キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:修羅場

オススメピックアップ!

445: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/26(日) 01:19:37.05
今朝の出来事ではありませんが初めて書きます。
朝から隣の部屋から男女の喧嘩が聞こえてきました。いつもの事なのでスルーしてたら女性の悲鳴とドスン、ガタンと物凄い音。
普段からモラハラ&DVぽい雰囲気だったのと数ヶ月前に警察沙汰があったので(詳細は知らなかった)関わらなければよかったのに、ヒートアップしてきたので怪我人が出る前に止めねば!
と何故か変な方向にテンパりうっすい壁をノックして『大丈夫ですか~?落ち着いて~!』と呼び掛けるも怒号と騒音で気付かない。壁を叩いて呼び掛けるとより一層叫び声が大きくなりドタドタと物凄い音が聞こえてきた。
こりゃ周りの目も気にならないぐらい暴れてるなと、とりあえず通報だなぁなんてケータイを取りにリビングに向かおうとしたら…
怒号と共にインターホンが鳴りました。フジコッコーどころじゃなかったです。『ぶっ殺すぞゴルァア!出てこいよ!ォラァアアアア!テメェ△ζαЙ��!』そして玄関モニターには入れ墨丸出しの裸の男がドアを壊す勢いで叩いてる姿が。

続きを読む

528: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/29(水) 10:11:01.28
さっき交差点で見たプチ修羅場。
横断歩道を信号待ちしている男子中学生の一人が、根性試し宛らに1歩、また1歩と
信号が赤なのにちょこちょこ足を踏み出してニヤニヤしていた。
当然緑のおじさん(横断中の旗を持ったオサーン)に叱られるも、俺様厨2病全開wとばかりに
尚も繰り返す。
信号待ちのイライラもあり、オサーンも再度注意しようとした時
いきなり厨2病が背後から肩を掴まれ、顔面を殴られた。

殴ったのは、同じ制服を着た厨2よりちょっと背丈のある男の子。
鼻血出しながら呆然と腰をついた厨2に向かって
「ぼくの弟は、横断歩道でタヒんだんだ!!お前もタヒんじゃダメだよおぉぉ!!」と、
号泣しつつ大絶叫で注意した。

別の男の子が注意した子を宥めつつ、厨2に手を差し伸べて起こしてやったが
厨2のヤツ、立ちあがった隙に注意した男の子(号泣中)に殴り返した。
「うるせーんだよ!ばっかじゃねー?」
勝ち誇ったように言ったが、スグ起き上った注意した男の子に胸倉を掴まれ
また更に宥めていた男の子も何やら厨に言い放ってすっかりケンカモード突入。
オロオロするだけの緑のオサーン。

信号がここで変わったので、その後どうなったかは知らんw 以上。

続きを読む

557: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/30(木) 03:20:05.11
ものすごく長いし目が滑るかもごめん。自分が高校生の頃に体験した修羅場

父母は小さな会社を経営していたんだけど
ある朝、母が会社から車で出かけようとした時に
左右の確認を怠って横からきた車に追突してしまった
警察を呼んだりして大騒ぎだったが、父は別の仕事で出ており
そして会社に戻っても事故のことをすぐには知らされなかった

というのも、母は車にかける保険を切らしてそのままにしておいたと
バレたら怒られる(言い回しは違ったが要はそういうこと)
そんなもんすぐバレるに決まってるんだがなかなか言おうとしない

母は被害者に謝罪に行ったり、あれこれひとりで走りまわっているうちに
その被害者の関係者?に母の兄がいると知ってなにを思ったか
その兄(叔父)に「なんとか話を取り持ってくれないか」とお願いに行ったと
なんの話を?取り持つ?ごめんここらへんはあんまり覚えていないのだけど
叔父は快諾してくれた、よかった~と母がホッとした顔をしていて
子供心に疑問ではあったけどあまり深くはつっこまなかった

続きを読む

575: 1/2 投稿日:2011/06/30(木) 09:59:30.93
子供の頃のいくつかあるプチ修羅場のひとつを。確か小5だった。
(プチなわりに長くなった。すまない。)

ある夜、うちの親父が友人♂と自宅で酒を飲んでいた。
その友人は当時度々家に訪れ、話の面白い人だったんで自分もよくその人と
話をしたり、いつものように和気藹々としていた。
で、子供の自分は寝る時間になり、2階の自室へ引っ込んだ。
夜更かしな性分で、なかなか寝つけず、布団には入ったが
ナツメ電球の明かりで図書館で借りた本を読んでいた。

しばらくして、誰かが階段をのぼってくる音がした。
寝ていないことがばれると怒られる、と思って寝たふりを…
としたところで、「ガシャーン!」と予期せぬ音がした。

┏(゚ェ゚)ェ?

