キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

タグ:お金

オススメピックアップ!

770: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 08:58:17.32
フェイクあり。
上の兄が40歳間近なのにニート。金と酒と煙草を要求し、酔うと暴れるタイプ。
下の兄が鬱で仕事辞めてた。借金もしてた。
姉は10年程前に彼氏が事故で亡くなり、妊娠してたので未婚の母に。
その娘(私には姪っ子)は精神不安定で現在登校拒否。
父は数年前事故って、生きてるけど後遺症で手が上手く動かない。
(美容師みたいに手が大事な職業だったのに)
私の仕事も3月末で契約終了…
実家は借金まみれで、60越えた母が今でも働いて頑張ってくれてる
私も次の職探して早くこの修羅場を乗り越えたい

続きを読む

504: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/16(土) 03:08:31.35
こそっと夜中に自分の修羅場
学生寮に住んでいた頃、同室の子の友人Aの口座から勝手に引き出されると言う事件が起きた。
結果Aの同室だったBが犯人だったんだけど(と言うかBしかいないよね?って状況)
良くも悪くもお嬢さんのAは「Bちゃんが盗ったなんて信じられない!!!」と号泣。
Bはお父様が上京してきてAに弁償+慰謝料的なものを渡して、ここはひとつ穏便にとなり
Bは寮を出て一人暮らしをすることになりBが引っ越す時に
AとBは抱き合ってこれまた号泣
結果Bの悪事を暴いたことになった自分がAに嫌われた。
AもBも今どうしているか知らないけど、イロイロメンドクサイなぁと思った二十歳の自分。

続きを読む

980: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/08(火) 18:05:36.41
当事者じゃないんだけど。聞いた話。埋めがてら。
携帯からで改行おかしかったらごめん。
親戚姉弟は姉が障害がある。弟は先生がつく職業で開業してる。
弟が婚約して、家族と婚約者もよく会い、姉にも優しくしてくれていたが、
母は婚約者がふいにとても意地の悪い顔をするのが気になったそう。
しかし息子本人が選んだ人だし、と何も言わなかった。
で、弟と婚約者で生活費の話になった時、弟は1ヶ月50万の生活費でどうかと提示。
婚約者は全然足りない!と言ったそう。そんなものなの?と参考に両親に聞いたら
生活費50万なら十分すぎるよ…と言われてウォーター。結納前に婚約解消に。

元婚約者がキレて弟実家凸、姉を罵倒したらしい。
元婚約者親がまともで収めてくれたそう。(元々いいとこのお嬢さんだったらしい)
数年立ったけどまだ弟独身。結婚しなくてよかったと思っている。

続きを読む

18: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/07(土) 16:34:50.49
>>16
気付いたら親が会社コカして夜逃げしてた事あるよ
当時学生で仕送りが滞った事から発覚した
時期が良くて特待生試験とか受けられたんで、バイトしながらそのままがんばって卒業まで行けた
親の消息が分かったのは2年後で、直接会話したのは更にその3年後だったかな

続きを読む

128: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 投稿日:2011/05/30(月) 16:06:32.87
昔会社の同僚が夜社内で攣った。
サラ金から借金して会社に督促の電話がかかりその内行方知れず。
何日か後に夜中に侵入して事に及んだ。
自分は遺族に対する窓口を任されたんだが
会社に迷惑かけてるのに退職金はどうなるとか
心臓発作で倒れたことにして労災扱いにしてくれとか大変だった。

自分は権限無いから上司に丸投げしたので詳細は不明だが
結果的にその営業所は撤退となった。
攣って染みとかあるようなとこで働くのは嫌だよな。

続きを読む

856: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/03(日) 11:45:52.99
当たり屋とはちょっと違うが私も半年前中国人に車ぶつけられたが弁証どころか謝罪もなかった。
それどころか家族の中国人かわるがわる電話かかってきて
やれ治療費や慰謝料や怒鳴り散らして請求された。
…ってか駐車してる車に一方的にぶつかってきたくせに
私車内に居なかったのになぜ私がお前に金ださないといけないの?
まさかリアルに自分に尖閣諸島問題おきるとは思わなかった

