キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:事故

オススメピックアップ!

295: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/29(日) 07:54:55.11
逆パターンで、手首から切り落とされる大事故(幸い繋がりました)に遭い即入院手術

嫁が隣町の俺実家に電話したら、親父から「今日ゴルフだからかけてくんな!」とガチャ切りされたと聞いて修羅場
尚、嫁実家からも「遊びに出てるのになんなの!?」と逆ギレされたらしく、俺の意識回復後断交決定

頼りになったのが日頃疎遠な実母実家だけって…

続きを読む

778: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/07(火) 07:51:33.77
自分が養子なのはうっすら知ってたけど
養子になった経緯は知らなかった
自分が養子になった経緯を知った時が
人格崩壊するくらいの修羅場だった

社会人になって初めての帰省をした夏、隣家のオバさんと立ち話になり
仕事のことや何かを根掘り葉掘り聞かれた
悪い人ではないけど、ちょっと距離感がなくて苦手なタイプで適当にはぐらかしつつ話してると
「今まで育ててくれたご両親に感謝しなくちゃね。普通は事故の加害者の子供なんて引き取れないわよ。本当に立派だわ」
と言われた、実両親が交通事故で亡くなったのは何となく知ってたけど詳しい事は知らなかった
ビックリして固まる私に、オバさんは「あら!知らなかったの?あなた人一倍親孝行しなきゃダメなのよ」
と20年前の事故の話を詳しく語りだした
実両親は、飛び出してきた自転車を避けようとして対向車線にはみ出し養父母の車にぶつかり
実両親タヒ亡、後部座席にいた実祖父もタヒ亡、同じく後部座席にいた私(2歳)も重症
養父母は軽傷だったが、後部座席に寝ていた養父母の実子(3歳)は車外に投げ出されタヒ亡
自転車の子供は無事
事故の後、私には近い親戚がいないことが判明
施設に行く予定だったが、何度かお見舞いに来るうちに情が移った養父母が引き取ってくれた
当たり前だが引き取る際、養父母の親族は揃って猛反対
いろいろあって、親族とは縁を切り引き取って数年後正式に養子にした
かなり複雑な手続きだったらしく、役所か裁判所の人間が近所の人にも家族関係の聞き込みをしたらしい

まさか実両親の起こした事故で、養父母の実子が亡くなっているとは知らなかった
立っていられなくなるくらいショックを受けて、へたり込む私を見てオバさんが養父母を呼んできてくれた
事情が事情なので折を見て話すつもりだった養父母は、オバさんが、勝手に事故の話をしたことに激怒
ご近所さんを巻き込んで大バトル

結果、オバさん一家と事故の時飛び出した子供の一家まで引っ越していった

続きを読む

404: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/19(土) 13:53:29.88 ID:3ltPSCqO
バイクで信号待ちしてたら車に釜掘られた
どういう力が働いたのかは分からないけどこちらの損害はウインカーとブレーキランプが割れたのみ
(もしかしたらフレームも歪んだかもしれないけど)
相手はエアバッグが作動
赤ん坊にチャイルドシートを使わずおんぶ紐でだっこしながら運転してたらし赤ん坊がくぐったりしてた
医療関係の仕事をしていた俺は救急隊が現着するまでに意識や呼吸だけでも確認しておこうと赤ん坊に触ろうとしたんだけど
母親が錯乱して
「あいつがこの子をーーーーー!!!!誰か助けてーーーーーーーーー!!!!」
って叫んだもんだからいかついトラックのおっちゃんに地面に組み伏せられる
到着した救急隊は運悪く知り合いで錯乱する母親と取り押さえられてる俺の図を目撃された
職場でも地元でも噂が広まりいろいろな尾ひれがついたメールが多数

で、言い訳御行で明日一日が潰れる予定orz

続きを読む

512: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/25(金) 23:43:11.64 ID:siqjbAqJ
20年ほど昔の若かりし頃の修羅場
文章へたくそだけど

夜10時くらいに腹減ったのでセブンへ買い物に車で出かけた。
その帰り道見通しの悪い横道から一時不停止で車が飛び出してきて、ぶつかってしまった。
幸いにお互い身体はどうもなかったが、車はかなりのダメージでした。
当時携帯なんかは持ってなかったので、警察呼ぶ前に連絡先の交換でこちらの連絡先を伝え、
相手の連絡先をメモろうと車の中のメモ帳を取りにいった瞬間、相手の車が逃走してしまいました。
残された私は呆然。
クラウンやっぱり強いね。私のレビンはエンジンかかりもしません。

ご近所さんが音を聞いて駆けつけてくれたので、とりあえず電話を借りて警察に連絡はしました。
相手の車のナンバーはなんとか数字だけ覚えてて警察に伝えました。
で警察がワラワラやってきて現場検証して事情聴取ですけど、人身じゃなかったら警察ってまともに調べてもくれないのね。
番号と車種分かってるのにこれだけじゃ分からないって言われたのも、小さな修羅場です。

