キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:バス

オススメピックアップ!

153: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/31(木) 17:44:51.10
古い修羅場聞いて下さいな。
二十年前高校生でバス通学していた、定期テスト期間中で午前中で終り
普段自転車通学だった友達が、帰りに寄り道するからと一緒に駅前からバスに乗った。
バスは中途半端な時間のせいで、がらがらで乗客は友達と二人きり。
次のバス停でお爺さんと中年のおばさんが乗って来た。
友達が両替のために立ち上がり学生鞄を座っていた座席に残して運転席隣の
両替機に向かったら、お爺さんが友達のカバンの上にどずんと座った。

びっくりして「すみません。そこ友達が来ます。鞄もあります。」と私が恐る恐る言ったら
「なんだとーお前老人に席を譲らずに座ろうっていうつもりか!!!!」と怒鳴り
「お前は○○高校だな!何年何組の誰だ!私は○校の教頭とも親しいから
お前なんか退学にしてやる!生徒手帳を見せろ!!!」と私の胸ポケットに入っている
生徒手帳をとろうとしたのか、私の胸をがっ!と掴んだ。
説明下手ですが、校則で胸ポケットに生徒手帳をいれておかないといけなかったのです。
もう理性もくそもふっとび「きゃー痴漢。痴漢。痴漢。痴漢。痴漢。」と痴漢を何度連呼した
ことか。バスが急に停まり運転手が飛んできた。「このじじい痴漢です。胸を掴まれました!」と
私が叫ぶと友達も「じじいが因縁つけて、この子の胸掴みました。変態です。」と言ってくれました。
爺さんはバスから降りて逃げようとしたので、運転手が拘束して乗り合わせたおばさんが
110番してくれました。その間も私はずっと泣いてました。その頃は胸を掴まれて
大大ショックだったんです。純情でしたねぇ。

続きを読む

10: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/17(月) 19:14:51.79
プチ修羅場でも

自分の出身高校は田舎にあって、駅から遠かったのでスクールバスがあった
高校生の頃、妙に『挨拶』に拘ってて、バスの運ちゃんや警備員さん皆に挨拶してた
1年も経つと、珍しいのか名前と顔を覚えられた

で、ある日バス待ちの時に同級生とじゃれてた
そしたら、なんかの拍子に派手にスッ転んだ
女子高生、パンツ丸見えで後ろに転倒
『パンツ!!!』と瞬時に思ったその次の瞬間、顔の真横ででっかいタイヤが停まった

後から聞いた話しだが、じゃれる→運ちゃんが気づく((私)ちゃんだ、こっち見たら挨拶するかな)
→私気がつかず、定刻発車→発車した瞬間、車道に転がる(私)→必タヒで急ブレーキ
運ちゃん曰く、(私)ちゃんが毎日毎日挨拶してくれる子じゃなかったら見てなかった。
見てなかったら、バスの影になってたから轢いてた。とのこと
実際、タイヤは私の首のすぐ横にあって、運ちゃんは轢いた・・・と思ったらしい
私自身、全身打撲やらなんやらで大変だったんだが、運ちゃんが一番修羅場だったろうな・・・
挨拶で命を救われたプチ修羅場でした
運ちゃんには今でも感謝してます

続きを読む

541: 1 投稿日:2012/02/11(土) 00:35:37.64
昭和50年代後半にあった私の修羅場。
小学校に入学時からバス通学をしていた。
家の最寄りのバス停から駅まで乗って
駅で違うバスに乗り換え、小学校近くのバス停で降りて学校に行く。
入学してから数ヵ月はバス通学には母が付き添いし、
慣れてくると帰りは家の最寄のバス停で母が待つスタンスになってた。

小学校1年の終わり頃、風邪をひいて数日休んで学校に行ったが、
体調が万全でないため給食後に医者から貰った薬を飲んでた。
駅でバスを乗り換えて乗ったのはいいが、猛烈な眠気がきて寝てしまった。
母は、乗ってるはずのバスから私が下りてこないし、
次のバスにも次のも乗っていない。
母は血の気が引いて家に戻り、学校に電話して
連絡を受けた担任は私が寄り道してないか探し回り、母も探してた。
その頃、バスで目が覚めた私は周りの景色が違うことから
乗り過ごしたことに気づき、どうしようと思ったが、
「あ、反対側のバスに乗れば戻れるのでは」と考えてバスを降りた。
降りて反対側の道路に渡ったのはいいが、肝心のバス停が見つからず、
分からなくなってしまい私は泣きだした。

