キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:夫婦喧嘩

オススメピックアップ!

781: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/29(金) 11:46:21
幼稚園の頃、朝起きたら両親がキッチンでものすごい喧嘩をしていた。
炊飯器や一升瓶等を投げ合い、大きな音。
ガラス戸は割れる、聞いた事もない両親の怒声に金切声。
私は泣かなかったと思うが、あの時の自分の心理状態は思い出せない。
怖いと思ったかもしれないし、案外、冷静に傍観していたのかもしれない。
両親が離婚したのは、その後すぐだったような気がする。

小学3年くらいになってから、二つ上の兄に「あの時のこと覚えてる?」と聞いたら
「前日の夕飯はカレーだった、あの喧嘩でカレーは全部床にぶちまけられていた、それと朝飯はヌキだった」
と食べ物の話しかしなかった。
それは覚えていない。

続きを読む

12: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/30(日) 06:20:45
近所の修羅場の悪夢を見て起きたので吐き出し。
身バレするのでフェイク入れ&グロなので注意。

夕方、店をやってる我が家に泣きながら入ってくる向かいの家の奥さん。
「救急車呼んで」と。
何があったか聞けば「旦那が切腹した」。
うちの親が急いで救急車呼んで一命を取り留めたが、向かいの家も店をやってるため、
旦那の姿が見えた。
床に座ってうなだれ、血の海。ハラワタ出てるし・・・

どうやら旦那のギャンブルと傲慢で負けず嫌いな性格のせいで夫婦喧嘩になって
「俺がタヒねばいいんだろう!」っつって包丁持ち出して床で切腹したとか。
近所の人も駆けつけて阿鼻叫喚でした。

今でもその旦那の性格はあんまり変わってないらしいが、孫自慢をする姿は
ある意味微笑ましい・・・?
でもトラウマを植え付けられたから私はその旦那の顔も見たくないから避けてる。
この一家の子供は半DQN。子が産まれたらモンペやらかしてるってさ~。

続きを読む

995: 1/4 投稿日:2011/03/08(火) 20:08:49.86
梅ついでに。

その家とは、越してきてから普通に仲良く付き合う間柄。
うちは小梨、向こうは一人っ子蟻ですが、親同士は年齢も近く、悪くない関係です。
この修羅場で一番可哀相だったこの子も、この春めでたく大学に合格し、
一人暮らしをすることになったそうなので、もうぼちぼち時効かな。
その子がまだ小学生だった、夏も近いある宵のこと。

旦那は早めに横になり、私は風呂を上がってのんびりしてたと思う。
その家から、ドダーーン!とただならぬ音が。
何事?強盗?どしたらいいの?としばし固まっていると、
突如うちのドアを激しく連打する音と、
「助けてーーーお父さんがお母さんを殺しちゃうーーーーー!!!」と絶叫する声が。
その家の子だった。

続きを読む

532: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/02(土) 12:12:07.47
小学校低学年の頃のお話。
下校時、人気のない墓地の間を通り抜けて
繁華街に向かうビルにはさまれた路地に差し掛かったときの事。

ガッシャーンと派手な音とともに、空からガラスの灰皿とガラス片が目の前に降ってきた。
見上げると、歯科医のあるビルの2階の窓が割れていた。
その後、ヒステリックな女の人のわめき声と男の人の怒声が聞こえて
窓から顔をだした男の人と目が合ったので、怖くなって墓地に走って戻り、別ルートで家に帰った。

怖くてしばらく親に話せなかったのだが、親が商店をしていたので
お客さんの話でどうやらそれが夫婦喧嘩だったらしいことを知った。

奥さんが浮気をしていたらしく、責められて逆切れしてガラスの灰皿を窓に向かって投げたそうだ。
繁華街側にいた大人たちがわめき声と、灰皿&ガラス片を見て警察に通報したそうだ。
奥さんがキチが入っていたらしく、先生(歯科医だったらしい)かわいそうねえと話していた。

私がもう少し早くあそこにいたら、ガラスまみれになってさらに修羅場だったと思われ。

続きを読む

253: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/15(日) 00:38:40.65
修羅場かどうかわからんけど、書いてみる。

以前、職場でミスして先輩(既婚女性)に迷惑をかけてしまったことがあった。
もちろんそれは自分のせいだし、責任は今でも感じている。

けれど、その日の深夜電話が。電話の向こうで先輩が絶叫していた。
どういう経緯かわからないけど、私のせいで夫婦喧嘩になったらしく、
先輩とご主人から交互に怒りの電話がかかってくる。
先輩からは「あんたみたいな人間、思いやりがないのよ!!」
「私たち二人の意見をどうにかして丸く収めてよ!それがあんたの責任」
とかヒステリーそのものの言葉を投げつけられた。3時間くらい。

その後先輩にはいじめかと思うほどキツイ目にあわされた。
確かにあれは私のミスだし、キツイ目にあったのも人生勉強だったと思う。
けれど、夫婦喧嘩を私のせいにまでされたのはマジでわからないし、
ご主人もちょっとアレな人だと思わざるを得ない。

