キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:痴漢

オススメピックアップ!

153: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/31(木) 17:44:51.10
古い修羅場聞いて下さいな。
二十年前高校生でバス通学していた、定期テスト期間中で午前中で終り
普段自転車通学だった友達が、帰りに寄り道するからと一緒に駅前からバスに乗った。
バスは中途半端な時間のせいで、がらがらで乗客は友達と二人きり。
次のバス停でお爺さんと中年のおばさんが乗って来た。
友達が両替のために立ち上がり学生鞄を座っていた座席に残して運転席隣の
両替機に向かったら、お爺さんが友達のカバンの上にどずんと座った。

びっくりして「すみません。そこ友達が来ます。鞄もあります。」と私が恐る恐る言ったら
「なんだとーお前老人に席を譲らずに座ろうっていうつもりか!!!!」と怒鳴り
「お前は○○高校だな!何年何組の誰だ!私は○校の教頭とも親しいから
お前なんか退学にしてやる!生徒手帳を見せろ!!!」と私の胸ポケットに入っている
生徒手帳をとろうとしたのか、私の胸をがっ!と掴んだ。
説明下手ですが、校則で胸ポケットに生徒手帳をいれておかないといけなかったのです。
もう理性もくそもふっとび「きゃー痴漢。痴漢。痴漢。痴漢。痴漢。」と痴漢を何度連呼した
ことか。バスが急に停まり運転手が飛んできた。「このじじい痴漢です。胸を掴まれました!」と
私が叫ぶと友達も「じじいが因縁つけて、この子の胸掴みました。変態です。」と言ってくれました。
爺さんはバスから降りて逃げようとしたので、運転手が拘束して乗り合わせたおばさんが
110番してくれました。その間も私はずっと泣いてました。その頃は胸を掴まれて
大大ショックだったんです。純情でしたねぇ。

続きを読む

87: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 23:24:10.75
結構前の話。
電車で痴漢してたおっさんがいた。
大人しそうな中学生が無表情に手を払い除けたり座る場所を変えてるが、
諦めずに物をにぎりつつ中学生をさわりにいく痴漢。
友達と二人でと相談した結果、
びびりながらもとりあえず攻防を繰り返す二人に話しかけに行くことにした。
おずおずと話しかけようとすると痴漢されていた子がぶちギレた。
泣きながら持ってる鞄を痴漢の顔にバコーン。
勢いづいたのか鞄と蹴りで痴漢をボコボコ。
私らも逃げ出す痴漢を止める為に加勢。
非力ながらも三人がかりで痴漢を捕まえた。
次の駅で降ろし警察につき出すことに。
駅につき駅員を探そうとすると痴漢ダッシュ!

「そいつ痴漢です!!捕まえてください!!」と叫ぶと近くにいた大学生っぽいカップルとギャル達が、
ばっと壁を作って痴漢の行く手を阻んでくれた。
逃げる場所を間違ったのか痴漢は線路内に落っこちた。

続きを読む

264: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/01(木) 17:15:42.70
 流れを無視ししてカキコ

 まだうら若き乙女だった頃の話。
快速電車内で毎日のように痴漢にあった事があった。
耳元でンふっ…ンふっ…と気持ち悪くて仕方がない。
泣きながら兄に一緒に通学してくれるよう頼んだところ、一言「潰せ」と言われた。
そうか、潰せばいいんだ!と妙に素直に納得したのを覚えている。

兄の指示に素直に従い、翌日いつものように痴漢してきた野郎の○玉を
全身の力を込めて思いっきり握った。
次の停車駅で痴漢を電車内から叩き出し、駅員に引き渡した。
…ところを当時憧れていた先輩に目撃された。 orz

帰宅した兄に「お兄ちゃんのせいよ!!」と文句を言ったが
「俺は(痴漢してきた)手を叩き潰せと言ったつもりだった。
玉を潰すなんて、お前は鬼か!!」と逆切れされた。
「痴漢の玉なんざ、みんな潰れちまぇーっ」と泣きながら
何故か兄をポカポカ叩いたのを覚えている。

元気に帰宅してくる子供達を見ていたら思い出したので、吐き出しカキコ

続きを読む

422: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/03(土) 18:13:33.39
自分も思い出した修羅場語り
大したことないのに長くなってしまった
ごめんなさい

当方女
仕事が忙しく、深夜帰宅が続いてたある日のこと
終電1本前で帰ってきたんだが、最終まで激混みで人通りもそこそこある路線だし、
駅から徒歩5分、何事もなく住んで数年だったんで、
特に警戒もせずぼけっと歩いてた

ところが、自分ちまであと数軒てあたりまで来たところで、
いきなり後ろから何者かに抱き着かれガツッと口を塞がれた
街灯の明かりで、相手が大きなナイフらしきものを持ってるのも見えた
痴漢!?物取り!?と脳内大パニックしつつ、
もももも物取りならカバンは渡すもんか!と、肩掛けカバンの持ち手をタヒ守
(たぶんこういうことはやっちゃいけません)
が、一向にカバンを持っていこうとする気配はなく、
口塞がれたまま力づくでどこかへ連れていこうとするように、
ずるずる後ろのほうに引きずられた
(どこ行く気だよ!その辺に女連れ込める空き地はねーぞ!)
と思いつつ、とにかく連れていかれちゃたまらんので、
「むー!むー!」(しか言えないorz)と声出そうとしながら
抵抗して足踏ん張ってた

