キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:修羅場

オススメピックアップ!

154: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 09:24:48.05
自分が高校生の頃両親が離婚。
理由は相当ともに忙しくてすれ違い。両親は遠い友達、みたいな
つかずはなれずの人間関係で、やりやすかった。
自分は母とともに暮らし、月1回ぐらい父と会っていた。
大学に入ってからはこちらがサークル活動とバイトに
忙しくなったこともあり年に一度、自分の誕生日前後に
会う程度となり、やがて就職。ここで壮絶ないじめにあった。
お局A子は自分だけをタゲり、周囲から孤立させた。
A子は人格障害なんじゃないかと今思う。当時は周囲に理解も
されず、うつになり、やむなく退職。A子というストレス因子が
なくなって、無事復活でき、現会社に就職して、頑張っている。
父が再婚を決め、相手に会わせたいという。
会ってみたら、A子だった。A子も転職していたみたいで
自分をいじめていた頃の会社とは違う会社に勤めていた。
A子は自分に気づいたのかどうか、分からない。
全然表情に出なかったから。うわべだけの会話を取り繕って
食事して帰った。内心では「もう父とも会えない・・・。」と思ってた。

続きを読む

163: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 14:45:08.53
私の、というか両親の修羅場。

当時、小学一年生だった私はスーパーファミコンが欲しくて欲しくてたまらなかった。
持っている友人の家に遊びに行ってマ○オを羨ましく眺めていた。

いくらせがんでも買ってもらえなかったので、お手伝いでもらえる10円を貯めたり
テストで必ず100点をとったりと自分にとっては血の滲むような努力をしていた。

そんな努力の日々、クリスマスの時期がきた。
サンタを信じていた私は、もちろんスーパーファミコンをもらえるように願っていた。
サンタさんへの手紙も、親に推敲してもらいながら書いて、親に預けていた。

12月24日、夜に親と外食した後ハ○ーマックに連れて行かれた。
「何か買ってくれるの?」と聞いた私に、父は
「スーパーファミコンを買うんだよ」と言った。
驚いて、嬉しくて、何も言えないでいた私に、父は
「知り合いの子にはお父さん、お母さんがいないから、その子にクリスマスプレゼントとして送るんだ」
それを聞いて私は泣いた。
嫌いな勉強もがんばって、お手伝いもがんばって、どんなにねだっても買ってもらえなかったのに
私は買ってもらえなくて、他人の子には買ってやるのかと喚きながら泣いた。
父は苦笑いしながら、
「お前と同年代だから、喜びそうなソフトを選んでやってくれよ」

結論を言うと、それは嘘で両親からのサプライズプレゼントのつもりだったが
当時の私は絶望の淵に立ったんだと思う。
氏のうと思い、両親と車から降りてそのまま車道に飛び出して車に轢かれた。

目が覚めたときは1月中盤だったらしい。
病室で父は泣きながら、嘘だった事等をあやまっていた。

今の時期になると毎年思い出す。サプライズはロクな結果を生まないなぁ、と。

続きを読む

199: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 16:49:28.94
昔付き合っていた人の修羅場話。

大学生のときに初めて付き合った彼氏はせんべいだった。
せんべい大学だったから当たり前だけど、特に勧誘もされず良い関係だった。
付き合い始めに親が離婚していて、母親の籍に入っている事、
また彼母はせんべいの人と不倫して、小学生の彼を連れて駆け落ちした事を聞いた。
小学生の時は自衛の継父が借金をして近所にビラを撒かれたり、大学の時に継父が学費を払わなかったり、
家賃を払わずに家の鍵を取り替えられてしまった話など聞かされたが
そんな世界もあるのだなあ、と気にしていなかった。

彼氏は大学卒業後に公務員に、私は海外に留学して遠距離生活に入り
時おり母親と継父が引越しをし、彼氏が敷金や礼金、家具等を負担してあげた話を聞かされていた。
家賃は確か月に10万円ほど。何度か滞納して、追い出されるから助けてほしいと電話がかかってきてその度に払っていたのだそう。

続きを読む

240: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/22(木) 23:04:16.90
中学二年の時にクラス替えがあって
一年の時から文武両道で秀才と有名だった女子と同じクラスになった
仮にその彼女をAとします
おっとりしていて、色々なことが出来るけどそれを鼻にかけることもなく
私も勉強とかを教えてもらったりしていた
でも、ある時パンッ!という良い音と一緒にそのAがBを平手打ちしていた
BはAの席の隣の女子。授業中だったのでクラス中に音が響いたのを覚えている
Bは奇声をあげて大暴れ。Aは冷静に先生に手をあげたことを説明しながらBの上に乗っかって
暴れさせないようにしていた
でもやっぱりBも騒ぐもんだからクラス中パニック
Aの家は母子家庭(お父さんは病タヒ)Bは医者の娘
「貧乏人があたしの隣にいると反吐が出る、なんで私立中学にいるの?
あんたのお母さん汚いよね。あ、お金を稼ぐのに大変だからか」
と言われたから思わず手が出たというA。これはBも言ったと断言している
中学一年の頃からずっと言われていたそうでもう我慢できなかったとか
大人しくて普段ふわふわしていたAの怒った顔は今でも忘れられない。すごく怖かった
Aと久しぶりに会って思い出話としてそんな話がでたので書き込み

