キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

カテゴリ:ご近所

オススメピックアップ!

839: 名無しさん@HOME
田舎の人ってみんながびっくりするぐらい金持ってる人多いよ。
基本的にケチでまったく使わないし、家賃がいらないってことが
大きいよね。 俺の田舎の本家なんか資産数億円だよ。それに一家5人が
全員会社勤めで、皆合わせて月収100万以上あるからねえ。 で金使わない
いったいなんのために金持ってるんだろうと思うときがある。

続きを読む

15: 名無しの心子知らず 投稿日:2014/02/07(金) 08:26:33.69 ID:dFuFa06m
こういう我が子の非を絶対認めず無かったことにしようとする親って
私の知人にもいるけど
普段の親の言動がもう無茶苦茶
子供を近所の人に預けて飲みに行って朝帰り(近所の人には仕事と嘘、しかも平日)
休日の朝起きて来ず子供がお腹が空いて他所の家に朝から凸撃
学校からのお手紙なぞ読みもしないから
家から持って来ないといけない工作の材料だの
ちゃんと持ってきたことが無い
どう見ても親が悪いのに「うちの子がお知らせを見せなかったから持たせられなかった」って
聞きもしないのに言うし、一体誰に言い訳してるんだかね
こんなんで子供が親の言うこと聞くわけ無いのに
「反抗期で親の言うこと全く聞かなくて困るわ~」だって
そりゃそうなるだろうよって話
で今、何をするか分からない見事なクソガキに成長(高学年)

続きを読む

42: 名無しの心子知らず 投稿日:2014/02/16(日) 23:27:28.97 ID:vh/hHtQm
用があって実家マンションに帰ったら住民用駐車場入り口の横の来客用駐車場が雪まみれ。
べちょべちょで汚い雪なのに、そこで雪遊びしてる親子がいた。

ルールにうるさい人がいるマンションなので、親に雪かきシャベルを借りに行き、雪かきをしようとしたら
雪遊びしてる子供が泣き出した。
は?何?と思ったら雪かきしないでと言ってる。母親が「そこ、雪かきしなきゃダメですか?」とか
聞いてきた。「はぁ?やらないと止められませんから…」って言ったら、面倒事が嫌いなうちの夫が
「あー、いいです。こっちに止めますから」って駐車場じゃないところ(予備の駐車スペースだけど
住民用ではない)に停めた。なんか、こっちが悪いみたいに言いたげだったけど雪遊びを駐車場
入り口でさせるもんじゃないよね。子供がひかれても良いのかしら…。

続きを読む

566: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/10(土) 18:59:11.10
報告がないので自分の話じゃないけど、近所の家の話。
母と仲の良いお宅の娘さんが離婚して帰ってきた。
母が聞いた話だと、まだ結婚する前から親御さんが娘さんを思って
掛け続けてきた高額医療保険を、エネ旦那実家を二世帯に建て替え
る資金にする為、還付金狙いで解約しろと娘さんに強制したらしい。
エネはなんで嫁親の親心まで自分のものと思えるのか不思議。

続きを読む

469: 1/3 投稿日:2011/05/05(木) 13:20:03.24
書いちゃえ☆

私は現在事情あって、ファミリータイプの分譲マンションに
女2人で住んでいる。
ご近所から見れば金持ちの姉妹が親父に部屋買ってもらって
のーのーと生活してるように見えると思う。
1フロアの数もかなり少なく、我が家の隣は事務所なんで、
一階下の奥様と仲良くしていただいてた。
(もちろん、我が家の事情も奥様はご存知)

ある日インターホンが鳴り、見るとポーチ先には見知らぬおばあさま。
聞けば下の階の奥さんのお姑さんらしい。
その隣にはエネ夫さんもいたのでとりあえず玄関先で話を聞くことに。
通り一遍等の挨拶したあと、お姑さんが言う事をまとめると
「うちの息子の嫁としてあなた(私)をもらってやる。今の嫁は石女なので追い出す。
 結婚したら夫婦はこの部屋へ住み、今の部屋はウトメの部屋とする。
 嫁からもらう慰謝料で隣室を買い、そこに旦那弟夫婦を住まわせる。
 旦那弟には彼女がいるみたいだが貧乏なので分かれさせるから、
 あなた(私)の妹を紹介しろ、結婚してやる」
と見事な上から目線。しかも隣でうなずいてたエネ夫も
「おまえ(私)の家に時々来る親はある会社の管理役と嫁に聞いた
 そこで働いてやるし、いずれはあとも継いでやるから感謝しろ
 あと、自分の父親は働かせないが名前を貸してやるので
 給料とボーナス払え、年間一千万は払え」

続きを読む

710: 1/2 投稿日:2010/09/23(木) 21:16:07
もう時効だろうから書く、近所のエネ話。

昔々の物語。
当時同じ通りに住んでいたAさん家は、当時はハイカラだった二世帯住宅でした。
A両親夫妻、A(長男)夫妻で仲良く住んでいました。
おかしくなったのはAコトメが離婚して出戻って、Aさん宅に一緒に住み始めてからでした。
Aコトメは子供二人を連れて戻って来ていました。

