キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:誤解

オススメピックアップ!

452 :名無しさん@おーぷん 2017/12/17(日) 22:55:57 ID:P01
職場の先輩の奥様が強烈で悩んでいる独身彼氏なしデブス喪女、雰囲気イケメンの先輩と組んで仕事している
外回りに近いものがある職種で、直帰することもあるんだけど「飯でも食って帰るか」となることが多い
パワハラもセクハラも特にないし、新人時代からまともに仕事できるようになるまで世話してくれた先輩なので特に断ることも無かった
誓って食事以上のことは無い
なのに先日ラインに「これ以上不必要な接触をするようならば不倫として訴える。会社を首になりたくなければ即刻やめろ」というメッセージが入った
一緒に夕飯食べてるだけで手すら繋いだことないのに、奥様の中で私と先輩は不倫関係らしい
ただ仕事が遅くなっただけでもその日の夜中にLINEが入る
先輩はスマホにロックをかけただけで不倫を疑われるし、室内で携帯を携帯するだけで不倫を疑われるんだそう
「ブスのくせに調子に乗るなよ」とか「夫くんはあなたの事をデブで気持ち悪いって言ってます。可哀想に」「うまくやってるつもりでもいつか絶対証拠を掴んでやる」などの脅しや誹謗中傷も

続きを読む

30: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/28(火) 09:50:06.48
ある年の2月14日の朝、
駅構内の柱の影からバッと飛び出した女子高生が
「これ、もらって下さい!」
と可愛い包みを差し出してきたが、俺の顔を見た瞬間
「ギャー!」
と叫んで泣き出した。
どうやら渡したかった相手を間違えたらしい。

呆然としてるうちに駅員やら警察やら有志の一般人やらに取り囲まれて、
駅の事務所みたいなところへ連れて行かれた。
すぐに誤解と分かって解放されたけど、
あの瞬間はホントに人生終わったと思った。

続きを読む

148: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/26(水) 18:57:57.27
昔の地味な修羅場。

当時付き合っていた彼と、結婚の話も出てきたので友人たちに御披露目wしてみたところ、
「Aちゃん…の兄弟?」
と、全員がこんな→(;゜д゜)顔で、彼と私の親友A(女)とを見比べていた。
言われてみると、どう見ても二人は兄弟にしか見えないレベルにそっくり。声まで似てた。
確かに少し似ているな~とは思ってたけど、身長体重がかなり違うから、まさかここまで似ているとは思っていなかった。

当然、彼からもAからも有らぬ疑いをかけられ、その日は飲み会ではなく双方+友人たちから私への糾弾大会に。
結局私は一晩で親友と彼氏と何人かの友人を失いました。
集団から吊し上げられるのは、本当に怖かったです。

続きを読む

244: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/01(日) 12:39:31.22
うちも似たようなことで悩んでるから便乗させて・・・

義兄家は小2女子1人(義両親と同居)
コトメ家は小4と小3の年子の女子&園児男子の3人
我が家は小4女子と1年男子の2人

我が家とコトメ家は同じ小学校区でしょっちゅう会うこともあって子供らは仲良し。
義実家とは電車で3駅離れてる(車で直行だと15分くらい)から校区は違う。
コトメは自分の実家だから、ちょこちょこ顔だしてるけど、
私は仕事もあるしで、義実家へは盆と正月+年数回って感じ。
義両親はさっぱりしてるので、頻繁に行かずとも怒ってはいない。

次は正月に集まるんだけど、義兄嫁が「うちの娘をハブってる」と怒る。
しかもコトメには言えないから私宛にねちねちと言う。
私はため込むの嫌なので、言われたその場でコトメ義両親義兄旦那へ伝達。
今までだと、子も小さいしはぶってるって怒るほどの状態では無いので、勘違いを諌められて義兄嫁がぶんむくれてた。

それでこの夏、お盆に集まった時にまた同じパターンになったんだけど
今度は姪(義兄娘)までが、義兄嫁と同じことを言いだした。
部屋の隅で女の子4人で固まってカードゲームしてたから、仲間はずれじゃない。
(園児と小1男子は庭で犬と暴れてたので、その場にいなかった)
4年生2人に聞いたら、いいカードを廻してくれない、勝たせてくれないとぐずっていたみたいで、それは仲間外れと違う。
それなのに、義兄嫁は娘の肩持って大騒ぎし始めて、コトメと大喧嘩になった。

今年また年末年始は顔出しに行くけど義兄嫁からは、「うちの娘と義兄娘を遊ばせて(面倒見て)」と要請来てるし・・・
コトメ娘は姉妹なので、入る隙がないから、うちの娘なら一人娘同士仲良く(っていうかお世話係)出来るって当て込まれてるみたいで気が重いよ。
とりあえず、うちの娘とコトメ家の上の娘ちゃんが今年はクラスも一緒で仲良しなんだと返事したけど、誤解溶けるかなぁ

続きを読む

このページのトップヘ