キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:父

オススメピックアップ!

30: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/04(火) 19:53:05.45
浮気に関する修羅場3連発。
文才なくてすみません。
携帯からですみません。

(1)父親が病気で長期入院中、
主治医(父の親友)の知り合いだと言う女性がお手伝いとして付き添いに。
しょうもないことがきっかけで彼女が父の愛人だと確信した時と、
その後が自分の中での修羅場。

ちなみに、彼女は父の葬式にも来ていたが(母の意向で親族席に座った。)
父の仕事関係の弔問客のほとんどと知り合いなの?ってくらい
母や私たち子供よりいろんな方と親しく会話してて、
非常に複雑な気持ちでした。

続きを読む

506: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/19(水) 14:26:42.96
流れを読まずに投下。

母はいわゆるおめかけさんだった。
生活力のないタイプなので父にすがりつくタイプ。
父は「こっちの家庭」では俺様なやつだった。
私が中学のとき母が病タヒ。
大人同士ですったもんだがあった末、
私は父の第一の家庭に引き取られることになった。
俺様な父は第一の家庭ではその妻に完全に尻に敷かれている
人だったから、私の居場所はなかった。
ここまでが第一の修羅場。

続きを読む

496: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 09:25:54.21
親父が初婚で男児(A)が生まれるも、離婚。
離婚理由はよく知らないが、先妻の有責っぽい。
その子は先妻の元で育つ→立派なニートなパチンカスになった。
先妻実家が当時金持ちっぽかったので、自分が有責だし、
養育費イラネ、子供だけよこせ!という離婚だったらしい。

父はその後、おふくろの親父の会社に入社して、
真面目な働きぶりと、おふくろが惚れたのとで、
おふくろ(初婚)と再婚、マスオさんとして
働く。俺、妹生まれる。
バブルの苦しい頃も頑張って、祖父の会社を
守り、今では祖父の時代より繁盛してる。

Aが今頃になって現れた。自分の母親実家が
落ちぶれてニートなパチンカスができなくなったから
親父に財産よこせ!とかなんとか五月蠅いらしい。

祖父の財産は母に相続された。←ここは手出しできまい。
結婚後親父が事業を大きくして得た財産は親父名義。
だから先妻の子にも相続権はあるんだろ?
親父が頑張って大きくしたといっても、祖父の後ろ楯が
あればこそだからなぁ。
祖父の貢献度はどうなるんだ、家業を手伝ってきた母親も
可哀想だ、と修羅場ってる。

続きを読む

144: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/21(日) 13:30:25.07
旅館で血塗れって話で思い出したけど、子どもの頃家族旅行に行った夜に大鼻血だしたことがあった。
暗闇の中、顔が血塗れの我が子を見た両親はさぞびっくりしたことかと思う。
しかし私の修羅場は、こちらは夜の大量出血でフラフラなのに、
モラハラでアスペの気がある父がやたらと活発に動き回り、それについていかなきゃならなかったこと。
しかし父が期待したような親子のじゃれ合い(父がついてコーイと駆け出し、娘がキャッキャと追いかける的な)にはならず、
現実は、独りはしゃぐおっさんと青い顔で追いすがる幽霊みたいな幼女とオロオロするおばちゃんの図。
で、父が不機嫌になって、以降の旅程は私と母を一切無視して進められた。

今になって、あの血塗れ布団どうしたんだろうと思う。

続きを読む

800: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/04(日) 12:59:21.35
修羅場ってほどではないが、親戚ほど金が絡むとややこしいなと
思った話を。

