キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:母親

オススメピックアップ!

597: 名無しの心子知らず 2013/12/13 11:23:32 ID:16VX2IPY
今スーパー行ったら子供用のカートを押した4、5才位の男の子が私の進む所々にくっついて来てとうせんぼしてきた
鬱陶しいし面倒くさかったから無視してたら母親らしきBBAが「うちの子が遊んでやってるんだからかわいいね位言いなさいよ」と言ってきた
ウワーと思いながら「別に可愛くないし邪魔なんですけど」と言ったらフジられたww忙しかったからそのまま無視して帰った

続きを読む

96: 名無しの心子知らず 2012/11/12 09:15:03 ID:k/f9Twdd
別にここ子育てしてない人間が書き込んでもいいんだよね。
長くなってしまったので、二分割しつつ失礼します。

弟の彼女の母親が非常識すぎて関わり合いたくない感じ。
シングルマザーだし働きながら子育てするのが大変なのは分かるんだけど、普通可愛い一人娘が男の家に入り浸ってたら、けん制も兼ねて挨拶しに来るもんじゃないかね。
そりゃ家も入り浸れる環境作ってるのが悪いんだけど、こっちも共働きで核家族だからそんな監視してられない。
それでもできるだけ二人っきりにしない環境作ってきたけど、結局向こうの家はラブホ状態になってるみたいで、二人が通ってる中学から忠告が来る有様だった。
んで、案の定中出し→妊娠コース。幸い弟が中出しした時点で泣きついてきたから、事後に飲んで効果のあるピルでなんとかなったけどさ。
家の親はパート先で恥かくはめになったし、医療費で数万飛ぶし。

続きを読む

621: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/18(木) 18:45:36.41
子供の頃、母親から父親の職業は公務員と教えられてた。
小さい頃は疑って無かったけど、大きくなるにつれ疑問が出てきた。
しょっちゅう家に居ないし、居ない時は連絡が取れない。
家族で出かけることもなく、珍しく出かける予定があっても大抵キャンセルだった。
ある父親参観日に父親が来た。
まず来れないと思ってたので嬉しかった。
出勤前に寄ってくれたらしくすぐにいなくなった。
休み時間にあれ誰のお父さん?と言われて、私のと言おうとしたら男子が、
絶対あれはヤ●ザだと言い出した。
確かにコワモテで物静かだけど妙な迫力はあるし、穏やかに話してても威圧感のある声な父親だった。
目も怖い。
父親に怖い目に遭わされたことは無かったけど、もしかして?と思った。
あれが私のお父さんと言えなくなった。
家にかかってきた電話に話す内容もヤ●ザ関係に思えた。
夜中に両親が交わす会話を聞いてしまった時、身を案じる内容だった。
ヤ●ザの抗争のニュースを見て、母親がこっそり不安そうにしてるのも見てしまった。
自分はヤ●ザの子でいつかヤ●ザに就職で面接に行かないといけないと思ってた数年間は修羅場だった。
ヤ●ザの家にピンポンと鳴らして面接に行く夢を見ては朝泣いてた。
父親が刑事だと知るまで絶望して食欲もなくガリガリに痩せて体が弱かった。
夫の身を案じながら、食が細く弱い娘を病院に連れてったり食事療法してた母親も修羅場だったかもしれない。

あの頃頑張ってたであろう両親に、まさかヤ●ザだと思い込んでたなんて到底言えない。
一線を退いた父親は、昔みたいな威圧感もなく、穏やか。

続きを読む

451: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/25(日) 18:00:34.49
某講習に参加したときの話。

教官「携帯の電源は切ってくださいね~。着信音が鳴ったら失格にしますからね~。」

ピリリッピリリッ

俺「あ、やべっ」
教官「俺男さ~ん、出て行ってください。」
俺「あ、すいません、以後気をつけま・・・」
脅官「出・て・行・っ・て・く・だ・さ・い。」
俺「すいません、本当にすいません」
凶官「出て行け・・・。」
俺「えっと、あの?」
叫官「出て行けっつってんのが聞こえねえのか!!くぁwせdrftgyふじこlp」
俺「・・・はい。」

