キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:幼馴染

オススメピックアップ!

275: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/29(木) 22:26:01.19 ID:B1Mhs1zc
自分でもどういう状況なのか分からないけど厄落としに。

仕事上、現場が毎日違うので車でわりと走り回る事が多いです。その日も現場に向かうため走っていたら、40前後下膨れの男性と目が合いました。
「どっかで見たことがある気がする」と思ったけど思い出せないしいいやと忘れていました。
それから何ヵ月かして車で走っていてたら嫌な感じがして見たら下膨れ?にすれ違い様睨まれていました。
「私この人に何かした?つーか誰だよこのおじさん何の接点もなくない?何睨んでんの?」と思いましたが考えるだけ無駄なので仕事に向かいました。

続きを読む

398: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/06(金) 16:36:34.13
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた
ら、彼女がいると紹介された
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり
「Aくん。もうこの人と友達やめな」
と言い出した
「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした
「どうしてそんなこと言うんだよ」
その言葉にB子は
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた
返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」
とB子に言った
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」

途端に泣き出すB子
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった
「やだ~!!Aくんいっちゃやだ~!!」
と後を追い掛けるB子
もう何も言えずため息つくしかなかった
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に
「ずっと変わらず友達でいてくれ」
と言われた
B子のことを聞くと
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた

続きを読む

513: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/25(月) 23:17:41.85
元義兄嫁の話です。
旦那は弟ですが義兄より先に結婚しました。私と旦那は大学時代に知り合い
旦那が国家試験に合格後すぐ籍をいれました。先輩の体験談等から、とても付き合うのが
大変なことになるため一緒に住むのを進められたのですが、同棲には抵抗が
あったので式は執り行わず籍のみ入れました。
やっと配属が決まり生活が安定してきたころに、義兄が結婚するからと招待状が
来ました。義兄は堅い勤め人で旦那と正反対のおとなしい人でした。
義兄嫁となる人は旦那と義兄の幼馴染で中学まで隣に住んでいた人でした。
小学校ぐらいまでは、旦那と泥んこになって遊び、どちらかというとおとなしい義兄より
やんちゃな旦那と仲がいい人だったそうですが、旦那は高校から県外に出て
幼馴染から手紙が来ても返事も書かず没交渉になっていましたが
義兄はずっと付き合いがあり、とうとうプロポーズをして受け入れてもらったということでした。

数年ぶりに帰郷して実家で、幼馴染と旦那が会ったのですが、旦那をみるなり幼馴染が
ぽろぽろ泣き出しました。周りは懐かしいのだなぐらいに思ってました。
そして結婚式当日式場に出向きました。結婚式は教会でありました。
そして牧師が「この結婚に異議のある方は~~」と言って少し言葉を停めました。
もちろんお決まりなので誰も何も言いません。そしたらいきなり花嫁がベールをかなぐり捨て
ブーケも投げ捨てて、旦那に向かって「結婚やめろって言って!」と叫んで
旦那に走り寄り手を握って走り出そうとしました。
でも旦那は立ち上がりもしなかったのでそのまま椅子から転げただけ。
そこへ義兄や親族が寄って来て花嫁は旦那に抱きつき「この人でないと嫌なの。
こんな鶏がらに負けるなんてありえない!」と私を睨みつけた。
その後は当然結婚式は中止。でも籍はすでに入れてあったので離婚になったのだけど
最後まで離婚に抵抗していたのは義兄嫁。離婚になったら私の旦那と縁が切れて
しまうからって。結局義兄嫁両親が、説得して慰謝料はなしで
結婚式場等の費用を義兄嫁両親が負担すると言う条件で離婚したそうです。

続きを読む

このページのトップヘ