キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

オススメピックアップ!

836: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/15(火) 12:14:10.88
それはそうとプチな修羅場。
目の前の旧道でDQNバイクが滑って転倒@都下
この道路状況なのにノーヘル&2人乗り(2人ともノーヘル)
後部に居た人はもうあり得ないくらいケイレンしてて、
運転してた人は全く動かない。
救急車が到着するまで心臓が口から飛び出るくらいに焦ったままだった。

せめて命だけでも助かりますように。

850: 1/2 投稿日:2013/01/15(火) 15:23:26.29
宗教話題が上で出ていたので便乗。

2年の付き合い→結婚、真面目で誠実・いつも優しかった旦那。
専門職で頭も良い、なにより私を理解してくれてる…
「最高の伴侶と巡り合えた!」と浮かれてたのは新婚旅行から帰って来て3日間まで…。
義実家から大量の本が届いた、もちろん旦那宛。

旦那にメールすると「開封してしまっといてくれる?読んでくれてもいいし^^」と返事が…
趣味の本かなんかかな?と思いつつダンボールをあけると
「著者:O川R法」この文字が目に飛び込んで来た時。これが1回目の修羅場。

まったく何かを信仰している言動も気配もなかったのに!?いやいやこれは何かの間違い。
とトメに電話してみたら「それは息子ちゃんのョ~やっとウチ処分出来たんだから送り返してこないで、」

旦那は熱心な科学の子でありましたorz

私は生まれつき首に広範囲なアザがあって、両親は散々
「親の業のせいで子供がこんな風に生まれて来た」だの「私ちゃんの前世が悪いからこんなになった」などなど言われて来た。宗教勧誘も多かったらしい。
その為、私一家は宗教が苦手。宗教も信仰も否定はしないが
信仰するのはその人の勝手だが私たちを巻き込まないで欲しい!って考えだ。

帰宅した旦那に事実を聞いてみたら…
「私ちゃんが苦手って言ってたから話出せなくてさぁ~」と笑いながら認めた。
一晩話し合って「私と私実家に勧誘などしない、強要しない」と旦那に誓わせた…

科学な事がなければ、平和で幸せな結婚生活。しかし1年を過ぎた頃から旦那の行動に変化が現れだしました。
「映画行こう」と休みの日一緒に出掛けると、科学提供の映画だったり…
日曜の朝のBGMは「科学の講演会収録CD」だったり…
なにげな~くテーブルに科学の漫画(私が漫画好き)が置いてあったり…
そう、旦那は勧誘ではなく「私ちゃんを洗脳」しよう!と実行に移し始めたのでした!

「これは洗脳だ!」と気づいたのが第2の修羅場。

881: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/15(火) 22:47:12.27
両親の別居の理由を20になるころに初めて知った。
父は本州出身、母は北海道出身。私は一人っ子。
私は生まれは北海道だけど、1歳頃から本州、3歳頃に北海道に戻ってきた。今も北海道。
今までずっと「仕事の都合」で別居だと聞かされていた。周りはみんな親子みんなで出かけているのが羨ましくて仕方なかった。
小学校の頃、お父さんと一緒に暮らしたいって作文コンテストで書いて賞までもらった。
母方のいとこ2人とは兄弟のように育って、たまに本州の家に帰ると父方のいとことも遊んだ。
父方いとこの末っ子は私以上に私の父に甘えていた。プレゼントのおねだりもうまかった。それが羨ましくて仕方なかった。

私が3歳のころからずっと別居、いつか離婚するとは散々聞いていた。
高校に入ったらーだとか卒業したらーだとかアンタが二十歳になったらーだとか。まあそんなもんかと思っていた。
20の誕生日が近くなった頃、母がぽろっと別居の理由を教えてくれた。父の浮気が原因だった。
最初は何を言われたのか分からなかった。私の中の父の姿が崩れていった。
浮気の慰謝料やなんかをもらわない代わりに生活費をもらっているそうだ。
そして私の20歳の誕生日の2日後、両親は正式に離婚した。

