キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:父親

オススメピックアップ!

849: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 18:52:56.48
流れ無視してウチの修羅場。

父が重い病気になり、無菌室の治療が必要になった。
しかし入院当日、緊急で無菌室が必要な患者さんも入院することになった。
県内初ということで、マスコミを引き連れての入院だったらしい。
その人も迷惑なことだったろうが、おかげで父は無菌室に入れなかった。
そのまま普通の病室で治療を受けることになったが、突然、敗血症で亡くなった。

その後、無菌室で治療した人は無事に退院した。
幼い子供さんのいる人だった。元気な姿をニュースで見た。

母は静かに狂い、弟はニートになり、私は鬱になった。
数年の間、修羅場だった。

家族の誰も、恨みはないよね、と言う。仕方の無いことだと。
でも、私は一生、骨髄バンクに登録は出来ないと思う。
誰にも言えないのでここに吐き出し。

続きを読む

251: 多分1/5 投稿日:2013/02/11(月) 19:18:27.49
ROM専なので多分ぶつ切れになるだろうけど投下。
あと長い。フェイクあり。ウザかったらさくっとNGお願いします。

小学校に上がってすぐ、両親が離婚した。
私は四人兄妹の末っ子。
原因は父親の借金。
父親は、母方の祖父が生きている間は大人しかったが
私が幼稚園の・・・多分年中組ぐらいの時に祖父が亡くなってから本性をあらわし始めたらしい。
ちなみに、父方の祖父は私が生まれる前になくなっており、両親共に祖母しか居なかった。
母親は何度も無理心中を考えるぐらいに追い詰められてたそうだ。
しかし、せめて末っ子が小学校に上がって手がかからなくなるまではと耐えていたそうだ。

そして、私が小学一年生の夏休み・・・にはいってすぐか、少し日数が経っていたのかは覚えていない。
とにかく、夏休みになったある日、父親が遠出をした時があり
いましかないと母は取るものもとりあえず荷物をまとめて子供たちをつれて実家に帰った。

前置きが長くなったが、その母の実家に帰った夜が私にとっての修羅場になる。

続きを読む

530: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/16(土) 12:36:43.84
酔っ払いの所業、で思い出したプチ修羅場。

父親に、部屋に放尿されたことがある。
当事者にはとんでもない修羅場だった。
中学の頃、実家の2階で試験勉強してたら、酔った父親が帰ってきた音がした。
絡まれるから電気を消して寝たふり。
母親が怒りながら父を介助して2階に上げてくる音がした。
部屋は階段を上がって突き当たり。
「帰ったぞー」「もう!お父さん私子寝てるのよ!試験前なんだから!」等の会話。
あーまたか、と思って軽くウトウトしてたら、
「ぎゃー!違うお父さんそこトイレ違うー!!」と母親の叫び声がして

飛び起きた( ゚д゚)

家中が泣いた。

続きを読む

675: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/17(日) 19:51:12.85
修羅場ポイントがいまいちどこかわからないけど、
乗り越えてひと段落ついたので吐き出させてください。

私が8歳の頃から不倫相手の家に入り浸りでほとんど帰って来なかった父。
趣味はパチンコ、競馬、競輪、競艇、給料は全て使いこみ、
たまに帰ってくると、共働きだった母にも金をせびっていた。

14の冬に、同居祖父(父の父)の家庭内セクハラに耐えかねた母が
私と弟(8歳)を連れて夜逃げ→別居、
奴はこれ幸いと堂々と不倫相手と別の町で同居開始。

祖父はすでに父を見限っていたため、私達の賃貸アパートに通って
戻ってくるように何度も訴えてきたが、父がいない家には戻れないと母が拒絶。

それから10年間、父は養育費を払いたくないがために離婚に応じず、
別居状態が続いた。
自分の戸籍謄本を取るたびに自分の下の欄に増えていく、見知らぬ子供の名前。

【認知】○×
【認知】×△

一銭も金を出さないまま音信不通となった父に構わず、
母は昼夜問わず働き続け、私達姉弟を大学まで行かせてくれた。

私24、弟18で扶養から外れた途端に父は離婚に応じた。
その後はまったく連絡がなく7年を過ごした。

で、私31の冬、私達が出て行った家に一人残された祖父がタヒ去。
別居後も祖父が好きで毎月顔を出していた私は、元内孫として一人、通夜に参列した。
葬儀は近親者のみの家族葬。喪主である父自身が実家を捨てて出て行って、
実の父の交友関係など知るはずがないのだから当然だった。

続きを読む

642: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/16(土) 08:45:31.56
父は厳しくて、箸の持ち方とかが悪いと、一升瓶でコツンとやられたりしてた。
自分が就職するまで、父にため口とかたたけなかった。
そしてぶち切れたら、だれも止められない。
一回だけだけど、夫婦げんかで母も鎖骨にひびが入った。

自分が小さいとき、なんの理由か覚えてないけど、父をブチきれさせた。
やばいと思って、二階の部屋に逃げ、押し入れに隠れた。
父は鬼のような形相で追っかけてきたんだけど、
部屋の障子がなかなか開かず、さらにキレて、障子をぶち破ってきた。
ばりばりって音がめっちゃこわかった。

