キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:田舎

オススメピックアップ!

717: 1/3 投稿日:2013/01/27(日) 01:31:13.86
すみません、どうしても吐き出したかったので、長いのですが失礼します…

北海道のド田舎暮らしで、保育園から高校まで1学年1クラス、クラスの半分以上が幼馴染という環境。
その中で、Aという女子がいました。

小学校に入ってから色々と盗難事件が起こるようになる。
・小1
Bちゃんの上靴が片方なくなる。みんなで学校中を探し、みつけたのはA。学校の正面には、門の代わりに左右に大きな岩が並べられており、その上にあった。
しかし、今考えてみると、その岩は2mぐらいあり、足をうまくひっかければ上ることはできるが小学1年生がいくら下から見上げても、上に乗った靴が見えるはずがない。

こんなことがよくあり、以下自分の体験。

・小4
私が恐竜型の消しゴムを持って学校へ行き、Aを含むみんなに見せる。
数日後、昼休みの間に消しゴムが筆箱からなくなる。
がっかりしたまま授業を受け、解いたプリントを先生に提出しようとした時、
Aの缶のペンケースのふたが空き、見えていた中に首や腕をもがれたバラバラの恐竜消しゴムを見つける。
Aは「あれはアタシの!元々同じの持ってたの!!」の、一点張り。こちらもAが盗ったという確かな証拠がないため、その場は引きました。

・小5
私のけろっぴの定規がなくなる。友人に慰められながら玄関へ行くとAが靴を履いているところ。
ふと見れば、けろっぴの定規を口にくわえて靴ひもを両手で結んでいる。
ブチ怒鳴ると、Aは猛ダッシュで逃走。明日とっちめてやる…と思ったが、校門を出で50mぐらいのところにAが。
そして、道端のくさむらから何かを拾い上げ、こちらに放り投げてきた。
A「これ、そこに落ちてたよ」→ガッチリ歯形がついた定規→A逃走
また次の日問い詰めるが「同じのを持ってただけ!見つけてやったのにそんなことを言われるなんて!!」

そんなことを続け、いつしかAはハブられていきました。

続きを読む

490: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/14(木) 15:14:19.75
んじゃ自分も伝聞修羅場。数十年前の話。

実家の地方はど田舎で平和で、交通事故タヒ0人記録が1000日に届いただか届きそうだったか、ともかくそれくらい
何もない平和な村だった。
んだが、ある日、近所のおうちに、これはドラマか?現実か!?と思うぐらいのパトカーと救急車とお巡りさんと
野次馬がやってきて騒然となった。
まだ小さかった自分はよく解らなかったのだが、あとで親に聞いたところ

・村の唯一の交番にいるお巡りさん(若い)は、村出身で、結婚していて子供もいる
・毎日パトロールを欠かさず、熱心なお巡りさんとして評判もよかった
・ところが、いつの間にやら、一人暮らしの後家さんといい仲になり、パトロールと称しては昼間っから
 後家さんちに上がり込んで(ry
・奥さん、なんとなく怪しいと思い始め、旦那を尾行→後家さんの家にはいるのを目撃
・奥さんも乗り込んで修羅場
・田舎なんで、お風呂は薪で沸かすタイプ だもんで、裏庭には薪割り斧があった
・逆上した奥さんが薪割り斧を振り回して(ry

タヒ者は出なかったらしいが、警察の不祥事&村始まって以来の大事件ってんで、かなーり大騒ぎになったそうな。

続きを読む

594: 名無しさん@HOME
田舎の方が絶対いじめが多いし、ついでにきついよね。
都会だったら、誰かが止めに入ったり、いじめられっこの味方を
するんだけど…。田舎だと、有力者の息子がいじめの音頭をとって、
ついでに先生もそいつの味方だったりして、もう最悪。
田舎から都会に出てきて、絶対戻りたがらない人、
気持ちよくわかるよ。

続きを読む

839: 名無しさん@HOME
田舎の人ってみんながびっくりするぐらい金持ってる人多いよ。
基本的にケチでまったく使わないし、家賃がいらないってことが
大きいよね。 俺の田舎の本家なんか資産数億円だよ。それに一家5人が
全員会社勤めで、皆合わせて月収100万以上あるからねえ。 で金使わない
いったいなんのために金持ってるんだろうと思うときがある。

続きを読む

461: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/08(土) 14:53:51
気を悪くする人がいるかもしれないが、田舎出身の義弟嫁が嫌いだ
ほめ殺しも含め、何かにつけて「東京の人は~(ry」と言ってくる
確かに私は代々東京だから、嫌でも知人はいるし母校もある
親子揃ってお世話になることになった子供の習い事や学校もある
それをトメ経由で聞いては、義弟子にも同じ道を歩ませようとする
勝手に私の親戚だと名乗るのは本当辞めて欲しい
今までにトラブルは4回
受験に落ちたのは私達親子のせいではない
文句を言われても困るし、義弟子にうちの子と同じことをさせる必要があるのかと問いただしたら
「田舎では親族が助け合うのは当たり前です!東京の人だからわからないんですか」と言うニュアンスで返された
頼むから消えて欲しい

