キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:嫁

オススメピックアップ!

732: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/21(月) 14:18:34.53
うちの曾祖母は血縁の自分がいうのもなんだが、現在でもつうじるくらいの
美人で○○小町と言われて縁談の申し込みが多かったそうだが
あれこれ選り好みしているうちに曾祖母の父親が下手打って没落。
それでも身一つでいいから嫁にくれとの申し出を断り
気兼ねのいらない、遠縁の家に嫁入りさせた。

没落した曾祖母の父親は、今は身一つでいいからと言っていても
あとになれば何も用意しないでウカウカと嫁に来たといびりのネタに
されて、娘が苦労するのは目にみえている。
甘い言葉を真に受けるほど落ちぶれたくないと言ったとの事。

なんのかんので曾祖母は90代後半まで生きたから
曾祖母の父親は正しかったのだろうと曾孫の自分は思っている。

続きを読む

199: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/07(金) 15:42:19.21
従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上タヒした。
母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
頑張っていた。

従兄弟はまあいまどきの女性に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
ようだ。

あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
実家に住んでいる遠縁の女性に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
なった。

続きを読む

541: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/26(水) 15:28:13.88
10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。
休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が
あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に
近づいて行った。
しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。
エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。
彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら
隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。
後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが
奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。
今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが
夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず
どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。
彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。

拾った人の実家に着いて彼女が抱きかかえて家に連れて行ったら
家人全員が出てきて抱き合って泣いたそうだ。彼女は大反対を押し切って
嫁いだので帰れないと思っていたそうだが、連絡がとれないで家族は心配していたそうだ。
お礼を言われてお金を渡されそうになり固辞をして、連絡先だけ交換して
帰ってきた。

彼女(現妻)は、お姉さんが農家に嫁に行きいびられまくって心身壊して
戻って来たので、ああいう人は放っておけなかったそうだ。
その後拾った人は弁護士を入れ無事離婚できたそうだ。夜伽の話は仕事先で
この地区の最上のもてなしであると聞いた。普通は未婚の娘を差し出すのだが
そこは嫁を差し出すのだそうだ。子供が出来たらどうするんだろうと思ったよ。
転勤でそこからは離れたが、そんな土地柄がいまだにあるらしい。

続きを読む

789: 名無しさん@HOME
母方の祖母の住んでいる地区、今は40代の独身男性がゴロゴロ。
20代でケコーンしている人は、99%出来婚。
親戚にも今45くらいで独身のおっさんがいるんだけど、私が独身の頃、
祖母を始めおっさんの身内一同に、やたら勧められたよ(w
そのおっさんも、話す事と言ったら自慢話ばかり。
「俺は会社に頼りにされている」
「俺の年収は400マソで、山も4つ持っている」
「身内はみんな公務員だ」
「俺の家は広くて~(田舎の古い家なので、広さだけが自慢)」
おっさんの家族一同も自慢話しか聞いた事がない。

そんなおっさんも、私が大学卒業して、弁護士秘書をやってるって聞いた途端、
自慢話もそこそこに5分で帰ってったよ(w
弁護士秘書ったって名前ばかりの職場だったけど。
肩書きに弱いんだな~って思った。

そのおっさん、「俺は会社に必要な~」とうたってたはずなのに、
去年の春にリストラ。それも会社に言いくるめられて、殆ど退職金も出ず、
性格が災いして再就職もなく今はパラ。
私が祖母の所に行くたびに顔を出しては、「友達で独身の人いたらよろしく」だって。
年齢差が20ちょいもあるのに、私の友達を紹介しろって、どういう思考回路なんだろ(w

続きを読む

900: 名無しさん@HOME
教えてチャンでごめん。
兼業農家で農業以外の収入でぜーんぜん生活できるのに
やめたら損するからって女(トメ&嫁@無理やり)だけでやってるの。
なんか優遇されることがあるのかな?

続きを読む

292: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/13(火) 16:54:43.75
俺の嫁は俺が実家と連絡を取ることを嫌がり禁止してくる。
会うことはもちろん、はがき、電話、メールも禁止。
子供のことを伝えることも昇進したことも伝えられない。
それなのに、自分は頻繁に親と電話し、実家に帰る。
家を買う時には、旦那くんの親から借りられないの?とか言っちゃう。

ずっと我慢してるんですが、やっぱりおかしいよね?

