キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:祖父

オススメピックアップ!

66 :名無しさん@HOME 2003/09/29(月) 13:42:00
昨日の明石家さんまの戦争ドラマを家族とトメウト(秋の突撃中)と見ていました。
子供達は嫌~な上官に悪態つきまくりでした。
長男などは、同じ年頃の子が上官(生き残りたいのが見え見え)の代わりに
敵に突撃するのを見て、
「上官みたいな奴らばかりが生き残ったから日本はきっと駄目なんだよ!」
とか言いまくり。
実はウト、「どんな手をつかってでも自分だけ生き残ってきた」のが自慢の
戦争経験者。軍隊での地位の低いやつは俺の玉よけのために生まれてきた~
なんて平気で言うヤツ。勿論、性格最悪。私も玉よけ扱いされ、いびられてます。
私は殴られないだけ充分良い扱いをされて感謝をすべきなんだそうです。
そんなウトですが、我が家の孫3人が唯一の孫で特に”俺の跡取り”の長男が
大のお気に入り。一生懸命「でも上官も~ゴニョゴニョ」と反論していましたが、
長男に完膚無きまでに言われまくりで、どんどん凹んでいく姿は、
結構スカーッとしました。

続きを読む

308: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/29(水) 23:03:58
祖父が亡くなって埋葬する時、お墓の中には「祖父の母」の骨壷1つだけのはずが、
骨壷が2つあったので、全員が「え?」という状態になった。
祖父は私生児で父親の骨壷があるわけもなく、一人っ子だったはずだし。
祖母はもう当時半分ボケてしまっていて、「誰の?」って聞いても要領を得ない。
どうして、誰の、どうやって、ってパニックになったんだけど、だからって出すわけにも
いかないし、確かめるすべもないし・・・

というわけで、そのまま閉じた。

祖母の納骨の時に3つある骨壷を確認して、「あぁ・・・」という感じになったけど、みんな
それはもう見ないふり。

祖父はヤマ師なところのあるひとで、まぁ何かあってもおかしくないよな、っていうのが
全員の共通認識なんだけど、子供ができなくて養子をとったのが父だったので、
血がつながってると思われる人間は今はいない。だから、その骨壷に対して絶対に
突き止めたいとかいう気持ちが誰も起こらなかったんだよね。

でも誰なんだろうあれ。

続きを読む

753: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/02(水) 21:01:44.50
大学3年の時、ゼミで勉強会があった時に私の発表前に祖父が危篤という連絡が携帯にあった
地方なので間に合うはずもなく、祖父は昏睡状態になる前に
「しっかり勉強しろ」
と言っていたらしく、とにかく発表が終わったら急いで帰ることにした
ところがその発表が同席していた院生の質問攻めに合い、それに答えつつも早く帰りたくて半分泣いていた
やっと発表も終わり急いで帰ろうと思っていたら、院生が私が泣いているのは自分のせいだ、と思い謝り始めた
こっちはそんなことどうでもよく、泣きながら
「うるさい!!」
とその場を後にした

葬式には参加出来、何とか落ち着いたので大学に戻ると、とんでもない噂が立っていた
私が妊娠し相手は勉強会で突っ込んだ院生
認知してくれないことに私が涙し、院生が必タヒになって弁解
それに私が反発して泣きながら走り去った

もちろん嘘だが、問題はこの話が教授たちにまで広まったこと
おかげで院生は教授会議にかけられ、遂には学部内の教授全員の取り調べを受けたらしい

その院生のせいで、東京駅で1時間半、地元に止まる新幹線を待つ羽目に遭い、しかも後少し早ければ・・だった私は「もっとひどい目に遭わせたい!!」と怨みに思った
だが、友人から院生が事情を知ってものすごく苦しんでいたことを聞き、その話は嘘だと証言し彼は無事お解き放ちとなった

ちなみに後にその院生は自責の念から病気になり長期入院をすることとなった

続きを読む

76: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/01 21:06:04 ID:LCG3Sgyo
月極で月3500円で祖父が駐車場を田舎でやってた。ほとんど道楽だったけど。
元々は俺や俺の兄弟を含めた近所のガキの遊び場だった。全員巣立ったので駐車場に爺さんがした。
半分アスファルトで半分コンクリの駐車場で田舎ならではの格安価格だったから人気があり、契約でいつも埋まっている状態。
20台止めれるし防犯カメラが四隅にある優良な駐車場だから高級車も何台か止めてあるほど。

でも、祭りやお盆などの行事がある際に関係ない車が何台か停めることがあるため、たまに祖父や俺が見回りして登録されていない車に対して張り紙をすることや罰金(無断駐車3万)の催促したりした。
そんな生活をすること2年ほど、俺も社会人として働き始めて祖父が一人で駐車場の監視をしていた頃。
常習的に車を停める糞ベンツが現れた。
口頭による注意や張り紙や罰金の催促も完全無視。
それを繰り返すこと1ヶ月ちょっと。他の利用者がかなり迷惑しているためついに爺が切れた。
アスファルトに穴を開けて簡単に壊れない鉄の柵をつくり完全にその車を閉じ込めた。
爺さんはもともと建設系の仕事だったから3~4時間で完成。休みだった俺も手伝った。

