キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:祖父

オススメピックアップ!

199: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/27(火) 23:07:52.75 ID:XvBsLqDJ
流れ無視して申し訳ないけど、眠れないので投下
90歳の祖父が自さつした
最愛の妻である祖母を亡くして20年以上が経過していた
祖父の口癖は「早く〇〇(祖母)さん迎に来てくれないかなー」
車も運転するし、老人会の会計も行うしっかり者だった
病気らしい病気も特になく、自さつの原因も不明
置き手紙もないし、よく聞く身辺整理もなし
梁に延長コードを巻き付けて爪先立ち出来る高さだった
祖父と一時同居をしていた叔母からの電話で駆け付けて
ぶらぶら揺れている祖父を見付けた
「どうしておろしてあげないの!?」と発狂する母
指が震えすぎて119番すら押せない父
何故か客観的にしか見れなかった
本当に色々と修羅場だった

続きを読む

146: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/01/28(月) 19:57:05.29 ID:FkYQN02k
もう10年前になる祖父のお葬式
よくも悪くも粋で遊び人だった祖父は、飲みに行った先の女将が母子家庭だと子供にクリスマスや誕生日にプレゼントをあげ、友人たちと飲みに行くなど生活を助けていた
そのせいか色々な人から「お父さん」と慕われ、その人の子供の中には本当のおじいちゃんと思い、実の孫たちと「おじいちゃんは僕のおじいちゃんだぞ!」とよくケンカしていた
そんな祖父だからお葬式には全国から参列者が来たが、その中にひっそりと着物姿で小さい女の子を連れた女性がいた
ずっと後ろで立ち、涙を流す姿に祖父の友人及び親戚が
「あの(祖父)さんだもの。まさか・・まさか!!」
とざわつき、祖母の周りに集まり
「気をしっかりお持ちよ。あたしたちが付いているからね」
「そうだよ。(祖母)さんがこの家の妻なんだからね!!」
と祖母の手を握り励まし始めた
何のことやら?と不思議そうな祖母の横で私の母が女性を見かけ声をかけた
「ちょっと(母)ちゃん!声かけちゃだめ!!」
と色めき立つ親戚と祖父友人たち
しかし実はその女性はご主人が祖父の援助を受けていた一人で、夫の代理で来ていただけだった
泣いていたのは、祖父がずっと何くれなく支えてくれていたことを夫から聞いて、実際に祖父にも会いずっと仲良くしていたからだった

理由が分かって一同安堵でへたりこんでいた

ちなみに祖父の訃報は全国紙にも出したけど、いまだに全国から「お元気ですか?」と手紙が来る
どうやら旅行好きだった祖父は行く先々の母子家庭飲み屋にも子供たちに季節のプレゼントをしていたようです
「あの時の赤ちゃんもこんなに大きくなりました。こちらまで旅行で来たらぜひ遊びに来て下さいね」
と笑顔の写真が送られてくるのを見ると切なくなる

続きを読む

308: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/12(火) 17:04:53.29 ID:BCXVvaZX
なんかジジイ話で炎上しているとこ悪いんだけど、うちのジジイが発端となった
修羅場。

ある日の夕方、家族と1階にあるリビングでテレビを見て寛いでいたら、2階から
ドーンっと物凄い音が。もしやじいちゃんが脚立とか何かから落下したのか?と
思って(じいちゃん体格がいい)母が血相かえて2階へ・・・。
そしたら母が笑いながら登場。本人爆笑しながら「笑い事じゃないんだけど、とりあえず
上見に行って」と言われて父と2階へ。
そしたら我が家は2階にも台所があるんだけど、そこの備え付けのコンロが大破してる。
すごい太くて丈夫な部分もグニャリとひん曲がり、なぜか台所ビショビショ。
ポカーンとして見渡したら、台所の天井は壊れ台所横の居間に散乱する真っ二つになった
湯たんぽ・・・。(その湯たんぽはプラスチックではなく、鉄?の素材)
そして厚い防犯ガラス入りの窓にはヒビ・・・。
後になってわかったんだけど、じいちゃんが湯たんぽを作ろう!と思って湯たんぽに水を
入れて、それを直接コンロにかけたらしい・・・。しかも湯たんぽの蓋をしめて・・・。
普段はちゃんと薬缶で湯たんぽのお湯をわかしてたんだけど、その時はじいちゃんの中で
「あ~このまま火にかけりゃあ湯を入れる手間が省ける!」とひらめいてしまったらしい。
もうあの部屋と台所の惨状は修羅場だったし、修理代とかも凄くて家族も修羅場だった。
幸いじいちゃん、湯たんぽ爆破時は階段の途中で手すりを付け替えたりしていたので無傷でした。

