キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:不倫

オススメピックアップ!

663: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/31(金) 22:10:22.45
ようやく慰謝料全部払ってもらえたので、吐き出してみます。

最初に口火を切ったのはAB夫妻。
A妻がA夫とB妻のW不倫に気づき、B夫に連絡。
B妻のアリバイなど不倫を手助けしていたA妻親友C妻も実は不倫していたことが発覚。
C妻が再構築の条件としてB妻とA夫の不倫を証言。
B妻は離婚されることになり、それを逆恨み?してC妻の不倫相手を興信所を使って探し出し、C妻の現不倫相手D夫のD妻と、二人前の不倫相手F夫の妻である私に連絡してきた。
B妻の主張は
「こんな不公平が許されるなんて間違ってる。あなた達(D妻と私)でC妻を訴えて、離婚させて頂戴」
いきなり知らない女性に、訴えろだの離婚だの言われて話が飲み込めなかった時が一番の修羅場でした。
本気で頭がおかしい人かと思い、バッグに包丁でも隠し持ってたらどうしようと怖かった。
あとC妻の不倫相手はもう一人いて、そのE妻が凄まじい人だったとかで、B妻は骨折させられたそうです。

新婚だったA夫妻は離婚。
子供無しのB夫妻も離婚。
C夫妻は親権を夫側が持ち離婚。
D夫妻は妻実家同居条件で再構築。
E夫妻は内縁で別れるけど同居はするとかで詳細は不明。
C妻が離婚になった喜びの長いメールを、B妻がF夫に送ってきた。
F夫はそれを私に見せてきて、
「これで全部終わったよ。ようやく俺達も再出発できるね」
と再構築を申し出てきた。
最初は再構築か離婚か揺れてたけど、それを言われた途端離婚に気持ちが傾きました。

元夫に「たかだか三ヶ月だけの浮気だったのに」と離婚を責められた時に我慢出来ず泣き叫んでしまったのも修羅場でした。

続きを読む

389: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/23(火) 20:10:00.98
数年前の修羅場で解決したわけじゃないけどまあ投下。
親父が不倫。
仲の良い夫婦だと思ってただけにお袋を裏切った親父に怒り心頭だった。
親父「お前は俺と来い。」
俺「嫌だ。こんな奴と暮らせない。血が繋がってるのだって嫌だ」
親父「血は繋がってる。母さんとは繋がってないけどな。だから俺と来い」
なんと俺は昔親父が浮気して出来た子供だった。
時系列としては、
親父、上司の娘であるお袋と結婚
その後浮気
浮気相手が俺を産んで逃げた
お袋は俺を我が子として育てる
戸籍上も全部夫婦の子供として俺は育つ。
不倫相手と再会同時期に親父元上司の母方祖父がタヒんで、親父のタガがハズれる
お袋は引き留めてくれたが、血が繋がってないのが申し訳なくて渋々親父と不倫女と三人暮らし。
この時中学生。
何かにつけ育てた人間の躾が悪いと不倫女に言われるのが嫌で無駄に優等生やってた。

続きを読む

7: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/11(日) 00:05:17.46
彼女が大学生19歳の頃、38のおっさんと不倫セッ●スフレンドやってたって聞いたのはショックだったなぁ。
その当時彼女は、俺とは別の男と付き合ってたし、俺も昔はいろいろ遊んでたから浮気云々は良いんだが、
浮気ってもせいぜいサークルの先輩と酒の勢いとかその辺止まりだろうと勝手に思ってた。

「イケメンで見た目は20代後半だったんだよ」って言われても、俺からしても20近く年上、
親父の方が年近いような知らないおっさんとヤってたと思うと、なんていうか想像の外過ぎて飲み込めなかった。

でも色んな女に聞いてみると、「20歳くらい離れてても、見た目若くて格好よければヤれる」
って話もちょいちょい聞くし(大体全体の4割弱程度)、そういうもんかなぁ、と割り切ろうとしている現状。

続きを読む

354: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/14(水) 08:56:39.59
母が母実家との絶縁がとけたので記念カキコ。

父がパチンカス前妻と別居&離婚調停長引き中に母と出会う。
母妊娠、自分を出産。これで母は実家と絶縁された。
自分が生まれた時点で父の離婚は成立していないので、
自分は認知された婚外子として生まれた。
父がやっとこさ離婚成立、パチンカス妻と一子に身ぐるみ渡して、
すっからかんで母と結婚した。からっけつになったのは、
養育費の一括支払いフンガーと言われたからだって言ってた。
両親は二馬力で頑張った。
この度、母方祖父が深刻な病気で入院したのをきっかけに
母方祖父は母を許して、和解。
実の親と会えないこの20数年の母が修羅場だったんだろうな、と思うことと、
もしかして事情を知らない世間的には一括して母がプリン女
と見られるのかと気付いて修羅場。