続きを読む

382: 名無しの心子知らず 2010/10/16(土) 23:21:46 ID:ExIwM+gb
トメが私の育児を褒めちぎる。何をやっても褒める。
子供にテレビを見せれば、「刺激が知性の発達にいいのよね、さすが嫁子さん」
テレビを消していれば「静穏な時間が必要なのね?」さすがry」
アレ発覚で、母体の食事制限をしても、「自分を犠牲にして徹底してる。さry」
実は完全除去じゃないと知ったら「神経質すぎるとよくないのね、さry」
で、このトメは親戚中の他の嫁も褒めちぎってるんだけど、
逆に、嫁に行った者、すなわち自分の血の繋がった姪その他に対しては逆。やることなすことチクリと批判。
身内とそれ以外を徹底して分けてるのかなんなのか、
旦那はチクリ批判には、反論したりもしてるけど、それ自体は最もな批判でもあり、強く〆るには至らない。
私に対する処遇は、ただ褒められてるだけだから特に〆ようがないし、
「さすがうちの嫁子だけは、厳しいおかあたんのお気に入りだなー」と本気で思ってるふしもある。
子供にこういうの見せたくないんだけど、そうすると、「姪達だけでなく、私も自分の血のつながった娘同然と思って、
もっと批判してください」となるんだろうか。
それ(娘同然)は絶対嫌なんだが。

続きを読む

301: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/04(土) 18:11:40.25
先日 会社の飲み会で奥さんに出てけって言われてるんだって相談をうけた
理由を聞いたら同居問題で 両親と子供は血が繋がってるけど奥さんは他人だからうんたらかんたら・・・
隣で話を聞いていた先輩に他人だから大事にするもんだって言われてたけど 結局理解できずに両親のほうが大事なのにと。
こんな人本当にいるんだなとびっくりしたついでにカキコ

続きを読む

633: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/06(木) 19:34:35.69
じゃあ先週見かけた見ず知らずの人の話を投下する。
駅のホームで電車を降りたらババァと男が女性に怒鳴り散らしていた。
ババァと男は親子(顔面瓜二つ、松尾版内に激似)で女性は嫁らしい。
野次馬しに近付いたんだがババァの小言は聞き取れなかった。
旦那はいろいろ言ってたが要約すると「お前がいつまでたっても気が利かないから母さんの機嫌を損ねた」「お前みたいなダメ嫁 も ら っ て や る ん じ ゃ な か っ た」(これは原文ママ)
おいおい、家庭板の話は全部ネタなんじゃなかったのかよと思ったわww
嫁は終始無言無表情で聞いてたんだが旦那が「俺は母さんと帰るからお前は勝手に帰ってこい」と言って嫁を残したまま電車で行ってしまった。

一回切る

続きを読む

112: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/18(水) 12:28:02.04
報告者さんもいないようなので投下。

先日の母の日、ちょっと洒落たレストランで見た光景。
隣のテーブルに40代位の夫婦とおばあさん(旦那の母親)がいた。
旦那さんは届いた料理をとにかく母親に薦めてて、それはいいんだけど、自分の分はちゃんと確保しつつ
奥さんの分を勝手にあげようとしてた。
母親はそれをやんわり拒否して奥さんに返そうとするのに、じゃあ俺が、と食べる始末。
時折旦那さんは奥さんを叱り付けるので、周囲の人がチラチラ見るけど全く意に介さない(母親は窘めてた)。
叱る内容もちょっとアレで、母親のグラスが空だとか、母親が好きな料理なのに何で食った、とか。
周囲があきれ返って見る中で、奥さんが会計中に旦那さんは母親の右手をとり、杖を自分の右手に持って歩き出した。
母親が杖を取ろうとするのを遮り「杖なんかいらないだろwまだまだ大丈夫だってw」と右手を伸ばして杖をさらに遠くへ。
慌てて追ってきた奥さんが、さっと杖を取り上げて母親の右手に持たせ、左側に回りこんで手をとった。
にこにこと歩き出す二人をしばらく見た後、旦那さんは顔を真っ赤にして店の外へ。

私はまだ食事中だったんだけど、それからの会話は「離婚しない理由について」になってしまった・・・

続きを読む

このページのトップヘ