続きを読む

478: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/25(月) 19:36:39.38 ID:uqYSdn2z
うちの爺さんの修羅場。

うちの爺さんは地方の出身で、
地方の商科大学に行きたかったらしい。
しかし出願の手違いで受験できず、生活のために軍隊に入ったらしい。

ところがノモンハン事件が勃発して、
陸軍の戦闘機乗りになってた爺さんはノモンハン事件に駆り出されてしまった。
その後爺さんが所属した飛行隊は、マレー作戦やらバレンパン攻略戦やら、
激戦地ばっかりに投入されたらしい。
インドネシアに駐屯したあと、
挙句に危険な特攻隊の護衛任務をやっていてようやく終戦。
婆さんとはその護衛任務をやっていた基地で出会って結婚。

いよいよ戦闘機隊もベテランも特攻か……というときにようやく終戦。
受験の手続きのせいで歴史上の激戦ばっかりに遭遇してしまったという修羅場。
爺さん本人の名前は戦記とかにもでてこないのだが、
一か所だけ、某参謀の書いた本に出てくる「機体変更のため2機ほど内地に返した」
というところに赤線が引いてあって、どうやらそのうちの1機が爺さんらしい。

戦後はGHQの追求をおそれて写真を焼いてしまったそうで、
今ではちょっともったいないなと思っている。

続きを読む

911: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/05/03(木) 10:54:17.29 ID:sqMsLGGk
自分の両親の修羅場
かなり後味悪いし半世紀以上前の話だ

父側の祖父がものすごい毒だった
親父の家族は、祖父、祖母、長男(親父)、長女、次女、三女
祖父は地元で小さい会社だったが経営者だった
祖父は酒を呑んでは暴れ、愛人を作っては祖母を悲しませていた
信じられないと思うが、愛人を家の中に囲って祖母に世話をさせてた
親父は祖父が嫌いで家を出て東京の大学へ
姉妹は家にいたが、祖父に文句を言っても全く意味がなく、諦めていつも軽蔑してたらしい

そして祖母は悲しみのあまり自さつした

しかも葬式後すぐに祖父は愛人を後妻として家に入れた
その半年後、三女は母を無くした悲しみと、祖父の非道な行いを悔やみ自さつした
あまりの祖父の非道な行いに、次女が包丁を持って祖父を刺そうとし、殺人未遂で警察沙汰になった
これは地元で一番大きい駅で追い掛け回した為、かなり昔の事ながら今でもその私鉄では話が残ってるらしい

続きを読む

669: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/19(金) 01:01:47.20
初投稿&携帯からなので読みにくかったらゴメン。

緩い修羅場だけど、小学生の時の話。
皆が眠る朝方にメキメキィィ!!
っと、すごい音がして何事かと両親と一緒に外へ出たら
庭の柵を越えて裏山に逃げていく外国人を発見。
すぐに母屋に住んでいた祖父と父が追跡。
警察に通報して、
心配しながら待っていると宇宙人連行のような図で
祖父と父に両脇を抱えられた外国人が山から降りてきた。
その顔は真っ青で明らかに右腕がプランプラン・・・・・。
後から話しを聞けば、逃げようとして
祖父と取っ組み合いになった末に
右腕折られる→まだ暴れてたので絞め落としたらしい。
(祖父は合気道の師範代で柔道、空手の有段者)
それから相手が外国人だったこともあり
アメリカンポリス登場。
規格外に大きなアメリカンポリスに
英語で色々と話し掛けられた
(ジェスチャー付で驚いたでしょ?的なこと)
時が子供心に修羅場だった。

だけど、一番の修羅場は外で飼っていた家の愛犬だったと思う。
その外国人は酔っ払って家の屋根に登って歩き回っていたらしく、
母屋と離れを繋ぐトタン屋根の底が抜けて庭に落下。
落下した真ん前に犬小屋があり、
空から人が降ってくるという
想定外の出来事にパニクった愛犬は
小屋の隅で丸一日ガタガタ震えて出て来なかった。

続きを読む

751: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/09(金) 13:56:23.17
家の中が修羅場です。
じいちゃんがボケて、
被害妄想、暴力、暴言排泄物投げをやる。
じいちゃんは、ガタイがいいので
そうなると母ちゃんでは止められない。
俺がいるときは手伝うが。
これでも教育者として人格者で通ってた人だったんだ。
なんだろう。ボケると本当のコアな人格が
出てくるんだろうか。人格者ぶってただけなのか。
俺のなかのじいちゃんとのいい思い出がひとつづつ
今のじいちゃんによって踏みにじられていく。

