キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:母

オススメピックアップ!

388: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/02(月) 10:09:32.26
私が小5の頃の修羅場。
母が父とけんかをして母の実家に帰る為に電車に乗っていた時、
私は痴漢に遭った。
平日昼間の比較的すいている電車の中
サラリーマン風の男が座っている私の前に立ち、
私の閉じていた膝を無理やりこじ開けようとした。
助けを求めようと母を見ると、母は困った顔をしてニコッと笑っただけで助けてくれなかった。
サラリーマンは電車を降りるまで
ずっと私の膝をこじ開けようとニヤニヤしていた。
私たちも電車を降りるとなぜか私が母に叱られた。
「何でやり返さなかったの」と。

それから20数年が経ち、その時の事を私は母に問いただした。
どうして助けてくれなかったのかと。
すると母は「全部お父さんが悪いのよ」。
その場にいなかった父がなぜ?
「お父さんが自分の実家びいきばかりするからケンカになった。
だからおばあちゃん家に行くために電車に乗った。
だからお父さんが悪い。私の心はいつもお父さんと戦っている」
心の底から母が言っていることが理解できなかった。
気持ち悪かった。
それが私の修羅場。

続きを読む

428: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/02(月) 22:26:06.17
勝手に自分語りさせてもらう、当然修羅場の話。
俺が父親の子ではなく、5人いる弟妹も全員種違いだったと知ったのが修羅場だった。
母がいきなり祖母(父方)の3回忌に参加せず逃走、代理と称してやってきたのは俺の父が非常に嫌ってる母の親友。

そいつから「神妙な顔して上座に座ってるけど俺君お父さんの子じゃないんだよ?図々しいねw」とか言われて親戚一同と俺騒然。
どういうことかと問い詰めたら、元々俺の両親はデキ婚だったんだが俺は母の当時の彼氏の内の誰かの子で、その当時金の卵ともてはやされて大手企業に就職してた父と結婚するために父の種だと言い張ったらしい。
確かに俺は父に似てないし母にも似てない、先祖返り的に祖父なり曽祖父の系統が出てるんだろうでスルーしてた親戚に取っては青天の霹靂。
父はうすうす感づいてたんだが、氏より育ちで無視することにしてたらしくバラしたそいつに怒り心頭。
しかもそいつ曰く、母は結婚後も父とはレスに近い暮らしをしつつさんざん浮気していて弟妹全員種が違うらしい。
つまり父の血を引いた子はゼロなのに必タヒに働いて俺等を大学まで行かせてくれてた、カッコウの托卵相手だってもう少しマシな扱いを受けるだろうレベルの悲劇だった。
俺は泣きながら父に詫びた、親戚は居た堪れなくなって全員退散、弟妹のうち三男と妹二人は事実を知ってたらしく、今後は母と暮らすからと言い捨てて出て行った。
次男は俺同様父に詫びて、それでも俺の父親は貴方しかいないから頑張って生きていこうとか言ってた。
そこまで言い切れない俺はきっと母親に似て薄情なクズなんだとか思い込み始めて、俺はここからしばらく躁鬱症を患ってた。

今はなんとか立ち直って就職・結婚し、定年過ぎた父親の面倒を見てる。
次男の発言は父から金を引っ張るためのパフォーマンスだったらしく、独立して頑張るからと生前分与を貰ってから母親たちと合流してた。
振り返ってみれば俺のと言うより父の人生が修羅場だった訳だが、自分を根本から否定された母の親友からの言葉は今思い出しても震えが来るほど怖い。
以上、長文乱文申し訳ない。

続きを読む

51: sage 投稿日:2013/12/25(水) 23:36:13.68
いつもまとめサイト見てるだけしたが
そういや修羅場あったなーと思って投稿しますね

カーチャンは私達子供が小学生低学年の時に離婚しました
離婚理由は「身体・精神の異常な束縛」だそうで
子育てしつつパートやらして見聞を広めたい母に、父は絶対に専業主婦を望んだための別れでした

離婚後の母は私ら子供を育てるためにめっちゃ働きました
早朝に工場、昼間は会社員、深夜にまた工場の3かけもちで
睡眠時間は、後から聞くと1日3時間であったといいます

