キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:義姉

オススメピックアップ!

322 :名無しさん@おーぷん 2018/02/04(日) 12:32:09 ID:9J1
結婚して初めて義実家へ行った。
なんやかやでリビングで義姉(出戻り)と二人きりになった時に
「あなたの幸せを1時間に詰め込んだらどんなふう?」って聞かれたので
「犬のコーギーをモフモフしながら、ふわっふわのソファに身をゆだね
ヨコヤマのモンブランを食べながら好きなお笑い番組を見る・・・かな~」って言ったら
「うっす!(薄い)」って言われた。
「じゃあお義姉さんはどう?」って聞いたらニヤニヤして答えてくれなかった。
なんやねんこいつ、根性も顔も腐ってんな。

続きを読む

108 :名無しさん@おーぷん 2017/12/30(土) 14:41:29 ID:qLx
義姉は40代後半の小梨の専業主婦で貯金ほぼゼロだったが、旦那さんが亡くなってから
今までお金がないお金がないって言ってたのが全然言わなくなった。
9月の連休には友達と海外旅行に行ったって嬉しそうにお土産を持ってきて
11月の連休にはどっかの温泉郷で離れ客室の贅沢な旅をしてきたって写真見せてくれた。
夫が「あんまり贅沢してないで、今後の生活の備えておいた方がいいんじゃない?」って言ったら
「保険金が出たんだよ。2000万だよ2000万!やっと楽できるようになったんだよ。いいじゃないの!」とキレた。
横で聞いてて「2000万ぐらいで浮かれてこの先どーすんだよ・・・」と思ったけど黙ってた。
そしたらトメが黙って立ち上がって部屋を出たと思ったらなんか紙切れ持参で戻ってきて義姉にそれを渡した。
200万と250万の借用書。どっちもまだ有効期限内。
どういう経緯か知らないけど、トメが義姉にお金貸してたらしい。トメはシビアな人だからちゃんと借用書とってたみたいね。
同時にトメ、「言っとくけど、これ回収したら二度と貸さないからね」って。
義姉、こめかみをヒクヒクさせながら帰って行ったけど、どうしよう・・・ワクワクするw

続きを読む

260 :名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火) 16:27:48 ID:fsE
うちの兄(独身)がまだ30代の若さで亡くなったんだけど、亡くなる半年ぐらい前に会った時に
「おまえがやりたいようにできる日が必ず来るから、もう少しだけがんばれ」って言われて
「そうだといいけどねー」って言いながら(そんな簡単じゃないよなぁ)と心の中では思ってた。
その時は兄の病気のことや余命宣告受けてることを知る前で、そうと知らずに離婚の相談してたんだ。うち、結婚した翌年に夫とローン半々で家を建てたんだけど、
子供は最低でも2人欲しいと思ってたからそのつもりで建てたら旦那に種がなくて小梨生活決定。
その時はそれでも別にいいと思ってた。
旦那は不倫とか大嫌いな真面目な人だったから、ふたりでも大丈夫って。
ところが義姉(バツイチ)が頻繁に泊まりにくるようになってからおかしくなっちゃった。
空いてる部屋を自分の部屋のように使いだしたんだ。
職場に我が家が近いらしくて、残業だったり飲み会だったりするとうちに泊まって出勤していく。
冷蔵庫の中とか勝手に飲み食いするし、お風呂だってもう2人とも入って掃除も済んだのにお湯入れて入ってそのまま帰っていく。
旦那は義姉に頭が上がらなくて、いくらやめさせてくれって言っても言えない。
ある時、会社の友達とお花見に行くことになってて、そのお弁当の下拵えしてたのを知らない間にゴッソリ持って帰られた。
帰る時私は町内会の当番で家を空けてて、旦那は義姉の荷物に気付いてて何も言わなかった。
それで頭に血が上って大喧嘩になって、そこから徐々に夫婦間に溝ができた。
離婚したい、でも義姉原因で離婚なんて馬鹿みたいだし、でも旦那も情けなさ過ぎるし・・・と
デモデモダッテで悩んでて、そんなことを兄に相談してたのね。

続きを読む

433 :名無しさん@HOME 2013/05/22(水) 09:00:41 0
コトメ、自分の息子夫婦に絶縁された模様。
夫に泣きながら電話をしてきた。
「俺、姉ちゃんに言ってたよね。
○(甥)はもう家庭を持ったんだから干渉するなって。
俺の忠告無視して△ちゃん(甥嫁)にしつこくしてたんだから
○たちが怒るの当たり前だよ。」
と夫が淡々と言ってたのが怖かった。良コトメだったけど、甥嫁が妊娠した途端クソトメに豹変した。
家庭板に書かれるような悪行三昧で、夫や私が止めてもダメだった。
今更泣いて頼ってきてもおそいよ・・・

