キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:農家

オススメピックアップ!

275: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/03(木) 18:46:48.50
彼氏の実家が農家なんだけど、庭にハチミツをとる箱がおいてある。
あるとき、ふと庭のほうを見ると、ものすごい量のハチが飛んでて、しかも彼氏の義姉さんがその群れの中に!
思いっきり叫んで泣きました。「お姉さんが~~お姉さんが~~!」と言いながら彼を呼ぶと、
お姉さんはハチの群れ(周りが暗くなるくらいいた)の中から洗濯ものをもって現れ
「ハチって洗濯物にフンするから、あわてて取り込んだの~」とニコニコしながら言われた。
どうやら新しい女王蜂が仲間を連れて巣を出て行ったそうです。
全然知らなかったら本当に怖かった。絶対タヒ者が出ると思いました。義姉さんいわく「刺さないわよ~顔見知りだもの」だそうで……。

続きを読む

514: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/08(土) 16:12:01.08
しょぼい修羅場ですけどお茶うけに

私の実家は田舎の農家。
ある年、高校中退してそれ以来働いてもいない従兄を一時的に預かることになった。
うちでは朝は農作業して、昼からは自動車教習所に通わせてあげてた(バイクの免許は持ってたのでそれで通ってた)
私は小さい頃から知ってる従兄にわりと普通に接していたと思う。

居候し始めて数か月後、部屋に一人でいるときに従兄がやってきた。
なんと私のことが好きで付き合いたいとのこと。
当時、私14歳、従兄21歳。
無理無理で断ったけど、家族はもちろん、友達にも相談できなくて修羅場だった。
高校中退ですらムリなのに、ニートで色白ぽっちゃりのレーサーになりたい()男に惚れる要素はどこにもない。
告白後もしばらくはうちにいたし、農作業を仕込んだから繁忙期になるとうちに来る。
来る度に顔も合わせるのも嫌だし、洗濯も自分だけ分けてやってた。
その後も月1くらいで手紙が届くし、正月や盆にもプレゼントみたいの持って来るし(受け取り拒否)しばらくは家にいても休まらなかった。

数年後、年子の姉とその従兄の話になったときに、なんと姉にも告白してたことが判明。
未だに姉妹でその従兄は嫌いだし、正直会いたくないけど、親はなぜか頼りにしてる。
親は私宛で来てた手紙の意味も知らないし、私も一度も見ずに燃やしていた。
姉からは「文通してたんでしょ?」とか言われるしorz

このおかげで年上の男性は恋愛対象として見ることができなくなったし、ぽっちゃりも大嫌いだ。
創作物でも年の差とか気持ち悪くてダメになった。

今から思えば従兄もまだ子供気分が抜けてなかったと少しは理解できるけど、私にとったらトラウマレベル。
農家で人が常に誰かいる環境だから、無理やりな行為におよばれなくて良かったとしみじみ思う。

続きを読む

810: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/04(日) 14:14:10.03
うちの実家は農家なんだけど、
戦中に食糧のお代に、と貰った日本画を最近鑑定に出したら
いくつかは本物で、県から文化財指定されちゃったよ

二束三文だろうと思ってたら物凄い金額らしくて
家族一同びっくりだったよ
ま、売る気はないから、相場がいくらかなんて関係ないけどね

当時の状況はよく分からないけど
家族が生きるために、ホントに先祖代々の家宝差し出したんだろうな
と思った

ちなみに骨董の価値に気付いたのはご近所の奥様
どうせ安物だろうと適当に飾ってた掛け軸の絵や落款をしげしげと見て
これ本物の○○だよね?凄い。こんなとこに飾っちゃうんだ?
と聞いたことない人の名前出したのが切欠
それで、持ってる骨董品まとめて鑑定に出した

