キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:修羅場

オススメピックアップ!

421: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/14(木) 20:30:45.03
プチ修羅場だけど
携帯からだから見にくかったらごめん。

長男29、私15の時の話。
自他ともに認めるシスコンブラコン兄妹の私達は当時、家庭環境やら学校環境のせいでお互いかなり病んでいた。

ある日、体調不良のため病院に行ってから登校することになった私。
しかし、病院から帰ってきたら立てないくらい体調が悪化したため、自室で寝ていた。
少し休憩してから登校しようとしていたら、母が「お兄ちゃんに学校まで送ってもらいなさい」と、フリーターで暇があった兄を連れてきた。
学校までは車で1時間掛かるし、兄に申し訳ないので「電車で行くから大丈夫。少し休憩させて」と断るが、母は譲らず「いいから送ってもらいなさい!」と怒る。
私は反論する気力もなく、ぐったりと寝たまま母の言葉を聞いていたら、黙っていた兄がキレた。
「早く行くぞ!」と怒鳴り私の腕を掴むも、私は立てずに引きずられる。
本当に抵抗する気力もやめてと言う気力もなく、そのまま引きずられていたら、兄が更にキレた。
気づいたら首を絞められてた。
兄は無表情。母は見てるだけ。
私も、大好きな兄に殺されるならいいかも、なんて思ってた。
不思議と苦しくはなくて、そろそろ意識がなくなるぞーって時に母が止めに入り、私は「学校に行け!」と家から追い出された。
結局学校には行けれなくて、近くの公園で休んでたんだけど、首はもちろん腕にも兄の手の跡が残ってた。

その後、母と兄がどんな話をしたかわからない。
兄を怒らせたことが申し訳なくて、数日間家には帰れなかった。
母に不信感もあったしね。
帰った頃には兄は怒ってなくて、母もその話を話題に出さなかったので、それっきり。
相変わらず兄とは仲良しです。

長くなってごめん。
今週末、兄が彼女連れてきた結婚の挨拶に来ると聞いたので、記念かきこ

続きを読む

563: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/19(火) 14:25:19.39
パートさんに結婚3年目で一歳の子持ちの人がいたんだけど、その人に執拗に
「パートにでなきゃやってけないような男は駄目だ!離婚しろ」と毎日説教かましてたA。

パートさん自分で気晴らしになればと働きにきた人なんで、周りがいくら諌めても聞かず、
支店長に怒られても効き目なし。これで余計にフンガーしちゃって更にパートさんに詰め
寄ってた。後で分ったんだけど、ここで働けば旦那なんか居なくても良いとか散々言って
たらしい。パートさんあまりに言われるもんで半信半疑になってしまい、しまいにゃ不安定
になり結局離婚。周りから見ても洗脳と言うか明らかにおかしな状態になってしまってた。

その後、パートさんがAが正社員にして働かせてくれて寮にも入れてくれると約束したと
支店長に相談にきて詳細が発覚。そんな話は全くなかったし、それ以前にうちには寮な
んかない。自分の言い分を通す為に全部Aが付いた嘘。大体A自身もただのパートだし。
違うのは独身で子供も居ない事。勿論結婚の予定もなく、年齢=彼氏いない歴な人。
そんなAが何で執拗にパートさんに結婚生活とはこうあるべきだ!と力説してたんだか。

Aはパートさんが離婚した途端、手のひらを返したようにパートさんを無視。支店長に呼
ばれて真相を問い詰められたら盛大にファビョった後に声を上げて号泣。自分は悪くない、
当たり前の事言っただけだ!生活力のない男が悪い!って最後の最後まで騒いでた。

結局Aもパートさんもその日以来出勤してこなくなり、後日解雇通知を出すにあたって確認
いれたところ、Aは借金と家賃滞納等で失踪してた。パートさんは旦那に復縁を迫るも拒絶
され、精神的に不安定になって育児放棄して実家に引きこもってると聞きました。

未だにAが何がしたかったのか理解出来ない出来事だった。

続きを読む

594: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/20(水) 01:47:31.13
大学生時代、観光ホテルで宴会と結婚式のスタッフバイトをしていた。

とある日曜日、セッティングが終わり時間もあるのでみんなで社食へお昼を食べに。
普通の日曜なら1日3会場3回転が普通でご飯など食べられないのが普通だが、
その日は仏滅・しかも土砂降り、仏滅婚オッケーな一組だけの結婚式
なにか起こっちゃうかもね~と笑いながらご飯食べてたら社食の厨房からけたたましい悲鳴共に破壊音…

障○者枠の掃除のおじさんが斧振り回してましたよ、心臓とまるかと思った
ふと目に付く人間を皆殺しにしたい心境だったそうで。

奇跡的に怪我人は無く(一打目をおばちゃんがすんでのところでかわしたが腰が抜けてた)取り押さえて軟禁して無事式は始まりました。

旦那がアニメ好き、奥様がデスメタル好きと言う最凶の組み合わせだったので
殺人未遂事件より印象深いカオスな修羅場日でした。

もう10年以上前だし、ホテル潰れたんで書いてみたけどなんかアッサリしたもんですね。
ただ、未だにあの時の悲鳴が夢に出ます

続きを読む

603: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/20(水) 04:07:32.61
同じ日に二件あったんだけど、