続きを読む

415: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/25(日) 00:44:17.96
この間終わった修羅場です
箇条書にしたんですが、余計に判らなくなりましたすいません

・父親が長年浮気をしていたんですが、きっかけは私が高校時代に見つけて両親が離婚の危機に。
・その後再構築し、10年程平穏に過ごしてましたが父親が全財産持ち逃げし突然失踪
・警察や探偵色々手を尽くしましたが見つからず
・失踪から一ヶ月程した時父親から手紙が届きましたが内容が勝手過ぎる為、
父親に見切りをつけて残った家族で再スタートする準備をしてました。
・会社も解雇になり、退職金や保険金などが入りましたが(約1500万ほど)、
父親が持ち逃げした車やバイクのローンや父方の両親(母からみると舅姑)への
借金を返済したら殆ど無くなりました(この借金も嘘をついて借りてました)

続きを読む

429: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/25(日) 06:54:13.94
ちょっと長くなるんだけど、小学生の時の修羅場を一つ
DQN入ってるので注意

自分は体が大きく、その時点で175cm65kg以上あった
でもガキ大将とかでは全くなくてむしろ暇さえあれば図書室に行ってるインドアな子供だった

そんな当時の自分の問題は急激な成長のせいで服がすぐ合わなくなること
ちんちくりんの子供服を無理やり着たり大人用のトレーナーを着たりしてた
別に気にしてなかったし低学年時はいじめられもしなかったんだけど
クラス替えで新しくクラスメイトになった3人グループ(A,B,C)と口喧嘩したときに「貧乏人ww」って囃し立てられ
貧乏→風呂にも入れない→クサい ってレッテルはられたりして当時はすごく悔しかった

まあ他の友達はかばってくれたし
そいつらも喧嘩のときに売り言葉に買い言葉でそうなっただけでいじめってわけじゃなかったんだけど
誰かが担任の先生に言いつけたとこから話がややこしくなった

続きを読む

520: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/26(月) 18:12:05.99
高校の頃の修羅場

15才の時の話しです
うちのポストに何度か直接投函した手紙が入っていました
内容がキモかったので、親がくるたび処分していました

ある日
うちの犬がいなくなり、今度は学校宛でハガキに犬が迷い込んだ
〇〇さん(私)の家の住所の首輪をつけてる
引き取りにこい
という内容でした
担任の先生に今までの手紙の話をして、犬の鎖がワイヤーカッターのようなもので切られていたことも話
同じ人だと思うけど、犬を迎えに行きたい
と話しました
担任や他の先生が一緒に行くことになり、ハガキの住所に向かいました

その家について、声をかけても返事がありませんでした
玄関前に
「裏で作業中ですご用の方は、裏へまわってください」
と貼紙がしてあり、うらの小屋?納屋のようなところにまわり中に入りました
母屋の影になって真っ暗な中に入ると、頭になにかあたり
見上げると男性がぶらさがっていました
男の担任の悲鳴でパニックになりました
他の先生に小屋の外に出され、やがて警察がきました
手紙の主は一人暮らしの五十代の男性で、首吊り自さつをしていて、そばに私に弄ばれたと恨みを書いたノートが10冊くらいあったそうです
会ったこともない、名前も知らない人でした
担任と学校カウンセラーが同行して警察に行きました
この男性は、以前ちかくの小学生男児につきまいをしていたと言われました
私には何も責任はないから早く忘れるように言われました
いまだに暗い部屋や屋内に入ることができなくなってしまった修羅場です

続きを読む

604: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/27(火) 09:53:12.93
ここに書かれてるのと比べると大したことではないけど投下。
うちは自営業をしていて、店舗とは別に家族が住む住宅が少し店舗とは離れた
場所にある。