決して金持ちそうには見えない人だったけど
世の中には、すごい目利きが意外なとこにいるもんだと思った

とりあえず大観はすぐ検査して
本物ならそれなりの設備で保管した方がいいよ
うちは杜撰な保管してたんで、県の美術館の人に嫌み言われたよ

続きを読む

178: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/31(木) 21:15:30.24
皆様に比べると小さいかな。
小1の頃、近所の友人宅が大きな農家で、いつも友人と
広い庭や縁側でままごとしたり、勉強していた。
ある日、いつものように遊びに行くと、庭に普段なら、
母屋の裏側の鳥小屋に入れられている鶏たちが、数羽闊歩していた。
私は「あ!鳥さん(*^_^*)」と思わず一歩近づいたら、その中の一羽。
羽が茶色で尾羽が青、かなり大きい(多分軍鶏)が羽をぶわっつと
広げて私めがけジャンプアタック!
一撃を受けて尻餅をつきつつ、ビックリして這いずって逃げ出そうとした、
私の背中に乗って突く軍鶏。
叫び声を聞いて友人の祖父が助けてくれた。
寒い時で厚着していたし、帽子も被っていたおかげかかすり傷で済んだ。
今思うと、ジュラシックパークでラプトルに襲われるってあんな感じ?

続きを読む

794: 名無しさん@HOME
私の実家はかなり田舎なんですが、友達が短大を卒業して
実家に帰って就職した時、見合い話が降り注いだって。
……40過ぎのおじさんから年齢の高い順に。

なんつうか、「嫁候補が帰ってきたぞ、年齢の高いものから優先的に回せ!」
みたいなのがあるらしい。

これは彼女のお父さんが
「まだ嫁に流行らん、やるとしてもそんなおっさんにはやらん!」と
近所親戚にゴルァかまして、やっとやんだらしいけど。

うちは農家といっても、パパンが定年後趣味でやってるようなもんだから
跡継ぎがいなくても、特に困らないんだけど、現役農家の方は
目の色変えてまつ。

続きを読む

832: 名無しさん@HOME
うちのまわりマンソンや戸建てが立ち並ぶ典型的な住宅街なんだけど、
1軒だけ日本家屋でちょこっと畑がある農家があるの。ひいばあちゃんから
孫まで8人で住んでる。畑をマンソンや駐車場に替えてそれはそれは
大富豪。そこの若い方の嫁と友達なんだけど、とても嫁とは扱われて
いなくて、召使か奴隷といった方がぴったり。90代の大姑の世話は
もちろん、炊事洗濯家事の一切を姑はやらないらしい。よくきれいな
着物きてでかけていく。嫁子は長男(高校生)のお古のトレーナーとか
Tシャツとか着て髪の毛ボサボサ。お風呂は絶対に嫁子と三男が最後
なんだって。舅からはめしがまずいだの子供のしつけがなってないだの
毎日怒鳴られるんだって。嫁子の外出は買い物や銀行など以外は基本的に
禁止らしく、どうしても学校の用事の時とかは前もって舅姑にお願い
しておかないと出してもらえない。それでも当日「あんたのせいで
私が今日は留守番しなくちゃならないじゃない!」と愚痴愚痴言われる
らしい。私なら1日で離婚だ。先妻が十年くらいで出て行ったらしい。
お風呂の順番のことも長男次男は先妻の子だから 格が上らしく嫁子より
先に入れるらしいよ。

続きを読む

858: 名無しさん@HOME
流れぶったぎってスマソ。
雨で退屈なうちのママンから、世間話の電話が掛かってきた。
GWに行った墓参り兼同窓会で20年ぶりくらいに会った地元の級友69才たち(女性5名、全員農家)、
うち息子7人で、5人まで兼業農家で毒(40代3名、30代後半2名)だとか。
ママンはリーマンと結婚して長らく子どもに恵まれず、産んだら年子で2人とも女だったから
級友達にはずいぶん気の毒がられ(見下げられ?)てたけど、立場一転。
私たち姉妹の旦那の職業やどうやって知り合ったかを根掘り葉掘り聞かれたそうな。
鼻息荒く語るママンに辟易したけど、せっかく男を産んだのにっていう女の悲鳴が聞こえた気がした。
一人だけ教師長男に嫁が来て同居で鼻高々の人がいたらしい(ママン的にはちょっと裏山)。
ママン含めこの価値観は、タヒんで焼くまで変わんないだろうな。

