キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:手術

オススメピックアップ!

749: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/20(木) 02:01:03.78
まとめの釣りネタ読んでて思い出した母の夫の修羅場
母が40過ぎて再婚した相手が尿が出なくて苦しみだし救急車で搬送された病院では処置が無理
このままでは膀胱破裂でタヒんでしまうと何個目かの病院で膀胱に直接針を刺して
尿を半分吸い出して高名な病院まで再搬送
やっと処置が出来て後日手術でなんとかなったけどその原因を聞いたら

釣りが唯一の趣味の母の夫はいつも通り釣りに行って
その時テトラで足を滑らして尻もちをついたらしい
どこがどうしてそうなるのかわからないけどその時尻でチンコを潰してしまったそうだ
我慢強い母夫はそれでも痛いとも言わずにいよいよ苦しくなるまで黙っていたそうだ

今でも定期的に管を入れ替えないと尿が出来ない程に
チンコ潰れるって修羅場だろうなと思った

続きを読む

877: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 22:50:33.16
空気は読めない。

19の頃、卵管が3回転半捻り、壊タヒしてたのが個人的修羅場。

右下腹部に軽い痛みと違和感があるなぁって思ったのが最初。
一度、痛みのあまりに嘔吐した辺りでヤバイと思い、病院へ。
外科と婦人科でMRI撮ったら、右の卵巣が8cmに腫大してた。
ここまでひどい痛みは不思議だと言われ、
オペをするかどうか決めるため、一か月後に再度MRIとなった。
が、それを待たずに激痛が再開し、近所の大き目の病院へ。

緊急外来の受付で名乗った直後、立っていられなくなり、
気が付いたら、近くのベッドに運ばれていた。
緊急外来の待合には、乳児連れの家族とかもいたんだけど、
自分が先に通されてしまって、申し訳なさのあまり心中がプチ修羅場。
かろうじて「右の卵巣に嚢腫があります」とだけ言えた(続く)

続きを読む

574: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/25(金) 18:59:26.72
麻酔で思い出した話。
小学6年の頃、図書館の本で初めて盲腸の存在を知り、そういえば
この本みたいにおへその右下が時々痛いかなーと思いつつも本みたいに
激痛にのたまうほどではなかったんで放置。

中学生になりあれ?これ激痛って程じゃないけど確実にいたいよね?
と学校を早退し学校近くの病院に行くが藪だったのか血を抜いて
痛み止めの点滴だけで終わった。

痛いけど我慢できる・・・?いや出来ない・・・?というような曖昧な
痛みを抱えていた矢先に弟が急性の盲腸で入院。
何となく言い出せなくなり我慢しだす。
しかし3日ほどで我慢できなくなり、親に泣きつき、別の病院で
見てもらうとやはり盲腸。切った方がいいと言われたが、中間テスト
1週間前だったため、親の願いで、テストが終わるまで毎日痛み止めの
点滴をすることになった。

テスト終了後速やかに手術が執り行われ、局部麻酔を希望したんだが
手術台の上のライト?が光った記憶を最後に、気が付いたら別の部屋で
寝ていて、口には酸素マスクや点滴がされていて、両端には両親が
泣きながら控えていて「ごめんねごめんね!」と叫んでいて自分ぽかーん。

なんでも自分は腹膜炎を起こしかけてたうえ、点滴で痛みを抑えていた
せいか、膿だか水だかが腹にたまっていて、後一日手術が遅かったら
確実にタヒんでたとかで自分gkbl。これは自分も悪いんだが、普段から
仮病を使って学校を休みたがった子だったので、親はあまり盲腸というのを
信じてなかったらしい。それでも親は罪悪感で一杯だったので
当時出たばかりのスーファミかって貰うことでチャラにした事が自分的修羅場。。

続きを読む

418: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/30(木) 10:33:51
夫が病気になった。
社会復帰はおろか生死も危うく、手術することに。

人の不幸は自分の息子のことでも面白おかしく周囲に吹聴したがる
近距離別居のウトメにだけは、絶対に話してくれるなと、夫が声にならない声で
私に頼んできた。勿論異存はない。
「わかった!」と、固く口を閉ざし仕事を辞め夫の看病に専念してきた。
しかし、1ヶ月後「息子(夫)の携帯にいくらかけても通じない」とウトメ。
さすがに黙っていられなく、事実を話したらウトメからの大罵倒大会となったが、
だからといって看病を代わるということもなく、また日々は過ぎた。
夫が一時帰宅することになり、とりあえず連絡をしたら、
トメ「そっちに顔を見に行くわね~ン」
私「病院に詰めているので、ちらかっています」
トメ「何を言ってるの、水臭い他人行儀じゃない~ン」
私「・・・他人ですが!?」
あれからトメの声を聞かない。平和だ。
夫が奇跡的に回復し社会復帰したので、記念カキコ。

続きを読む

このページのトップヘ