びっくりして起き上がると、部屋の出入り口のガラス障子?が割れて
破片が散乱していて、割れたガラス障子越しに弟の金属バットを持った
親父の姿が見えた。

( ゚Д゚)

再度ガラスを割り始めた親父を、あわてて駆けつけたおかんと友人が制止したが
ガラス障子は見るも無残な状態。枠しか残ってねえw
自分は何でそんなことをされるのかわけがわからず号泣。

続きを読む

587: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/30(木) 16:24:30.29
数年前の話。
両親が亡くなり、急遽彼(現夫)の1Kの部屋で同棲することに。
(管理会社と大家さんの許可は貰っていました)

とある日の深夜。
「うちの嫁が来てんだろ、出せ(゚Д゚)ゴルァ!!」と凸された。
対応に出た彼とゴロゴロしていた私で( ゚д゚)ポカーン
とりあえず、私も玄関に顔を出して部屋を間違えていることを伝えた。
…お隣さん、普通のカポーだと思っていたのに不倫だったのか。
ちなみにうちが凸される寸前までギシアンが煩かったんだけど、うちが凸された直後から
静かになっていたので様子を窺っていたんだと思う。
結局、凸してきたお兄さんの御両親までやってきて、駐車場から怒鳴り声やら
土下座大会やら凄まじかった。

今でこそ笑い話だけど、深夜の訪問ということもあり事件に発展したらどうしようと
心配でたまらなかった。

続きを読む

681: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/01(金) 18:21:04.53
子どもの頃(私が小学校高学年くらい)に近所に引っ越してきた人が変だった。

我が家のすぐ前には市営住宅があり、その人もそこに入居してきた人で母子家庭のママさんだった。
子どもは幼稚園児一人、乳児一人。
幼稚園児の子が体が弱いのかしょっちゅう病院通いしてたんだけど
当時看護婦でバリバリやってたうちの母を病院内で見つけてから、やけに母になついて我が家にロックオンしてきた。

観た目、ふつーのふわっとした感じの人なんだけど行動が妙だった。
チャイムも鳴らさず、玄関で声もかけず勝手に家の奥の部屋まであがりこんできたり
(田舎なので当時あまり鍵をかける習慣がなかった)
ひどいときには私しかいない日中に勝手に入ってきて、冷蔵庫開けてしげしげ中身見てたりした。

で、生活保護をもらってたようなんだが
やりくりというのができない人らしく、いつも「お金がない、なんで足りなくなるのかわからない」と母に泣きついていた。
知恵遅れとかそんなふうには見えなかったけど
「こっちを我慢して、そのお金を浮かせて、大事なところに使う」っていう理屈がわからないらしかった。

よく2chの生活保護関連のスレで、和牛の半額パック買って
「半額しか買えない、みじめだ」
って言ってる主婦の画像が貼られるけど、あれ見るたびその人のことを思い出す。
ほんとにあんな感じの人だった。
「目の前にある欲しいものがすぐ買えない!→他の人はお金あって買えるのになんで?→世の中って不公平、私かわいそう!」
っていう思考回路。

続きを読む

697: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/01(金) 20:44:28.91
旦那の不倫相手の父親に殴られたのが最高の修羅場だった。

正直殴る相手違わね???で、パニックだった。

続きを読む

737: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/02(土) 08:45:21.43
人を自さつに追い込むのに加担した話で、良かったら…
昔のことですけどね…

続きを読む

805: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/02(土) 23:30:25.96
急逝した伯父のお通夜と告別式に行ってきた。

タヒ因は心筋梗塞だったのだが、伯母と従兄弟の話によると
知人から来た手紙を読んでの「笑いタヒに」だそうな。
昔から伯父は「ゲラ体質」な人で、一旦ツボに入ると笑いやめることができない。
またツボの多い人で、時事ネタ駄洒落下ネタなんでもござれな人だった。
伯父が全身真っ赤にして涙目になりながら、肩震わせてうずくまってる姿は
親族が集まったときのお約束だった。

老齢になって持病が増えてからは、笑いすぎはかえって危険との判断で
家庭内での過度の駄洒落は封印されていたそうだが
手紙を読んで丸まって引きこみ笑いをしているうちに苦しみだし、
あっという間に意識を失ってしまったそうだ。

ちなみに件の手紙を家族が読んでみたのだが
完全な「内輪ネタ」のようで、何が伯父を心筋崩壊するまで笑わせたのか
家族にはさっぱり分からなかったそうな。

身内は「いつかこうなる気がしていた。笑って逝けたなら本望かもしれない」
となかば本気で思っているが、笑いタヒには本人は相当苦しいと聞くので
伯父本人と、まさか笑いタヒにするとは思わず楽しませようと思って
手紙を出した知人にとっては、修羅場かもしれない。

続きを読む

812: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/03(日) 05:00:05.62
変な時間に目がさえたのでこっそり投下

私が見た兄にとって修羅場だった出来事

ある日学校から帰ると母親が苦々しい顔をして電話をしていた
話の内容は兄の所有しているエ□本について(当時中学生)

兄はオープンエ□なのかベッドの下にジャンプと一緒に無造作に放り込んでいるだけだったので
ジャンプを盗み読みしていた私も所有していることは知っていた
が、正直中学生男子なんてエ□本持っていて当たり前だと思っていたし
私は別に気にしていなかったけど母親はものすごく憤慨していた様子

「何でこんなものを!」「信じられない!」といった感じで愚痴を言っているだけなら良かったが
事もあろうに紙袋にまとめてすべて処分した
当然その日は修羅場と化した

処分した中に友達と貸し借りしていたエ□本やアイドルの写真集もあったらしく
兄「なぜ勝手に捨てるのか?友達に返さなくてはいけないから弁償!」(要約)
と主張するがヒステリーの塊だった母親は頑なに拒否
母「そんなもの読むなんて不潔!学生の本業は勉強とスポーツ!エ□本読むな!」
と、とにかく不潔!不潔!と大泣き
もちろん兄も大泣き。結局は口論の末兄泣き寝入り

続きを読む

このページのトップヘ