続きを読む

662: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/05(金) 09:48:47.49
私が子供の頃、父の火遊びが母にバレて大喧嘩した話。

父が給料の半分程度しか家に入れてなかったことや、浮気について母は責めた。
父はこのくらい小遣いがなきゃやってられないと反論。
更に浮気じゃなくてソープだ!!風俗行かなきゃやってらんない!!と大声で叫んでいた。

いつまでも平行線の喧嘩は父が寝たことで休戦になったが、翌日まだいい足りない母は父の職場に電話。
「○○の妻ですが、○○はいますか?!…今いない?本当ですか?
お恥ずかしい話なんですけど夫が浮気をしておりまして、その件でお電話を…」

職場に浮気(風俗)を暴露した母。
父がその職場から異動できたのはそれから五年も経ってからでした。
小学生の私に初めてソープという単語を植え付けた出来事。

続きを読む

295: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/13(土) 13:13:26.98
お金関係の身内修羅場
実家の父はサラリーマン、母は働いたことのない専業主婦。二人とも50才。
そんな両親の結婚記念日に両親から話があると当時22才だった私と双子の兄に急に切り出した。

内容は
・両親が二人で貯めたお金がちょうど1億になった。
・家のローンがあるといっていたが、実は5年前に完済してる。
・父は会社を辞めて、母と犬とでキャンピングカーで全国を回る
(キャンピングカーは購入済み)
・尚、1億は両親が今から使っていくけど残ったら、子ども(私達)に渡そうと思ってるけど残らない確率高い。
・子どもの結婚資金や家購入の援助は一切しない
・両親の介護問題は両親で方をつけるので、子どもはノータッチでいい
・両親の家は残せるので売却するなりして子ども同士でわけなさい。

と言うことが言い渡された。
急な発言にびっくりする私と兄。
小さい頃から、特に貧しい思いもしなかったけど、贅沢もしなかったのでごく普通だと思っていたのでびっくりした。
でも、兄と二人で今まで育ててくれてありがとうだねと言って両親を応援するといった。

両親は次の結婚記念日がくるまでに会社をやめ、キャンピングカーで北海道に向かった

続きを読む

691: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/14(月) 03:51:15.58
数年前の話し
小さな個人の不動産事務所をしていた父が、貸金業者数社から
借金していたことが発覚。
さらに管理していた月極駐車場の駐車料金を使い込んでいたことも。
どちらも事務所への電話じゃ父がつかまらないということで、
自宅に直接電話がかかってきたことでわかった。
不動産業としては全く収入がなかったらしく、当時すでに年金を貰っていたが、
それで自転車操業的に事務所を維持していたけれど、
それも間に合わなくなり借金、ということだと思われた。
とにかくこのまま仕事を続けさせても、借金が返せるわけもなく
母と説得して事務所をたたませた直後に、一気にボケ始めた。
(専門の病院に連れて行って、診断してもらった結果、認知症とでた)

駐車料金の使い込みは、土地の持ち主に私と母で謝罪してお金を返し、
貸金業者の方は、私に交渉の一切を任せるという委任状を父に書かせて
『父の年金から』毎月お金を返す代わりに、少し減額してもらうということで、話しをつけた。
1年以上かかったが、どうにか全社完済したけれど、
業者と電話で交渉したり、店舗へ出向いたりの数ヶ月は本当に大変だった。

実際のところ借金の本当の理由は頑として言わないまま、今は要介護3
自分が借金して家族に迷惑をかけまくったことなど、きれいさっぱり忘れている。

続きを読む

398: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/06(金) 16:36:34.13
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた
ら、彼女がいると紹介された
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり
「Aくん。もうこの人と友達やめな」
と言い出した
「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした
「どうしてそんなこと言うんだよ」
その言葉にB子は
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた
返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」
とB子に言った
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」

途端に泣き出すB子
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった
「やだ~!!Aくんいっちゃやだ~!!」
と後を追い掛けるB子
もう何も言えずため息つくしかなかった
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に
「ずっと変わらず友達でいてくれ」
と言われた
B子のことを聞くと
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた

続きを読む

このページのトップヘ