キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:修羅場

オススメピックアップ!

159: 1/2 投稿日:2012/09/23(日) 02:02:47.16
母方の祖母が亡くなったときが修羅場だった。

祖母は85歳の大往生。
亡くなる数秒前まで、かなりしっかりしてた。
法事関係は全部祖母が仕切っていたから、残された子供たちは
誰も段取りをしらなかった。(親戚じゅう、ここ10年ほど誰もタヒんでなかった。)
祖父(存命)のほうがずっと病院出たり入ったりをしてたので
祖父が亡くなったときにそういった段取りを皆に教えようとしていたんだろう。
だが祖母が先に亡くなってしまい、親戚たちは右往左往。
祖父は突然亡くなった祖母に呆然としていてまったく動けず。
お寺への連絡、役場への連絡から親戚の連絡先も、
祖母が使っていた電話帳をひっくり返して発見。

田舎なので葬式は家でやるのだが、祭壇やお膳もあるはずなのに
納屋中ひっくり返しても見つからず。(終わってからひょっこり出てきたw

しかも亡くなったのが夕方だったことや、友引を挟んだことで
葬式が行われたのは亡くなって4日後だった。

ずっと在宅で裁縫の仕事をしていただけの祖母なので
告別式でも、それほど人は来ないだろうと思ったら(せいぜい80人ほど)、
200人くらい来た。
葬儀会社の人もびっくりしていた。私たちもびっくりした。
続く

続きを読む

359: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/24(月) 22:53:12.83
商売は絡んでなかったけど、資産家の祖父が亡くなったときの修羅場。
祖父は姉4人の末っ子長男。
祖父の妻である祖母はすでに他界、実子の母が喪主をした。
そのとき母は離婚したばかりで自分は小学生だった。
邪魔にならないよう大人しくしていたら、祖父姉たちとその家族に取り囲まれた。
祖父の遺産が欲しかったようで、自分たちがどれだけ面倒をみたか
母がどれだけお金に汚いか言い立てられ、守銭奴呼ばわりされた。
泣き出したため母がかけつけて終了したが、本当に恐ろしかった。

後年、母が再婚したら自分の苗字が変わらなかった。
祖父が亡くなる前、遺産相続に絡み祖父と養子縁組をしていたらしい。
親戚の言葉もあり、母の愛情を疑って心が修羅場になった。
別れた父へ一緒に暮らしたいと手紙を出したりもした。
ただ両親の離婚は父が父実家ぐるみで祖父財産を狙ったのが原因だった。
そんな父なので、あたりさわりのない返事がきただけだった。

今となっては、祖父の介護、離婚、そして遺産相続を
頼りになる人もなく一人でやりきった母の方が大変だったろうと思う。

続きを読む

214: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/23(日) 12:12:45.25
流れ読まずに投下
大学の頃、国文科だったけど国際交流系のサークルに入っていた。
英語は1対1ならコミュニケーション図れる程度でしかなかったが、活動は楽しかった。
ある年の活動報告会に、お世話になった大使館関係者が来てくれた。
来場の予定はなかったけど、たまたま時間が空いたので来てくれたそうで、
せっかくだからスピーチしましょうという申し出があった。
英語で。
誰かが通訳しなきゃいかんという話になったが、英語が得意なはずの後輩たちは軒並み断った。
他の4年生はいつのまにかいなくなっていた。
大使館関係者は壇上でニコニコして待ってるけど、会場がザワザワし始めた。

続きを読む

367: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/25(火) 09:42:56.84
俺の修羅場。
念願のマイホーム建設だ!
と浮かれてたら、このあたりは遺跡やかわらけが
ざくざく出るところだった。
基礎工事の前の学術調査が義務になっているが
どうもヒットしたらしい。
調査が終わるまで、触れねえ orz
俺の家が建つのはいつになるんだ・・・。

