キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:老後

オススメピックアップ!

 

298: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/10/19(火) 12:25:33
既婚35歳のコトメは選択小梨
トメはコトメの孫が欲しくて機会をみては孫催促している
先日法事で久しぶりにコトメと顔を合わせたときの会話

トメ :そろそろコトメちゃんの孫が抱きたいわ~
コトメ:子供は嫌いじゃないし産んでもいいけど、仕事が忙しくて育てられない。
    お母さんが近所に引っ越してきて育児を手伝ってくれるなら産んであげるよ。
トメ :今さら都心には引っ越せないわよ。コトメちゃんが実家の近くに住めば。
コトメ:仕事があるからそれは無理。
トメ :歳を取って旦那さんが先に亡くなったらコトメちゃん一人になっちゃうのよ。
    お兄さん(私の旦那)も先に亡くなったらどうするの?
コトメ:え~甥っ子君がいるから大丈夫!
私  :息子君今からコトメ叔母ちゃんに沢山お小遣いもらっておきなさい!
コトメ:毎年お年玉あげてるじゃん!

コトメはウトが40歳の時の子でコトメ旦那は15歳年上、兄(私の旦那)と12歳違い。
順番から行けばコトメが天涯孤独になる可能性が高いわけで、うちの息子をあてに
してるとはびっくり!確かにお年玉はもらっているけど中学生に3000円じゃん!
法事で顔お合わせても小遣いなんか貰ったことないじゃん!

コトメが高校生・大学生の時私はお年玉やお小遣いあげたよね!忘れたの?   

続きを読む

779: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/21(金) 03:25:49.90
娘の誕生日プレゼントがゲーセンの景品の巨大ぬいぐるみだった。
娘にしょっちゅう持ってくるオモチャが毎回ゲーセンの景品。
一歳の誕生日にもそれかよ。クレーンゲームにいくら使ってんだよ。
実家の両親は娘の発達にあわせて知育玩具を買ってくれる。
その差に余計にイラつく。自分たちの娯楽の副産物を寄越して来てドヤ顔すんの辞めて欲しい。
そんな金あるなら自分たちの老後資金にして下さい。嫁は面倒見ません。

続きを読む

87: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/09(木) 14:14:30.66
うちの夫は仕事も頑張ってくれて同僚や上司受けもいいし、
家の事も手伝ってくれるし、子煩悩だし家族3人で過ごす時は
とても楽しく平和な気持ちになる。
トメがちょっとでも私に嫌味言ったら上手に言い返してくれるし、
私へのフォローもしてくれる。

だけどウトメはもちろん夫の考え方は基本的に「嫁が来てくれた」という感覚。
義実家へ私たち連れてやたらと行きたがるし、トメが色々物をくれたり、ご飯ご馳走してきたり
甘やかすから旦那も便乗する。婿とかマスオさんなんてもってのほかという考え。
私が「甘えるの良くない」と言っても「俺達(ウトメ+私たち)家族だろ。
遠慮しなくていいよ」と言う。
私が「私たちはそれぞれの親から自立してあなたと私と子供でひとつの家族になってるんだよ。
独身の頃のように甘えるのは良くないよ」と言った。
そうすると「なんか親と他人みたいな言い方だね。
うちの親は嫁さんが来てくれてかわいいからしてくれてるんだ」と言う。
私の言い方も足りないんだと思うけどなんか良い言い方ですかね。
これまでそれで大きなトラブルはないから見過ごした方がいいのかな。

続きを読む

168: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/14(月) 18:53:55.22
夫実家は金持ちで、姑は自慢話が多く聞いてるといらっとくるが、イジメとかはないし
適当な距離で付き合ってた
義理弟が結婚して、その嫁は姑とけっこう仲良くしてた
馬が合うんだなと思ってた
正月に集まったときに、姑が
「私達、老後はホーム入るから介護は必要ないからね。
その代わり遺産は残らないから期待しないでね」と。
たまーにこの話するんだけど義弟嫁は初めて聞いたようで。
後で私と二人きりになったときに
「でもホーム行っても残るんじゃないですかね?
そうでなきゃ何のために私達ごますってんだか」
って言ってきた。
達 を入れるな達を

続きを読む

448: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/15(木) 10:17:00.64
数ヵ月前の話だけどジワジワとモヤモヤしてきた。
姉・私・弟の三人姉弟。
弟嫁は明るくて大らかで好きだった。
でも数ヵ月前に姉が事故で急死した時、火葬場で待っている間
茫然としている母に向かって弟嫁が
「義母さんは定年退職後はどうするんですか?」と真剣に聞いてた。
母が「どうしようかね~」と上の空で返事をしたら、どっかに行ったけど。
この時からずっとモヤモヤしてる。

