キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:墓場持話

オススメピックアップ!

506 :おさかなくわえた名無しさん 2018/02/17(土) 18:38:59 ID:8Iw3HwEZ.net
時期は今から10年以上前とだけ。ちょっと歌に自信があった私は、何曲か歌ったのを録音して有名どころの事務所に送ろうと思って、選曲に試行錯誤してた。
で、楽器どころか楽譜もよめないのに「作詞作曲とか出来たら箔がつく」と思いついて、鼻歌でメロディー録音して、適当に、でも一応一生懸命歌詞を書いて、アカペラで歌い直してそれっぽくなったのを一曲入れて送った。後日、有名どころの事務所から連絡があって、「特にオリジナルの曲がすごく良かった」と言ってもらえた。
「デビューとか考えてるなら、一度契約の事や、デビュー時期などのお話しを詳しくしませんか?」となり、もう、デビューする気満々で片田舎から事務所へ。
事務所につくと、なんだか重苦しいというか気まずそうな雰囲気。
「あ、もしかして先走りすぎた?」とか「お呼びでない感じかな?」とかいろいろ不安になってたら、
「うちの○○というアーティスト(日本人なら多分知ってる)があなたの曲をかなり気に入ってまして。歌いたいと言ってます。ただし、本人が作詞作曲したという形で」と言われて、え?は?ってなってしまった。
そのアーティストと同じペンネームを名乗った作詞作曲家として曲を提供してほしいと。
要はゴーストライター。
かなりゴネたけれど、契約金に負けて条件を飲んでしまったこと、未だにその一曲の印税が月数十万程度は入ってくること。
長らく忘れていたし、今はただの会社員だけど、新卒の新入社員の子がそのアーティストのファンで、しかも私のかいた曲がとくに好きらしい。

もう絶対に言えない。

続きを読む

99 :名無しさん@おーぷん 2014/10/11(土) 08:18:54 ID:F3SPQKleo
フェイクありうちは小規模な同族経営の会社(一応)だったんだけど、子供の頃に叔父(母の弟)に性的なイタズラをされた
叔父はほっそりとしたイケメンで、身内でもあったこともあってあまり嫌な気はせず
中学に入ってから体の関係になってしまった
でも、会社と自宅が同じ建物で、いろんな話が漏れ聞こえてきて、叔父が社員や顧客の女性にも手を出してる屑だとわかった
まあそっち手を出してなくても、中学生の姪に手を出した時点で屑なんだけれども
そんときは分からなかった
でも中学生らしく、他の女性に手を出したのが分かった時点で叔父が薄汚く見えてきた
そう思うと我慢出来なくて、叔父を拒絶するように
そしたら叔父の方が私に本気になってしまい、執拗に粘着してくるようになった
手紙も何通も来て、僕(叔父は一人称が僕だった)から離れるなら、全部ばらしてやるって脅迫までしてくるように
どうしよう、叔父とのことがお父さんやお母さんにばれたら大変なことになる…叔父が
お父さんは会社になる前の仕事内容に肉体労働が多かったせいで、今でも筋骨隆々のマッチョ
当時はもう機械が代わりにやってくれてて、お母さんの頼みで叔父を雇っていた
叔父は資格持ちで事務仕事も器用にこなしてて、少々女癖が悪くても多目に見られていた
といってもお父さんのことは怖いらしく、バレる前にうまく清算してた
だから関係をもってた時も、両親にバレないように気を使っていた
いやそんな背景がなくても、中学生の姪に手を出してるんだからバレないようにはするのは当たり前だけれども

続きを読む

199 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/28(火) 20:54:21 ID:FKnBrX1Z.net
高校1年の時、親友が遠距離彼氏にあてた手紙を、代わりにだしてあげると言って預かったけどださなかったこと。今でも持ってる。

続きを読む

977 :おさかなくわえた名無しさん 2013/04/04(木) 15:57:04 ID:479lzWxT
6年ほど前、職場の上司がカラダを壊して
彼の仕事が全部俺の所に回ってきた。
「給料丸ごと上乗せしてくれるんならやりますよ」
という冗談がそのまま通ってしまい、4年越しのデスマーチ。
休日出勤は60日/年を越え、毎週のように徹夜したが、本当に年収が跳ね上がった。
その間、正直言って嫁や子供のことにまで気が回らなかった。
でも嫁がぜんぶ上手くやってくれてた。
そのうち、嫁や家族にあまり興味がなくなったんだろうな。
家ではほとんど会話らしい会話をした覚えがない。システムが安定して動き始めて、徹夜や残業も減った頃、仕事の内容も自分で動かなくてすむ管理職のみになった。
で、貯まった金を遣って家を建てた。まだローンは残ってるけど。
ついでに部署を代えてもらい、効率よくやれば残業すらしなくてもよくなった。
給料は大きく減ったけど、残ったローンくらいは返せるからよかった。カラダも大事だ。
嫁や子供とも接する機会が増え、改めて以前の俺は家族に興味をなくしていたんだと気付いた。
申し訳ないと思い、小さなケンカを機会に嫁に謝罪した。
反省点と改善案を提示しながら謝罪する俺を見て、嫁は目を丸くしていた。
俺の方から先に謝ったのは初めてだったかもしれない。同じ頃、ふとしたことで5年前の嫁の携帯から浮気につながるメールを発見。
俺がタヒにそうな仕事に巻き込まれてから1年くらいで始まってた。
俺はこっそりと今嫁が使っている携帯までの3台の携帯の中身を抜き出して
間男1と浮気→間男2とも浮気→間男1がダメ男すぎるのでフッて間男2のみと浮気→
間男1とはメールと電話(ただし40分も話しているが)のみの関係→家を建てた俺を見直す→
間男2とも少しずつ疎遠になりメールと電話が主体の関係に。
これがそのときの状況。

続きを読む

このページのトップヘ