キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

オススメピックアップ!

76: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/19(土) 00:11:04.68
大したことないけど思いだし投下。

うちはいつも週一でうちに来てくれるクリーニング屋がいる。
両親が留守のある日、クリーニング屋のお兄ちゃんが来ることすっかり忘れてて、慌てて出す予定の洗濯物を専用のバッグに入れて渡した。
そして翌週に洗濯物が帰ってきたらお兄さんの様子が変。すげぇ気まずそうに母にバッグを渡してそそくさと帰ってったらしい(この日受け取ったのは母だったので私は直接見てない)。
母が訝しげに洗濯物を確認したら、母の使い古しのパンツがバッグから出てきた。間違えて私がバックに入れてしまったようだ。
めっちゃ恥ずかしかったと母に怒られた時が私の修羅場だけど、くすんだベージュのヨレヨレパンツをお兄ちゃんに見られた母のほうが修羅場だったかもしれない。

118: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/19(土) 22:47:44.31
以前転んで骨折したんだけど、場所っていうか折れ方が特殊すぎて、医者ですらそんなところを
そういうふうに骨折するもんなの?ってなってた上に、レントゲンでもなかなか写らなくて
いろいろ検査した挙句にようやく骨折してるってわかった。

外科部長が超ベテラン医師だったことが災いして、「そんなところが折れるか!」って決めつけて
折れてるところをぐいぐい押したり何だりして、私は痛みで気絶→嘔吐を繰り返し、若い外科医が
クビになる覚悟で、自分が担当しますのでお任せください!って強引に割って入って
それでようやくまともに検査してもらえた。

外科部長の処置(ぐいぐい)がまずくて、一時期は後遺症が残るかもってことで訴訟沙汰になったり
骨折状態が珍しすぎて、学会で発表されて一部の業界で有名人になったり、色々と修羅場だった。

ちなみに後遺症は残らなかった。若い外科医は自分の出身大学に戻って大学病院で働いているそうだ。

198: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 19:26:15.99
すみません、吐き出させてください。
まだショックから立ち直りきれていないのもあって、文章がおかしかったらすみません。
あと人の生タヒの話なので、嫌いな人はスルーして下さい。

当方看護師をしています。
といっても小さな医院で働いており、近くに総合病院があるため重篤な患者さんはいらっしゃいません。
と、ここまでが前提。

つい先月のことです。
その日は後輩のAくんと順夜勤でした。
もちろん病院では何事もなく交代し、私服に着替えた後帰るために駐車場へ向かいました。
Aくんはスクーター。私は自動車通勤をしており、駐輪場は駐車場よりも手前の位置にあります。
Aくんと二言三言話した後そこで別れ、自分は駐車場へ。
そして車に乗ろうとドアを開けた時、近くで大きな音がしました。
音から察するに何か大きなもの同士がぶつかったような、
ぶっちゃけて言うと車とかがぶつかったようなそういう音。
あわててドアも閉めずに音のする方へ向かって、そこで私が見たものは、
全面がひしゃげた軽自動車とその持ち主らしいうろうろしているおばさん。
それと地面に倒れているスクーターと血まみれのAくんの姿でした。

192: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 18:40:57.71
空気読まない俺の修羅場
今日は久々に暖かくなって過ごしやすかった
年末に父親が入院して雪かきが大変なんで実家から仕事に通っってた
実家は今年豪雪で1時間離れた俺の住む独身寮は積雪量は少な目なんで実家の雪かきしまくった
父親が退院して体調も良いからと久々に寮に帰った
ストーブを点けて部屋も温まりコーヒーを飲もうと流しに立ったら
ドドドッと激しい振動に轟音と共にガチャガチャと窓ガラスを突き破って雪が部屋に雪崩れ込んだ俺は放心状態
雪崩れ込んだ他の部屋の住人は阿鼻叫喚
ガラスの修理と呼んで部屋の雪をかき出して散々でした

223: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 21:19:37.33
大学生の頃の話。
下系&凄く汚い話なので嫌いな人はスルーしてね。

夏場のある日、刺身食べたら食中毒にかかってしまった。
下痢と吐き気が凄くて、学校を休んで一人暮らしの部屋でうんうん唸ってたら急に便意が。
慌ててトイレに駆け込み、スウェットのズボンとパンツを下ろして便座に座ろうと中腰になった。

その瞬間、それまではあまり感じていなかった吐き気がいきなりMAXに。
我慢する間もなくトイレの床に思いっきりゲロをぶちまけてしまった。
予想だにしていなかった事態にテンパッてしまい、全部吐いてしまったにも関わらず
「便器に吐かなければ!」
と身体を180度回転。

その勢いのままゲロを踏んで滑って思いっきり転んだ。
その際トイレの壁に側頭部を痛打し、その衝撃で下痢を全部もらした。ゲロの上に。
便器の中には結局何も入らなかった。

当時既に20歳越えてたけど声をあげて泣いた。

238: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/22(火) 00:21:49.81
父親が自動音声に向かって話してたとき。

子供のころ、親の仲がわるかった。
そして、父は定期的な収入がなかった。
たぶん自営だったんだと思うんだけど、詳しくは知らない。
母に「今月はまだなんですか?」とか聞かれると機嫌を悪くして怒鳴っていた。
いつからか夜遅くに父が帰宅すると家族は早々に寝室で寝たふりをする習慣がついていたんだけど、
よく、そのころはまだ珍しかった携帯の着信があり、隣室からその会話が漏れてきていて
母はそれを聞いて「仕事はしてるみたい」と思っていたらしい。
ある夜、また携帯が鳴って、調子よく父がしゃべっているのが聞こえた。
で、相手の声も聞こえるんだけど、なにかがおかしい。
相槌を打っているふうでもなく、会話をしているようには聞こえない。
そのままよーくよーくその声を聞いていたら、それが時報だというのに気付いた。
父は、時報に向かってさも仕事をしているかのようにしゃべっていただけだった。