続きを読む

531: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/05(月) 04:44:44.76
人の話したら笑われるだけの話なんだが。
上を見て思い出した。

昔、実家が少し閑静な住宅街で、
部活が終わったあと、いつも暗い場所を通り抜けて帰ってた。
大学に入った頃、私服になって、少し背伸びしたおねえ系の格好になった。
ある日、
後ろから走ってきた男に羽交い絞めにされて乳を痛いほどもまれた。
あまりに痛くて、出ない声を振り絞ったら、「どぉぉぉぅ」って声になって、
モトからハスキー&低い事もあって、乳揉みさんに吐き捨てるように「オカマか!」と言われた。

逃げ去る乳揉み男の背中を見ながら、呆然とした。
その話を泣きながらした当時の彼氏には、笑い転げられてふられた。
なんか、ネタにしか思われないけど、本気で怖いわ悔しいわ。だ。

続きを読む

285: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/23(日) 17:02:19.84
就職活動で快速電車乗ってるときの修羅場

朝のラッシュの満員電車、馬鹿っぽいギャル女子高生が4人くらいでドアのところに座り込んで大声で喋ってた。
「キャハハハハ」「うけるー」
満員に関わらず押しつぶさないように女子高生のところは空間が。
まわりも迷惑そうにしてる中、俺は座席の端のポールにもたれ掛かり、女子高生達を見下ろす格好で乗っていた。
(満員電車で座り込んでんじゃねぇよ。迷惑な)

そんな中、事件がおきた。
突然、その女子高生どもが俺のほうを凝視し、ヒソヒソしだしたかと思うと。
女子高生「さいてー、辞めてくれませんかそんなこと?」

このやり取りで、周囲の人間が一歩後退。女子高生のまわりの空間が広がり、俺が一人取り残された。
俺「え?なに?」
女子高生「きもい、最悪。○○○見せてんじゃねーよ」

どうやら、誰かがその女子高生どもに○○○を露出してたらしく、俺が犯人になってしまったようだ。

周りの乗客の凍った空気。頭の中がパニックになる俺
(どうしよう、このまま駅長室つれていかれるのか?今日はこれから面接なのに)

人生オワタと思ってたときに、駅に到着、女子高生達が座り込んでたドアが開いた。
ドアに殺到する人々。

女子高生「きゃー」「ちょっとー」
その人並みにまぎれる格好で俺も脱出成功。

階段のところで振り返って見ると女子高生どもも降りて俺を探してたようだがしらねwとそのまま逃げました。

もし反対側のドアが開いていたら人生間違いなく終わってたよ。
皆さんも痴漢冤罪には気をつけようね。

続きを読む

735: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/12(日) 17:27:23.35
痴漢で思い出した修羅場。

5年ほど前に海外旅行に行った。関西住みで出発は成田だったため、一旦、新幹線で成田→目的地
帰りは節約のためとついた時間が遅かったので、大阪まで夜行バスで戻ってきた。

バスが思ったより早い時間についてしまったため、辺りは真っ暗。
ただ、よく知った場所なの駅まで重い荷物を両手にたっぷり抱えて歩いていた。

どでかいスーツケース1個
トートバック、ボストンバック、土産入れた紙袋二つ。

こんな感じで重たいし、両手はふさがっていた。

駅までの道は暗くて人は全く通らず。薄暗い階段をスーツケースを持ち上げて歩いてたら
下からニヤニヤしながらおっさんが上がってきた。
嫌な予感がしてたが、そのまま通り過ぎようとしたら、おっさんが両手をこっちに向けて
胸をぐわしっと鷲づかみにしてきた。

ぎゃーーっと大声を出して、そのまま持ち上げてた重たいスーツケースをおっさんに
向かって振り上げてしまった。
そのままおっさんにヒット。おっさんは階段を落ちていった。

え、ひょっとした殺しちゃった( ;∀;)
どうしよう…と思ったけど、確かめる勇気もなく、階段あがったところに交番があることを
思い出し、駆け込んで詳細を話した。

お巡りさんと一緒に戻って、おっさんを確かめに行ったんだけど、そこには誰もいなかった。
血も落ちてないようで、お巡りさんにも「大丈夫じゃない?」といわれて
一応被害届出す?と聞かれたけど、やめておいた。

それから少しして、その辺りで痴漢を繰り返してた人がつかまってTVに出ていたんだけど
あのときのおっさんだった。懲りずにまた痴漢してたんだと思うと、あのままタヒんでしまえと少しだけ思った。

