キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:メンヘラ

オススメピックアップ!

933: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/10(土) 13:42:21.41
近所にモンペ母、暴れん坊自閉息子(20代?30代かも)、空気父の一家が住んでた。
モンペ母が奇声をあげて飛び出して、車にはねられ重傷で入院。
ママン大好きの自閉息子、ママがいないから暴れる。
ママを探して、近所中の家に突撃、侵入、暴れる、その辺の食べ物貪る。
年頃の娘さんがいる家は勿論、日中女性一人の家は閉じまり必至。
性犯罪的に襲うことはないけど、暴れると手がつけられないので、住人一同修羅場だった。

通報は三桁近かったらしく、警察と福祉課と住人交えて、空気父と談判。
施設の空きまで、ママンの代わりにヘルパーさんが入るようになった。
ヘルパーさんは日替わりで色んな人がくるが、なんかスゲー。
毎日一緒に掃除をしていて、ゴミ屋敷は人が住めるレベルになり
自閉息子はヘルパーさんの指示に従って、ほうきで道路はいてレレレおじさんになった。
空気父も、近所の人に挨拶するくらいになった。

無事に施設行きの日程が決まり、ホッと一息ついたのだが
入れ替わりに、モンペ母が退院してくるという噂に、再び修羅場かと戦々恐々。
モンペ母、多分メンヘラで、他人のものは自分のもの、自分のものは自分のもの。
取り返しにいって心を病んじゃった人もいたくらい、宇宙理論をふりかざす。
通りすがりの人がこっち見た!傷ついた!慰謝料請求するって暴れたこともある。
ある意味、自閉息子よりタチが悪く、手に負えない。

空気父、モンペ母の入所できる施設を探しているそうだが、中々難しいらしい。
我が家はもう避難として、引っ越しすることにした。
モンペ母が不在で、自閉息子が落ち着いてきた今日この頃
これが普通の生活と気が付き、ここに住み続けるというのは
自ら招いた修羅場でしかないと、目が覚めたから。

続きを読む

404: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/13(水) 10:10:29.87
プチ修羅場をひとつ。携帯なので改行変だったらすみません

10年くらい前、学生時代付き合ってた彼の実家で2人でテレビ見てた。
彼の部屋で見てたんだけど、トイレに行こうかなーと立ち上がった時
彼のお兄さんが、突然なにか叫びながら部屋のドアをガンガンガンガン!!と尋常じゃない感じで叩き出した。

私は恐ろしくなって号泣。彼はドアに鍵を掛けて部屋を出た。直後に「絶対開けんなよ!!」
と怒鳴られ、訳も分からず怯えていると、なにやら彼とお婆さんが宥めて無事収束した模様。
部屋に戻った彼に話を聞くと、お兄さん酩酊状態で包丁持ってたとか。彼が組伏せて事なきを得たらしい。

見てた番組がお笑いで、2人の笑い声を聞いたお兄さんが「お前ら皆俺を馬鹿にしやがって!!俺の事笑ってんだろ!氏ね!」って事だとか。

もう30秒早く部屋出てたら…と思うとぞっとした。どうもメンヘラだったらしい。
彼母からは「お兄ちゃんがごめんねぇびっくりしたよねぇ~」と軽~い謝罪のみだった。別れた。

続きを読む

47: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/17(金) 15:03:57.55
実家は当時父親、母親、父方祖父、兄、妹の5人暮らし。
私は遠方で就職。

ある日一人で帰省すると、母親が身の回りの荷物詰めていた。
「お母さん家出るから。じゃあね」
( ゚д゚)ポカーン

兄妹から説明を聞いたところ
 父親は年下メンヘラ人妻(離婚係争中)と数年越しのW不倫中。
 でその日「彼女を支えたいからもう家カエラネ。おうちあげるからあとよろしくお!」
 よろしくってじーちゃんどーすんだよ!てめえの親だろうがああああ!!と母親ブチギレ。
 速攻でウィークリー手配して母親家出←今ここ
という状況。

そこから数年間すったもんだあり、結局
・両親は離婚成立
・父親は不倫相手と再婚&引っ越し
・実家の土地家屋は母親名義に(慰謝料代わり)
・祖父は叔父(父の弟)一家に引き取られ、父親は親族から総スカン
ここに至るまでにもメンヘラ彼女が大暴れしてかなり大変だったんだ……

新居買ったばかりでばーちゃんに転がりこまれた叔父さん一家が気の毒すぎだった。

続きを読む

876: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/23(火) 18:25:52.78
悲しい話の後に気が引けるけど、最大というほどじゃない修羅場。

私達夫婦は人をもてなすのが好き。ホームパーティをするのが夢。
今までマンションだったから騒音で迷惑だからと我慢我慢だった。
やっと田舎の隣と距離のある一戸建てを買った。
それから親族のパーティや友達のパーティやらをしました。
たたかれる前にBBQはしません。近所にはする数日前に挨拶はしてます。