続きを読む

190: 名無しの心子知らず 2011/10/17 19:03:59 ID:uKGn7QBF
バスの一番前の席、子供は好きだよね。
うちはたまに乗るんだけどバス停が始発に近いから座れる確率が高い。
息子を座らせて私は横に立つんだけど、そこを狙って乗ってきた子供がすぐ後ろの席に座って
しつこく「いつ降りるの?そこ座りたいんだけど。いつ?いつ?座りたいのにー!」
とずっと大声で聞いてきて困ったことがある。
あまりにうるさくて迷惑だから、次で降りちゃおうかと思ってたら
運転手が信号待ちに「バスは自由席なのだから仕方ない。うるさいのは運転の邪魔になる。
一緒のお婆さんは話して分からせろ」
と言った内容をマイクでアナウンスしたよ。
子供は涙目、お婆さんは真っ赤になってお金ガチャガチャ入れながらすぐ降りたよ。
車内にスカーッとした空気が流れた。
年配のおっかなそうな運転手だったからかなぁ。
若い運転手には難しそうだよね。

続きを読む

271: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/07 12:58:24 ID:w+UVkqyv
バスに乗っていて昼の時間帯で客も少なかったので優先座席に座っていた。
(バスは前半分は一人がけが多いタイプです)
優先座席は段差がないので降りるときにもたもたしないので人気です。

途中で乗ってきた主婦っぽいおばさまと、口元が歪んでいて機嫌悪そうなじいさまに
「(優先座席に座って)ずうずうしい」と直接文句言うでもなく遠まわしに嫌味を言われた。
渋滞で停車した時に立ち上がると、満足げな笑みを浮かべた2人。

ロンTをまくりあげ20センチほどたてにバッサリきれた腹を2人にだけ見えるように見せた。
術後1か月とまだそれほどたってなく、赤黒いような紫のような色の傷は自分でもおぞましいくらい。
診察帰りで傷の上にテープもはってなかったし。

急におろおろしだして、まわりをきょろきょろしだした。
後ろの方の席の人もなにかあったのだろうかと私たちの方を注目。

「後ろの方もあいてますよ」とバスの運転手がとどめをさすと、2人はもじもじしだした。
「なによ、いえばいいじゃない」とおばさまのほうが私に文句を言った。
「見たほうがわかるかと思って」と小声で返すと、真っ赤になってた。
じいさまのほうは携帯に着信があって、でかい着信音が鳴り響く。
「走行中は携帯に気を取られて転倒の危険がありますので御遠慮願いします」とバスの運転手にまたまた注意された。

降りた後、同じバス停で降りた見知らぬばあさまに「あのじいさん、いつもああなのよ」と。
乗るときにぶつかってきたり、バスのなかで大声で電話したり自分勝手な人だそうな。
主婦の方は知らんらしいが身内じゃないか?ということです。

あの時の運転手さんありがとう。

続きを読む

42: 名無しの心子知らず 2009/01/29 16:54:38 ID:fmEdLe3Y
今、あった事なんですがムカついたんで書かせて下さい。

私は、現在19歳の学生です。
授業が終わって、帰ろうとバス待ちしてました。
バスが来るまで結構時間があったんで、バス停には私しかいませんでした。
バスが来るまで、並ぶように決められた場所で、待っているとだんだん人が増えてきました。
後から来た人は、勿論私の後ろに並んで待ちます。

時間通りバスが来て、乗ろうと扉まで近付こうとした時、小さいお子さんを連れたお母様が横入り!
小さい人間かと思われそうですが、私こう言う横入りとかすっごく嫌いなんです。
咄嗟にそのお母様の腕を掴んで、
私「皆さん、並んでいらっしゃいますよ。」
母「こっちは子供連れてるんだから、譲りなさいよ。」
私「私の母は私の幼い頃でも、ちゃんと並んでましたよ。順番を守るように教えられました。」
母「何よ。小娘のくせに。」
私「その小娘に注意されて、恥ずかしくありませんか?」

此処で、母ファビョる。
が、一部始終を見ていた後ろのお爺様お婆様方に、散々言われるw
お母様は悔しそうに舌打ちしながら、列の後ろに行かれました。

「こんな寒い所で足止めさせてしまって申し訳ないです」と、後ろの方々に謝って無事バスに乗りました。

バスの中で、お母様の目線が怖かったですが、お爺様お婆様方に褒めて頂き嬉しかったです。
飴やら蜜柑やら、戴いてしまいましたw

お母様の近くに居た、お婆様がお子さんに、「お母さんが、教えてくれないみたいだから、おばあちゃんが教えてあげるね。順番は守らなきゃ駄目なんだよ。」みたいな事を言ってて、
更にお母様の視線が怖かったです。
間違った事はしてないんで、堂々としてましたが。

長々とまとまりのない文章で申し訳ないです。

続きを読む

18: 名無しの心子知らず 2012/05/17 14:28:39 ID:DbYSAVSR
文才がないので読みにくいと思いますがご容赦ください

営業先に行くためバスに乗っていたところ
バスの一番後方の席を2組の親子が陣取っていた
その親子、物凄くうるさい
子供が騒ぐのはある程度は仕方ないと思ってる質だけど
あまりに度を越えた騒ぎ方
騒いでるというより金切り声に近いというか力の限り叫んでいる
母親たちも母親たちで、子供に負けないレベルでゲタゲタ大騒ぎ
あまりの煩さにバスの運転手、乗客がなんど注意しても
むすっとした顔をしてちょっと間は黙るが、すぐに元通り
この親子、注意されたことが不満だったのか
降りるときにバスの料金入れるついでに
料金を入れる機械を思いっきり蹴り飛ばして降りていった

