キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:祖父

オススメピックアップ!

804: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 18:32:59.85
祖父さんと祖母さんが別々に駆け落ちしたこと
去年の話だけど、祖父さんは通ってた飲み屋の若い女性と駆け落ち

なかなか帰ってこないから、どこかで倒れてるのかと思ったら祖父さんの身の回りの物が少しなくなってて
探さないでくれってハガキが届いた
字が汚いから本人だとすぐ分かって、警察に届けるか親戚でモメてたら駆け落ち相手の親が連絡がはいった
娘が妻子のいる人を好きになって、許されない恋だから遠くで幸せになります
って手紙で、飲み屋経由で家に来てた
まさか妻子どころか、孫もいる爺とは思わなかったろうね
相手の親は不倫心中を心配してた見たいだけど、相手が孫もいる爺さんと知って怒ってた
こちらも全く知らなかったと言うのも信じてもらえなかった

祖母さんは、「爺がいなくなって清々した」
と離婚手続きしようとしたけど、失踪人相手だとすんなりいかないようだった
親戚は親戚で、今さら離婚もないだろう
祖父さんもすぐ正気にもどるから、いい年して離婚なんて言わず待つよう祖母さんを説得していた
ある日祖母さんも消えて、「私も好きな人と暮らします」と置き手紙があった

家は残すけど、お金はおまえ達にはやらない最後の人生を謳歌する

とあって親戚はパニック
祖母さんの好きな人が誰なのか、誰も知らない
祖母さんは、アタックチャンスの児玉さんが好きだった
爺婆そろって駆け落ちするとはね

続きを読む

782: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 10:26:53.25
最大ではないけど祖父と病院の修羅場
我が家の祖父は定年迎えても仕事を続けている
そんな祖父が腰を痛め、その痛みにつられてトラックから落下した

その時はたいしたことないと言っていたが部下に絆創膏を貼ってもらおうとしたら
「こりゃ病院行ったほうがいい」と言われ一時帰宅、行きつけの病院に行った
結構頑固なので病院に行ってくれて一安心の俺と祖母
ほっと一息ついていたら祖父から電話がかかってきた
どうやら行きつけの病院では無理と言われたらしくいくつかの病院を転々
そのあいだ祖母は地方紙から病院を探し、俺はスマホで検索して電話
ようやく1件見つかりそこで処置を受けた

帰宅後、祖父はにやっと笑って俺に「勝ったぞ」と言ってきた
実はその数週間前、俺はガラスで指先を削いで三針塗った
それに対して十六針塗ったと笑っていた
翌日最初に行った病院から電話で大丈夫かと連絡が来た
どうやら骨が見えるほどの大怪我だったらしい

そのあとも風呂に入って腕が腫れたり早めに抜糸したりと大慌て
年のpタメいっておくと風呂に入っても大丈夫と言われていたらしい

そんな祖父には長生きしてもらいたい
でもまだ傷口生々しいのに仕事のために東京から名古屋まで車で行くとか無茶だよじーちゃん・・・

続きを読む

11: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 14:32:02.84
軽く修羅場。
見てないけど。
祖父は寝たきりで自宅介護だった。
朝、母が世話しに行ったらタヒんでたらしい。
タヒ因は老衰。
寝てる間に逝ったらしい。
同じ部屋にいた祖母は気づかず祖父を挟んだ場所にあるテレビを見てたらしい。
救急車呼んだけど既にタヒ後硬直してたとか。
その後の葬式だなんだで結局実家と絶縁したけど、目の前でタヒんでることに気付かずテレビを見てたとか自分だったら絶対いやだな。

続きを読む

753: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/02(水) 21:01:44.50
大学3年の時、ゼミで勉強会があった時に私の発表前に祖父が危篤という連絡が携帯にあった
地方なので間に合うはずもなく、祖父は昏睡状態になる前に
「しっかり勉強しろ」
と言っていたらしく、とにかく発表が終わったら急いで帰ることにした
ところがその発表が同席していた院生の質問攻めに合い、それに答えつつも早く帰りたくて半分泣いていた
やっと発表も終わり急いで帰ろうと思っていたら、院生が私が泣いているのは自分のせいだ、と思い謝り始めた
こっちはそんなことどうでもよく、泣きながら
「うるさい!!」
とその場を後にした

葬式には参加出来、何とか落ち着いたので大学に戻ると、とんでもない噂が立っていた
私が妊娠し相手は勉強会で突っ込んだ院生
認知してくれないことに私が涙し、院生が必タヒになって弁解
それに私が反発して泣きながら走り去った

もちろん嘘だが、問題はこの話が教授たちにまで広まったこと
おかげで院生は教授会議にかけられ、遂には学部内の教授全員の取り調べを受けたらしい

その院生のせいで、東京駅で1時間半、地元に止まる新幹線を待つ羽目に遭い、しかも後少し早ければ・・だった私は「もっとひどい目に遭わせたい!!」と怨みに思った
だが、友人から院生が事情を知ってものすごく苦しんでいたことを聞き、その話は嘘だと証言し彼は無事お解き放ちとなった

ちなみに後にその院生は自責の念から病気になり長期入院をすることとなった

続きを読む

585: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/05(月) 19:30:30.92
葬式で親戚の子供が無邪気にしてるのはいいよ、悲しみが薄まる。