続きを読む

461: 本日の修羅場 投稿日:2012/09/25(火) 21:50:19.90
残業終えてから買い物に寄ったSCでエスカレーターに乗ってたら、後ろで騒いでた子供が唐突にダッシュ→七年殺し
どうでもいいけど、最近のガキって容赦ないな。手加減を知らんのか
思わず「うぉふっ」とか妙な声を上げたら、それが相手母にツボッたらしい
爆笑しながら上がってきたDQN風味な女はひとしきり笑ってから
「ほーらたっくん(仮名)、エスカレーターで暴れちゃダメでしょう~…ぶふっ、ぶふふっ、『うぉふ』だってぶひゃひゃひゃひゃひゃwwwwww」
そんで笑いながら子供の手を引いて去ろうとする。ちょっと待て謝罪はどうした
呼び止めたら「子供のやったコトでしょ~?」
しかも言うに事欠いて「そんな心が狭いからこんな時間にダッサイ作業着着て一人寂しく買い物してんだよwwwww」
悪かったな彼氏居ない歴=年齢の喪女でよ

腹が立ったから女のシャツ掴んで引き寄せて頭突きかましてやった。そっから取っ組み合いの大喧嘩
今やっと警備員室で事情聴取から解放されたトコ
先に手を出したのがこっちだったから、それなりに絞られたけど反省はしていない

続きを読む

481: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 02:16:02.08
グロ注意。

中3の頃散歩(ウォーキング)が趣味だった。
ある日、塾をサボって校区ギリギリの河の土手で散歩をした。
夕方の土手は自分のような人がちらほらいて挨拶をしながら歩いていたら、ふと土手沿いの民家の庭でなにかが燃えてるのが見えた。
昔の地方じゃまだ庭でゴミ焼く家も多かったので最初は気にしなかったがどんどんその家に近づいていく内に妙なことに気付く。
まず、火がでかい。ゴミ焼くためだと穴掘って焼くため火柱がたつなんてことは滅多にないのに、ボーボー燃えて煙もガンガン出てた。
あと家に近いっていうか玄関ポーチの辺りで燃えてる。
鈍い自分は「玄関が焦げてんじゃね!?」ってところでやっとゴミを焼いてるんじゃないと気付いた。

続きを読む

496: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 09:25:54.21
親父が初婚で男児(A)が生まれるも、離婚。
離婚理由はよく知らないが、先妻の有責っぽい。
その子は先妻の元で育つ→立派なニートなパチンカスになった。
先妻実家が当時金持ちっぽかったので、自分が有責だし、
養育費イラネ、子供だけよこせ!という離婚だったらしい。

父はその後、おふくろの親父の会社に入社して、
真面目な働きぶりと、おふくろが惚れたのとで、
おふくろ(初婚)と再婚、マスオさんとして
働く。俺、妹生まれる。
バブルの苦しい頃も頑張って、祖父の会社を
守り、今では祖父の時代より繁盛してる。

Aが今頃になって現れた。自分の母親実家が
落ちぶれてニートなパチンカスができなくなったから
親父に財産よこせ!とかなんとか五月蠅いらしい。

祖父の財産は母に相続された。←ここは手出しできまい。
結婚後親父が事業を大きくして得た財産は親父名義。
だから先妻の子にも相続権はあるんだろ?
親父が頑張って大きくしたといっても、祖父の後ろ楯が
あればこそだからなぁ。
祖父の貢献度はどうなるんだ、家業を手伝ってきた母親も
可哀想だ、と修羅場ってる。

続きを読む

559: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 16:18:31.68
深夜、友人から泣きながら電話が来て彼女の新婚のご主人が入院したという
落ち着かせて話を聞くと、その日、夫婦で仲良くしていたら飼い猫がご主人の男根に爪を立てたんだとか
救急車を呼ぶにも友人は混乱して、住所を言うのが精一杯だったんだとか
駆け付けた救急隊員はベッドで裸で血まみれのご主人と、その横で泣きじゃくる友人見て仰天
事件を疑われたんだとか

しかし友人が私に一番言いたかったことは
「私、新婚なのに宦官の奥さんなんてやだ!!」
思わず「結婚してんだからいいでしょ。ご主人の傍にいろ!!」と怒鳴ってしまった
幸いケガはそんなにひどくなかったらしい。しかししばらく心配してくれる会社上司・同僚・ご近所の人に「何があったの?」と聞かれてどう言ったらいいか困っているんだとか
「何て言えばいい?ねぇ!!」