続きを読む

544: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/02(月) 13:08:24
もうすぐお盆。
義兄嫁と義母やその他親戚の間でまたひと悶着あるかもしれない。
いつ帰ってくるんだとかいつ子供産むんだって言われて
仕事もない田舎に帰ってこれるわけないじゃないですかーとか、
子供?○○(義兄)に聞いてください、一人じゃ作れませんよ~とか義兄嫁が言った。
笑顔で、でも思いっきり口出しするなって気持ちがが透けて見えるような言いっぷりだった。

その時、ギスギスっていうかギクシャクした空気が流れてた。
それ以来数ヶ月会ってないけど、多分また似たような空気なんだろう。
それに巻き込まれて居心地の悪さを感じる人間としてはどっちもどっちで
それぞれ大人になって欲しい。

続きを読む

445: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/30(木) 16:10:35
兄嫁が嫌いだ。
結婚した頃、この土地へ来たことをすごく喜んでいて
そもそも自分がこっちへ住もうとお兄さんに言ったの~!
すごくいいところ。義理実家の人も優しくてお金持ちで大好き。
お兄さんすごく優しくてハンサムで、友達が皆羨ましがる。
私って本当に幸せ者(ハアト と言いまくっていて
花畑になっちゃてるな~とは思ってたけど

今は会うと愚痴ばかり。
この町は田舎で嫌い。山が近くて鬱になる。雪が降ると頭痛がする。
パパは子どもを甘やかしてばかり。私が憎まれ役。
食器洗ったり、ゴミ出したり、弁当作ったり保育園の送り迎えくらいで
周りの人が「いいお父さんね~」って褒めるのが気に入らない。
子どものこと「可愛い」って褒められた後、
必ず「お父さん似ね」って言われるのが気に入らない。
○家(うちの実家)って思ったほどお金持ちじゃないよね~。

結婚して十年以上たって、色々不満が出るのはわかるけど
何故それを私に言うの?どうしたいの?
はじめから田舎ですよ?自分が来たがったんじゃん。
お金持ちだなんて誰も言ってない。庶民中の庶民だって言ってるじゃん。
故郷へカエレ!って言いたいのをずっと堪えてる。

続きを読む

287: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/16(木) 16:27:54.81
愚痴こぼさせてください。
長文な上に読みづらいかもorz

私にはかなり歳の離れた兄がいる。
兄嫁は某地方都市出身で、家はそこに比べたらかなり田舎。
おととし、兄の転勤をきっかけに敷地内別居を始めた。
始めの半年くらいは仲良くやっていた(と思う)けど
最近、兄嫁が顔を合わせるたびに嫌味を言ってくる。
「よくこんな田舎に住んでいられるね?」とか
「こんなところに家建てなきゃ良かった。」とか他にも色々。
こんな事をいつまでも言われるのが嫌で会わないように避けていたら
今度は「妹ちゃんが私(兄嫁)を無視する。」って兄に相談しているらしい。
兄に事情を説明してもわかってくれない。
父母には少し話してあるけど、これ以上問題を大きくしたくない。
あ~面倒くさい!!!

続きを読む

221: 名無しの心子知らず 2011/12/01 00:03:18 ID:3x/lz6RD
カチムカって言うよりハイハイワロスワロスwって感じだからスレチかもしれないけど微妙にイラッとしたので投下。

次男が産まれたとき、従兄からお祝いに兄弟ペアの服をいただいた。
ちゃんと次シーズンにペアで着られるように大きいサイズで贈ってくれた。
今秋、ぴったりサイズになったそれを着せて叔母(従兄の母)に会った。
叔母は子供たちの服を見て一言「すげーの着てるじゃんpgr」(田舎なので口が悪いです)
気に入っていたのでイラッとしつつ「かわいいでしょ?従兄くんが去年出産祝いにくれたんだよ」と言うと
「え?あ、そうなん?いいじゃん!さすが従兄!」と手のひら返しw
この人が自分のトメじゃなくて良かったと心の底から思う。

続きを読む

98: 名無しの心子知らず 2011/08/28 23:19:30 ID:jpjrRyha
流れを無視してカキコ
文章下手糞な上に長くてゴメン。

もう二十数年近く前の話。
当時、私だけ夏休みは祖母の居る田舎で過ごすのが毎年恒例の行事だった。
正直、嫌で嫌で仕方なかった。
子供でも容赦なく扱使われるし、隣の家まで数十~数百mは離れているし
牛馬豚鶏は居るし、おまけに熊が出るような土地だったから。
利便性の良い場所で育ったガキンチョには本当に辛かった。

ある晩の事。
隣の隣の家で不幸があったとかで、祖母は出かけていった。
私は仏間で寝ていた。
すると、ゴト… ゴト…と台所から微かに音が聞えてきた。
「ばあちゃんやろか…?」と思いながら、ソッと覗きに行くと
月明かりにボンヤリ浮かんだ後姿。
「ばあちゃんじゃない!!」
反射的に熊だ!!と思った。

続きを読む

このページのトップヘ