気付いた瞬間がものすごく修羅場だった。大混乱とかいうレベルじゃなかった。
気持ち悪かった……

257: 1 投稿日:2013/01/22(火) 13:48:55.62
後味悪いかもしれない、なんかよく判らない修羅場です

結婚した後分かったんだけど、夫の実家がニート(夫の実妹)を飼っていた
それまで夫含む義実家が必タヒに隠していて、完全にいない存在になっていた。
結婚式もお互いの家族だけで簡単に済ませちゃったし全然気付かなかった。
まさかそんな、家族を隠すなんて。ウトメ夫ともに凄いちゃんとした人達なんだよ。
ある時義実家に遊びに行ったら、二回から何度か大きな物音がしたんで気付いたの。
ウトメも夫も凄く謝って、全てこちらが面倒を見るから気にしないでくれと言われた。
実際義実家は代々の資産家だし、夫も私も金銭的に問題は無いし、今までその妹に
迷惑をかけられた事などもなにも無いし、とにかくあまり関わらないでいようと思った。
夫によると、妹さんは本当の引きこもりで、全く部屋から出てこないんだそうだ。
ご飯もあまり食べない。携帯やパソコンも(多分)持ってない。日々何してるんだか謎。
息を殺すようにして生活していて、だから家族も妹さんと顔を合わせないように気を遣って
生活しているんだとか。大学までは普通に行ってたんだけどって。5年以上ひきこもりか…。
そんなある時、本当に偶然に妹さんに出くわしてしまった。義実家の廊下で。夜中に。
妹さんは、メチャクチャ美人だった。昔の柴咲コウみたいな一目で分かる美形。
聞いてみたら、通っていた大学と言うのは東大だった。

300: ◆IX9bHZR5gQ 投稿日:2013/01/22(火) 16:28:09.95
話切ってすいません。大学生の時の修羅場です。

大学生の頃、夏季休暇になるとひまなので、昼間だけのバイトを探していた。
自炊するのが嫌で、賄(まかない)付のをピックアップするといいバイトが。。
高給で2食付の高待遇しかも近所の徒歩5分のパチンコ屋に決めた。
朝9:00~18:00までのホール係り。仕事はハードだが金は溜まるし
昼夜のごはんも付くしウハウハ。
(続きます)

370: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/23(水) 11:37:50.90
プチ投下。ヘビに噛まれそうでドキドキした話。
ン十数年前、私 当時6才、姉8才、父、母でイモ掘りに行った。
とっても楽しくって座ってウキウキでイモ掘ってたら、少し離れたとこから母と姉が
「ゆっちゃん!!(私の呼び名)後ろ~!!後ろ~!!」と叫んだ。
ドリフのコント(志村!後ろ~)かと思ったが母の顔がマジだったので
立って後ろ向いたが何もない。
「下~!後ろの下~!」とまた叫ばれて股の間から覗いたら
でかいマムシがシャァァーーー!!!って牙むいて威嚇してた。
ひぃぃぃ!!!!どどどどうしよう~タヒぬぅぅぅと思ったら
父が「動くなーー!」と叫びスススス~と忍者のように畑の周りを回ってヘビの背後に迫り
スワっとクワを振りかぶり首をスパーンとはねた。
そして掴んでブン回して畑の横の深い藪の中に捨てた。
で、「あ、しまったマムシ酒にすれば良かった」と呟いた。
とーちゃんそこは娘が無事で良かったって言ってくれよ・・・と父の背中を見て思った。
大人になってマムス酒飲んだらなんだか生臭かった。
とくに落ちもなく終わります ありがとうございました。

420: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/23(水) 21:32:35.93
義実家の目下最大の修羅場

義兄は誰でも知ってる大企業にお勤めだが、その企業はだれでも知ってる本業大不振によるリストラ中
先が見えないリストラに本業不振に景気回復まで待てない義兄
それに漬け込んだウトが
「郷里に帰れば、俺様のコネで就職先を世話できる」と

それをあてにした義兄、早期退職(リストラ)に応募してしまった。

ウトのコネとは信金に勤めていたこと、定年前に地元企業に出向していたこと。
その信金や地元企業の事だが
ウトが定年になってから10年以上はたち、出向先企業も世代交代で社長以下全部変わってて
コネ?「あんた誰?」状態だった。

なのにウトは義実家に義兄一家が帰ってくるとリフォームまで申し込んでいた。

帰っても再就職先がないと判明したのは正月。
義兄一家の正月の帰省中はもう大変だったよ

今現在、ウトの安請け合いにびっくりしたウト兄の計らいでウト兄のコネがある会社を紹介してもらった。
でも採用されるかはわからないし、あんまり条件が良くない会社だって

義兄は郷里に帰らず、現在住んでいるところで再就職を真剣に考えているって。
その方がまだ就職先見つかりそうな気がする
そして安請け合いでリフォームまでで申し込んだウトは親族総スカン
家(夫は次男)に一緒に住もうと言ってきた。

もちろん丁寧にお断りのはずが
「ウトも困ってるんだろうし」と言い出した夫にびっくり

これから我が家が修羅場
もちろんウト申し出に応じる気は全くない。全くないが夫がバカやらかさないか見張らないと。

このページのトップヘ