考えて私、すっかり寝不足です

続きを読む

578: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 19:31:01.52
修羅場といえば、中学生のときに突然耳が聞こえなくなったのが一番かな。
中1の時の健康診断にて、聴力検査で引っかかったことがきっかけで病院に行ってみたら
聴神経に異常が起こっていて、今はちょっと聞こえづらいぐらいだけど、恐らくは成人までには
完全に聞こえなくなるだろう、との診断を受けた。
原因は全くの不明。治療法もなければ、これから先聴力が回復することもない。
ただじわじわと悪化していって、成人までには完全に失聴するだろう、と。

が、「じわじわと」と言われてたのに、中2になったぐらいから急激に悪化して
ほとんどの音が聞こえなくなってしまい、補聴器が手放せなくなった。
病院の先生からは「ここまで悪化したとなると、聾学校に転校するのも考えては」と言われる始末。

聾学校なんて特別な環境に行くのはただの甘え、このまま普通の学校に行かせるべきと主張する父と
自分の障害と付き合っていく方法を学ぶためにも聾学校に行かせた方がいいと主張する母とで
盛大な夫婦喧嘩発生、果ては離婚問題にまで発展というまるでテンプレのような修羅場と化した。
結局中学校卒業までは普通の学校に、高校からは聾学校に行くってことで話はまとまったけど
「ついこの間までは普通にできてたことが今はできない」(背後から声かけられて振り向くなど)ってことで
友達やクラスメイトも皆イラついたみたいで、聴力が落ちていくたびに友達は一人減り二人減り。
最終的にはぼっちコースのまま卒業になったのも内心プチ修羅場。

今は早い段階から色々と達観できたのは良かったと思うことにしてる。

続きを読む

597: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/26(水) 21:28:00.52
今日当事者の一人と偶然会ったので、厄落としカキコする。
文章おかしかったらごめん。

ストレスで会社で働けなくなって、職業訓練に通った。
一クラス20人、半年間平日毎日通学して資格取得するみたいなコースで、
年齢は下は20歳から上は40歳ぐらいだったんだけど、そこで一人、
思わせぶり女(ビッ●)がいた。
ビッ●は、ノーメイクメガネで、中学生みたいな体型と髪型と服装してるんだけど、
よく見るとアラサーで、決して美人じゃないんだけど、できない課題を、
「Aくん、これ分からない・・・」とガキみたいに何でも男に頼るので、
勘違いした男が、何人もビッ●を好きになった。
マジで、20人のクラスの中、14人いる男の内10人がそうなった。
中でも、クラスでも中心だった3人のうち、ビッ●に2人がやられ、
毎日その2人が喧嘩し、1人が仲裁役になるようになった。
その仲裁役が、そのせいで体調を悪くして通えなくなったんで、
クラスの女と正気の男たち3人(俺含む)は、ビッ●を
大嫌いになり、ビッ●とそのとりまきVS俺らと女子 になった。

テンプレのようにビッ●は、「そんなつもりじゃなかった・・・」
「わたし、つきあうのとかわからないし・・・」と泣き、とりまきは
「ビッ●ちゃんは悪くないよ、悪いのはアホたち(俺ら)だよ」と
機嫌をとり、それを俺らがにらむ、というような、空気最悪クラスになった。
卒業までの3ヶ月は、本当に修羅場だった。
だれかが筆箱を床に落とすと、クラスの何人もが「うるせえ」と舌打ちとか、
課題が遅いやつを待つときに、机に足をあててガタガタ言わせて貧乏ゆすり
するのが何人もいるとか、最悪な状況だった。

今は連絡とるやつすら一人もいないけど、今日会ったやつの話を聞くと、
ビッ●主催で、いまだにとりまきの飲み会とかやってるらしい。
ビッ●は未婚、とりまきの内何人かは結婚して、その会もだんだん
人が減っているんだ、と聞いて、ガッツポーズした俺って性格悪いな、と思った
ので、書き散らかして終わる。

続きを読む

このページのトップヘ