続きを読む

126: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/23(金) 11:59:11.06 ID:o52aKDzl
数日前の修羅場

友達と二人でレンタカーで旅行中、初心者マークの友達が運転したいと言うので、高速道路を運転してもらった

追い越し車線で120km程で走ってたから、危ないなーと思ってたら、突然ハンドル操作を誤って蛇行しはじめた。ここで、自分冷静にタヒを覚悟する。

その後、何度か中央のガードレールとぶつかって車停止。
とりあえず、体は問題なかったので、ハザードつけて、後部座席からおりて反射板を出そうとしたのだが、トランクが開かない。

運転席の友達を退避させようにも、運転席のドアひしゃげて開かないし、何より友達がフリーズしちゃって、ハンドル握ったまま動かない

しばらくしたらパトロール中の警察が来てくれて全部やってくれたけど、その数分がマジで修羅場。

被害状況としては、レンタカーの右側が、サイドミラー吹っ飛んだり、ドア開かなくなったりと、ぶっ壊れただけですんだ。

本当に、誰も巻き込まなかったし、自分達も含めて全く怪我人が出なかったのは不幸中の幸いだった。

終わってから、サイドミラーを吹っ飛ばしたのが、過去の事故でひしゃげてた高速にある反射板だと警察から聞き、一歩間違えたら運転席の友達の首が吹っ飛んでいたということに気付き、びびった。(普通に走行してる分には全く危険ではない)

修理代は保険に入ってたけど、300km近い遠出をしていたのでレッカー代にも大分びびった。

続きを読む

241: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/07(木) 19:36:06.90 ID:emXRrHpr
山道で当て逃げされて崖下で2日間過ごしたのが修羅場。

趣味が写真でレトロバイクに乗って山頂までの山道をゆっくり走っていたらカーブを曲がりきれなかったスポーツカー(後に走り屋と判明)と接触。
激しくぶつかった訳じゃなかったけど、ハンドル取られて転倒して、バイクと一緒にガードレールの下を通過して崖下に落ちた。
幸運にも滑り落ちた感じだったのでタヒにはしなかったが、右足骨折と左足の指に左腕を骨折した。
20m近い崖を登れるわけもなく、接触した車が通報するだろうと痛みに耐えた。
ところが10分20分しても誰も来ないし、大丈夫かという声も聞こえない。何度か大声で叫んだけど誰も来ない。
痛みに耐えながら一緒に落ちたバイクの元へ這って、荷物入れみたらカメラも携帯も壊れていた。
この時になって初めてやばいと思い始めた。
初夏なのでタヒにはしないと思ったけど、夜間の冷えによっては低体温になるかもと考え、這いまわって草を山盛りにして簡易ベットを作った。
その時既に日が落ちてきてかなり危険な状況になりつつあると感じていた。
夜はとにかく寒かった。不思議と痛みは引いていたがとにかく寒い。ボロボロになったリュックに足を突っ込み、体の上に草を乗せて耐えた。
車が通るたびに助けを求める叫びを上げたが誰も気づいてくれなかった。
そのまま一夜を過ごした。

いつの間にか寝てしまい、起きたら酷い激痛が体中を襲った。
指を一本でも動かすだけで体中に痛みが走った。当時は怪我の知識があまりなかったので内蔵やってんじゃないかとか思い始めてた。
この時にタヒぬということを明確に考え始めた。
ただ、声を上げるのでさえ激痛が走り、骨折した箇所がドス黒く変色し始め、早く救出されないとガチでタヒぬと思い誰かに知らせる方法を考え始めた。
でも、携帯もカメラのフラッシュも壊れているし、バイクのホーンはめちゃくちゃに壊れていて音も出なかった。
次第に汗が止まらなくなり、タヒぬって言葉が頭の中でいっぱいになった。
その時、ふと考えついたのが狼煙。なんで思いついたのかは今でも分からない。
煙なら誰かが気づくと当たりを見回すも日陰で枯れ木など全くない状態。
そこで目についたのがバイク。
既にガソリンは漏れ出していたし、爆発してタヒんでもいいやと無事だったライターで着火し盛大に燃やした。

  続きを読む

755: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/12(火) 00:49:53.73 ID:4PktbfLD
震災じゃないんだが。
誰にも言えなくてずっと苦しくて、ここに吐き出していく。

因みにもしもしな上長文。

震災からすぐ、母親がタヒんだ。

俺の家はすごい田舎で、山奥の豪雪地帯。
震災で、若干だがライフラインに影響が出て水や食料を買い出しに出た両親が事故にあった。

雪崩だった。

家への道はその道路しかなく、山の上で下はすぐ崖→川という状況だった。
他の車も何台か巻き込まれたが、みんな無事だった。

運悪く両親は雪崩にのまれ、道路から押し出されて数十メートル下の川に落下した。

続きを読む

329: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/27(水)15:55:51 ID:McA
交通事故でバイクに撥ねられ2年以上意識不明になり気づいたのが娘の結婚式の真っ最中だったらしいこととその後しばらく

