キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:修羅場

オススメピックアップ!

305 :名無しさん@HOME 2013/05/04(土) 18:06:48 0
中学生だった頃
家で英語の勉強をしていた
当時の高校入試には、英語のヒアリングテストがあって
そのためにヘッドフォンをつけて、テキストのカセットテープwを聞いていた
結構集中して3時間ほど、勉強していたんだけど
目の端に赤い光が入ってきて、窓の外を見るとパトカーが沢山と救急車が3台来ていた
よくわからないが、「自杀殳したいけど、自分ではタヒねないので人をこ○してタヒ刑になりたかった」男が
夜の住宅街の路上で「誰か助けてくださーい!!」と叫び
助けようと、出てきた人を刺したらしかった
理由は「誰かを助けようとする優しい人たちなら、自分の気持ちを分かってくれるはず」とか斜め上だった
実際、世話好きで親切なお向かいの奥さんが背中を刺され
奥さんの悲鳴を聞いて飛び出した家族も軽傷を負った
タヒ人は出なかったが、結構な怪我人が出た
ヘッドフォンをして、ヒアリングに集中していたため
男の狂言悲鳴も、騒ぎもパトカーのサイレンすら聞こえなかった
当時両親は留守で、近所の住人から職場に電話を貰い騒ぎを知り
自宅に電話するも、俺はその電話にも気がつかず、当然出ない
涙でぐしょぐしょになって帰ってきた両親の心中が修羅場
もし、悲鳴が聞こえていたら、俺も外に出ていたろうと思うと俺も修羅場
特に小さい頃から「困っている人がいたら助けなさい」「見て見ぬ振りはするな」と教えた父の心中は大修羅場だったらしい
もう25年前の修羅場
あれ以上の修羅場はまだないな

続きを読む

876 :名無しさん@おーぷん 2015/01/10(土) 01:55:39 ID:Mi0
病気+家庭修羅場。クモ膜下出血を起こして、ドラマみたいにワアワア騒がれながら救急車にのせられた。
きちんと検査したら、脳に異常発覚。
先生が特に力を入れて研究している病気なので、遺伝性があるとかないとか確かめるため家、一族郎党格安検査となったらしい。

続きを読む

325 :名無しさん@HOME 2013/05/29(水) 02:13:06 0
矢口の不倫話見て思い出したんで投下。3泊の予定が取引先の不幸で急きょ戻ることに。
家電かけるも妻が出ないんで(妻は屋年前のその頃携帯なかった)お土産持って帰宅。
妻が飯作ってる最中で、どうも慌ててたけど特に何も思わなかった。
で、いつものようにリビングで着替えてスーツを妻が片づけてる間に飯を見て違和感。なんで2人分あるんだろ?

妻曰く「何となく帰ってくる気がして」うお、すげぇな、夫婦愛だなと思って飯食って風呂へいく途中。
いつもなら飯風呂はそのまま直行なんだけど、2日間携帯の充電してなかったんで寝室の枕元の充電器で充電しようと寝室に入ったら、男が寝てた。
思いっきり普通にイビキかいて。

あれっイトコか弟が泊まりに来てたのかと思い静かにドアしめて妻に「誰が泊まりに来てるの?弟?」と聞くと妻はもうそこにいなかった。

続きを読む

793 :名無しさん@おーぷん 2015/07/28(火) 20:12:57 ID:fp7
自分の結婚式が、イトコ(姉妹)の不倫暴露合戦会場となったのが最大の修羅場。一年ほど前に挙式した者です。この件が原因で伯父が亡くなりました。吐き出したくて来たので長文ですがお付き合いください。年が近く、同じ学区で育ったためイトコとは幼い頃から仲良くしていました。その流れで、一年前の私の結婚式にも参列してもらったのですが、そこで姉妹がお互いの不倫を暴露する合戦が起きました。
その時のことを書きます。

私 小梨バツイチ再婚 30半ば。
夫 初婚 30半ば 元親友で今夫
イトコ姉(以下姉) 私の一つ上
イトコ妹(以下妹)私の一つ下

イトコは二人姉妹で子供もそれぞれふたり。二組とも同い年。
二人とも下の子が1歳だったので出席して貰えるか微妙だったが、二人とも出席したいと言ってくれたので招待した。
姉の夫は仕事のためこられなかったが、妹夫婦は夫と一緒に来てくれた。
途中まではつつましくお式は進んだ。
異変を感じたのはイトコの子がぎゃん泣きした時。子連れで招待していたので、泣かれることを想定して個室を用意していた。
事前にイトコとも打ち合わせをして泣き出したら係りの方に誘導していただいて泣き止むまで別室に行く約束だったのに、一向に動く気配がなかった。係りの方もなぜか困惑している。
妹が大声でこう叫んだ。
「アンタなんか、私の夫と不倫しているあばずれ女のくせに!! こいつだって、○○(夫の名前)の種じゃない!!」
子供のギャン泣きは、妹がこいつと呼んだ姉の下の子の頬を力いっぱい引っぱっているせいだった。
会場がシンとなった。
イトコの両親が止めに入ったが、姉妹がヒートアップ。
同席していた妹夫はうろたえるばかりで役に立たず。
「ひとのこと言えるの? アンタだって、こいつは○○(妹夫呼び捨て)の子じゃないでしょう!! ○○から聞いてるんだから!!」的なことを叫んだ。
姉が妹につかみかかり大乱闘になった。ドリフのコントみたいに料理がひっくり返って飛んだのだけは覚えている。
姉妹の暴言に黙っていられなくなったのか、私親族による姉妹および妹夫の吊し上げ大会がwww