続きを読む

125: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/30(金) 12:57:54.80
じいちゃんの葬式にじいちゃんの初恋の人を
出席させるかどうかで修羅場ってます。

ばあちゃんとタヒ別後、デイサービスで再会したんだって。
それからじいちゃんが病気になって、
タヒ期が近いと悟ったじいちゃんが病床で初恋の人に
会いたい・・・と。同居の伯父嫁さんは最期になるだろうし、
ということで会わせてあげた。その初恋の人も
頑張って何回かお見舞いに来ていたそうです。
そしてじいちゃんの葬式の段取りとなり、
火葬場の都合で4日待ち中。遠方から駆けつけた
叔母が自分の知らないところで勝手にそんなことした!
じいちゃんは自分の妻よりその初恋の人が大事だったなんて許せない!
とファビョってうるさい。

自分が聞いた話では第二次大戦中、地主息子と小作娘では
釣りあわないと反対され、じいちゃんは徴兵されて
シベリア抑留を耐えて帰ってきたら、初恋の人は既に
結婚していたんだそうです。初恋の人はじいちゃんは
戦タヒだろうとじいちゃん親に聞いていたらしくて、
諦めて親のすすめる相手と結婚したって。
葬式に出席させてやったらいいじゃん、と思う。
別に遺産相続に絡むわけじゃなし、普通に焼香させてやれよ~。

続きを読む

804: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 18:32:59.85
祖父さんと祖母さんが別々に駆け落ちしたこと
去年の話だけど、祖父さんは通ってた飲み屋の若い女性と駆け落ち

なかなか帰ってこないから、どこかで倒れてるのかと思ったら祖父さんの身の回りの物が少しなくなってて
探さないでくれってハガキが届いた
字が汚いから本人だとすぐ分かって、警察に届けるか親戚でモメてたら駆け落ち相手の親が連絡がはいった
娘が妻子のいる人を好きになって、許されない恋だから遠くで幸せになります
って手紙で、飲み屋経由で家に来てた
まさか妻子どころか、孫もいる爺とは思わなかったろうね
相手の親は不倫心中を心配してた見たいだけど、相手が孫もいる爺さんと知って怒ってた
こちらも全く知らなかったと言うのも信じてもらえなかった

祖母さんは、「爺がいなくなって清々した」
と離婚手続きしようとしたけど、失踪人相手だとすんなりいかないようだった
親戚は親戚で、今さら離婚もないだろう
祖父さんもすぐ正気にもどるから、いい年して離婚なんて言わず待つよう祖母さんを説得していた
ある日祖母さんも消えて、「私も好きな人と暮らします」と置き手紙があった

家は残すけど、お金はおまえ達にはやらない最後の人生を謳歌する

とあって親戚はパニック
祖母さんの好きな人が誰なのか、誰も知らない
祖母さんは、アタックチャンスの児玉さんが好きだった
爺婆そろって駆け落ちするとはね

続きを読む

782: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 10:26:53.25
最大ではないけど祖父と病院の修羅場
我が家の祖父は定年迎えても仕事を続けている
そんな祖父が腰を痛め、その痛みにつられてトラックから落下した

その時はたいしたことないと言っていたが部下に絆創膏を貼ってもらおうとしたら
「こりゃ病院行ったほうがいい」と言われ一時帰宅、行きつけの病院に行った
結構頑固なので病院に行ってくれて一安心の俺と祖母
ほっと一息ついていたら祖父から電話がかかってきた
どうやら行きつけの病院では無理と言われたらしくいくつかの病院を転々
そのあいだ祖母は地方紙から病院を探し、俺はスマホで検索して電話
ようやく1件見つかりそこで処置を受けた

帰宅後、祖父はにやっと笑って俺に「勝ったぞ」と言ってきた
実はその数週間前、俺はガラスで指先を削いで三針塗った
それに対して十六針塗ったと笑っていた
翌日最初に行った病院から電話で大丈夫かと連絡が来た
どうやら骨が見えるほどの大怪我だったらしい

そのあとも風呂に入って腕が腫れたり早めに抜糸したりと大慌て
年のpタメいっておくと風呂に入っても大丈夫と言われていたらしい

そんな祖父には長生きしてもらいたい
でもまだ傷口生々しいのに仕事のために東京から名古屋まで車で行くとか無茶だよじーちゃん・・・

続きを読む

このページのトップヘ