キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

カテゴリ:親戚

オススメピックアップ!

761: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/03(金) 22:37:01
トメはヨメに対してはまさに何にでも文句を言う人。
孫の成績が良ければ「勉強ばっかりさせて!いつもガミガミ無理強いしてるんでしょう!」
悪ければ「教育は母親の責任よ!恥ずかしいと思わないの!」とどっちにしろヒステリー。

私はそういう人がすごく苦手で、けっこう今までも衝突があり、現在ではかなり疎遠。
それに比べて義弟ヨメさんはいつも笑顔でおっとりしててある意味トメのお気に入り。
(可愛がったりしてるわけでは決してなく、イビリターゲットとして)
しょっちゅう義弟夫婦を呼びつけたり押しかけたりしてるらしい。

義実家にちょっとした集まりがあって夫だけ派遣したんだけど、最近のトメはもう
人前でも堂々と義弟ヨメさんにくどくどと文句を言うようになってしまったらしい。
見かねた親戚が「いくらなんでも品がない!」と一喝してやっと黙ったんだとか。
まだぐちぐち言ってるトメにあきれた夫が義弟ヨメさんに謝りつつ義弟を怒りつつ、
「母は強いものには弱いんです。大人しくしてるとつけあがるだけだから、
もっと怒ったりしてください」と言うも彼女は「本当に平気なんですよ~」と笑うのみ。
親戚のおじさんが「いやはや菩薩のようだね、なんだってそんなに我慢できるんだい」
と茶化したら、義弟ヨメさんは相変わらずニコニコしながら

「だって、どうでもいいですから」

と笑ったらしい。
場は静まり返り、明らかに微妙な空気が流れてるのに、やっぱりニコニコ笑ってたそう。
「リングの上で義弟ヨメさんのはりぼて相手にトメが必死に闘ってて、はるか上のVIP席で
ニコニコそれを見てる義弟ヨメさんの図」が頭に浮かんだ、と夫が言っていた。
いびってると思ってたのに実は見下されてた、と悟ったトメはマジで顔が赤くなってたそう。
その夜、血圧の上がりすぎで具合を悪くしたらしい。

同じリングに上がって真正面から闘ってしまっていた自分は小者だったんだな・・。

続きを読む

252: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/27(金) 16:34:39
亡くなった義父の新盆での出来事。
翌年産まれた私の子は義父の生まれ変わりだと言う義母や親戚連中にうんざりしていた。

昼間どころか朝から酒を飲んでトイレに行く徒中で半脱ぎのズボンに足を取られ
転んだショックで心臓麻痺を起こした義父だ。
正直、ものすごく気持ち悪かったし腹が立った。
旦那はそーかもなーとかヘラヘラ笑ってるし。

そこで義弟嫁が「お義父さんは私達、嫁を可愛がってくれた。大事にしてくれた」
(これは本当。気を使ってくれてたし息子しかいないから嫁は大事にしてくれた)
皆、しんみりしてうんうんって頷いてた。
「そんな優しいお義父さんが義兄嫁ちゃんや孫を苦しめるわけないじゃないですか!」

私は早産で夜中に大出血して救急車を呼び、初めに行った病院では母子ともに
危険ということで大学病院に搬送されたんだ。

「だ・か・ら!お義父さんの生まれ変わりのわけがないんです!
大体、生まれ変わりだったら今頃哺乳瓶の中身焼酎ですよ!」
って笑い交えて言ってくれた。
それで最後は「生まれ変わりじゃなく二人の命を助けてくれたかもしれませんけどね」
したら義母さんも「まー嫁ラブのお父さんだったから・・・そうね、お父さんが孫ちゃんを
助けてくれたのかもね」って。

あの時、義弟嫁ちゃんが言ってくれなかったら息子はずーっと生まれ変わりって
言われたたんだなあと法事やお盆があるたびに思い出す。

続きを読む

312: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/01(水) 13:47:11
育児板みてたら思い出した。それほどスカっとしないかもしれないけど。