爺さんの葬式で借金残して一家で逃亡した爺さんの長男の嫁さんが
「私も遺産をもらえるはずだ」って来た事がうちの修羅場かな。
婆さんが「申し訳ないが残して行った借金が莫大で返すのに皆苦労したんだ
分けられる遺産なんてもう無いんだよ、肝心の長男はどうしたんだ?元気なのか?働いてないのか?」
と言ったらうつむいて泣いて帰って行った。
小さい息子が「母さんやめようよ、無理だよ、もう帰ろうよ」と小さい声で母親に
訴えていたのが悲しかった。

続きを読む

782: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/08(木) 23:45:51.18
じい様が倒れた時のこと。
病院の、危篤のじい様の枕元に集まったのは、長女とその娘、次女とその息子、独身三女。
ばあ様はすでに亡く、長女次女の夫は急なことでまだ仕事先から戻れない。
苦しい息の下、じい様は言った。
「姉妹で力を合わせてな、この家を頼むぞ」
長女は言った。
「安心して、長女の責任で家はしっかり私が守るわ」
次女は言った。
「男孫がいるウチがちゃんと継ぐで安心して」
三女が言った。
「姉ちゃんたちは嫁に行ったが、私はじい様の姓のままだし、婿取って家のこすから心配すんな」
そのまま、長女が継ぐのが当然、いや、男孫がいるウチが当然、跡継ぎいない三女は遠慮しろ、
何いうか、家を継ぐのはじい様姓の人間に決まっとる嫁に出た姉ちゃんたちじゃねえ、
などなどと、瀕タヒのじい様の枕元で口喧嘩。
眠りについたじい様の目元には涙が滲んでいた。

ドン引きしたし、それを見て、じい様の1周忌済んでから母と(巻き添えで父とも)疎遠になったけど。
今になって思うと、じい様、財産ボチボチあったんだから、ちゃんと遺言書いとけよ。
そうでなくても仲悪かった姉妹が相続時だけ一致団結するわけないだろう。
目下、遺産分割でまだ係争中らしい。

続きを読む

660: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/20(火) 07:00:45.19
祖父の葬式のこと。
一人っ子のはずの父を「お兄さん」と呼ぶ女性の登場。かなり慌てている。
続いて興奮した様子の見知らぬお婆さん。
喚く騒ぐ。
どうも話しを漏れ聞くに、祖父の奥さんっぽい。
生まれた時から一緒に暮らしていた祖父。
そう言えば、祖父だけ苗字が違ってた。

その奥さんの主張は金金金。
うちのばあちゃんがお金ばらまいたら必至で拾って「これだけですむと思うなよ!」みたいな捨て台詞言って去って行った。

続きを読む

768: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/02(日) 14:00:34.53
祖父のせいで私が修羅場だった話です

中国に興味があった祖父はある時、親戚の大学教授たちとみんなで中国旅行に行った
そこで好奇心から色々やらかした(内容は同行者語らず。ただハプニングがあったとだけ帰国後、聞いた)おかげで、ある上品な老人と友達になった
滞在中はその老人が色々な場所を案内してくれて、祖父には非常に有意義な旅だったらしい
帰国する時に
「二人の友情に」
と古い中国の貨幣をもらい、それをループタイの飾りにして大事にしていた

念願の旅行に行ってからますます中国が好きになった祖父
が、たびたび行くのは家族もいい顔をしない
そこで妥協で横浜の中華街に行こうと思い付いた
しかし一人では家族が納得しないから、と三国志が大好きな中学生の私を同道させることにした
「孫子も三国志が好きならば中国というものを肌で感じさせてやらなければ。しかし海外に行かせるのは心配だと分かっている。だから横浜ならば安心だろうが」
という訳の分からない理由で、思い立ったその日に私は新幹線に乗せられていた

続きを読む

328: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/09(日) 19:49:46.12
うちのじーさんは元ガテン系DQN。
短気で腕っぷしも強かったので893と喧嘩したりビール瓶で刺されたり、
時代や職業、地域柄そういう話に事欠かなく
直接の暴力はないけど、経済DVに重度のエネミー、気に食わないことがあると
物にあたり散らしたりとダメな部分を抽出すると絵にかいたようなDQNだったらしい。
そんなじーさんも俺ら孫世代が生まれる頃には人間が丸くなって
砂糖のようにデレデレと孫に甘い人になってたので伝聞でしかDQN部分を知らなかった。

だけど一度だけ遭遇した。
出された朝食のおかずが気に入らなかったとかでじーさん大爆発。
大声でばーさんに怒鳴って、食卓のご飯を腕でなぎ払った。
漫画とかコントみたいに食卓の上のもの全部吹っ飛んでた。
熱々の味噌汁がかかったのと恐怖で俺ギャン鳴き。
すぐ母の元に逃げて行ったのでその後どうなったのかは知らない。
幼稚園に入る前くらいの事で記憶が曖昧でしばらく忘れてたけど、この間そう言えば…と思い出した。

後で星一徹のちゃぶ台返しを知ったが、親父に聞いたらじーさん怒るとあんな感じだったらしい。
片手で電機釜ブン投げたりとか。

続きを読む

413: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 22:32:36.84
台風の日、じーちゃんが「船が無事かどうか見てくる」と言っていなくなった。
家族親族ご近所さんで大騒ぎで探しまわったのが修羅場だった。
結局じーちゃんは、雨合羽取り出そうとして倉庫の荷物が崩れ挟まってたとこを従兄に発見された。
一晩倉庫にいて肺炎で入院してたが、ようやく退院できた。
船がどうこうなっても、じーちゃんにはどうもできんあれほど言ってあったのに、いつになったら理解してくれるんだ。

続きを読む

このページのトップヘ