んで、感じの修羅場ですが、それは私が小学3年のときの引っ越しです
カーチャンは懸命に働いて、夕方はお得意様の接待に出て(かなりの美人なのでいつも呼ばれるのでした)
工場のない日には深夜に帰宅することも多くありました
でもうちら兄弟は慣れたもので、深夜に帰宅するカーチャンのためにお茶漬けを用意して就寝するシステムでした

その朝、なんとなく「今日引っ越しするからねー」とは聞いていたのですが
接待疲れで、帰宅するなり衣服をすべて脱ぎ捨てて、床に倒れたカーチャンに
何も訊けませんでした カーチャンはブラジャーも捨てて、廊下にパン一でしたので、下半身に毛布をかけました

続きを読む

809: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/04(月) 18:53:17.80 ID:FHzqf0Xy
流れは読まない。
小学校低学年だった時、家族ぐるみの付き合いをしていた数世帯の同級生ファミリーと一緒に外出し、お昼になったのでうどん屋に入った。
巨豚だった私はいつもえび天うどんを頼んでいたが、その日は何故かざる蕎麦が食べたかった。だから何の気なしに「私、ざる蕎麦」と注文した。
母と同級生母sがキレた。
曰く、人前だからって遠慮するな!食べたいものを食べろ!今はダイエットとかを気にする年齢じゃない!等など。
私は「だからざる蕎麦が食べたいの!」と主張したが、それはデブの見栄だと一刀両断された。
結局ざる蕎麦をたのんだけど、周りからずっとぐちぐち責められ続け、半泣きになりながら食べた。
帰りの車中、ぐったりする私に母sは「だから言ったでしょう!お腹いっぱいじゃないんでしょう?」とおにぎりを差し出した。
いまだにざる蕎麦がたのめない。

続きを読む

954: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/09(土) 00:45:13.44 ID:fpA2Nva8
続いてしまって申し訳ないけど書きます
うまくまとめられなかったけどカウンセリングを受けていてふと思い出した修羅場

私が小5の時に母は離婚をし、色んな男と付き合った
しかし長続きはしなかった
大体不倫や浮気の相手として母は選ばれてしまって、男にベタ惚れになっている(最初だけ)母もそれを甘んじていた
そのなかで一番長く付き合った人との痴情のもつれに巻き込まれたのが修羅場

・スナックでバイトしていた母がその人(A)に口説かれてなびく
・しかしAは女を落とすのが好きなだけで手に入れてしまったあとは魅力を感じなくなってしまうため母を鬱陶しく思うようになる
・Aは他にも落とそうとしていた。他のスナックにいる女の子(B)を追いかけ続けていた
・Bは貢ぎ癖のあるAから金を引っ張るために絶対になびかずうまくものを引き出させていた
・それが気に入らず母はAとBにストーカー行為をしていた

続きを読む

294: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/30(金) 21:41:37.73 ID:RlDYjtlR
統合失調症の母親が「自さつしたい。ひとりで逝くのは寂しいから一緒にタヒんで欲しい。」と言い出した。
その頼みを断った日の夜中、ふと目を覚ましたら
枕元に母親が立っていた。
そうして自分の顔をじっと眺めていた時が人生最大の修羅場。

幼稚園の頃は教育ママではあったと思うが、まだ風邪を引くと
自分の好きな焼きリンゴをつくってくれたりする優しい面もあった。

小学校1年生の時には、母親は発病していたと思う。最初におかしいと
気づいたのは、母親が実家の祖母と電話した後、
「きっと今の電話、お父さん(夫)はこっそり聞いているわよ。」と必ず自分に話すこと。  続きます。長文です。

続きを読む

833: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/17(火) 23:33:50.72 ID:XcvqC39l
私の4歳の時の話