離婚はしたものの私はまだ学生で、中小企業の役員である父からの振り込みが頼り。
何年もあってない父への数少ない連絡が金の無心。毎度毎度タヒんだ目でメールをうつ。返事はない。
父方の祖母に貸してもらった振袖で成人式に出た旨を連絡するも、やっぱり返事はない。

そういえば父は最初、母でなく、母の妹が好きだったそうだ。なにそれ。笑える。
ついでに父方いとこの末っ子は今どこぞのクラブで働いていて、その斡旋をしてやったのは俺なんだと父は自慢げだった。
お前ももう少し稼げるバイトでもすればどうだ、とも言われ、ああ、これがこの人の考えなのか。と妙に乾いた気持になった。
私は残念ながらオトンそっくりのクソみたいな不健康デブスに育ち、おとなしーく家庭教師のバイトをしている。
「そんなクソつまんねーバイト何が楽しいんだよwwwwww」とバイトを始めた当初に言われたのを思い出してカキコ。たしかにクソつまんねーけどさ。

865: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/15(火) 16:25:07.89
夫はひとり息子(年の離れた姉がいるが海外暮らし)で、
父親は高校時代に亡くなっている。
結婚するとき、同居が条件だった。
元来能天気な性格なので深く考えずに了解して一緒に暮らし始めたのだが
夫からひとつだけ言われた同居にあたっての注意事項として
姑はとても繊細で、血圧も不安定な為
腹が立つことがあったら何でも俺にぶつけていいから
姑には逆らわないで欲しいと言われてた。
そんな繊細な人には見えないけどなと思って同居してみたら
繊細なのは自分に対してだけだった。
嫁には言いたい放題で無神経で下品で底意地悪い。
2年経っても子供が出来なかったので
「不良品つかまされたか」「土壌のいい女を選べばよかった」
「息子ちゃんも運が悪い」と言われまくりーの
不妊特集記事を壁に貼られーの
不妊特集番組やってると風呂にまで呼びにきて見ろと言いーの。
それだけならまだ私も我慢できたけど、
ある日うちの実家を糞味噌に言われたときに何かがブツッと切れて
「黙れくそばばあ!」と声の限りに怒鳴ってしまった。
そしたらふらふらふら~と倒れた。
様子がおかしかったので(普段もおかしいけど)救急車呼んで
そのまま血圧が安定するまで入院。
病室では「嫁に殺されそうになった」とふれまくり
あんな恐ろしい嫁とは暮らせないと、
退院後、自分で介護型老人ホームを探してきて入所。
結果オーライ。

900: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 10:43:47.55
私はエホ○の証人だった

毒親育ちで厨房だった当時は藁をも縋る思いだった
だけど、信者同士(女性が9割)の派閥やセクハラ
歪んだ二世信者達を見ていくうちにだんだん冷めていった
夜逃げみたいに唐突に実家を出て遠方に逃亡して
二年後に排斥(脱会)届けを地元の長老宛に出した
当時は、終りの日(裁きの日)が来たら神罰が、、、と
本気で怖くて修羅場
反動で普通の感覚を持って生活出来るまで十年近く掛かった
選民意識だけ無駄に高かった当時の無能な自分が恥ずかしい

908: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 12:46:55.62
宗教の流れにのってものすごく小さいのを一つ

当時小学生で、友人Aと学校帰りにA宅で遊ぼうと向かったらA家は留守
Aは家の鍵を忘れてて、仕方ないので家族の誰かが帰ってくるまで
家の前でAと待機する事に
その待機中に宗教勧誘のおばさんと会ってしまった
彼女はAの母に用があったので、三人で待ってる間に
自分への勧誘(というか宗教の紹介)が始まってしまった

宗教勧誘する人を見知ったのがはじめてだった自分は
宗教のパンフレットに描いてある「神様に選ばれた人が行ける楽園」の絵を見せて
本気の目でそれが実現すると話すおばさんの存在にとても驚いた
日本語は通じるのに話がわからないみたいな、え?こんな事本気で信じてる大人がいるの?って
その時の衝撃が修羅場だった