続きを読む

149 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/22(金) 10:20:17 ID:P1eBUFeI0.net
嫁実家、結婚するまでは最高だった
嫁実家は七人兄弟の大家族。その兄弟も半数は結婚して子供いて皆んなで寄ると凄い人数。
だが、俺には良い席譲ってくれるし、気を遣ってくれていた。大家族と言っても嫁実家は資産家不動産屋で地元の不動産を取り仕切ってる感じ。
だから俺が嫁宅に寄らせてもらうと、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きをたらふく食べさせてくれた。
嫁は家族が集まるたびに姑と特上の霜降り肉を一度に5キロ以上も行きつけの肉屋に買いに行く。
サラリーマン家庭で育った俺は、肉に餌付けされたと言っていい
だが、今は嫁実家の奴隷状態。宅建とって嫁実家の会社で働き、会社の上の嫁実家のマンションで暮らしている。
がマンションには嫁家族が入り浸り、会社には義兄2人、義弟1人、舅、休みの日は義姉家族のベビーシッター
義兄Aは基本的に仕事はしない。舅はパソコンすら使えなかった。
そして結婚して解ったが、こいつらクローンの様に同じ思考回路で気が荒い。すぐに兄弟喧嘩をはじめやがる。
だが、嫁実家は毎週の様に肉祭り。これしか楽しみない。そう思って耐えていた矢先、舅がタヒんだ
そこからが本当の地獄の始まりだった
こいつら、醜く遺産争いを始めやがった
俺は、会社を辞めて逃亡したいが嫁が義兄弟以上に強欲だった
俺は、会社を辞めて逃亡したいが嫁が義兄弟以上に強欲だった
おれ、嫁遺産は元より嫁家族も嫁も棄てたい

続きを読む

357 :名無しさん@HOME 2013/06/06(木) 17:12:58 0
姉ちゃんの結婚式が私の修羅場。
個人で服作る仕事をしているんだけど、どうせならと披露宴に着るドレスを私が作ることに。
その直後、某飲食店の制服の製作依頼が二件きた。計12着を一ヶ月以内に。
その時、姉ちゃんの結婚式二か月前。
必タヒに布地屋巡りとデザイン、製作していくなかで、親知らずがメチャクチャ腫れ、歩く振動さえもキツくて頬も腫れだしたが、歯医者に行く暇がないので、鎮痛剤で乗り切ることに。
なんとか耐えられる位になったのはいいものの、今度は首にしこり発見。私は気にならなかったが、母が凄く心配するので、朝イチに病院へ。
まさかの癌疑惑!しかもリンパ。改めて精密検査したら、幸い癌ではなかったが、治療法なし。ついでに甲状腺機能低下障がみつかる。
薬をのみながらなんとか依頼の服と姉ちゃんの披露宴のドレス完成!
トルソーに着せて母とドレスを眺めていたら、母に『息するたびにヒューヒュー言ってるけど大丈夫?』と言われた。まさかの喘息再発…
結婚式当日マックス苦しい中出席。
母や病院から来た祖母に心配かけさせたくなくてテンションで乗り切る。
途中、何故か御祝儀を私が預かることになり、式修了後に姉に渡そうと思ったら姉がいない。
式場の人と一緒にさがしてもらったんだが、何故か式場の人が不機嫌でダッシュして急かす!走って追いかけ、無事に姉夫婦発見するも、既に私タヒにかけw
それに気付いた姉旦那のお姉さんが救急車!と言ってくれたが、帰り運転を私がすることになっていたので、丁寧に断って帰宅。
そのあと休日を挟んでしまったので、病院に行ったのは二日後。
先生に『よく頑張ったね、苦しかったね』と言われ、軽く泣いたw楽しみにしていたフォアグラを意識朦朧としてる中、一口で食べてしまったこと(味全然覚えてない)
ケーキビュッフェ行きたかったのに、御祝儀を置いていけないので行けなかったのが修羅場。その後、アレルギー悪化、温熱蕁麻疹、自律神経失調症、軽い難聴も併発して現在療養中…

続きを読む

270 :名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 22:28:01
自分、結婚してから付き合い風俗行ってたのがばれたんですが
嫁が嫁なりに自分の感情に収集をつけようと考えた結果
「自分も風俗店に勤務して、夫と同じぐらいの数の異性と性的交渉を持つ」
という行動に走りました。嫁が「もういいや」と自分なりに納得するまでの数週間が地獄だった…
嫁、帰宅してからその日の客の話や
自分が風俗嬢としてどう思ったかを、毎日淡々と話すんです。吐血(黒いどろどろ)や血尿を初めて見ましたよ。
数週間で20キロ近く痩せて、体重が50キロ台まで減ったし
それでも無表情に日々の風俗勤めの事を話すのを止めない嫁。