友達BからあなたんちでAの婚約パーティするってAから招待状もらったけど???
と電話が来た。Aは学生時代の友達で結婚前にもよく遊んでた仲。
パーティにも何回かよんでいた。でもそんな約束してないし我が家はそんなに
広くないせいぜい5~6人しかよべない。てかAの婚約話なんて初耳と友達Bに
ぶっちゃけた。
それから友達に聞きまわったら我が家に来る友達以外にも何人も招待状は
届いているらしい。10人ではきかない。

Aに苦情を言いに友達Bと凸したら、Aの頭の中では私達夫婦は離婚してAと
旦那が婚約したことになっていた。気持ち悪くて即効Aの親に苦情を入れたが
話が合わずやっとお兄さんと話せてAを入院させてもらった。
Aは不倫の子供をおろしたところだそうで、精神的におかしくなったらしい。
もちろん招待状はAの家でちゃんと説明の上撤回してもらった。

続きを読む

300: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/28(水) 11:35:19.15
俺の家はその逆で長男の兄が荒れてた
荒れてたっつっても暴力は無く重度のメンヘラって感じだったけど
兄の部屋が一面兄の血で塗りつぶされてたのを見て
当時小学生の俺が泡吹いて気絶したのが一番の修羅場かな

そんな兄を更生させた兄嫁はすごいと思う

続きを読む

525: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/26(水) 11:17:32.03
修羅場

旦那の元メンヘラ彼女に旦那がストーカーされて家に包丁送られたから
手袋して私の指紋つけないように包丁ラップで保存して
相手親に「警察届けますね」と言って相手を入院させて貰った程度かな。

続きを読む

976: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/01(火) 11:14:28.68
近所のA家。

A母はA長男が大学に入ったあたりから(けっこういい大学)
近所中に
「いい娘さんいらしたら紹介してください~」
と言って回るようになった。
年頃が釣り合う娘さんのいる家などにも粉かけて回っていた。

ちなみに私はA母とうちの母が元同級生なこともあり
気まずくなりたくなかったのか?
それとも私は最初から眼中になかったのか?
とにかく私はタゲられることはなかった。

続きを読む

177: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/21(月) 17:30:26.04
1/6
ありがとう。纏めてみた。文章おかしかったらごめん。
年齢は全部当時のものです。

私子…21才・学生(Aとは違う大学)
A子…21才・学生
A彼…22才・学生 Aと同じ大学

A子は高校の時からの友達で、お互い別々の大学に入った後も、ちょくちょく連絡を取り合ってた。
そのA子に、彼氏が出来たのが、大学2年の時。それがA彼だった。
A子が一時期、大学内のモメ事で悩んでいた時(私も頻繁に、電話で愚痴を聞いていた)、
親身に相談にのってくれ、また、同じ研究室だったそうだが、その中でも、頼れる先輩とあって、
A子は好意を抱いた様子だった。
その後ぐらいから、A子から電話で、A彼と出掛けた話とか、こんな所が素敵とか聞かされるようになり、
私子は「はいはい、ノロケ乙www」な感じで、のんびり話を聞くようになっていた。

続きを読む

317: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/13(金) 16:32:16.34
私がDQNだった話。(血注意)
フェイクはいってます。

三つ下の妹が中3の夏に、幼馴染の女が親の離婚でメンへラ化した。
親、先生などは妹にメンへラの相手をするように頼み、
真面目が妹はそれに従った結果、なにかあるたびリスカ・リスカ跡を見せられ、
登下校と学校にいる間ずっとストーカーされ、友好関係をつぶされ、
持ち物を盗られ、やたらおそろいの物を買わされ、
メールを一日何十件も送り返事がないと自さつ未遂→相手親から苦情
下駄箱や机に血のついた包帯を入れられたり、テンプレな目に遭った。
親は途中からメンへラを無視するように言うが時すでに遅し。
デモデモダッテでなかなかメンへラを見捨てられず
共依存で鬱気味になった妹の成績はがた落ち、メンへラと同じ高校へ。
そこでも粘着され、避けようとするたび自さつ未遂で妹は不登校になった。

私は遠方の大学に進学し、実家にはほとんどいなかったが、
上記のことはかいつまんで聞いていた。

ここまで前提。

続きを読む

629: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/10(金) 21:21:10.79
うちも母がらみ。
うちの兄嫁、死ぬ死ぬ詐欺のメンヘラでほっとけって言うのに
母は毎回心配して体調崩してる。
ついに兄の子の中2の姪が死ぬ死ぬ詐欺をやらかした。
そんなとこ母親の真似してんじゃねーよ!!
「あの子(姪)は優しい子だから自分の母親が色んな迷惑を
かけてるのを気にして…」とか言ってる。
だめだこりゃ。

続きを読む

このページのトップヘ