続きを読む

193: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/30(金) 21:31:38.55
姉が不倫で妊娠した。
取り乱した母が、自分のせいだと号泣しだして
母方の祖父母とは血の繋がりがないってことをカミングアウトされた。
祖父母はもう亡くなってるんだけど、ずっと一緒に住んでたから驚いた。

母の実母をAとすると、祖父とAは同棲していたが、戦争で祖父が出兵。
戦地で消息不明になりタヒんだものと思われていたが、終戦後帰還。
しかしAには既に家族がいた。

帰る場所が他にない祖父は、どういう経緯かわからないけど
A(妊娠中)、A夫と3人暮らしを始めた。
しばらくしてA夫が事故タヒ。
Aと祖父は入籍するも娘が1歳の時にAが失踪。
家には娘(私の母)と祖父が残った。

祖母とはその後に結婚したものの、出産はせず子どもは母だけ。
高校生の時、血の繋がりがない事実を両親から伝えられたそう。
Aとは会ったこともないみたい。

続きを読む

800: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/20(木) 22:49:51.59
もう離婚したけど、夫が交通事故で一時的に記憶喪失になったのが修羅場かな。
少しでも記憶が戻るきっかけになればと、姑や義姉と協力して夫の交遊関係を探して会ってもらったり話しかけてもらったりした。
夫の大学の友人達も来てくれた。
皆さんは久しぶり的な感じだったんだけど、ただ一人だけは久しぶりではなさそうな態度。
しかも馴れ馴れしくておかしい気がした。
夫の元カノかと思ったらなんと現カノ。
学生時代からの付き合いで私と結婚してからも付き合ってた。

姑と義実家にある夫の部屋兼物置を整理してたら現在進行形の不倫証拠がザクザク。
昔のアルバムでも見せて記憶のきっかけでもと思ってた姑も呆然。
記憶のない相手にどうこうも出来ず舅姑も私も私の親も途方にくれた。
その間も不倫相手もとい現カノは頻繁にお見舞いに来て女房気取り。
キレた姑と現カノが病院のロビーでつかみ合いした。
あまりのことに私は気が抜けた状態。
なんだか投げやりになり別れることを決心した。

そうこうしてるうちに混乱しながらも夫の記憶が戻った。
私より彼の方が修羅場だったかもしれませんね。
記憶が戻ったとたん妻から離婚の要求、父親から怒鳴られる、泣きついてくる不倫相手、不倫相手に頬を引っ掛かれてガーゼを貼られてる母親。
「なあ待ってくれ頼むから待ってくれ」
と言い続ける姿だけが鮮明に思い出されます。

何故彼女と結婚しなかったかですが、
しばらく彼女と別れてた時期に私と出会い結婚を考えた時に彼女が
「たとえあなたが結婚してもあなたと一緒にいたい」言ったからだそうです。
それで、既婚者でも構わないと言うような女はやはり結婚相手には出来ないと思い彼女を選ぶのを止めて二番手の女が似合うと考えたそうです。
それを聞いて怒り狂った彼女にボールペンで彼は太股を刺されました。

元夫は今も彼女から結婚を迫られてるみたいですが、何故か元夫は逃げてるらしいです。

続きを読む

229: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/01(金) 11:51:45.40
私の母親は、私の高校三年の時の担任と不倫していた。今から二十年前の事です。
私が在学した高校は、高校三年になると、夏休み前から希望者のみ親の進学面談が何度もありました。
その当時短大にするか四大にするかで揺れていた私を心配して、何度も面談に行っていると言う
母の話を信じていた。実際は入学式で一目ぼれして三年の担任になったのをチャンスと面談で
口説いていたみたい。三者面談は数回でいつも二者面談にしていたのがみそなんだよね。

それで口説かれる担任も担任なんだけどさ。担任は当時バツイチでした。
子供も居なくてタヒ別で、さびしかったらしい。それでも担任が抑えて、私が卒業するまで待ったらしい。
卒業式が終わったら、離婚届を記入済みにしたものを置いて母が居なくなりました。
母は貯金通帳すべて持ち出して解約して、あるだけのお金を持って行ったから
家は次の日からの食材を買うお金もありませんでした。私の大学の入学金と学費は支払って
ありしたが、弟の私立高校の入学準備をするお金にも困りました。母方の祖父母が申し訳ないと
お金を貸してくれたので、なんとか私も大学の教科書を買え、弟も私立高校に入学できました。
母方の祖父母が手を尽くして、母を探してやっと元担任と暮らしている母を見つけました。

続きを読む

183: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/11(月) 03:05:56.26
ちょっと記憶が飛んでいる部分もあるとは思うけれど、投下。

私の両親はとても仲が良く、どちらもどちらにべた惚れ状態。
両親は自営業をしていて、職場が車で1時間程度。いつも母親が早くに帰ってきていた。
母が早くに帰ってくると言っても、仕事に切りがついてから。
そのため、夕食が出来上がる時間までは習い事に行き安全な時間を確保させてもらっていた。
毎日、色々と習い事をさせてもらえていたことは環境のせいとは言え、とても感謝している。
私は兄と一緒に習い事に通っては、覚えの悪い私を兄は「おまえのペースも大切だ」と言っていた。