トボトボ・・・。

ピリリッピリリッ

俺「もしもし?」
お袋「もしもし、俺ちゃん?さっきは急に切れたけどどうしたの?」
俺「・・・」
お袋「今日は講習でしょ?居眠りとかしちゃ駄目よ、じゃあね~。」
俺「・・・・・・」

続きを読む

468: 1/2 投稿日:2012/12/04(火) 12:43:55.79
修羅場というか、母の心境が修羅場だったんだろうなっていう話。フェイクあり。

小学生低学年の頃、イジメとはちょっと違うけど、クラスのみんなとちょっとうまく行かなくてぼっちだった。
自分の家が学校の区域ギリギリで帰る方向が違うっていうのもあったけど、みんなが仲いい子と帰ってるのを横目にいつもひとりで帰ってた。
ちょっと遠回りになるけど土手があって、たまにそこの道通って帰ったりしてぼーっと川を眺めたり、時には泣いたりして時間潰してた。
そうしたら急に今まで見たことのないおじさんもちょっと離れた所で同じようにぼけーと座ってるようになった。
毛も伸び放題だったし、近くにダンボールハウスがあったのでホームレスの人なのかなと思ってた。
ある日、おじさんがこっちにやってきて「君はいつもひとりでいるね。友達とかと遊ばないのかい?」と話しかけて来たので事情を話すと「じゃあおじさんと一緒だ」と笑った。
それをキッカケにおじさんとよく話すようになった。

続きを読む

529: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/16(日) 15:59:09.08
先週の金曜日、朝、母がいきなり「今日は何曜日?何日?」と聞いて来た
「昨日、私は何をしてたの?」
父と二人「何を言ってるの?」と驚いていると
「あれ?何で(私)そこにいるの?お父さん、今何時?」
支離滅裂なことを言う母。しまいには
「私は今、何歳?」
と言い出した
そして次の瞬間、ハッとしたように
「もしかしてボケた?今日誕生日なのに!?」
頭を抱える姿にさすがにヤバいと思い、とりあえず母を椅子に座らせて落ち着くようにお茶を出した
名前や住所、家族の名前を聞けばすらすら答える。ネットで調べた「痴呆か分かるチャート」を尋ねればすらすら答える
ところがいきなり同じことを繰り返したり、変なことを尋ねてくる
心配になり「仕事休むから病院へ」と父が言うと
「何言うの!早く仕事行きなさい!(私)もご飯食べて早く行きなさい!」
とキッとする
しかし言われた通り仕事に行き、急いで帰ると、「あら?あんたいつ仕事に?」と聞いて来る。そしてその日は一日、ぼんやりとそれなのに色々と忙しく立ち働いていた

翌日になると前日のことはすっかり忘れていつもの母だった
その時のことを話すと「え?いつそんなことを?」と覚えてない様子だった
そしてその時の自分は「きっと何かに取り憑かれていたのね」と言っていた きっと家族が痴呆になる時の初めはあんな感じなのだろう
ご先祖さまが見せてくれた未来の母だったのだろうか

続きを読む

76: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/19(土) 00:11:04.68
大したことないけど思いだし投下。

うちはいつも週一でうちに来てくれるクリーニング屋がいる。
両親が留守のある日、クリーニング屋のお兄ちゃんが来ることすっかり忘れてて、慌てて出す予定の洗濯物を専用のバッグに入れて渡した。
そして翌週に洗濯物が帰ってきたらお兄さんの様子が変。すげぇ気まずそうに母にバッグを渡してそそくさと帰ってったらしい(この日受け取ったのは母だったので私は直接見てない)。
母が訝しげに洗濯物を確認したら、母の使い古しのパンツがバッグから出てきた。間違えて私がバックに入れてしまったようだ。
めっちゃ恥ずかしかったと母に怒られた時が私の修羅場だけど、くすんだベージュのヨレヨレパンツをお兄ちゃんに見られた母のほうが修羅場だったかもしれない。

続きを読む

422: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/23(水) 22:34:02.20
軽いけど自分の中では相当な修羅場
多分ド田舎だったからできた事だったと思う