楽園の絵はどこかの庭園で人と数種の動物が戯れてる物で
疑問を感じた自分は素直に
「で、米は誰が作るんですか?こんな狭いと米作れないですよね?
この人達や動物達のごはんはどうやって用意するんですか?」
と食糧確保についてのあらゆる事を延々聞いてしまい、それに慌ててオロオロし始めたおばさんに、そういうこと考えてなかったの!?と更に衝撃を受けた

今思うとおばさんには失礼だったし申し訳ない事をしてしまった

920: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 14:14:06.74
虫注意

夏のコバエの修羅場
最初は、最近家の中にコバエが飛んでるなーと思っていた
だんだん網戸に群がるコバエがやばい感じの数になっていった
家の外に原因があると勝手に思っていて、虫よけの薬をドアの外においたりした
でも、全然コバエの数は減らないし、家の中がなんか臭くなった気がしてた
最初にコバエに気づいて二週間くらい経ったある日、
ふと靴箱の下をのぞき込んだら、液体になりかけた玉ねぎを発見した
蒸し暑い日が続いた一ヶ月間ほど、放置してたらしい

玉ねぎの入ったビニールを旦那が開けた途端、飛び出すコバエの群れ
見たことのない毛虫のような虫も這い出してきた
まさに修羅場
家中、腐った玉ねぎの匂いが充満した
旦那は袋を開けたまま涙目で逃げるし、虫はどんどん袋から出てくるし
地獄だった

旦那に子供を任せて外に避難してもらって、私は心を殺して対処した
もう二度と味わいたくない修羅場でした

8: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/17(木) 13:21:20.73
プチ修羅場

私が高校生、弟が中学生の時のこと
家には母、私、弟がいた
母が夕飯を作るダイニングキッチンを背にしてテレビを見ていたら、弟が「姉ちゃん姉ちゃん」と服を引っ張ってくる
生返事してたら「姉ちゃん、台所燃えてる」Σ(゚д゚lll)
振り向いたら中華鍋から火柱が換気扇を越えて天井まで上がってた
消火器を探したらキッチンの端に置いてあって、火の熱さにビクビクしながら取りに行った
なんとかパニックにならずに消火できた(自分でも驚くくらい冷静に消火器使えてた)けど、消火器の粉が部屋に舞ってたから慌てて家中の窓を開けたら
外の畑で父親がトラクターかけてて「父さん火事ー!」って叫んだらアハハーって笑われて助けてもらえなくて泣きそうになった(冗談だと思ったと言ってた)
母は中華鍋で揚げ物して火を消してから風呂に入ったけど、なんかの拍子に火がついたらしい
その晩は消火器なんか使わなきゃ良かった…って思うくらい部屋の片付けが大変だったけど、火の被害は換気扇がちょっと溶けた+フィルター全焼+壁紙焦げたくらいで済んだ
私が消火中なぜかずっとテレビを見てた弟が、消防士になりたいと言ったのを聞いて思い出しカキコ

63: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 19:53:54.80
プチプチですが投下。
結婚決まる→旦那精神病発病で退職→実家両親離婚危機→父と兄が険悪になり家庭内ドロドロ→父親家出→母親精神病発病
の一連の流れが個人的に修羅場でした。全部結婚前の話。
特に旦那と母親が発病してからのサポートがキツかった。
あんまり関わりすぎると自分が病気になりそうだったし、結婚決まってたから離れることもできないし仕事もあったし、その辺の匙加減ですごい悩んだ。
今は実家両親の仲も戻ったし病気もみんな治ったから穏やかです。

66: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 22:05:18.10
思い出し投下。
若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。
自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。
痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように
「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。
あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。
母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。
そして念のため2日入院。
退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり
「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。
内出血で2L以上出ており(致タヒ量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。
外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。
タヒねと思ったのが第1の修羅場。
退院してたらタヒんでた。

このページのトップヘ