キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:良い話

オススメピックアップ!

538: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/08 12:20:00 ID:5pP2rRjY
たまには毛色の違う武勇伝も。コールセンターの女性を泣かせてやった話です。

みなさん、朝食は普通パンやごはんを食べられる方が多いのではないかと思いますが、
私はちょっと特殊で、毎日餅を焼いて食べています。真夏でも真冬でもです。
切り餅2kgのお徳用パックなんかを買って、大体毎朝4切れくらい食べているのですが、
磯辺焼きは本当に美味しくて、10年近く食べていますがまったく飽きる気がしないです。

ある朝、「こんなに美味しいものを毎日食べさせてもらっているのだから、
メーカーに感謝の気持ちを伝えなければ!」と唐突に思いたったので、
袋に印刷されているお客様相談センターに電話しました。応対は若い声の女性でした。

コールセンター「はい、~~お客様相談センターです」
私「お忙しいところすみません。いつも御社の餅を食べさせてもらっています」
コ「ありがとうございます」
私「もう毎日のように美味しいお餅が食べられて、本当に感謝しています」
コ「(早く要件を言えよ、的な雰囲気で)こちらこそありがとうございます」
私「もう何年も食べ続けているんですが、これからも買い続けていきたいと思っています」
コ「お客様にそういっていただければ何よりです(そろそろ要件が来ると身構えている感じ)」
私「私の感謝の言葉を、どうか現場の方々にもお伝えください。お忙しいところありがとうございました」

コ「え…えっ!お客様、それだけですか!?」(本当にそういわれたw)

私「ええ、本当に美味しくて感謝しているので、その声をお伝えしたくて…」
コ「あ…ありがとうございます(完全な涙声)」
私「これからもよろしくお願いします(泣くとは思ってなかったからビビる)」
コ「あ、お客様!現場にお伝えしますので、どうかお名前を教えていただけないでしょうか?」
私「ええ、横浜に住む○○と申します。よろしくお伝えください」
コ「本当にありがとうございました。どうぞ今後ともごひいきにお願いします」

きっとつらいことの多い職場なんだろうなあ、と思いつつ、やっぱり電話して良かったと思いました。
個人的には、それから1週間くらい胸がスーッとしました

続きを読む

84: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/28 04:45:02 ID:wFMIgh2D
姉の武勇伝を一つ。
一個上の姉は病弱。昔っから喘息の発作やらなんやらで幼少の頃は泣きながら病院に運ばれるイメージしかなかった。
そんな中でのお話。
姉とは違い健康優良児な私は毎日外で遊び回ってた。
たまたま姉の体調が良く私の遊びに付いてきて一緒に公園で遊んでた。
私は公園友達たくさんいたんで途中から姉をほっといて遊んでた。姉はベンチでニコニコしながらそれを眺めてた。たまに「ねーちゃーん」てブランコ乗りながら、ジャングルジム乗りながら手を振って姉も嬉しそうに手をふりかえしてた。

続きを読む

226: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/12/14(月) 22:15:27
帯だの帯止めだので思い出した。
私、曾お婆さん子で、小学校6年の時に曾婆さんが亡くなるまでは
曾婆さんが母代わりで育った。で、確か小学校3,4年の時の
工作の授業で、七宝焼きを作ることになったんだけど、
曾婆さんのために簡単な帯止め風なものを作ったわけです。

まあ要するに曾婆さんは拙い作品でも、可愛い曾孫の作った物を
大切に取って置いた→時の経つ内、婆さん、母と受け継ぐ間に
何故か「あの曾婆が大切にしてた位だから」と妙な誤変換がなされていった→
時が流れ、私は結婚して懐かしい七宝焼きを再び入手した→
個人的にはとても大切なものなので感激した→
価値のあるものだ!と勝手に勘違いした小姑(夫の姉)がその
駄作七宝を持ち出し、売ろうとした→当然値は付かず。
で、「なんでよ!高いものじゃなかったの!!話が違う!」と大騒ぎな感じで
まさに、「自爆乙」だったなぁ。

どう見たって、きったない椿くずれのもやもやみたいな七宝モドキなんだけどねぇ。

続きを読む

426: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/17(水) 22:52:49
うちのトメは表立っていびったりはしないけど、チクリチクリといかにも
「反りが合わない」って空気をことあるごとに漂わせるんです。
本当に反りが合わないんじゃなくて、やっぱり「嫁=息子を取った女」だから
嫌われてるんだろうな・・って思ってました。

ついに
「まあ姑と嫁はそれだけで水と油だからしょうがないのよね」
ってはっきり言われて・・。
なにか言い返してやろう!って思ったんですけど、うまく言葉が出てこなくて、
「私はお義母さんのこと好きです・・。でも、しょうがないんですね・・」
って超凹みながら言ったら
「別にそういう意味じゃないのよ!」って急に大慌てでお茶いれたりしてくれて。
それも、私が大好きと知ったら「そうなの。私は苦手なのよね」って言われて以来、
義実家では一度も飲んだことのなかったコーヒーで。

続きを読む

484: 名無しさん@HOME 2013/12/06 22:33:11
過去話です。
旦那32歳私30歳コトメ35歳(独身)の時私達は結婚式を挙げました。
コトメは色白でちょっとぽっちゃりだけど可愛い人。
なのに彼氏いない歴が年齢で、弟の彼女の私が気に入らないようで
ちょっと意地悪だった。
当時私側の女性招待客に独身者はいなかった。
友人従妹もみな既婚者だった。
そのため振袖での出席者は無し。
旦那側の先輩・友人(男)には独身が何人かいた。
その状態を知ったコトメが「じゃあ華が無くて可哀想だから
私が振袖着てあげる。成人式と友達の結婚式に着ても
三回しか着てないしもったいないから、着てあげるよ。
それに弟ちゃんの友達先輩独身の人多いんでしょ?
ふふふ私の華麗な姿に惚れちゃうかなぁ。
私は今フリーだから受けちゃうから、勝手に断らないでよ。
シスコンなんて言われたくなかったらちゃんと仲介してね。」と
すごく真剣に三回繰り返して言われて私達はドン引き。
結局成人式の時の振袖は、若い人向きでピンク主体の色目だから
とても三十路で着れるものではないとトメさんの大反対に会い
(友人結婚式での着用も二十代半ばだったそう。)コトメ泣く泣く
断念した。結局トメチョイスの落ち着いたデザインの緑のカクテルドレスで
出席してくれて、とてもきれいだった。
そのため私側の招待客の私のゼミの教授(私が卒論でお世話になった
時は准教授だった。)がコトメに一目ぼれして紹介してくれと頼まれて
席を設けたらコトメも気に入って、とんとん拍子にコトメは教授夫人になった。
教授は当時バツイチで四十代半ばだったけど、なかなか姿のいい人でした。
子供はいませんが、二人ともラブラブで幸せそうですよ。
おかげでコトメからの意地悪もやみ義両親に大感謝されて
居心地のいい嫁生活送ってます。教授ありがとう!

続きを読む

このページのトップヘ