納得して風俗店を辞めてから、嫁は数週間分の給料で
自分がずっと欲しがっていた時計を買って
「やり直しの記念にプレゼント」と。
嫁が体売って稼いだ金で買った時計なんて
つけられるわけないじゃないですか。゜(゚´Д`゚)゜。

続きを読む

212: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/14(日) 09:23:41.90
自分より家族のが修羅場だった話。

一つの病気で3つの病院に世話になった。
最初、ただの風邪だと思って、薬を飲んで寝てたけど、熱は下がらないし、時間が経つに連れて関節が痛くなった。

仕方ないので、近所の耳鼻咽喉科へ。これが一つの病院。
そこでは、インフルエンザと診断された。後で本来の病気の症状とわかる湿疹は飲んでた薬の影響と何も調べずに言われた。
で、インフルエンザの特効薬と点滴を3日受けたけど、もちろん快方に向かわず。

うちではもうダメだ、他に行った方が良いと言われて、付き添ってくれてた叔母の勤めてる総合病院へ入院。これが二つ目の病院。
そこではインフルエンザからの肺炎と診断された。
すでに関節の痛みが酷過ぎて、歩くのもままならず、個室のトイレに行くのも介助が必要なくらいで、
ナースコールを頻繁にしてたんだけど、後で聞くと看護師さんなpgrされてたらしい。
ここでももちろん、本来の病気とは違う治療をしてるから快方に向かわず。
ある朝、胸が痛いと訴えたことをきっかけに、もっと大きな病院へ行った方が良いとなり、救急車で3つ目の病院へ。

救急車へ乗り込む時には、それまではっきりしていた意識がぼんやりとしてきた。
で、搬送先の病院へついたらあれよあれよと、カテーテルを入れられて、ICUへ。
後で聞くと、疑わしい心臓病が2つあり、一方は処置が遅れるとやばいので、先手を打ってカテーテルを入れて、ICUで完全看護の中で病気の診断をしたらしい。

結局、心臓には問題なく、代わりに日本では患者が少ない珍しい病気と診断された。

実際、タヒにそうな感じだったらしく、主治医ですらこいつはやばいと思ったらしい。
なので、自分で動けるくらいに回復するまでは親は修羅場だったと思う。

個人的には、入院前に自宅で寝ようと思ってベッドに上がったはいいけど、
関節が痛くて寝転べずにまごまごしてたら1時間経ってしまった時が修羅場だったけど。

続きを読む

364: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/05(金) 22:50:33.24
愚痴みたいですが投下させていただきます。
フェイクありです。

●私   23歳
●先輩子 26歳
●A    29歳
●A奥   28歳
[1/2]
私は23歳派遣である中小企業に勤めていました。
その時の教育担当である先輩と出会いました(以下Aとします)
Aと私はほどなくして付き合いだし、交際も順調でした。
交際を開始した当時今まで交際歴がなかったので会社の人に言うのは
気恥ずかしく周りに内緒にしていました。

交際開始から1年のある時に知らないアドレスからメールがあり
内容を見ればAの妻という方からのメール。内容は「うちの主人に近づかないで」というもの。
私はAは独身と思っていましたのでプチパニックになりました。

そこで大学時代頼りにしていた先輩である先輩子(以下先子)に相談しました。
そうするとAは先子と大学時代同じサークルに所属していたそうです。
私が入学しているときにはとっくにAは卒業していたので私は気づきませんでしたが…。
先子によればAは3年前にA奥と出会い結婚、子供までいるということでした。
ショックで先子の前で情けないくらいにボロボロ泣きました。
先子も「知らなかったから仕方ないよね。でも、奥さんには事情を説明した方がいい」と言われ
私もグズグズと泣きながらうなづきました。

続きを読む

 

905: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/22(火) 23:58:36.58 ID:jw8K98ne
男にとっては修羅場かもしれない。

嫁予定の彼女(両家両親共に結婚認めた仲)と同棲を始めようと彼女の部屋を引き払い手伝い。
俺もスポーツマンなんで結構身体つきは自信あるが、彼女弟は190cm、90kgと相当ゴツイ。
彼女弟は周囲に迷惑をかけないが、ややアホ。
「義兄さん、チワッス」
と手伝いに来たが、スマホでずっと遊んでやがる。まあ別にいいんだが。

彼女、彼女弟に近づくやいなや、速攻金蹴り・・・
「言うこと聞かないとこうなるってことが20年たってもわからないのかねぇ、このアホは」
弟悶絶。
「あんな振りしているけどちっとも痛くないのにねぇ」
と俺に言う。俺はその痛さ、わかるわ。

料理上手で、気立てのいい彼女、俺もこんな日々が来るのか。
俺はMではないのよ。怖い怖い・・・これからが修羅場よ。

続きを読む

このページのトップヘ