一件目は15年前の10月の夕方、丁度夕焼けが綺麗に見えている頃
近所でもキチで有名な人が、わざわざ家まで来て怒鳴っていた。
曰く犬の散歩中に睨まれた、曰く夜中におれの悪口を言っている等々妄想ばかり。

私もまだ学生だったこともあり、気性も荒かったので怒鳴られていた母をかばってから
ちょっと痛い目でも見せるかと一歩踏み出したら、母に後ろから抱きつかれて止められた。
向こうも少しおびえてたみたいなので、何故止められたのか分からなかったんだが
その時は母が小声で「後ろ手にしてる右手、鎌持ってる」と言われ見たらその通りだった。
その後とりあえずそのキチで有名な人は帰ったんだが、流石にちょっと色々考える必要が
ありそうだったので、母と夜話し合いをしていたところ

今度は二件目
「ドーーン」と大きい音がして、勝手口のワイヤー入りのガラスに罅が入った
何かと思ったら、そのキチが、角材持って笑いながら攻めてきた。
人間本当に予想外な事が起きると、動きが止まるというか、角材持ってガラスに突貫してくる
おっさん見て、止めるとか、そういった思いが出ずに、呆然としていた。

取りあえず勝手口を破壊しつくしたのをみて、我に返っておっさんが他に武器を持っていないことを
確認したうえで、捕獲、そして警察を呼んでみたんだが、予想通り精神病院の通院歴があったので
逮捕には持って行けず、緊急措置入院にしてもらったが、ちゃんとした入院が決まるまで
生きた心地がしなかった。 キチまじ怖い

続きを読む

699: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/22(金) 04:04:12.63
中学生だった姉の遠足の日に母は寝坊して「ヤマザキのスイスロール」を持ってけと言った
小学校低学年だった私はコンビニ弁当のがマシじゃない!と怒っていたけど

姉はリュックに文句も言わず詰めて遠足に行き
何故か大量のお菓子を持って帰って来た
社交的で要領のいい姉は「お母さんが病気でヨヨ」と演技してスイスロールを見せまくり
弁当は先生や友達から貰いお菓子は同情した友達(他のクラスからも貰った)

それはそれで済んだことだし、機転がきく姉らしいエピなんだけど
翌日にスーパーで母に会った友ママが「もうお加減良くなった?」で発覚
母は先生や友達ママ達に謝りまくりで
持参した菓子折りのせいで毎日の食卓はビンボーなメニューだった。

続きを読む

664: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/21(木) 20:02:44.01
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた)
ずっと雇われでやっていました。
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

そんな母を尊敬していたし恥ずかしいと思うことはなかったんだけど
兄が中学生になってからお弁当という問題に直面した。
遠足なんかのときは母もはりきって作ってくれてたんだけどさすがに毎日は難しい。
兄と弟と私とでなんとかがんばって、
・米を炊く
・たまごを焼く(スクランブルエッグ的ぐちゃぐちゃ)
・ウインナーをチン
・プチトマト、きゅうり
という体裁だけでもなんとか整えられるようになりました。

続きを読む

732: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/22(金) 15:55:23.23
遠巻きに見ているしかなかった修羅場

親友の弟さんが若くして亡くなり、近所だったこともあって、その告別式に参列した時のこと。
弟さんは×イチで、子供は母親が引き取ったと聞いていたが(離婚の理由は知らん)
告別式にはその別れた奥さんと子供もなぜか来ていた。特に険悪な雰囲気でもなかったし、
まぁありかと思ってそれは詮索せずにおいた。他人のことだしね。

式は粛々と進んで、出棺の前に花を入れて故人と最期のお別れを・・・という時にも
元奥さんは子供を連れて棺に取りすがらんばかりの勢いで号泣し、本当に悲しそうだった。
もしかしてヨリを戻す話でも出てたんかなあ、それにしてもお気の毒に、と見ている我々ももらい泣き。
ところが、さて棺に蓋を、というところでいきなり外から怒号が。一同びっくり。
会場に駆け込んできたのは、どう見ても参列者に見えない普段着のおっちゃん、しかもDQN風味。
それがなんか訳解らないことをわめきながら元奥さんに駆け寄り、「帰るぞ!」と腕を強引に引っ張り始めた。
元奥さんは必タヒで抵抗して棺にしがみつく、棺が落ちそうになってスタッフやら周囲の人が慌てて押さえる、
男がわめき元奥さんがわめき返す、もうカオス(‘A`)
「いい加減にしてください!お葬式ですよ!!」と年かさのスタッフが一喝して、とりあえずその場にいた
全員で男と元奥さんを引き離した。ただでさえ泣ける状況なのにこの有様で、親友もご両親も違う意味でまた号泣・・・
その後、男は別室に押し込まれたようで、出棺はなんとか無事終わったものの、ある意味ブチ壊れた雰囲気は元に戻らず
悲しみの傷口にカラシをぶつけられた状態の我々は呆然と見送るしかなかった。