父方親戚は一番近くて父のいとこで、交流が薄かったので、
年賀状のやり取り程度。顔もよくしらなかった。
父の七回忌に普通に粗供養を送った。
向こうからお礼の電話かたがた「これをご縁にまた親しくお付き合いを・・・。
あなたのお父さんには本当にお世話になりました。」と。
その後その息子の結婚式に招待されることになったり、何となく交流が復活。
折に触れ「あなたのお父さんにはお世話になった、これこれこういうところで・・・。」
と言われて、知らない話ばかりで「ふうん、父さんは影で善行を積んでたんだな、偉いな~。」
と思ってたら、向こうは父がしっかり遺産を残していることもおおよそ把握して
いたらしく、「あなたのお父さんは困ったことがあったら、言ってきなさいと
言ってくれた。だから今あなたに1千万円貸してくれとお願いする。」と。
ナニソレ!?父の口約束はその子も履行義務があるんですか?メダマドコーな論理の展開。
普通ならあなたのお父さんには世話になって恩返しできていないから、あなたに
恩返しがしたい、とかならない?
万一、1千万円踏み倒されてもウチはなんともない。親戚づきあいを維持することを
父は望むかな?と真剣に考えました。父が残した金なんで父ならどう考えるかを
優先してみたが・・・。
むこうの家に訪問した際、掻き入れどきにもかかわらず、小売の家業がさっぱりだったので
「ダメだこりゃ。」と判断する仕事がらみ脳が発動してすっぱり縁切りしました。
十三回忌はもう何も送らない。

続きを読む

124: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/12(月) 00:09:47.09
高校生の時からずっと付き合っていた彼氏がいた
大学四年、お互いに内定をもらい
「結婚を視野に改めて付き合ってほしい」
と彼から言われたので、両親に紹介するために初めて家に招待した
父は彼が来ると伝えておいたのに朝から飲酒
彼を家に連れてきたころには完全に出来上がっていた
父は彼を見ると同時に
「君はどこ大学かね?おぉ、私と同じ大学か。なら○○(私)ではなく妹にしないか?
○○は正直失敗作だ。私の希望の大学には行かなかった
そのかわり妹は国立の医学部。君と妹の優秀な遺伝子なら私以上の最高作が生まれる
どうだい?」
と言った
「申し訳ありませんが僕は○○の事を愛しているんです。
子供の事を失敗作って言えるってどういう事ですか?」
みたいなことを彼が言うと父が激怒。彼を殴った
オロオロしていると後ろから「あんたあああぁぁぁぁ!」
という母の大声
「これでお父さんがタヒんだら私は自分で警察に電話する」
と言った瞬間にフライパンで父の頭を思いっきり殴った
父、即気絶
そのあと病院に行っても異常なし。
彼と結婚した後は一度も父の顔を見ていない。父はいまでも元気に過ごしているらしい
でもあんなことはもう無いだろうな

続きを読む

42: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/21(水) 11:42:09.62
去年の話 いくらかフェイクあり

一人暮らししてて、実家にいない時に父からメール
「Aちゃん、愛してる(ハートマーク)今度、食事に行こう 夜景がキレイな(以下略」

母はAちゃんなんて名前じゃない
私の名前や弟とも、違う。

翌日、父からまたメールが、内容はAちゃん向けだった。

娘相手でも絵文字ないのに、ハイテンションのメール
それから「ごめん、間違いメールしてた。誰にも言わないで」とメールきて、三日後に母親から仕送りがきた。
「父さんが、たまには良い物たべろって」と三万円同封で

それからも、間違いメールが二回きた。ちなみに、一回目の間違いメールから私から父親にはメール一切なし
母親を通して「父さんにはそう伝えて」で

母から「父さんの誕生日だから誕生日おめでとうメールしてね」も無視。母から後で怒られたけど「仕事が忙しい。忘れてた」で出していない。でも、今年から弟が進学で遠方に行くから正月に帰るように母から言われて帰った。

続きを読む

163: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 14:45:08.53
私の、というか両親の修羅場。

当時、小学一年生だった私はスーパーファミコンが欲しくて欲しくてたまらなかった。
持っている友人の家に遊びに行ってマ○オを羨ましく眺めていた。

いくらせがんでも買ってもらえなかったので、お手伝いでもらえる10円を貯めたり
テストで必ず100点をとったりと自分にとっては血の滲むような努力をしていた。

そんな努力の日々、クリスマスの時期がきた。
サンタを信じていた私は、もちろんスーパーファミコンをもらえるように願っていた。
サンタさんへの手紙も、親に推敲してもらいながら書いて、親に預けていた。