続きを読む

3 :名無しさん@HOME 2013/06/13(木) 18:07:32 0
私が知らない間に、娘がしていた事で。
適切に吐き出せるスレが分からないので、書き逃げさせて頂きます。夫、長男、次男、長女(以降、娘)。
義実家側はウトメ(鬼籍)、義兄、義姉、義弟(皆、既婚)
義実家は既になく、義兄と義姉は飛行機の遠距離、義弟は同市内車で30分ほど。居住地区は、この地域特有の病気というかその原因があって、短命な人も多く
義実家側はその為の手帳を交付されていて、手帳で公共機関の優遇が受けられる。
(市では人数が多いから、優遇も限られるが
他県だと、国経営であれば、交通手段や動物園の入場券まで無料になるらしい。
私は他県から嫁いだので、その手帳は関係ない)
手帳は年1回更新しなければならず、墓参りもかねて義姉は帰省する。
実家は無い為、うちに3日程泊まる事にのだが
その間は、食事の支度から、身の回りの世話、空港までの車での送り迎えも要求。
夫は地域特有病が原因で肝硬変を患っており、入退院を繰り返す身。
長男次男は成人して、独身ではあるが他県に就職しており、娘は子供。
必然的に私がそれらを請け負っていた。
謝礼などは一切なく、弟の嫁なのだからと小間使い認定。
年に1度の事だし、こんな状況でも義弟の家よりも金銭的に余裕があった為
仕方ない、とこなしていた。ここまでが前提。

続きを読む

 

121: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/01(土) 00:20:26
コトメと買い物中に知り合いにあって、義姉(ぎし)と紹介した。

後から、『ぎし』って何よ?私は、入れ歯じゃないわよ。

って怒られた。
義姉って一般的じゃないのかな…
今度から、小姑やコトメでおK?

続きを読む

181: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/31 21:38:55 ID:tUjf1iQa
僭越ながら私より一つ

昨日、我が家で餅つきが行われたんだけど、兄が杵を振り上げたら勢いで後ろにつんのめってしまった
そして後ろにいた甥っ子に直撃か!となった次の瞬間、姪っ子を抱いていた義姉が片足で兄の背中を支えた
その隙に硬直している甥っ子を私が救出
杵は父と叔父で兄の手から取った

すべては本当に一瞬だったけど、まるでランナーのゴールする瞬間をカシャカシャと撮るような感じに思えた
義姉は夢中だったらしく、しばらくそのまま片足を上げていたが、兄の
「あの・・(義姉の名前)さん?」
という声に何をしているか気付いたらしく慌てていた
普段はとっても可愛い人だが、その時は気合い一発、片足で兄の全体重+杵の重さを支えた根性にスーッとした
母は強い!!

続きを読む

242: 名無しの心子知らず 2012/07/16 21:16:11 ID:uj1Qt6S+
非常識な親・・・それは私の義姉です。
私の6歳の息子に自分の子供の面倒を見させておいて、転んで怪我をさせたのが
悪いと言って6歳の子供に怒る怒る。
なんでちゃんと見てないの!と言うけど、勝手にうちの息子に子供を押し付けて
その言いぐさは無いんじゃないかなと思う。

基本的に神経質なくせに人任せな育児をする人なので、ちょっとでも怪我をしたとか
ジュースやお菓子をこぼして服が汚れたりするとブツブツ文句を言いだす。
普通自分の子供なんだから親であるアンタがやるべきことでしょうといつも思う。

口癖は、「○○(娘の名前)がそういう事すると周りの人が怒るんだよ!!」
なんだかその言い方がちょっと引っかかる。
まるで注意する人間のほうが悪いかのような言い方。
正直あまり関わりたくない人です。

続きを読む

376: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/11/06(水) 21:15:38.18
なんとなく書きたくなったので書く。
初婚→離婚の話。(今は再婚している)

結婚2年目までうちには車が一台しかなかったんだけど
元旦那が異動して車通勤になったのを機に
私も自分の車を購入することにした。
ちなみに購入資金は自分の独身時代の貯金から。
軽自動車だからそう高い車でもないんだけど、
自分専用の車ってことで沢山カタログを取り寄せて
うんと吟味して決めた。
ところが納車の2日前に軽トラに撥ねられるというアクシデント発生。
しばらくベッドの上で動けなくて納車のことはすっかり忘れてたけど
ある時ふいに思い出して、元旦那に私の車どうなった?って聞いた。
そしたら近所に住んでる義姉が乗ってると言う。

続きを読む

232: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/31(火) 07:11:58.27
妹はケーキ屋に勤めていて そこのクリスマスケーキは個数限定予約制。
パティシエの妹は自分で作ったものを家族に見せて食べてもらいたいと
私も呼ばれ実家に行くと、義姉と子供2人が来ており(呼んでない)母が厳しい顔で黙って座っていた。
母が買い物に出た隙に冷蔵庫を開けて義姉と子供でクリスマスケーキを食べてしまい残りは1/6になっていた。
義姉は「いいじゃないですか!ケーキくらい!子供達が食べたいって…」と言いかけた瞬間

続きを読む

このページのトップヘ