子供が赤ちゃんだった頃、義実家に連れて行ったらトメが
「この子は目と鼻はとーちゃん(ウト)似、口元と髪は私(トメ)似云々」と
子供のどこが誰に似ているか嬉々として挙げ始めた。
最初は、孫誕生が嬉しいんだなあと眺めていたけど、そのうち
「指の形は私の従姉妹の○○ちゃん似、足のこの爪の形はとーちゃんの兄さんの
○○さん似…」と顔もよく知らない義実家親戚の名前まで。
終いの方は私の顔を見てニヤニヤしながら義実家の親戚の名前を挙げていて
最後まで私に似ている箇所は一つも出なかったw

元々周囲にわからないようにこやかに嫌味をいう狡猾なトメだったので苦笑いしながら
スルーしていたら、トメの思惑に気づかない旦那が笑顔で
「嫁子の実家にいくと、皆が嫁子の妹さんが赤ちゃんの頃にそっくりだって言ってるよ」
黙って聞いていたウトさん(トメの嫌味があからさまになると唯一気づいてさりげなく
止めてくれてた)は、笑いながら「確かにどっちに似てても、自分たちの方しか
わからんからなあ」

皆で「そうだねー」と笑っていると、トメは急にふて腐れた顔になって立ち上がると
プイっと他の部屋へいってその日はなぜかずっと無言だったし、
子供は明らかに旦那似だったのに、その手の話は一切されなくなったw
いつも、「おしゃべりだけど気のいい母ちゃん・姑」ぶっているトメの
嫁いびり失敗してふて腐れた様子はちょっと面白かった。

あの頃のトメはファイティングスピリッツに溢れてて元気だったなあ。

続きを読む

515: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/27(木) 16:40:08.69
顔合わせれば「子供まだなの?」寄越す手紙にも「いい知らせ(子供)待ってます」
私の親もウトメもしない、子産め攻撃を仕掛けてくる夫の伯母。

一人で義実家に顔を出した先日。その伯母もやって来た。案の定「子供まだなの?」が
始まった。最初は笑顔で誤魔化してたけど、ウトメが席を外した隙に
「夫君、仕事で昇進して海外出張だのって忙しいんでしょ。子作りできてないんじゃない?
あなたも出張について行って、そこで頑張りなさいよ」と来た。

あんまりな提案に唖然としていると、ウトメが戻って来た。
すると伯母は、おもむろに2枚の紙を取り出して
「見て!これ知り合いの偉いお坊さんに考えてもらったのよー」と目の前に広げた。
男の子と女の子の名前が毛筆で書かれていた。あの「命名○○」みたいなやつ。

私もウトメも????となっていると「先に立派なお名前頂いておけば、子作りの励みに
なると思って~。だから嫁子ちゃん頑張ってね☆あと、これ、子宝に恵まれるお札。
すごい効果があるのよ。夫君の子供は私の孫同然なんだから、期待してるわよ~」
と満面の笑み。しかも、それぞれの名前の一字が伯母の名前から取った字。
(伯母が良子だとすると、良太・良美みたいな)

続きを読む

563: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/24(金) 17:31:23
トン切って

結婚3年目のお盆に、当時8ヶ月の息子を連れて行った
ウトメさん達はいい人で、赤ちゃんがいて大変でしょうと上げ膳据え膳してくださったんだが
親戚一同が集まって酒が入ってくると、ウト側の親戚のじじぃ共に公開授乳を迫られた
旦那は料理のお運びでたまたま近くにおらず、どうやって逃亡しようか考えてたら、トメさんがすっ飛んできて

「なんか聞こえの良いこと言ってますけど、嫁子ちゃんのおっぱい見たいだけなんでしょ!
まったく、いい年して!赤ちゃんだって嫌がるでしょうが!!
人に見られてもおっぱい平然と飲むような無神経な男はあんた達ぐらいですよ!!」