12月24日、夜に親と外食した後ハ○ーマックに連れて行かれた。
「何か買ってくれるの?」と聞いた私に、父は
「スーパーファミコンを買うんだよ」と言った。
驚いて、嬉しくて、何も言えないでいた私に、父は
「知り合いの子にはお父さん、お母さんがいないから、その子にクリスマスプレゼントとして送るんだ」
それを聞いて私は泣いた。
嫌いな勉強もがんばって、お手伝いもがんばって、どんなにねだっても買ってもらえなかったのに
私は買ってもらえなくて、他人の子には買ってやるのかと喚きながら泣いた。
父は苦笑いしながら、
「お前と同年代だから、喜びそうなソフトを選んでやってくれよ」

結論を言うと、それは嘘で両親からのサプライズプレゼントのつもりだったが
当時の私は絶望の淵に立ったんだと思う。
氏のうと思い、両親と車から降りてそのまま車道に飛び出して車に轢かれた。

目が覚めたときは1月中盤だったらしい。
病室で父は泣きながら、嘘だった事等をあやまっていた。

今の時期になると毎年思い出す。サプライズはロクな結果を生まないなぁ、と。

続きを読む

253: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/28(金) 00:02:43.58
流れ読まず失礼します。

昔母と離婚した父と会わなくなったな~と思ってたら、実は覚せい剤常習、ラリったのち放火してタイーホされていた事を知った17の夏が修羅場でした。

会わなくなるちょっと前一緒にコンビニ行った時クリームパンと話してたからおかしいと思ってたんだよね。

そんな父がどうやら出所して生活保護の申請したらしい。

結婚して旦那親と同居してる今の家に
地元役所から父を養えるなら養え的な封書が届いて
良ウトメに見られないよう処分した今日も修羅場。

なんだか、封書のせいで久しぶりにタヒんだような存在だった父が私の中で生き返ったので深夜に書き逃げ。失礼しました。

続きを読む

104: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/09(木) 00:18:47.86
長文な上に、私は当事者ではなく、もう何年も前のことなので、
細部が曖昧なため、分りづらいかもしれませんが。

若い男よりはオジサンの方が好み、という女の子だったA子。
しかしA子の恋人は、彼女の好みとは外れた、同じ大学の生徒だった若いB男。
A子とB男はとても仲が良く、清く正しい関係を保ちつつも、婚約を視野に入れていて
B男は彼の唯一の家族である父親のC氏にA子を紹介する。(B男の母は数年前に他界したとの事)
ここでオジサンが好みのA子は、B男以上にC氏に惚れしてしまったそうで、
その後も彼女は相変らずB男と付き合い続けていたが、
C氏が営んでいる会社にA子の就職が決まった事で
友人達の間で、A子に対して浮気等の疑惑が上がり、B男の耳にも入った模様。
B男はそんな疑惑など信じないような態度を取っていたが、
大学卒業後、彼が就職で地元を離れるのをきっかけに、A子とB男は別れることに。

数年後、家業を継ぐため地元に戻ってきたB男は、跡取りとして父親のC氏の会社に入るけど、
その頃には、A子はC氏のお気に入りの部下となっていて、よくBCの家にも遊びに来ていた。
再開したA子とB男は、彼らが付き合っていた頃と変わらず仲が良かったので、
少ししてB男は、A子にプロポーズをしたそうだが、
A子から返ってきた答えは、長年B男には黙っていた、彼の父親への想い。
また、父親のC氏からも自分はA子を愛している、彼女と付き合いたいと聞きたそうで
愛していた彼女と、尊敬している父親が愛し合って付き合う、
という事実にかなりのショックを受けたB男は、その後色々揉めた結果、
後を継ぐはずだった実家の会社をやめ、地元を離れ、実家とはほぼ絶縁状態に。
あれから何年かたった今でも、彼は独身。
C氏とA子は、B男がいなくなった後、付き合い始め、関係を持ったそうだが、数年で破局。
その後息子の元恋人と付き合って、跡取りを失ったC氏は
もう実家を継ぐ気がない息子の代わりに、養子を取るとか言っていたそうだが、詳しくは不明。
A子は別の会社に移り、そこで知り合った男性と結婚。子供はいないけど幸せとのこと。

続きを読む

このページのトップヘ