A両親夫妻は「子供の権利は平等だから」と
今まで二世帯のA夫妻が使っていたスペースの半分をAコトメたちに明け渡せと
命じたようです。
もともとA両親夫妻とA夫妻だけの出資で成り立っていた家に
Aコトメ+コトメ子供2が家賃も払わず割り込んできたことで
A一家の雰囲気は目に見えてギスギスし始めました。

ちなみにA父は地元の小学校の校長先生。A母は専業主婦。
Aは会社員。A嫁はパートの事務員。A子は中1と小4。
Aコトメも教員免許を持っていて、コネがあったからかすぐ地元中学に採用になりました。
(長女は県外に出ていてどんな人かよく知りません)

その後のことは色々ややこしいのと、噂が飛びかったので、知ってる事実を箇条書きします。

続きを読む

963: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/25(木) 23:57:48
空気を読まずに昔話、しかも人様の話
以前住んでいたアパートは2階建てで、1階と2階にそれぞれ2部屋ずつあった。
1階は庭が付いてて、その分家賃がちょっと高い。うちは2階だった。
うちの下は旦那、奥さん、2歳位の女の子の3人家族
庭はちょっとした家庭菜園&花壇があって、とても綺麗
私はフルタイムで働いていたのであまり顔を合わせることはなかったが、
たまにすれ違った時は、奥さんはにっこり会釈、娘さんは手を振ってくれた。

土日になると、旦那の両親と思われる人が朝から来ていた。
庭にキャンプ用?みたいな折りたたみの椅子を出して寝そべっている。
奥さんはその横で黙々と庭仕事、時々飲み物や食べ物を持ってきたり、
日よけのパラソルを出してきたりで、止まっていることがなかった。
旦那は折りたたみ椅子に座ってじじばばと喋りながら缶ビール飲んでる。
娘さんは三輪車に乗って遊んでた。
夕方になると、じじばばと旦那と娘さんが連れ立って、旦那の車でどこかへ行く。
奥さんはそれを見送ると、椅子やテーブルやパラソルを片付けていた。
娘さんと旦那が帰ってくるのは日曜の夜

続きを読む

636: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/05(金) 19:33:32.23
トメが私にしたイジメはすべて子供たちに話してある。
もう数年、近所に住みながらもほとんど会ってないが、
近所なので子供の通学路には時々出没し、子供の友達の間ではちょっとした有名人(悪い意味で)。

先月、子供が友達と三人で帰っていた時にまた出没。
無言でニタニタ笑いながら子供達を見ていたトメに、いつもトメの悪口を聞いている一人の子が

「死刑!!」

とトメに指をさして大声で叫んだらしい。
トメは口で笑いながら、目は悲しそうだったそうだ。
今迄も、違う友達がトメに「赤い口紅なんかして可愛いと思ってるんですか ?」と言ったり、睨んだりしたけど、
全く動じてなかったトメ。
「死刑」の一言を聞いて以来一度も見に来なくなったらしい。

続きを読む

502: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/25(木) 20:30:30.42
うちのトメは、自分が人から好かれていると信じて疑わない。
となりのおばあちゃんが手術、入院となったときに、そこの嫁に(こいつもかなり変)に、
自分のかわりに夜付き添ってほしいと言われてノコノコ行った。
町内におばあちゃんの娘さんたちがいるにも関わらず。
しかも、私や旦那が必死で止め、おばあちゃんにやめてと言われ、娘さんたちにも帰れと言われたのに居座り
いまだに、してあげて感謝されたと思っている。
おばあちゃんにも娘さんにも嫌われていることにすら気づかない。
ということが30年くらい前にあった。

続きます。

続きを読む

450: 1/2 投稿日:2010/09/16(木) 23:26:38
整形外科のリハビリ室でのこと。
リハビリだから、結構な頻度で通うため、患者さん同士が知り合いなことも多い。
私が知り合ったのは比較的軽度の怪我で通院してたお嫁さん。
それでも先生には週にニ、三回通って様子を見てくださいと言われているらしい。
私はそれよりも頻度が高いので、通えば二回に一回は会う。

その日はお嫁さんだけじゃなくて、なぜかトメも一緒に来ていた。
最初はお姑さんも通院?と思ったが、そうではないらしい。
話を聞いてみると

・大した怪我でもない癖に嫁が病院に通うなんて生意気
・そんな暇があるなら、私を車で病院に連れて行きなさい
・その帰りにデパートに寄ったり、カルチャーセンターに連れていくなりするのが嫁の務め
・ここにいる人たちだって、皆お姑さんについてきてるじゃない

とのこと。それを待合室で大きな声を出して言うものだから、お嫁さんオロオロ。
諫めてもあなたは黙りなさい!の一点張り。

続きを読む

このページのトップヘ