これだけだったらよくある話なんだけど
バスに降りるときに親子のうちの一方の女の子が
グズりながら母親が何かを言っていた
どうしたんだろうって思って目で追ってしまっていたのだが
その女の子、降りて2mもあるかないところでいきなりパンツを下げて
当たり前のように排水口へ用をたし始めた
そこは道路に面しいるどころか、4車線くらいある結構大きな国道で
女の子の大事なところ丸見え
母親も当たり前のように立って女の子が用を足すのを見ていた

なんかもう色々衝撃すぎて唖然としてしまった

続きを読む

576: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21(水) 13:42:20.37 ID:x4j6pcYe
流れ読まず書き込む!

私はバス通勤。始点から終点まで乗るので、バスの後ろの方に座る事にしている。

この路線は間に大きな公園などを挟むためちょっと遠回りをするけど、途中で止まる事がほとんど無い。通勤時間帯でもそんなには混まず、ちゃんと詰めればみんなが座れるくらい。

その日もいつものように、後ろのタイヤの上の座席(周りよりちょっと高くて見晴らしが良い)に座って壁にもたれてぼ~っとしていた。車内は程よく混んでいてざわついている。
途中、その大きな公園のあたりで、前の方に乗ってるおっちゃんが降車のためのブザーを押したのを見るともなしに見ていると
(乗り込む時から赤い顔をしていてほろ酔いなのが目についたから、何となく気になってた)
バス停で停車したのにおっちゃん降りない。運転手さんも車内アナウンスで確認するも誰も降りない。で、再びバス発車。間違えたのかな?と思って見ていたら、すぐまたおっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない。
運転手さん確認アナウンス。バス発車。おっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない…
おっちゃんの席には手元近くにブザーのボタンがあって、誰にも気づかれていない様子。

3回目には運転手さんのアナウンスがキツくなり、4回目のバス停で運転手さんがキレた。
「イタズラをやめない限り発車しません!」
朝の時間は本当に貴重だから、遅れるのは5分でもかなりツライ。
見てたのは私だけみたいだし、どどどどーしよーって1人でアセってた。
でも、後ろからだけどおっちゃんの口元がわらったかたちに動いたのが見えて、私の中で何かが切れてしまった。

続きを読む

247: 名無しの心子知らず 2012/06/07 09:24:24 ID:UjeaHgTr
ちょっと前の事。
10時頃の席がいくつかあいてるようなバスに
一才半位の男の子とママさんが乗ってきた。
男の子は一番前の席が良かったらしく、
このイス嫌~とグズりだした。
すると一番後ろのイスに座ってた爺さんが
「子供を泣かすな!」と怒鳴りつけた。
子供は余計に泣いて、次の停留所でおりた。
爺さん気が済まなかったのか「やっぱり女親はダメだ!男親の方が優しい」
とグダグダ隣のおばさんに話しかける。
(地声が大きいからバスの中に響き渡ってた。)
自分はすぐおりたけど、何か一言言ってやれば良かった。

そのバス乗る度に思い出して後悔する。

続きを読む

128: 名無しの心子知らず 2010/05/24 18:34:39 ID:c0mbEs+1

やっと帰れたので投下。
パートの帰りにかなり調子が悪くて、バスで座れてホッとしてた。
発射直前にベビカママがダッシュして乗り込んできた。
いつもなら譲るけど今日は無理だったから普通に座ってた。
なのに、甘い声で「譲ってくださ~い」と言われ、
正直に、「すみませんが体調が悪いので立てません。ごめんなさい」と答えた。
そしたら「ケチ!ケチ!子連れの私よりしんどい人がいるわけないでしょ!ずるい!譲れ!ずるいよ~~~!」とわめきだした。
当然周りの人もドン引きだけど、子連れなのは確かなのでほかの人が譲ってくれようとしたが、
そのママも引っ込みがつかないのか、「いやー!あの人(私)がいじめる!子供がいるのに意地悪する~」
「ひどいひどいひどい!ケチケチケチケチ!」と泣き出した。
ここまでやられてもほんとに体調悪くて座っていたくて座ってた。私も意地悪かも。
早く終わらないかな~と思ってるといきなり手を思いっきり引っ張られてバスの通路に倒れてしまった。
何が起こったのかと思ったらそのママが私が座っていた席に満面の笑みで座っていた。
優先席じゃないのになんでここまで…。
このあと実は気を失ってしまって救急車呼ばれてしまったらしく、気づいたら病院に着いたとこだった。
そのあと点滴して、警察に話を聞かれて、点滴のおかげでだいぶ落ち着いたのでやっと帰ってこれた。
ベビカママも話を聞かれて、注意されたらしいです。
ちなみにバスは満席じゃなかったんだけどね・・・。

続きを読む

このページのトップヘ