続きを読む

36: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/13(木) 18:03:15.84
不妊さま?というのか、そんな話なんだけど。不快な人はすいません。
義兄家は小梨。義兄嫁は義兄より年上で私達夫婦とは一回り離れてるけど若くて可愛いひと。
小梨なのはそういう人生設計だと聞いてたし、義兄嫁とは仲良くやってたと思う。ちなみに私は初妊婦。
この前義母がデパートでご飯したいというので、私達夫婦と義兄嫁も誘って3人で電車に乗った。(義母は現地待ち合わせ)
私はあまり気分が悪くなることがないので電車ではたってるんだけど、旦那がこけない様にと側に立ってちょっとかばってくれた。
胎動が嬉しい旦那はナチュラルにお腹を撫でるんだけど電車のなかで少し手が触れた時に非常識じゃない程度に撫でてた。
私の方が背が高いからちょうど撫でやすいみたい。
義兄嫁は携帯いじりながら、私達と軽く話してた。
そんなかんじで数駅乗たところで急に義兄嫁が「この人痴漢です!」と叫んで旦那の腕を掴んだ。
私達は車内で立ってたと言っても満員電車ではないし、通路はガラガラ。みんなが大注目した。
「え?」「え?お姉さん?え?」って感じで夫婦でパニック。
「つぎの駅で降りるわよ!!私ちゃんは証人になってね!」
「意味がわかりません」って冗談かと流そうとしたら目が本気というか、怒ってるを通り越したギラギラした目つきをしてる。
旦那が何言ってるんですか?っていっても何か叫んで話にならず、車内で迷惑になるのでとりあえず下車。
ホームに降りると何事もなかったかのようにジュースの自販機でコーヒー買ってベンチに座ってた。
私達はポカーンとしてしまって、問いただそうとすると話をすり替えて怖すぎた。
旦那と義兄嫁の間には私がいたし、片手は吊革につかまってたのに、どうやったら義兄嫁に痴漢ができるんだってかんじ。
旦那は怒って帰ると言うと「だって赤ちゃんにベタベタ触るから!」「そういう人間は困ればいい!」「懲りたら次からは気をつけろ!」「証拠の写真もあるからな!」「赤ちゃんに触るな」って叫んで改札に走って行ってしまった。
結局義母とご飯食べて帰ったけど、しばらくお腹が張って痛かった。

続きを読む

38: おさかなくわえた名無しさん 2011/03/01 20:42:00 ID:CvGqVRAH
電車で通勤している友人の話

駅の階段を登っている途中で生理になってしまった
持ち合わせがなく、慌てて駅のトイレでトイレットペーパーを固く丸めてナプキンのようにして、とりあえずのしのぎにしていたとか
「駅に着いたらまずはコンビニ」
と思いながら電車に乗っていたらお尻に当たる手
咄嗟にその手を前に持って行き
「こんな私でもいいの?」
と楽しんご風に言うと、手はものすごい勢いで離れて行ったらしい
「ちょうど男性の股間っぽくなっててね」
と話す彼女に
「痴漢じゃん。はっきり言わないと」
と言うと
「駅員に話聞かれたり色々時間食うでしょ?でも、その時の私は一刻も早くコンビニに行きたかったの。痴漢より痴女にならなきゃいけなかったの!」

きっぱり言い切る姿はかっこよかった
が、Aちゃん
それは痴女とは言わないよ

続きを読む

279: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24 16:33:39 ID:aFHJ/Df9
流れに関係なくて悪いけど

昔電車に乗ってたら痴漢に遭った
高校生だった頃の話なので制服の上からおしりとか触られたんだけど、
とうとうスカートの中に手が伸びてきた
しかし「やめて下さい」と言う前に周りの同じ制服を着た女子高生達が
痴漢の腕をガッと掴んで離さず、駅に止まるなり鬼の形相で痴漢を引きずり下ろした

痴漢は平静を装って「俺が何したって言うんだ」としらばっくれたが女子高生が
「マジキモイ、こんなんあたしのお父さんだったらホント引く」と言った途端
ハッとして項垂れたのは覚えてる
まあさらに「ホント気持ち悪い」「○○先輩(私)に痴漢とかふざけてんじゃねーぞ!!」
「超キモい!!氏ねばいいのに」と罵る辺り容赦が無かったけど

実は部活の遠征の帰りで、数十人単位で移動してたので車内が混んでただけで
痴漢以外の乗客は8割方うちの部活のメンバーだったんだよね…

みんな制服とはいえ大人しそうな格好してたのは
文化部かつルールに厳しい部活だったからで、中身は普通の女子高生
しかも最高学年でリーダー的存在だった私を痴漢したとあって頭に血が上ったらしい
後輩がこの状態だったんで私は怒り損ねて逆に冷静になってしまい
やってきた駅員さんに「はい、ええ、触られました」と淡々と説明してた

駅員が痴漢を連行する中、痴漢の「お前らコイツ(私)の何なんだ!!」と言う叫びに
「後輩じゃボケ!!」と叫び返して痴漢を呆然とさせた後輩達の勇姿は忘れない

「普段は先輩胸触らして下さいよウヘヘwとか言ってくるような子達なんですよ」とは
まさか言えなかったけど

続きを読む

このページのトップヘ