キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:愛人

オススメピックアップ!

426: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/11/07(木) 16:41:54.37
うちは家庭が秩序を保ちつつも崩壊していて、父は愛人を作り、週に2度ほど家に帰ってこなかった
父を奪い母を泣かせている愛人を心底憎みぬいていたが
本当は愛人が私の生母だと知ったときが修羅場
愛人に私が出来たときに、正妻である育ての母に父の浮気が発覚
しかし愛人に不倫の自覚がなく、父に独身だと騙されていたが、彼女は子供ができた以上引けないと泣きじゃくった
すったもんだの末、母が離婚はしないが愛人を認める、代わりにお腹の子を渡すように要求したとのこと
母は子供ができない体質らしく、子供がほしかったのと愛人への嫌がらせだったと…
子供のときから愛人の悪口ばかり聞かされて育ったから価値観が崩壊したわ
誰を恨んでいいのか、誰に謝ればいいのかわからず混乱した

続きを読む

617: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/05(木) 09:50:26.04
前の会社にいた時の話だけど、社長の愛人が会社に入社してきてそれはもうやりたい放題だった。
仕事なんか何もできないのに指図なんか当たり前。
休憩時間は社長室に篭ってイチャイチャ。
気に入らない人がいれば社長に耳打ちして即クビ。
7人いた女性事務員は半年程で私と愛人の二人だけになった。
愛人はまったく使えないし辞めた人の仕事がどんどん回ってきて毎日地獄だった。
そんな時、愛人と些細な言い合いをしてしまい、私にも退職勧告がでた。
こんな会社に未練も何もなかったのでありがたく承諾した。
自分の席に戻ると愛人が横でニヤニヤしながら「あなたの仕事くらい私一人で出来るから♪」と言うので
自分のPC内にある仕事を効率良くする為に作ったデータやシステムを全部消し、「じゃあ頑張ってくださいね☆彡」と言った。
それを当てにしていたのか愛人は発狂し私をブン殴った。痛かった。
次の日から退職日まで有給消化したので会社には1度も行ってない。DQかもしれないが後悔はしていない。

続きを読む

911: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/05/03(木) 10:54:17.29 ID:sqMsLGGk
自分の両親の修羅場
かなり後味悪いし半世紀以上前の話だ

父側の祖父がものすごい毒だった
親父の家族は、祖父、祖母、長男(親父)、長女、次女、三女
祖父は地元で小さい会社だったが経営者だった
祖父は酒を呑んでは暴れ、愛人を作っては祖母を悲しませていた
信じられないと思うが、愛人を家の中に囲って祖母に世話をさせてた
親父は祖父が嫌いで家を出て東京の大学へ
姉妹は家にいたが、祖父に文句を言っても全く意味がなく、諦めていつも軽蔑してたらしい

そして祖母は悲しみのあまり自さつした

しかも葬式後すぐに祖父は愛人を後妻として家に入れた
その半年後、三女は母を無くした悲しみと、祖父の非道な行いを悔やみ自さつした
あまりの祖父の非道な行いに、次女が包丁を持って祖父を刺そうとし、殺人未遂で警察沙汰になった
これは地元で一番大きい駅で追い掛け回した為、かなり昔の事ながら今でもその私鉄では話が残ってるらしい

続きを読む

506: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/19(水) 14:26:42.96
流れを読まずに投下。

母はいわゆるおめかけさんだった。
生活力のないタイプなので父にすがりつくタイプ。
父は「こっちの家庭」では俺様なやつだった。
私が中学のとき母が病タヒ。
大人同士ですったもんだがあった末、
私は父の第一の家庭に引き取られることになった。
俺様な父は第一の家庭ではその妻に完全に尻に敷かれている
人だったから、私の居場所はなかった。
ここまでが第一の修羅場。

続きを読む

26: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/21(水) 10:14:11.25
空気は読めない。

大きな修羅場は3回あった。
1回目は親父の愛人に刺された時
2回目は親父の会社が倒産して夜逃げしたとき
3回目は医者の判断ミスで危うく足を失いかけたとき

今は幸せだが、両親とは仲良くできそうに無いことを悟ったので
絶縁準備中。

続きを読む

443: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/04(火) 00:49:01.65
散々浮気をしていた旦那がついに本気になった。
すったもんだあって家族を捨てて愛人の元へ去っていった。
去っていった旦那に未練はなかった。その三日後・・・
早朝に電話がなった。
病院に駆けつけてみると診察台の上に横たわっている旦那の姿。
蘇生を試みたが残念ですと医師は語る。今のうちにあわせたい身内がいれば云々。
今のうちにといった所でこんな旦那の姿を子供達に見せられる訳もなく
子供達は呼ばずに近所に住む旦那の親族に立ち会ってもらい装置をはずし
心配停止。ご臨終・・・馬鹿な旦那だ。愛人と上手くいかずに首を吊った。
普段から不器用な旦那がタヒぬときは上手にドアの取っ手にロープをつるし
ギリで逝った。ロープが今以上短かいか長いかしたら助かっていたでしょうと警察の人に
言われた。長年の浮気で気持ちは覚めていたけど
警察の方から渡された携帯電話を開いたとたん愛人の画像が目に入ってきたときは
倒れそうになった。
自害したなど言えるわけでもなく周囲には病タヒで押し通した。
なんで家を捨てた旦那の為に葬式しなきゃいけないんだと
内心悔しさと情けなさで涙が溢れて止まらない。
外面だけは良かったから周りからはあんなに良い旦那サンなのにと散々お悔やみを言われ
友人達は号泣。誰もかわいそうな私の為に泣いてくれる人が1人もいないことが
私の一番の修羅場だったような気がする。
事情が事情だからしょうがないんだけどね。
わたしの両親は毒親だから本当のことなんていえないし・・・
仕事も上手くいかず会社の負債が億単位。
お酒に逃げて女に逃げて・・ウツ傾向だったんだと思う・
ま~気持ちもわからんでもないが
人間タヒのうと思い込んだらドアノブの程度の高さでもタヒねるものだと
妙に感心したのを覚えている。今は彼がいて仕事しもして寡婦年金もらって
会社の整理も無事終わって
落ち着いた生活を何年ぶりかで送ることが出来てきている。
当時は坊さんも呼ばず焼くだけ焼いたら骨壷ごと愛人の家に置き去りにしようと本気で思ってた。