感覚的には夜寝たら二日酔いで目覚める翌日の朝って感じだった
一生目が覚めない事も覚悟してくれと家族は言われてた
娘の相手が俺の部下。
義息子は俺が目覚めるまで待つと言ってたが妻が娘行き遅れたりや相手の母親(旦那さん鬼籍)にも申し訳ないと説得してくれた
式は大混乱だったものの来場者に義息子が説明しお食事会に変更、娘夫婦と妻と親族はそのまま俺の入院先に突撃

後から見せられた式場のビデオで有り難さと申し訳なさに泣いた
しかも新婚旅行キャンセルw
後日流石に申し訳ないので旅行プレゼントしたがなんつータイミングで起きちまったのかと申し訳無かった

俺は俺で意味解らないの連続で数日どころか一週間以上理解出来なかった。

義息子は可愛がってた部下だった 
俺が意識不明で入院してから毎月二回は見舞いに来てくれてたらしい
本人は娘さん狙いでしたわーとか言ってるが娘に会ったのは入院半年後だったらしいし娘狙いならそれはそれで結果出せる男なのでむしろ問題無いし有りがたい

さらに義息子が大出世してて独立部署新設で初代責任者になってた
俺の元役職課長の上になってたのにも驚くし彼の部署だけ遅刻皆無の残業法定内で売上成績は全社で上から数えたほうが早く利益率はトップ
しかも従業員の家族や親の誕生日、子供の学校行事には部下に有休を半ば強制的に使わせるアメリカン強制野郎になってた
他はほぼ取得ゼロなのに彼の部署の有休取得率は歴代トップで塗り変えられることは法律変わらんと不可能なレベル
ペットの犬がタヒにそうな部下に「馬鹿野郎ちゃんと傍に居てやれ!」と怒鳴ったのは伝説
お前昔遅刻仮病親戚何人も殺してたやろうがと心の中でツッコミ

俺はリハビリしてるが左半身に大分後遺症残った
一度は仕事復帰したが現状では足手まといだし金は慰謝料やら退職金やら見舞金やら保険金で有るので妻と細々暮らす事にして、今日の午前で27年勤めた会社にお別れした
明日保健所で子供のころからの念願のわんこゲットしに行くんだが犬好きな義息子も行きたいと有休取った

明日から俺の妻は義息子のお母様と台湾に行くので俺置いてけ堀w
苦労した分羽を伸ばして貰いたい

そして体以外は平和な日々にウッカリ、俺事故って結果的によかったのかもなぁと呟いたら次そんなこと言ったら山に捨ててくるっすよ?と笑顔で義息子に凄まれて本気でビビったw

今彼の部署に社長の息子が修行中で居て、毎週のように家に勝手に遊びに来るらしく会社でも兄貴と弟状態。
一族会社なので義息子は役員候補と目されてる
娘は月一にしろと社長子息本人に怒ってるのには唖然としたがソウダソウダーと義息子も言ってたので笑ってしまった

これほど穏やかな日々が訪れるとは事故前の俺なら思わなかったのも衝撃といえば衝撃

続きを読む

604: 1/4 投稿日:2012/09/20(木) 15:55:25.80
長文失礼。
車通勤の帰宅途中でのこと。

帰宅ラッシュで幹線道路が混雑していて抜け道を通ろうと
小さい道から、大きめの道へ右折で出ようとした。
が、タヒ角になっていたようで直進車がこちらへ向かってくるのが見え
慌ててブレーキを踏んだものの、ガッシャーーーーン!
相手と自分の車の前方がぶつかった。
なにもかもスローモーションのようで、ブレーキが間に合わず
車がすべっていく様がコマ送りのようだった。

それなりに衝撃はあったが、お互いケガもなく
事故処理のため車外へ出ると、相手の姿にびっくり。
スキンヘッド、DT松ちゃんのような刺青柄のTシャツ、
ニッカポッカ(幅のある長ズボン)の中年男性で
「ねえちゃん、どこに目ェつけとんじゃ!」と怒鳴りつけられた。
暗闇の中、ヘッドライトに照らされたその姿は迫力ありすぎた。

続きを読む

255: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/12(月) 19:05:39.04
流れは読まない

俺小5、妹小3だったと思う。二人で図書館行って、夕方人気のない帰り道あるってた。
図書館でくだらないことでケンカしてて、車道挟んで反対の歩道、俺はやや後方にいた気がする。
すると向こうから見知らぬおっさんが「おーい、妹子ちゃん、妹子ちゃん!!」って叫びながら走り寄ってきた。

誰だ?と思いながらも俺は後ろから傍観。
するとおっさんはハアハアしながら「山田妹子(仮)ちゃんだよね?
大変だ、妹子ちゃん。お兄ちゃんがね、さっき交通事故に遭ったんだ!!」
とかぬかしやがった。
妹絶句。俺も目玉飛び出るかと思った。妹には俺しか兄はいない。

続きを読む

このページのトップヘ