8年前、母が脳梗塞で倒れ、祖母が亡くなった
祖母の遺産に関する争いは凄まじく、当時高校生だった自分も攻撃を受けて精神的に追い詰められ、父がぶちギレ相続放棄するまで3年
その間私達家族は公共料金の存在をすっかり忘れていた
電力、電話ガスの担当は父の友人や知人だったせいか、大変だったろ?香典代わりだ、代わりに今度奢ってくれよ、と言って料金を絶対に受け取らなかった
知人の知人だった水道の担当者は請求もできず連絡するのも申し訳ない、と思ったらしく放置
今、担当が代わって発覚
母は入院中だし父は私のアパートにいるし、連絡が取れない
担当者は私の職場しか知らなかった
半泣きで新しい担当者が私の職場に来たのが一昨日
月に千円でいいです、延滞に関するお金いりません、申し訳ありません!と土下座された私の胸中は修羅場

……妹が遺伝の病気発症して、普通は未成年のうちに発症するのに二十歳過ぎの発症だから、姉もも検査しろ頼むと医者に言われて更に心が修羅場

続きを読む

526: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/25(金) 15:40:08.34
長文です。

私の実家は都心の一戸建てで古いけど結構大きい。
私が子供の頃に両親が頑張って新築した家で、
専業主婦の母がずっと頑管理していた。
母はなんというか程よい人で、本物の「専業主婦」。
だからその家も本当に住み易く、又立地の良さからも
兄家族や私家族、親戚ももちょいちょい遊びにきていた。

やがて父が亡くなった。母はまだ還暦そこそこだったけど、
その頃から衰えが目立つようになってきた。目や耳、物忘れ、言葉。
どれもたいした事は無いんだけど、今後を考えると心配だった。
この大きな一戸建てに一人で住んで管理していくのは大変だろう。
本人と話すと、やはり負担に感じていたようだった。
残念ながら私家族も兄家族も他に家を構えてしまっている。
かくなるうえは、家を売って住み替えか。そんな相談を兄にすると
兄&兄嫁、猛反対。「実家は実家としてそこに残すべき!」という。

気持ちは解る。良い場所に温かい一戸建ての実家って、良いよね。
でもそれは母が管理してこそ成り立つ実家であって、
本人が体力的にもう無理で、サポートも出来ないようなら
「素敵な実家」だって存在し得ないんだよ。荒れ果てちゃうよ。
何度もそう説明したけど解ってもらえなかった。
今の実家の状態が未来永劫続くと信じて疑わないようだった。
兄夫婦は親戚を味方につけて、私が母を唆していると吹聴。
母は何度も皆に説明してくれたけど、自分が衰えているっていうのを
説明するのって、辛いよね。辛い思いをさせてしまった。
兄夫婦&親戚は、母はこの家を売って素敵なマンションに引っ越し、
浮かれた老後を過ごそうとしている、私がそれを手引きしていると
思っているようだった。怠け者みたいに言われたし。
真面目一筋のプロ専業主婦は母としては
そんな言われ方は耐えられない屈辱だったと思う。

続きを読む

229: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/01(金) 11:51:45.40
私の母親は、私の高校三年の時の担任と不倫していた。今から二十年前の事です。
私が在学した高校は、高校三年になると、夏休み前から希望者のみ親の進学面談が何度もありました。
その当時短大にするか四大にするかで揺れていた私を心配して、何度も面談に行っていると言う
母の話を信じていた。実際は入学式で一目ぼれして三年の担任になったのをチャンスと面談で
口説いていたみたい。三者面談は数回でいつも二者面談にしていたのがみそなんだよね。

それで口説かれる担任も担任なんだけどさ。担任は当時バツイチでした。
子供も居なくてタヒ別で、さびしかったらしい。それでも担任が抑えて、私が卒業するまで待ったらしい。
卒業式が終わったら、離婚届を記入済みにしたものを置いて母が居なくなりました。
母は貯金通帳すべて持ち出して解約して、あるだけのお金を持って行ったから
家は次の日からの食材を買うお金もありませんでした。私の大学の入学金と学費は支払って
ありしたが、弟の私立高校の入学準備をするお金にも困りました。母方の祖父母が申し訳ないと
お金を貸してくれたので、なんとか私も大学の教科書を買え、弟も私立高校に入学できました。
母方の祖父母が手を尽くして、母を探してやっと元担任と暮らしている母を見つけました。

続きを読む

このページのトップヘ