続きを読む

323: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/13(木) 03:36:54.42
なんだか眠れないので書き捨て

自分が父とその愛人の子供だったことを知ったときが自分内で修羅場。
自分には弟妹2人いるんだけど、扱いに差を感じたことも、
子供にありがちなもしかして・・・とか思ったこともなかった。

20歳になった時に両親そろって全部説明してくれた。
母と結婚しても、父は結婚前から付き合っていた人と切れず続いていて、私が生まれた。
愛人のほうは、私を妊娠した際にもうこんな関係はやめたい、
自分はあなたとの子供(私)を授かったから、
今後はこの子と2人でひっそりと生きていきたいと言ったそうだが、
元々病弱だった(これが理由で結婚できなかったらしい)上に
産後の肥立ちが悪く、結局亡くなったらしい。

私をどうするかって父・父両親・愛人両親とぎゃあぎゃあやりあった時が
母にとっては一番修羅場だったのかも。

父に愛想を尽かさなかったこともそうだけど、
自分の子供が生まれても変わらずに育てられたのってすごいって言ったら、
「あんたが私を母親に育ててくれたからねえ」だって。
身内ながら尊敬した瞬間。
父はダメだと思うけど、ダメじゃなかったら自分もいなかったんだと複雑に思う。
おわり

続きを読む

107: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/09(水) 19:48:49.66
アパートに両親と2歳の子の3人家族が越して来た
近所とも仲良くなり、みんなでアパート前の広場で遊んでいたら女性がやって来た
見た瞬間、ご主人は真っ青になり女性は「こんにちは」と挨拶をした
てっきり誰もが「愛人登場!?」と思いきや、訪ねて来たのは奥さんでご主人と一緒に暮らしていたのが愛人だった
女性‐奥さん-にご主人は土下座するとずらずらと話始めた
まとめるとこうなる
ずっと子供が出来ず寂しくて、つい愛人作り子供を産んでもらって「パパ」に浸っていた
愛人も納得のこと
単身赴任のついでに愛人と子供と家族でいたかった

すると奥さんは子供を抱き上げると
「幾つ?」
その問いに愛人さんが「2歳です」と答えると
「じゃあこの子の服とおもちゃをバッグに入れて来なさい」
何するのかと思うと
「子供が欲しいだけなんでしょう?だったら私がこの子を育てます。ちゃんと3人家族になれるじゃない」
ご主人にそう言うと愛人さんに
「大丈夫よ。私があなた以上にたっぷり愛情注いで立派に育てるから。20歳になったら会わせてあげます。それまでは会うのは許さないわよ」
「そんな・・」と泣く愛人さんに
「納得しているんでしょ?子供を産むだけって。それに訴えないのだからよしとなさい。一生じゃないんだもの。後、18年我慢できるでしょ?でも、この子が覚えているかは分からないけど。だってあなたのことは私がタヒぬまで産みの母とは教えないもの」
にこやかに言い切ると
「この子の荷物は後で荷物で送ってね。じゃあ、あなた。2人で帰って来るのを待ってるわ」

呆然とするご主人と号泣する愛人さん
他のみんなは全員、あまりの正論に言葉もなくみんな凍り付いていた
怖かった・・

続きを読む

416: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/15(月) 22:24:24.31
お盆で帰省したら亡父の墓が増殖してた。

父には愛人がいたらしく、愛人の方でも勝手に墓を建てたらしい
そっちに父の遺骨はないんだが
父と愛人の名がすでに刻んであって、愛人がタヒんだら入る予定になってるんだとか。

なんかもうわけわからんし
勝手にやっとれ。

続きを読む

677: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/13(日) 22:16:22.04
もう20年も前の話だけど、書いてみる。

私が高校生だったある日、家に帰ると赤ん坊がいた。
この赤ん坊、糞親父が外の女に産ませた子供。
つまり、愛人が嫌がらせに家に赤ん坊を置いていったと(多分。聞いた訳じゃないけど)
寝返りがうてるけどお座りが出来ないくらいの月齢の赤ん坊を私の母親が面倒みてた。
当時家は貧乏でお風呂がなかったため銭湯に行っていたんだが、赤ん坊も連れていったから近所の人に声を掛けられまくる。
「どうしたの、その赤ん坊?」
「親戚の子を預かったのよ。」と母は答えていたけど、無理があるような気がする。
結局、その赤ん坊は1晩で居なくなったんだけど、さすがに強烈な経験だったわ。
まあ、赤ん坊的にも修羅場だったんだろうな。いきなり知らない家、知らない人に
預けられて。ずっと泣き止まなかったし。

その糞親父は数年前にタヒんだんだが、私はタヒに目に会えていないが
まっったく!後悔していない。

続きを読む

このページのトップヘ