695: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/04/25(日) 01:05:04
トメに「何考えてんですか。ありえない。きもちわる!」と言った。

私とダンナはウト所有のアパートに住んでる。
3階建てで、1階は独身者向けの部屋、2・3階は子梨夫婦向けの部屋。
私達は結婚してすぐここに住み始め、今年で3年目。
去年の春からは、1階にコウトが住み始めた。コウトはトメの連れ子で、大学生。
オタクっぽい雰囲気で、無口で、何考えてんのかわかんないタイプ。
ダンナとの仲は良くもなく悪くもなく。会えば普通に話すけど、兄弟って感じでもない。
ウトメからたまに面倒見てやってと言われて、一応ハーイとは言っておいた。
大学生なんだし、勝手に楽しくやってくれるだろうから、面倒見るまでもないと思ったし。
でも同じアパートに住んでればちょいちょい顔は合わせるし、
ごくたまに、月一回あるかないかくらいの頻度で夕飯に招いたりはした。
あたりさわりのない話しかしたことないけど、それなりに親しい感じにはなったかも。

ところが、こないだウトメ宅にちょいと顔を出した時、
ダンナとウトが買出しに出かけた隙に、トメが私に
コウト君があなたを好きだと言っている。なんとかならないか。とか言ってきた。
ハァ?と思ってちょっとポカンとしてたら、トメは続けて
あの子ちょっとオクテだから、色々教えてあげて欲しい、とか。
セクロスしろとまでは言わないけど、その雰囲気を味あわせてあげて欲しい、とか。

それで最初の言葉に至ったわけです。
ダンナが戻ったら即チクって、ダンナはその場でトメにゴルァ!した。
トメはしれっと「冗談なのに」とか言ってたけど、絶対マジだった。
つか、冗談でもそんな事言うなんて気持ち悪い。

ウトにはまだ言ってないけど、とりあえず今の部屋は出るつもり。
勿論、その後コウトとの接触は一切絶ってる。

続きを読む