あとでオカンネットワーク経由で聞いた話:
・弟さんと元奥さんの離婚理由は、元奥さんの元彼の嫌がらせ(ストーカー)が度を超していたから。乱入男はその元彼
・乱入男は離婚した元奥さんをほとんど監禁状態にして結婚(勝手に婚姻届を出したらしい)
・元奥さんがこっそり抜け出してお葬式に行ったのを立腹して乱入

最終的に、元奥さんと子供はシェルターに逃げたらしいと聞いた。

続きを読む

744: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/22(金) 16:45:24.63
のほほんと活きている私には十分な修羅場。
友人が結婚して私も披露宴に呼ばれた。
新郎・新婦とも同じ会社だったが、新郎側の同僚として、失言の多いダメ男の
A太郎も呼ばれていた。
A太郎は新婦に気があり、未練タラタラの様子で、酔うにつれ新婦の悪口を
大声で叫び始めた(尻軽、浮気者、自分も誘われた、などのいいがかり)
周りの男性同僚は、あ~あ、いつもの酒癖の悪さが出たって感じで知らん振り。
女性の同僚と、やばいよね?問題が起きる前に私達であいつを追い出そうか、と
相談してたら、振り袖姿の新婦のお姉様がお酌をしにA太郎に近づいて行った。
...と思ったらビール瓶をテーブルにドン!と置いて、A太郎のコメカミに
げんこつをゴリゴリと押し当て、
「ねぇ、せっかくの披露宴だから、もっと好意的にできませんかねぇ~」
「解った?お行儀よくできる?できないなら出てってもらうけど」
その間、痛みで悶絶するA太郎。
会場の目はこの二人に注目。
新婦のお姉さんは地元のミス◯◯に選ばれた事もある、しとやかな美人。
その美しい和装の女性が、A太郎が持ち上がりそうな勢いで、げんこつグリグリ。
結局A太郎は「ごべんなひゃい」と大人しくなり、披露宴が終わる前に自分から
新郎新婦に「申し訳ありませんでしたっ」と謝罪して出て行った。
奴のせいで新婦が何か疑われていないか心配だったが、後で聞いた話によると、
新郎両親は、両家の挨拶で新婦のお姉様をみて惚れ込み、あんな奇麗な子が娘に
なってくれたら良かったのに、と「悪気は無いが」時々嫌みを言ってたらしい。
でも披露宴の凶暴な姿をみて、その発言が消えたと喜んでいた。

797: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/23(土) 00:11:51.18
簡潔にかいてみる

・俺(29歳)単身赴任
・嫁(20歳)来訪。俺テンションMAX
・隣人A(86歳)、俺宅襲撃
・Aいわく「弄ばれた。責任とれふじこ」 
・びびりまくりの俺ぎっくり腰に
・嫁が通報
・A娘(確か50代)がAを回収
・A娘費用負担で俺引っ越し
・Aが俺をロックオンした理由は、外見が好みだったそうだ
・Aは俺のゴミを収集していたらしい

いろいろとタヒにたくなる一件だった

続きを読む

857: 1/3 投稿日:2011/07/23(土) 09:59:54.74
隠し事…で思い出した、個人的には修羅場だったこと。

金銭問題と旦那の性格(DVもないし、悪人ではないが家庭向きではない)が
原因で、特にもめることなくお互いの話し合いで離婚した。
金銭がらみで、恥ずかしながら離婚の少し前に自己破産もした。
子供が一人いたが、私のほうが育てる能力があったし(仕事の収入が良かった)
もちろん手放す気はさらさらなかったので母子家庭になった。

その後、彼と知り合い付き合いを深めていった。
はなから「子供がいる、×1」ということを隠さなかったし
真剣に付き合ってくれてるのがわかった時点で自己破産のことも話した。
それでも態度が変わらず、子も可愛がってくれていたし
「結婚したい」とも言われたので、彼の実家に顔見せ、というか
挨拶がてら、子を連れていったりもした。

結婚したらどこで生活しようか(彼の職場が私の現住所と離れていたため)
なんて話が持ち上がり始めた頃、私が妊娠してしまった。
彼は妊娠を喜んでくれたのだが、どこかしら態度がおかしいような気がした。
しかし話は進み、彼と結婚するには私が彼のほうに引っ越すのが妥当だろうと
勤めていた会社も退職し、後は引越し等の手続きをするまでになった時
「ちょっと話がある。親も一緒に行く」と彼から連絡があった。

急な連絡だったため「親も来るならもっと早く連絡してよ!」と
あわてて部屋を片付けたりして出迎えると、彼も両親も暗い顔をしていた。
何故そんな顔をしているのかまったく心当たりがなく不思議に思っていた。
「実は…」と彼が話し始めたのは、借金問題だった。

現時点で約300万の借金がある。理由は飲み屋がらみ。
(クラブのお姉ちゃんにプレゼントしたりだったそう)
枕営業でだまされたとか男女の仲狙いではなくて
単にプレゼントをあげる→ちやほやされるってのが嬉しかったらし 続きを読む

このページのトップヘ