と、一喝
それからトメさんとコトメさんがさささっと私を促して別室へ連れていってくれた
そのあと旦那を呼んできて、じじぃ共が部屋に入らないように見張ってろ!と言いつけてたw

続きを読む

357: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/06/18(金) 10:26:17
私も4~5歳の頃、父方実家で「○○(母方実家)に行きたい」って大泣きしたことがあるよ。
父方祖父母が
「なんで?ここにはこれもあるしあれもあるし(おもちゃやおやつなど)、こっちのほうがいいだろう!」
「○○のおうちは小さくて遊びにくくて大変でしょう?」みたいなこと言ったんだけど、
「でも○○に行けばお母さんがいるもん!ここだとお母さん、ずっとお仕事で遊べないんだもん!
みんなお母さんにあれしろこれしろばっかりで、○(自分)のところにいられないんだもん!」
で泣いて暴れて手がつけられなくなったらしい。

このとき、たまたま縁側にご近所さんがいたもんで、祖父母は大恥かいたそうだ。
近所では「嫁はうちにくると何一つしないで・・」なんて話してたらしいから。
父方祖父母宅にいる間は小間使い状態だったという母。
手が空いて私のところに来てくれようとしたので、大喜びで駆け寄ったら、
「暇なら散歩にでも行ってきて」と母だけ家から出されたことがあったのをよく覚えている。

それから母は私を上手く利用して父方祖父宅での色んな用事を父に回していたらしい。
(だってこの子が私から離れないから~みたいな。実際祖父母が怖くて私は母にべったりだった)
(今思うと、ベタベタに甘やかしてるのに怖がられて嫌われるって、相当だよね)

続きを読む

658: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/07/06(火) 09:57:57
東北某所にある義実家の地域は、訛りがはんぱない。
自分も一時期東北に住んでたことはあるんだけど、都会(仙台)だったし、
老人たちのそれは何言ってるのかマジでまったくわからないときがある。
とはいえみんな、私やほかの嫁さんたちが集まるときはわかりやすい
イントネーションで話してくれたりする(場が乗るとそれもなくなるがw)。

が、一人、そんな私達のことを「学がない」とバカにするおっさんがいる。
日本語が不自由だとか、朝鮮人じゃないのかとか、中学出てるのかとか、
酔うといつもよそ出身の人(主に嫁たち)に絡んで鬱陶しい。
特に私は、仙台在住歴があるのが仇となり(転勤の2年間だけなのに)
「同じ東北のくせにお高くとまりやがって!」とあたられたこともあった。
人生の30年近くを関東で過ごしてるんだけど、何度言ってもスルーされる。

こないだ法事があって、乳児持ちの我が家は夫だけ行って来たんだけど、
件のオッサンが「嫁はどうした。どうせ馬鹿にしてそんなとこ行けないとか
騒いだんだろう」などと言ってきたらしい。赤子がいるからと説明したのに。
いないのをいいことに私への悪口は相当続いたそうで、ムカついた夫、
「え?ごめんよく聞き取れなかった。おじさんの訛りはとりわけひどいからね~」
をずーっと繰り返してきたらしい。
同郷でも訛り方にレベルがあるらしく、実際そのおっさんは一番きつい方らしい。
心中ではそれを気にしていたおっさん、なぜか小さい頃から一番可愛がっていた夫に
冷たくされ、さすがに凹んだらしい。

ちなみにおっさん、生まれも育ちも東京ですーって人には小さくなってる。
(私は生まれも育ちも関東(首都圏)だけど都民になったことはない)

あ、田舎をバカにするわけではまったくありません!
大体私自身、人生の大半を首都圏とはいえけっこうな田舎で過ごしてます。
むしろ訛りとか方言とか好きです。
万が一不愉快になった方いらしたら申し訳ありません。

