キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:二股

オススメピックアップ!

556 :名無しさん@おーぷん 2017/11/09(木) 07:27:33 ID:rAf
大学4年の秋、サークルで好きだった同期と付き合いだした
1年の時からずっと好きだった人と付き合えて嬉しくて嬉しくて
お互い卒業前で忙しい時間を縫って会ったりして
卒業したら同棲しようねーなんて言ってたら、妊娠が分かった
双方の親も反対、何より私も彼も第一志望に内定出てたし
今は仕方ない、また然るべきタイミングにねって話して堕ろすことになった
お互い親を紹介済だったのもあって解決もスムーズだった
親達も「タイミングが悪かった、もう少し後なら結婚でもね」って感じだった
けど、その件あたりからギクシャクしだしちゃって、卒業する間際に別れちゃった
でも卒業式の日、面と向かって改めて話したらお互い泣けてきちゃって、
もう一度って雰囲気だった。友人達の推しもあって翌日の深夜、彼から急に電話があって、
こういう時の嫌な感じって何でか直感が当たって、、
「やっぱりより戻せない、ごめん」それだけで終わり。理由も「ごめん」
その後、納得出来なくて彼の親友にどうしてもって頼み込んだ
私の親友と彼の親友はカップルで、2人もずっと応援してくれてたんだ
親友くんは渋ったけど、推した責任も感じてたみたいで(責任なんかないのに)彼、私と付き合うまで大学1年から小学校の同級生とずっと同棲してて、
サークル内でも嫁ちゃん嫁ちゃんって弄られてた
数度会った事あるけど、本当に夫婦みたいなカップルとも違う、
落ち着いた雰囲気のある2人だなって感じだった
卒業式の夜、彼女から電話があって、子供が出来ちゃってたって
彼女は働いてて、生理不順も相まってお腹が結構出てくるまで気が付かなかったらしい
もう月齢的に堕ろせなくて、1人じゃ決められないと電話してきたと
もうこれは勝ち目が無い
彼女は産休も育休も取れる、貯金があって子供と自分くらい余裕で養える
おまけに、彼は私と付き合う時彼女に未練たっぷりだった
今だって、心の片隅と机の左から2番目の思い出の本の後半ページに、
晴れ舞台に立った彼女の写真が挟まってるもんね

2人は収まる所に収まって、幸せそうだった
私もとびきり良い相手を捕まえた
式も晴れやかに行って貰った、でも心が晴れない
本音を言えば産みたかった4年間、何なら今も彼に未練がある
喧嘩して実家に帰ってきた私に母が、
「あの時産ませてあげなくてごめんね」なんて背中向けて言ってさ
避妊だってちゃんとしてた、誰も悪くない全部ボタンの掛け違い
私と彼が、そんな未来だってあったのかもしれない
私だって幸せになりたいよ、出来るならあの時をやり直したい

続きを読む

200: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/28(日) 14:46:20
会社の敷地内には、会議室と出張者の為の簡易宿泊施設が合体した
建物があった。管理と掃除は総務部の仕事。深夜残業の時の仮眠室も兼ねてた。

私が出張者の宿泊の用意でフロアに行ったらいきなり壁に突き飛ばされた。
床に転がって見上げると違う部署の当時30代後半の女性Aが形相で仁王立ち
「アンタだったのね?このドロボー猫!恥知らず!!」
訳がわからず「あの・・・用意が・・・」と説明しようとしたら、エレベーター
から関連会社の40代の女子社員Bが出てきて私達を見てなぜかすごい顔。
あわてて戻ろうとするもAさん「おまえかぁぁ!」と追いかけエレベーターに突進
すごい俊足、二人を乗せたままエレベーターは一階へ。
ワクテカしながら非常階段で一階に行くとABの二人はエントランスで乱闘、まぁ下着も
あらわに髪のむしりあいに引っ掻き合いに殴り合いののしり合い。
年配の警備の人が割って入るもはね返されてるし、集まった野次馬とすげー!と眺めてたら
総務部長と次長もかけつけてなんとか二人を引き離した。
二人は別々の会議室に連れて行かれ、野次馬は「全員部署に戻ってろ」と言われしぶしぶ
退散しました。
その後二人の取っ組み合いの原因は一人の男性社員を取り合った為と判明、逢引は昼間の宿泊施設。
二股してたのは当時40代後半の温水さんみたいな既婚のおじさんでした。
A、Bの言うには「あっちがすごくて別れられなかった」んだと。
社内に衝撃が走りましたが、私も狙ってたんじゃない?と言われて非常に迷惑しました。
リネンは外注だったからなぁ。

続きを読む

51: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/20 10:15:04 ID:jduAu75n
DQN注意。叩かれ覚悟でカキコ。
学生の頃、付き合っていた男に二股された上に、実は自分の方が浮気相手だったことことがある。
相手は本命に私の存在がバレないようにすたこらと逃げていった。
そのときは疲労して追い掛けるのも面倒で、諦めて修羅場にもしなかった。
それでも好きだったこともあって、その後は何度も泣いて、気持ちを前向きにさせようにしようとしていた。
その失恋をどこから聞き付けたのか、三日もせず同じサークルのAから電話が。
Aとはサークルではそれなりに親しいが、プライベートの交流は一切ないぐらいの関係。

証拠集めに電話を録音していた癖で思わず録音開始。
Aは私を励ましに電話したみたいだったが、その内容が…

・騙されたほうが悪い、後からガタガタぬかすな
・好きな人と一緒にいられただけでも有難いと思え、相手がどう思ってるかなんて関係ない
・それより騙されないための自分磨きをしたらどうだ?性格直したりメイク練習したりダイエットしたりやることあるだろ、それを怠ったから騙されるんだ
・ちっとはま○こ磨いて綺麗にしろww←本当に原文ママ

というもの。目玉が飛んでった。

続きを読む

このページのトップヘ