そしてやってきたベンツのオーナーがファビョるファビョる。
既に相談していた警察を呼んで仲介してもらったけど、警察は民事不介入だからということでオーナーの逮捕しろとかの戯言は完全無視。
駐車場の規約看板にも無断駐車の車に対しては発進できないようにする処置をする旨が書かれているのでこちらの違法性は全くなし。
それどころか違法駐車していた頃からの防犯カメラの映像すべて撮ってあるので言い逃れできず。
36日間×罰金3万+工事費用(修復費含む)+人件費+迷惑を被った契約者に対しての慰謝料(他の駐車場に停めたための費用)の160万相当の賠償金を請求した。
裁判が弁護士が~とか言っていたけど結局現金と引き換えに動かせるようにするという念書にサインした。

ちゃんと契約していれば3500円ほどなのに、人様に迷惑かけていることを無視して160万の金を捨てたオーナーがバカすぎた。
ちなみに爺さんはゲートを導入するか検討している。ただ、ほぼ道楽なので家族からヤメろと言われている。

続きを読む

199: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/27(火) 23:07:52.75 ID:XvBsLqDJ
流れ無視して申し訳ないけど、眠れないので投下
90歳の祖父が自さつした
最愛の妻である祖母を亡くして20年以上が経過していた
祖父の口癖は「早く〇〇(祖母)さん迎に来てくれないかなー」
車も運転するし、老人会の会計も行うしっかり者だった
病気らしい病気も特になく、自さつの原因も不明
置き手紙もないし、よく聞く身辺整理もなし
梁に延長コードを巻き付けて爪先立ち出来る高さだった
祖父と一時同居をしていた叔母からの電話で駆け付けて
ぶらぶら揺れている祖父を見付けた
「どうしておろしてあげないの!?」と発狂する母
指が震えすぎて119番すら押せない父
何故か客観的にしか見れなかった
本当に色々と修羅場だった

続きを読む

146: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/01/28(月) 19:57:05.29 ID:FkYQN02k
もう10年前になる祖父のお葬式
よくも悪くも粋で遊び人だった祖父は、飲みに行った先の女将が母子家庭だと子供にクリスマスや誕生日にプレゼントをあげ、友人たちと飲みに行くなど生活を助けていた
そのせいか色々な人から「お父さん」と慕われ、その人の子供の中には本当のおじいちゃんと思い、実の孫たちと「おじいちゃんは僕のおじいちゃんだぞ!」とよくケンカしていた
そんな祖父だからお葬式には全国から参列者が来たが、その中にひっそりと着物姿で小さい女の子を連れた女性がいた
ずっと後ろで立ち、涙を流す姿に祖父の友人及び親戚が
「あの(祖父)さんだもの。まさか・・まさか!!」
とざわつき、祖母の周りに集まり
「気をしっかりお持ちよ。あたしたちが付いているからね」
「そうだよ。(祖母)さんがこの家の妻なんだからね!!」
と祖母の手を握り励まし始めた
何のことやら?と不思議そうな祖母の横で私の母が女性を見かけ声をかけた
「ちょっと(母)ちゃん!声かけちゃだめ!!」
と色めき立つ親戚と祖父友人たち
しかし実はその女性はご主人が祖父の援助を受けていた一人で、夫の代理で来ていただけだった
泣いていたのは、祖父がずっと何くれなく支えてくれていたことを夫から聞いて、実際に祖父にも会いずっと仲良くしていたからだった

理由が分かって一同安堵でへたりこんでいた

ちなみに祖父の訃報は全国紙にも出したけど、いまだに全国から「お元気ですか?」と手紙が来る
どうやら旅行好きだった祖父は行く先々の母子家庭飲み屋にも子供たちに季節のプレゼントをしていたようです
「あの時の赤ちゃんもこんなに大きくなりました。こちらまで旅行で来たらぜひ遊びに来て下さいね」
と笑顔の写真が送られてくるのを見ると切なくなる

続きを読む

308: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/12(火) 17:04:53.29 ID:BCXVvaZX
なんかジジイ話で炎上しているとこ悪いんだけど、うちのジジイが発端となった
修羅場。