別に姉が母の老後を看る約束はなく、私が看ると言っても弟が
「俺が母さんを看る」と言っていた状態。(定年後は誰かと同居予定)
なのに、なぜあのタイミングで母にあんな質問をしたのかがわからない。

続きを読む

619: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/04(金) 13:01:09.22
うちの両親はちょっと小金持ち。すごくお金は持ってないけど
退職後年金まで数年あっても困らないらしい。老後も老人ホームも検討するから
心配するなと言われた。で定年まで数年になった今年の正月も夫婦で温泉年越しに
行ってしまった居ないので私達夫婦も弟家族も帰省しない。
年末に弟嫁から電話があり「そんな金があるならなぜ孫の教育費に回してくれない!」
とぎゃんぎゃん喚かれた。「まだ一歳なのに何を教育するの?」と聞いたら
今は一歳から有名幼稚園に入れるための塾があるんだってね。
そのお金を出してくれって両親に私から頼んでくれって。「自分で頼んで下さい。」って
言ったら「姪が可愛くないのか。そんなんだから子供が出来ないんだ。」と言われたので
ガチャ切りしておいた。弟にがんがん文句の電話もしてやった。

続きを読む

262: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/22(日) 11:29:16
35歳独身のコトメ。
それ自体は自由だから特に気にもしなかったけど、最近娘(2歳)に「老後よろしくね」的な事を言う。
今の時代親だって子供に老後なんとかしてもらおうなんて思ってないのに。
冗談かもしれないけど本気で思ってそうだから怖い。

続きを読む

239: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/16(木) 13:41:26.77
先日、諸用事で義実家に行った。
我が家と義実家は、在来線や新幹線を使って約4時間の距離。
主人の都合で私と子供達で伺ったんだけど、そこにコトメ(40代独身、義実家近所在住)がいた。
お昼は外食しましょうというウトメの提案で、近場へ出かけた。
支払いの段階で、コトメが財布を出した。
珍しいなと思った。だって今まで我が家もしくは義母が払っていたから。
でもさ、私見ちゃったんだよね。義母が隠れてコトメに諭吉さん数枚渡すところ。
そういえば義母が、おばさん(コトメ)をよろしくねと、我が子達に言っていたな。
はっきり言う。
実親でさえ、我が子に老後の負担をかけたくないと思っているのに、それをさしおいて伯母の面倒をみさせるわけないでしょ。
ちょこちょこ嫌みを言ってくるのも、我が子達は知っているんだよ。
ケチな義両親がたんまりお金持っているのも知っている。
あんたの老後は遺産でどうにか出来るよね。
我が家にちょっかい出さないで。

続きを読む

488: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/16(月) 19:12:50.68
独身コトメ(34)は美人で、大手の会社でバリバリ働いているんだけど、長い事
彼氏がいなくて、結婚の予定も無い。
私に「将来世話になるからヨロシク~」とか「意地でも結婚しないからね」と
言うのはスルーすれば良かったんだけど、幼稚園児の娘にまで、
「将来、おばちゃんの面倒はお前がみるんだぞ~」
と言うのを聞いてぶち切れた。
「その為に娘を産んだんじゃありません」「冗談でも二度と言わないで下さい」
と釘を刺し、ついでに横でウンウン頷いてたトメにも、お義母さんの介護をする
つもりも無いですからと、宣言。
(余談だけど、普段『老後は子供の世話にはならないわ』と言ってたトメが
ものすごくショックを受けていたので、子供の世話にはならない=嫁の世話に
なるって意味だったか、とこっちが驚いた)

その夜、泥酔したコトメから「ちょっと酷過ぎませんか~?」と電話が来たので
ガチャ切り。その後しつこくメールが来た。
内容が、「自分は凄くもてた。今でも相当もてる」「貯金だってたっぷりある」
「もう姪っ子にはお祝いも何もあげないよ?いいの?」という自信たっぷりな
感じだったのが、後半は
「20歳代後半から、男たちが去っていった」「気がつくと周りは結婚している」
「私は悪く無い、周りの男の見る目が無いだけ」「姪には会わせてくれるよね?」
と、自信を無くしていくのが、笑えた。
未だに謝罪も無いけど、翌日自分が送ったメールを見た時の衝撃は大きかったはず。

続きを読む

768: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/14(水) 10:31:22.02
ヒキパラプーなコトメ。
初めての甥っ子(うちの子)にメロメロになった。
勿論、「私の老後は」のテンプレもかましてくれた。
なので、「老後を見て欲しいなら、それなりの投資をして下さいね。」
「今時、老人を4人も5人も抱えるなら、医者にでもしないと駄目かしら。
今からでも、働いて貯金して下さいよ。」と言ったら、次の日から、汚部屋を片付け、美容院へ行き、ダイエットを始めた。
私の産休明けには、仕事も決めて頑張って働いてる。
存在自体が迷惑だったコトメだけど、取り敢えず努力は認める。

続きを読む

このページのトップヘ