あんな不味いものを渡してしまってごめんなさいね」
と言ってた。会話の様子からは「いいんですよ」「でもごめんなさい」「いいえ、
せっかくのお気持ちですから」みたいな会話が繰広げれられていたと思われる。

電話を終えた実母に、不味いの知ってて渡したクセに、と
嫌味で言うと、わざわざ取り寄せした品を持っていく優しい母、せっかく
持ってきたものを「不味くてごめんなさい」と正直に言う裏表の無い母を
アピールできたんだからいいんだ、と堂々と言い放った。
持っていくことに意義があるんだから、味なんてどうでもいい、ついでに
捨てなくてすんでラッキー、とも。

汚惣菜、イヤゲモノを使い方一例ってことで。

続きを読む