どこにいる!ってこたつをひっくり返し、
わかめの味噌汁がとんだ。
母のそんなことしないで!って声とがしゃんどしゃんって音が混ざり合って、
さらに怖くなった。
逃げても無駄だと思って、押し入れから出た。
もちろんめっちゃしかられたんだけど、
怖すぎて、なんで怒られたのか覚えてないw

父は翌日、ちまちまと壁に付いたわかめをはがし
木工用ボンドで障子を修理してたw
笑ったりしたらまたキレられるんで、我慢して私も後片付けした。

今は孫ラブで絵文字満載のメールとか送ってくる。
それを読むたびに小さいときからの父のイメージと今のギャップに自分がついていけない。

続きを読む

736: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/16(土) 16:12:20.31
流れを読まずに
小心者の小男な父は母には頭が上がらず
母のいない時に威張り散らす
反抗的な態度を取れば「親に向かって何て態度だ」と激怒
当時小学生だった姉と私は、気配を読んで暴力振るわれそうな時は
鍵のかかる風呂場にこもったり、引き戸につっかい棒などして防戦

姉が小4のある日、殴りかかってくる父をかわし、殴り返した
力で勝ってると思い込んでいた父は呆然、
私は父と姉の周りをハイジのように
「勝った勝った姉ちゃんが勝った!」と踊りまくり
その一発で力関係は逆転、父は二度と暴力は振るわなくなった

続きを読む

866: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/27(金) 21:10:05.28
うちの父はいわゆるダメ男でした
飲む打つ買う全てやる人で、飲んだくれで無職で麻雀好きの女好き
そんな父を見て育ったうちの姉妹は

長女…だめんず好き
二女…だめんず大嫌い
三女…だめんず嫌い

ときっぱり分かれました。ちなみに三女が私です
長女は14歳上で、二女は私より8歳上です

長女はやたら彼氏をとっかえひっかえしては、いちいち家に連れてきたがる人で
どれも絵に書いたようなろくでなしなんですが
姉は「家族ぐるみのおつきあい」っていうのに憧れてたらしく
必ず一回は連れてきました

でもどいつもこいつもろくでなしなもんで
家に若い女(私は当時子どもでしたが)がいると知るや
さわろうとか入れようとかする男ばかりで
とくに思春期だった二女姉は長女姉がつれてくる男をいやがりまくっていました
当時小学生の私ですらいやだと思っていたくらいだから
二女の姉はきっともっといやなことをされていたんだと思います

続きを読む

250: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/02(木) 01:02:07.27
オヤジがクズだった。
何に使ったかわからない借金を作り毎晩取り立てがきた。
アパートのドアにも金返せ!という字がかかれたり。
そんなときは必ずオヤジがかわりに出て対応してくれ!俺は押入れに隠れてる!と言って隠れてた。
私はまだ幼い弟と妹を二階にやり、
玄関を出て柄の悪い兄さんに父親はいない!出てけと包丁を突き出した。当時は夢中だった。
警察には玄関に変な人がいると通報したのでくるが、そのシチュエーションから私が取り調べをうけることになる。
なんだか理不尽すぎる。

続きを読む

557: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/30(木) 03:20:05.11
ものすごく長いし目が滑るかもごめん。自分が高校生の頃に体験した修羅場

父母は小さな会社を経営していたんだけど
ある朝、母が会社から車で出かけようとした時に
左右の確認を怠って横からきた車に追突してしまった
警察を呼んだりして大騒ぎだったが、父は別の仕事で出ており
そして会社に戻っても事故のことをすぐには知らされなかった

というのも、母は車にかける保険を切らしてそのままにしておいたと
バレたら怒られる(言い回しは違ったが要はそういうこと)
そんなもんすぐバレるに決まってるんだがなかなか言おうとしない

母は被害者に謝罪に行ったり、あれこれひとりで走りまわっているうちに
その被害者の関係者?に母の兄がいると知ってなにを思ったか
その兄(叔父)に「なんとか話を取り持ってくれないか」とお願いに行ったと
なんの話を?取り持つ?ごめんここらへんはあんまり覚えていないのだけど
叔父は快諾してくれた、よかった~と母がホッとした顔をしていて
子供心に疑問ではあったけどあまり深くはつっこまなかった

続きを読む

273: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/11(月) 21:54:53.60
駆け落ちした父親が、女に振られて泣きながら帰宅した時は静かな修羅場であった。
母親は、私の所に帰ってくるから許すとか言ってた。
夫婦間だけならそれでいいんだろうが、子どもまで巻き込まないでほしかった。
母からの依存と父からの暴力は小学生には辛かった。

数年の別居生活の後、近年離婚が成立し、もう父と会う事はない。
母は、子どもの為に10年我慢した、
今思えばいい経験だった、とか言っている。
母の中では父の事や離婚の事は完全に美化されている。それがたまに憎くなる。

続きを読む

このページのトップヘ