ある日の夕方、家族と1階にあるリビングでテレビを見て寛いでいたら、2階から
ドーンっと物凄い音が。もしやじいちゃんが脚立とか何かから落下したのか?と
思って(じいちゃん体格がいい)母が血相かえて2階へ・・・。
そしたら母が笑いながら登場。本人爆笑しながら「笑い事じゃないんだけど、とりあえず
上見に行って」と言われて父と2階へ。
そしたら我が家は2階にも台所があるんだけど、そこの備え付けのコンロが大破してる。
すごい太くて丈夫な部分もグニャリとひん曲がり、なぜか台所ビショビショ。
ポカーンとして見渡したら、台所の天井は壊れ台所横の居間に散乱する真っ二つになった
湯たんぽ・・・。(その湯たんぽはプラスチックではなく、鉄?の素材)
そして厚い防犯ガラス入りの窓にはヒビ・・・。
後になってわかったんだけど、じいちゃんが湯たんぽを作ろう!と思って湯たんぽに水を
入れて、それを直接コンロにかけたらしい・・・。しかも湯たんぽの蓋をしめて・・・。
普段はちゃんと薬缶で湯たんぽのお湯をわかしてたんだけど、その時はじいちゃんの中で
「あ~このまま火にかけりゃあ湯を入れる手間が省ける!」とひらめいてしまったらしい。
もうあの部屋と台所の惨状は修羅場だったし、修理代とかも凄くて家族も修羅場だった。
幸いじいちゃん、湯たんぽ爆破時は階段の途中で手すりを付け替えたりしていたので無傷でした。

続きを読む

478: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/25(月) 19:36:39.38 ID:uqYSdn2z
うちの爺さんの修羅場。

うちの爺さんは地方の出身で、
地方の商科大学に行きたかったらしい。
しかし出願の手違いで受験できず、生活のために軍隊に入ったらしい。

ところがノモンハン事件が勃発して、
陸軍の戦闘機乗りになってた爺さんはノモンハン事件に駆り出されてしまった。
その後爺さんが所属した飛行隊は、マレー作戦やらバレンパン攻略戦やら、
激戦地ばっかりに投入されたらしい。
インドネシアに駐屯したあと、
挙句に危険な特攻隊の護衛任務をやっていてようやく終戦。
婆さんとはその護衛任務をやっていた基地で出会って結婚。

いよいよ戦闘機隊もベテランも特攻か……というときにようやく終戦。
受験の手続きのせいで歴史上の激戦ばっかりに遭遇してしまったという修羅場。
爺さん本人の名前は戦記とかにもでてこないのだが、
一か所だけ、某参謀の書いた本に出てくる「機体変更のため2機ほど内地に返した」
というところに赤線が引いてあって、どうやらそのうちの1機が爺さんらしい。

戦後はGHQの追求をおそれて写真を焼いてしまったそうで、
今ではちょっともったいないなと思っている。

続きを読む

911: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/05/03(木) 10:54:17.29 ID:sqMsLGGk
自分の両親の修羅場
かなり後味悪いし半世紀以上前の話だ

父側の祖父がものすごい毒だった
親父の家族は、祖父、祖母、長男(親父)、長女、次女、三女
祖父は地元で小さい会社だったが経営者だった
祖父は酒を呑んでは暴れ、愛人を作っては祖母を悲しませていた
信じられないと思うが、愛人を家の中に囲って祖母に世話をさせてた
親父は祖父が嫌いで家を出て東京の大学へ
姉妹は家にいたが、祖父に文句を言っても全く意味がなく、諦めていつも軽蔑してたらしい

そして祖母は悲しみのあまり自さつした

しかも葬式後すぐに祖父は愛人を後妻として家に入れた
その半年後、三女は母を無くした悲しみと、祖父の非道な行いを悔やみ自さつした
あまりの祖父の非道な行いに、次女が包丁を持って祖父を刺そうとし、殺人未遂で警察沙汰になった
これは地元で一番大きい駅で追い掛け回した為、かなり昔の事ながら今でもその私鉄では話が残ってるらしい

続きを読む

669: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/19(金) 01:01:47.20
初投稿&携帯からなので読みにくかったらゴメン。

緩い修羅場だけど、小学生の時の話。
皆が眠る朝方にメキメキィィ!!
っと、すごい音がして何事かと両親と一緒に外へ出たら
庭の柵を越えて裏山に逃げていく外国人を発見。
すぐに母屋に住んでいた祖父と父が追跡。
警察に通報して、
心配しながら待っていると宇宙人連行のような図で
祖父と父に両脇を抱えられた外国人が山から降りてきた。
その顔は真っ青で明らかに右腕がプランプラン・・・・・。
後から話しを聞けば、逃げようとして
祖父と取っ組み合いになった末に
右腕折られる→まだ暴れてたので絞め落としたらしい。
(祖父は合気道の師範代で柔道、空手の有段者)
それから相手が外国人だったこともあり
アメリカンポリス登場。
規格外に大きなアメリカンポリスに
英語で色々と話し掛けられた
(ジェスチャー付で驚いたでしょ?的なこと)
時が子供心に修羅場だった。

だけど、一番の修羅場は外で飼っていた家の愛犬だったと思う。
その外国人は酔っ払って家の屋根に登って歩き回っていたらしく、
母屋と離れを繋ぐトタン屋根の底が抜けて庭に落下。
落下した真ん前に犬小屋があり、
空から人が降ってくるという
想定外の出来事にパニクった愛犬は
小屋の隅で丸一日ガタガタ震えて出て来なかった。

続きを読む

このページのトップヘ