私の休日(土日)になると、私は自営業先に両親と一緒に行き
両親と一緒に夜に自宅に帰ってきていた。
夏休み、冬休みなど長期休暇はあってないようなもので、一緒に旅行に行ったのは
今でも鮮烈に覚えている2カ所だけ。

自宅は私家族+母方祖母の5人暮らし。
祖母はとても良いまじめな人なのだけれど、当時の私には辛かった。
やはり、親を見ると嬉しく思う年頃だったので
「私の前では違う態度、この子は二重人格!!」といつも言われていた。
みんながやっていたように、家事の手伝いをしてみたいと思い、申し出ると
「私のやり方が気に入らないの!誰に言われたの!!」と、やらせてくれない。
それでも、かって出てみると「ジト目」で見てくる。家の手伝いは、やってはいけないことだと思った。
「みんなが夕飯のサラダを作った、とかシチュー作ったっていうの、私もそうやってお手伝いしたみたい」
と兄に言うと「おばあちゃんは大切にしなきゃいけない、嫌でもおばあちゃんの料理が食べられない時がくる
 それまでは、甘えさせてもらおうよ。だから、その後は○○(私の名前)の味しか食べれないんだなー」
と言うので、祖母の料理をいただけたり、家事を目の当たりに出来る風景が、とても誇らしく思った。

続きを読む

675: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/17(日) 19:51:12.85
修羅場ポイントがいまいちどこかわからないけど、
乗り越えてひと段落ついたので吐き出させてください。

私が8歳の頃から不倫相手の家に入り浸りでほとんど帰って来なかった父。
趣味はパチンコ、競馬、競輪、競艇、給料は全て使いこみ、
たまに帰ってくると、共働きだった母にも金をせびっていた。

14の冬に、同居祖父(父の父)の家庭内セクハラに耐えかねた母が
私と弟(8歳)を連れて夜逃げ→別居、
奴はこれ幸いと堂々と不倫相手と別の町で同居開始。

祖父はすでに父を見限っていたため、私達の賃貸アパートに通って
戻ってくるように何度も訴えてきたが、父がいない家には戻れないと母が拒絶。

それから10年間、父は養育費を払いたくないがために離婚に応じず、
別居状態が続いた。
自分の戸籍謄本を取るたびに自分の下の欄に増えていく、見知らぬ子供の名前。

【認知】○×
【認知】×△

一銭も金を出さないまま音信不通となった父に構わず、
母は昼夜問わず働き続け、私達姉弟を大学まで行かせてくれた。

私24、弟18で扶養から外れた途端に父は離婚に応じた。
その後はまったく連絡がなく7年を過ごした。

で、私31の冬、私達が出て行った家に一人残された祖父がタヒ去。
別居後も祖父が好きで毎月顔を出していた私は、元内孫として一人、通夜に参列した。
葬儀は近親者のみの家族葬。喪主である父自身が実家を捨てて出て行って、
実の父の交友関係など知るはずがないのだから当然だった。

続きを読む

78: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/07(木) 13:24:19.66
不倫話で思い出した。
昔社宅に住んでたんだけど、そこの奥さん方も歳が近い人が多くて、
結構な人数で社宅ママ友同士仲良くやってた。
で、うちが転勤して行ったのだけど、しばらくして実家に寄ったついでに社宅の人達と会うことになった。
場所は皆小さい子がいるので、社宅の中のAさんのお宅。
で、約束の日の朝に突然別の人から連絡があって、
Aさんが来られなくなったので、場所が変更になったとの事。
集まる予定だったAさんの上の階のお宅。
必然的にAさんちの前を通るのだが、私が通りかかるとちょうどおばあちゃんらしき人がAさん宅に入っていくところだった。
急におばあちゃんが来る事になったから無しになったのかな?
それにしてもおばあちゃんすぐ近所だよねぇ?と思いつつ上へ。
そのうち誰かが実はねぇ・・・・と話し始めてびっくり。
Aさんのご主人が職場の別の女の人と前日駆け落ちしてた。
そのまま職場へ退職の電話も入れたそうで、すぐに社宅も出なければならないとの事。
Aさん結構綺麗な人で、Aさんもご主人とは職場結婚。
なので、相手の女性も勿論知ってる人。
何がびっくりしたかって、相手の女性がやっぱりどう間違ってもお世辞にも綺麗とは言えない人。
またびっくりした事には、三ヵ月後、ご主人家に戻ってきて、
土下座して奥さんに謝って許してもらい、また一緒に暮らし始めたとの事。
でも会社は辞めたので運送会社で働き始めたそうな。
会社は大企業で安定してるし、生まれたばかりの赤ちゃんや小さい子供もいるのに、
それを全て放り出して人生賭けるような相手かぁ?
と皆がクビをかしげたびっくりした事件でした。

続きを読む

このページのトップヘ