続きを読む

84: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/17(土) 10:52:20.81
長文すいません。
うちの旦那は三兄弟(うちは長男)で、長男・次男が同じ年に結婚、翌年に三男がデキ婚
三男が籍を入れた直後、義両親(農家)が揃って亡くなった
お二人とも当時まだ五十代で、農作業もまだ残っていたので急遽三兄弟の誰かが継ぐ
ということになっていた
早々に戦線離脱したのが、ちょっと離れた場所でサラリーマンをしていた三男
三男ということもあって、順番的にもこいつはないなと除外
暫く長男夫婦、次男夫婦、親戚で話し合い、結局継ぐことになったのが、同じ市内に住んでいた二男
当時左官だったので一番身軽だということもあったし、住んでいるところも近いということで
次男本人も親戚も、次男が継ぐということでほぼ確定状態
二男嫁は農家の嫁になる覚悟なんて出来ていなかったので、決定直後不安から台所で泣いていた
私は農家嫁を免れたことでほっとした自分に罪悪感を覚えていたが、そこに三男嫁登場
「この町いいとこですね~wwおっちゃんたちもいい人ばっかだし~wあたしが住んじゃおっかな~ww」
「次男嫁さん、ここなら美味しいもの一杯たべられますよ~よかったですねww」
とぶちかまして次男嫁号泣。ぽかんとしているので
「三男嫁ちゃん、次男嫁ちゃんは、なりたくて農家になるわけじゃないのよ。それなのに、早々に
候補から外してもらったあなたがどうしてそんな無神経なこと言えるの?」
と窘めたら、盛大にぶすくれて、三男に泣きながら「お姉さんたちが徒党を組んで私をいじめる」と訴えたらしい
ちなみに、当時私と二男嫁は28歳、三男嫁は26歳。私だけ若いから仲間はずれ、とよく言っていた
顔も喋り方も服装も、結婚当時の辻のぞみみたいな感じの人で、馴染めないなりに普通に接していたのにな

結局、お葬式以降、三男は田植えや収穫の時期に返ってくるが、三男嫁は一度も顔を見せない
曰く、「嫁いびりに遭うから」だそうだ
久々に三男から連絡が来たと思ったら嫁が三人目を妊娠したという報告だったので、嫌なことを思い出してしまった
別に報告いらないのに。

続きを読む

562: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/27(日) 10:24:02.94
義弟嫁が膿家脳ならぬ膿家スレ脳でいちいちうざい
専業農家だけど人手は足りてる(繁忙期はアルバイトを雇っている)から私も義兄嫁も手伝えと言われたことすらないのに、「行ったら手伝えという気だろ!?」と義実家に近寄らないし義弟すら里帰りさせない
そして義実家から私たちを守る()根回しのつもりか、正月やお盆前になると「農家なんて手伝わせることしか考えてないんだから理由つけて里帰りを断った方がいいよ!」と私と義兄嫁にアドバイス()メールを送ってくる

義両親も良い人たちなのに孫娘に会わせてすらもらってないし、かわいそうで仕方がない

続きを読む

603: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/28(月) 13:51:18.59
旦那実家は米農家(旦那は次男で下に妹ありの中間子)
17年前、私の結婚話が出たときに、私の母が心配して(母の妹が農家に嫁いで大変な目にあい,やっとの思いで逃げた)
「結婚しても絶対に農業を手伝わせない」と仲人立会で一筆入れてもらった過去がある。
私はカエルも泥もダメだから母の心配は嬉しかった。
義両親が私の親に「長男の嫁が農業が好きなので夫婦で頑張っているから、全部長男家に譲るつもり。次男家は自由にしてくれて大丈夫」と言ってくれた。
義両親は私たちに「5~6月は義実家にこないこと(この時期は身内の訪問=田んぼの手伝いらしい)」
「法事とかで親戚に会って田んぼを手伝えと言われたら適当に流して、マジに反論しないこと」の2点を守るよう言われた。
旦那が転勤族だったこともあって約束は守られてた。
義兄嫁は都会から嫁に来たのだけど、農業が好きで自分は農家に合ってると言い切るほとだった。
適材適所でよかったーと思っていた。

一昨々年に舅、その翌年に姑が他界してそこから義兄嫁が変になった。
相続は舅他界時にすっかり済んでいて約束通り、旦那は相続放棄したからこれで満了の筈だった。
それなのに、田植えと稲刈りのシーズンに我が家に「手伝いに来い」と電話してくる。
「誓約書を交わしたのは義両親であって、私達は関係ない。親族皆来るのが当然だ」って言ってる。
義兄が止めても聞かないらしく「聞き流してくれ」と逆に頼んでくる始末・・・
なんでそうなったか知らないけど、早く元通りに戻って欲しい。

続きを読む

このページのトップヘ