最近、先輩の態度が軟化してきて「うちの子の家庭教師して☆」とか言われて
「わたし、思いやりがないんで」と返答したので記念カキコ。

続きを読む

554: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/16(土) 16:42:56.83
うち団地なんだけどこの前偶然、ベランダで奥さんが旦那の首締めてるのを見た。
「ちょ、おま」とか言いながら締められて、「ぐええ」って言ってた。
ひと昔前に流行った「ぐええ苦しい」「顔がドンドンピンクになっていった」のコピペを思い出した。
通報しようかと思ったんだけどベランダの洗濯物がガタガタ落ちて、それから奥さんが泣き出して和解してた。
後日旦那同士が会ったらしいから聞いたら、旦那さんのイビキがひどいんだそうだ。
鼻テープも貼らないし医者にも行かない。
奥さん睡眠不足でだんだんおかしくなってて、時々喧嘩になって勢いで殺されそうになるって笑ってたけど、あんなもん見せられたら驚く。

プチ修羅場かもしれないけど、それまで事故現場も痴話喧嘩も見たことが無かったので衝撃だった。

続きを読む

995: 1/4 投稿日:2011/03/08(火) 20:08:49.86
梅ついでに。

その家とは、越してきてから普通に仲良く付き合う間柄。
うちは小梨、向こうは一人っ子蟻ですが、親同士は年齢も近く、悪くない関係です。
この修羅場で一番可哀相だったこの子も、この春めでたく大学に合格し、
一人暮らしをすることになったそうなので、もうぼちぼち時効かな。
その子がまだ小学生だった、夏も近いある宵のこと。

旦那は早めに横になり、私は風呂を上がってのんびりしてたと思う。
その家から、ドダーーン!とただならぬ音が。
何事?強盗?どしたらいいの?としばし固まっていると、
突如うちのドアを激しく連打する音と、
「助けてーーーお父さんがお母さんを殺しちゃうーーーーー!!!」と絶叫する声が。
その家の子だった。

続きを読む

532: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/02(土) 12:12:07.47
小学校低学年の頃のお話。
下校時、人気のない墓地の間を通り抜けて
繁華街に向かうビルにはさまれた路地に差し掛かったときの事。

ガッシャーンと派手な音とともに、空からガラスの灰皿とガラス片が目の前に降ってきた。
見上げると、歯科医のあるビルの2階の窓が割れていた。
その後、ヒステリックな女の人のわめき声と男の人の怒声が聞こえて
窓から顔をだした男の人と目が合ったので、怖くなって墓地に走って戻り、別ルートで家に帰った。

怖くてしばらく親に話せなかったのだが、親が商店をしていたので
お客さんの話でどうやらそれが夫婦喧嘩だったらしいことを知った。

奥さんが浮気をしていたらしく、責められて逆切れしてガラスの灰皿を窓に向かって投げたそうだ。
繁華街側にいた大人たちがわめき声と、灰皿&ガラス片を見て警察に通報したそうだ。
奥さんがキチが入っていたらしく、先生(歯科医だったらしい)かわいそうねえと話していた。

私がもう少し早くあそこにいたら、ガラスまみれになってさらに修羅場だったと思われ。

続きを読む

253: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/15(日) 00:38:40.65
修羅場かどうかわからんけど、書いてみる。

以前、職場でミスして先輩(既婚女性)に迷惑をかけてしまったことがあった。
もちろんそれは自分のせいだし、責任は今でも感じている。

けれど、その日の深夜電話が。電話の向こうで先輩が絶叫していた。
どういう経緯かわからないけど、私のせいで夫婦喧嘩になったらしく、
先輩とご主人から交互に怒りの電話がかかってくる。
先輩からは「あんたみたいな人間、思いやりがないのよ!!」
「私たち二人の意見をどうにかして丸く収めてよ!それがあんたの責任」
とかヒステリーそのものの言葉を投げつけられた。3時間くらい。

その後先輩にはいじめかと思うほどキツイ目にあわされた。
確かにあれは私のミスだし、キツイ目にあったのも人生勉強だったと思う。
けれど、夫婦喧嘩を私のせいにまでされたのはマジでわからないし、
ご主人もちょっとアレな人だと思わざるを得ない。

最近、先輩の態度が軟化してきて「うちの子の家庭教師して☆」とか言われて
「わたし、思いやりがないんで」と返答したので記念カキコ。

続きを読む

410: 投稿日:2011/11/23(水) 13:56:40.40
俺が5歳ぐらいの頃の話なんだが、親父とおかんが夫婦喧嘩をした
夫婦喧嘩程度ならたまにやってる事だから普段なら気にしないが
その時の夫婦喧嘩はいつもと違った、と言うよりも
当時5歳の俺は、「この喧嘩はいつもと違う」と肌で感じていた

喧嘩はヒートアップし
おかん「実家に帰らせてもらいます」
親父「ああ、帰れ帰れ、せいせいするや」
と言う事になり
おかんは、俺と当時2歳の弟を連れて家を出た

おかんの実家は3月の地震で被害が大きかった様な地域に有り
飛行機で行き来するぐらいの距離
俺と弟は途中の駅で「パパの所に帰ろうよ」とわんわん泣きだし
おかんは、家に戻る事にした・・・

その戻る途中でおかんは、家の最寄り駅から数駅の所で降りて
そこからバスで帰る事にした
おかんの中では帰って親父とどう話そうかって考えてたんだろうな

続きを読む

このページのトップヘ