続きを読む

451: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/29(日) 17:41:57.47
コトメちゃんが勇者だった。
義兄嫁はプライドばっか高くて規格外のダラ。義実家に頼りっぱなし。
子供を産んで少しは変わると思いきや悪化。初孫産んだアタシ女神!状態。
で、私の親友も同じ年に出産した。私は遊びがてら親友を手伝いに行っていた。
幼稚園に上がる半年くらい前から、
「義兄子ちゃんはプレやお稽古はいってるんですか?
幼稚園グッズ、今から作っといた方がいいみたいですよ~」
って言ってたんだけど、
義実家に入り浸りの義兄嫁は小梨がナニ意見してんの?pgr だった。
…で、入園後。案の定の「うちの子の、作って欲しいんだけど?」要請。
パリの風を感じさせる高級感漂う物を一週間以内にぜんぶ作れと。
餌付け乙なトメさんはともかく、なんで私が?と思い聞いてみたら
親友のは作ってあげてたじゃない、だから私のも。と真顔で仰る
いや、だって彼女は友達だから手伝ってたんですよ。義姉さんは…
と言いよどむと、義兄嫁、突如憤怒の形相で、意地悪するの!?と叫ぶ

続きを読む

877: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/07/27(火) 07:50:49
ハゲウトの話題で思い出した。
旦那弟のところに子が生まれたとき、新生児って毛が薄いんだけど
それ見て「俺と同じだな、この子もハゲハゲって言われて苦労するなー」って
ニヤニヤしながら言った。
そしたら弟嫁の母親が

「この子は今から生えるんです。あなたと違って!」

ってびしって言ってて後からすごい笑った。
ウトは「そんなひどい」とか言って意気消沈(した振り。やる夫のチラってAAに
似てる)してたけど、誰も相手にしないので拗ねて帰宅した。
普段からなんか一言余計で無神経な人だったけど、かなりスッキリしたし
あれ以来おとなしいから助かってる。

続きを読む

915: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/03(火) 12:50:27
もうすぐ法事で思い出した。
トメ実妹の息子さんのお嫁さん(A子さん)がやってくれたスカ。

社内では偉いのかなんだか知らないが上からどころか天から目線のウト。
夫にも私にも、もちろん夫兄弟やその嫁子さんたちにもとても偉そうで、
特に腹が立つのが自分のペースで何もかも進めたがるところ。
乳幼児がいたら食事に時間がかかってしまうのも仕方ないとは思えないようで
自分が食べ終わったら「何をしているんだ、ぐずぐずしないで早く食え」
「トメ子(基本良トメだがウトに逆らわない)もう早く下げて片付けろよ」などと急かす。
どこへ行ってもその調子だし、いつも眉間に皺を寄せてふんぞり返っている。
義実家に行くと常にキビキビ行動しなきゃいけないような切迫したムードでうんざりしていた。

数年前のトメ実母の法事でのこと。トメ実妹宅で親戚20人ほどが集まり、
ウトの仕分けにより男連中と大きな子は一階で、嫁たちと小さい子は二階で仕出し弁当を食べていた。
小さい子は生後二ヶ月の赤ん坊から三歳ぐらいまで七人ぐらいいて、
ギャーギャー泣きながらずり上がって移動する赤ん坊、汁ものをこぼす子、
食べこぼしをなすりつける子、つかまり立ち失敗で転がる子、乳丸出しの嫁子、床を拭く嫁子、
眠すぎて眠れなくてギャン泣きする赤ん坊、山盛りになっていくおしりふき。
四人の嫁子がそれぞれ我が子と必死で食事しているところへクソウトがやってきた。
弁当が到着してからまだ二十分しか経っていないのにノックもなしでガチャン!とドアを開けて

「まだ食べてないのか!もう皆食べ終わってるぞ!」
「そこ!こぼしてるじゃないか!誰の家だと思っているんだ!(おまえの家じゃねーよ)」
「あと五分で仕出し屋が来るぞ!それまでに膳を玄関にまとめておけ!」

続きます

続きを読む

このページのトップヘ