母、私を連れてデパートに買い物に出かける
 ↓
尿意を催し、母に訴えるも、母「ちょっと待ちなさい、我慢しなさい」で放置
私、我慢しきれずにお漏らし
 ↓
それから私、母との外出をギャン泣きで拒否するようになる
短気な母、ヒステリーを起こし「我儘を言うな!言うことを聞け!」と暴力を振るい、力尽くで連れ歩くようになる
 ↓
目撃した近所の人、保育園の先生、「すわ、虐待か?」と単身赴任中の父と児相に鳩る
 ↓
父&祖母&叔母 激怒
連係プレーで証拠と弁護士を揃え、サクッとリコーン
記憶にないがどうやら母、私をプリン相手との逢瀬に利用してたらしい

先日の姉の結婚式で久しぶりに会った母の妹に、母がK国の男性と結婚して相手の国に渡ったと聞いたので思い出しカキコ
寂しさも懐かしさもない
そちらで骨を埋めてくれ、と思ってる

続きを読む

256: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/04/22(月) 23:45:45.13 ID:tx3b3Hm5
フェイクあり。長いです。

高校の頃の同級生、A子とB男が結婚した。
式はしないと言うのでABと仲の良い共通の友人数人と食事会を開いた。
とくに問題も無く歓談してたら、突然ギャーギャー騒ぎながら見知らぬオバチャンが乱入。
言ってる事は意味不明だったがかろうじて
「B家の血を引かないクズは!」とか聞き取れたから、
なんとなくB男の関係者なんだろうなと思った。
係員さんとB男に連れて行かれてその場はお開き。
A子は泣いてた。

その後知ったがそのオバチャンはB男の母親だった。

そしてその数日後、B男の父親が近所の会社の倉庫で首吊ってたのが見つかった。

続きを読む

466: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/05/02(木) 01:17:29.94 ID:Bd4YgNuH
30年以上前の働くお母さんはまだ少なかった時代
母は同居祖母との折り合いが悪いこともあって働きに出ていた
母親っ子だったので寂しかったし祖母は怖かったが母のためと我慢していた
私が小学校五年くらいのとき、ダミ声の知らない女の人から電話がかかってきた

「あなた○○さん(母)の娘さん?」
「はい」
「あなたのお母さん、浮気してるわよ」

とだけ言われてガチャ切り
ショックで頭の中が真っ白になった
不安で眠れない日が続いて食事も喉を通らなかった
胸がつぶれるような思いだった
友達から「お母さんキレイだね」と羨ましがられることも多かっただけに
一時期は疑心暗鬼になったが
母は本当に真面目な人間だったし
私のために寄り道もせずいつも同じ時刻に帰ってくることを知っていたので
母を信じて電話の事は誰にも話さなかった

続きます

続きを読む

379: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/18(月) 10:26:22.95 ID:G33T6ZHA
母が家の金をギャンブルや保証金詐欺などに使い込んだ。サラ金や闇金からも借りてた
発覚した時はもう遅い状態で、母は家を追い出されてどっか行った
その借金自体はどうにか返せたらしいが、心労のせいか少しして父は首を吊った

自分が喪主をやった
自分もトーチャンもひとりっこ、祖父母はもういない、母方の親戚が来られるわけもない
近所の部落(集落の方)の人らに助けてもらって色々やった
疲れる間も故人を偲ぶ暇もなく葬儀は終わった

後日母から遺産相続について電話があった
妻も相続の権利あるしな。自分ももらえると思ったのかな。でも元妻に相続権があるかは知らん
だってそもそも相続するもんがないんだから、そんなものについて調べることすらなかった
母の造った借金のおかげで全部無くなったんだから

この一連の出来事がわずか一ヶ月の間におこった。たぶん世間一般では修羅場と呼ばれるものだと思う
こんなに早く両親がいなくなるとは思わなかった
んで自分ひとりぼっちになってしまった。心にぽっかり穴が開くってこういうことなんだと思った

もうすぐトーチャンの一周忌なのでカキコ
うちもトーチャンが名ばかりそうかそうかだったのでそうか流葬式(友人葬とかいうやつ)にさせられた
お前誰だよって一般人がお経読んでいて腹が立ったのと、背後から聞こえるナンミョーホーレンゲッキョーが
とても耳障りだったのを覚えている

続きを読む

このページのトップヘ