ある日の夜中。たしか夜中の3時とかだったと思うんだけど、突然玄関のドアが
激しく叩かれた。何事だと思ってビクビクしながら母と一緒に玄関へ行ったら、
うちの店の隣の店のご主人が血相をかえてドアを叩いてた。
ドアを開けた途端ご主人が「お宅の店の前にある自動販売機のドアが前回なんだ!
たぶん金盗られてるぞ!」と・・・。ビックリして父も連れて全員で店まで行くと、
自動販売機のドア前回でしかも思いっきり鍵が壊されてた。警察には隣のご主人が
通報してくれてて、店舗二階に住んでいる祖父と祖母に現状を伝えるために店の裏口の
ドアを開けようと思ったら鍵があいてる。あれ?っと思って店内に入ったら、なぜか
レジ全開。ギョッとして中を見たらお金が無くなってましたorz
その他にもレジのしたの引き出しにあったお金も無くなってて家族全員真っ青。
運良く、もっとお金が保管してあったり通帳や印鑑とか全部ある事務所のドアは破れなかった
ようで無事でした。
その後警察が来て指紋とったり事情聞かれたりとかなり時間がかかって、
その日は営業できなかった。隣のご主人はお豆腐屋さんで、犯行が行われたであろう
時間には既に店を開けてたらしく、凄い勢いで俺が気付いてればと謝られた。
だけど隣のご主人が泥棒が入った日の夕方に、うちの店の裏口をうろうろしたり店の
周りをうろつく不審者の特徴を良く覚えててくれて、すぐに犯人はつかまった。
お金が一銭も返ってこないのは衝撃だったけど、ほんとにつかまってよかった。
あの泥棒が入った形跡とかをただひたすらうろたえて眺めてた時が一番の修羅場でした。

続きを読む

727: 1/2 投稿日:2012/11/28(水) 18:42:57.23
先日アルバムを整理していて当時の写真が出てきたので思い出した。
母が再婚したときの話。

相手にも子供がいたので、当時小学1年だった私に姉(以下A子)ができた。
学年こそ1つ上なものの、数ヶ月しか歳は離れておらず、姉というより友達感覚ですぐ仲良しに。
新しい生活にも慣れたころ、母の再婚相手(A子父)は海外へ単身赴任となった。

そんな頃、学校で校長室に突然呼び出された。
校長先生とA子担任がいて、A子は泣きじゃくっており
先生から「A子は家でつらい思いをしている。家での様子を教えてほしい」と。
母の態度が実子である私とA子で不公平。A子は継子いじめをされていると訴えたらしい。
いつも一緒に遊んでいたし、身に覚えのないことなのでポカーンだった私。
A子の普段の態度と先生へ訴える姿があまりにも違い、仲良しと思ってただけにショックだった。
緊急家庭訪問となったが、結局のところ父親不在のA子かわいそう、継母である母ひどいとされた。

A子が不公平と訴えたのは持ち物や習い事に関してのこと。
いじめと言ったのは母に怒られたことだった。
母はA子へ「歯磨きしたの」「早く寝なさいよ」「お箸の持ち方は・・・」とか注意くらいで
怒鳴ったり叩いたりはしないし、やさしく言い含める感じだった。

続きを読む

716: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/28(水) 17:59:34.94
自分というより妹の修羅場だけど投下
フェイクあり 長文注意

妹はスポーツで飯を食ってる
一般の知名度は皆無だが地元の人は皆知っていて、商店街で応援のポスターが貼られたりしている
定期的に地元の少年団を招いてスポーツ教室を開催しており、私は学生時代までやっていたので手伝いに駆り出されている
人手が足りないので小学生限定、商店街からは無償でスポーツドリンクやお菓子を用意してもらい、最後に
妹「○○商店さんのご協力です!」
おばちゃん「みんなウチで買い物してってねー(笑)」
子供たち「ありがとうございました!」
と和気藹々で終わるのが恒例、ここまで前提

この教室に空気の読めない母親Aが来るようになった
娘のA子は普通にいい子なんだが、Aは我が子かわいさに周りが見えてない
A子に優先的に指導するよう文句言ったり、サインは練習後って通達してるのに指導中に色紙突き出してきたり
練習終わるや否やドリンクやお菓子をダッシュで取りに行ったりする(人数分用意してあるので意味ない)
子供の応援も他の親はせいぜい「頑張れー!」ぐらいなんだが、Aは大声で
「ほら、そこで○○して!もっと足を使わないと!」とか、ひどい時には反則に近いことまでやれと言い出す
妹はそういう小手先の技術は小学生に教えることじゃない、怪我しないように基本だけやる方針なのですごく迷惑してた
おまけにAはやたら妹に話しかけてきて、年収やら旦那の職業(普通のリーマン)、取材の有無とか下世話なことを聞いてくる
妹は適当に流してたが周りはヒソヒソ、A子は恥ずかしそうにしててかわいそうだった

そんな状態だったからA子が中学生になった年はA子には申し訳ないけどほっとした
これで面倒から解放されると思った…が、現場に行くとすみっこにA子の姿が
嫌な予感がしつつ話しかけると
「あの、中学生なんですけど参加ってできますか?」
「ごめんね、参加できるのは小学生までなのよ」
「じゃあ端っこで見学させてもらえませんか?」

続きを読む

このページのトップヘ