キチママ目撃談

鬼女やキチママ等の生活系2chまとめブログです!

2017年2月の記事一覧

オススメピックアップ!

851: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/23(火) 12:36:41.52
底辺高校の修羅場
うちの高校はA国、B国、C国と修学旅行先が選べた。
修学旅行後、A国に行った人たちが芋づる式に停学に。

理由はたばこ。
一人の子がトイレにも行かせてもらえず、皆白状したからと言われてゲロる。
だが実際はその子だけがゲロっただけだった。
もう一回悪い事をしたら退学が決まっていた子が、そのゲロった子を殴る。
泣きながら止めに入った教師も無視して殴った。
私のクラスは半分が停学になった。
B国を選んだ人達。旅先で知り合った男とやり、その男は他の子ともしてたらしく、帰国後「あいつらとは話すな何かあったら言いな」と全然関係ないのに言われた。
C国を選んだ人たち。日本が嫌いな国で生で「FUCK!」と言われるも、皆意味が分からずエンジョイ。

続きを読む

872: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/23(火) 15:33:57.18
悲しい修羅場です。
近所の小学生が放課後に校庭で友達と遊び自宅に帰って来たら、親が居なかった。
鍵は持っていたので、一人で留守番をしていた。
親が帰って来たら、静かなので子供を呼んで返事がなく子供の部屋に行ったら
子供がベットで寝ていた。起こしても起きない。叩いても叫んでも起きないので
救急車を呼んだが、すでに亡くなっていた。変タヒの扱いで警察が呼ばれた。

ここまでが近所で起きた事実。タヒ因は心臓発作とかで、寝ているうちに亡くなった
らしい。子供の体に青あざがいくつかあったので、母親は虐待を疑われて
近所に警察が聞き込みに来た。あざがあったのは外遊びが好きな子でいつも
どこかしら擦り傷とか作っている子だったからで、母親は一人っ子のその子を
溺愛していて虐待なんてとんでもなく、かなり心に傷を負ってしまい
その子のタヒ亡原因を一緒に校庭で遊んでいた子のせいにして、それぞれの家に
怒鳴りこんでいき、嫌がらせを繰り返した。

最初は気の毒な人だからと皆大目に見ていたけど、被害が子供の通学路に立ち
帰って来た子に人杀殳しを叫ぶようになってからは、団体で父親に苦情を入れた。
母親の方は、すぐ居なくなった。離婚して故郷に帰って入院したらしい。
父親もマンションを売りどこかに引っ越して行った。
悲しい出来事でした。我が家は怒鳴りこまれ人杀殳しと叫ばれた子供の方です。
子供の心のケアに心療内科にしばらく通いました。

続きを読む

876: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/23(火) 18:25:52.78
悲しい話の後に気が引けるけど、最大というほどじゃない修羅場。

私達夫婦は人をもてなすのが好き。ホームパーティをするのが夢。
今までマンションだったから騒音で迷惑だからと我慢我慢だった。
やっと田舎の隣と距離のある一戸建てを買った。
それから親族のパーティや友達のパーティやらをしました。
たたかれる前にBBQはしません。近所にはする数日前に挨拶はしてます。

友達BからあなたんちでAの婚約パーティするってAから招待状もらったけど???
と電話が来た。Aは学生時代の友達で結婚前にもよく遊んでた仲。
パーティにも何回かよんでいた。でもそんな約束してないし我が家はそんなに
広くないせいぜい5~6人しかよべない。てかAの婚約話なんて初耳と友達Bに
ぶっちゃけた。
それから友達に聞きまわったら我が家に来る友達以外にも何人も招待状は
届いているらしい。10人ではきかない。

Aに苦情を言いに友達Bと凸したら、Aの頭の中では私達夫婦は離婚してAと
旦那が婚約したことになっていた。気持ち悪くて即効Aの親に苦情を入れたが
話が合わずやっとお兄さんと話せてAを入院させてもらった。
Aは不倫の子供をおろしたところだそうで、精神的におかしくなったらしい。
もちろん招待状はAの家でちゃんと説明の上撤回してもらった。

続きを読む

928: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/24(水) 13:40:16.65
お盆に帰省してきた従姉妹たちと深夜まで飲んでた
泥酔した従姉妹が不倫していると告白
次の瞬間、寝ていたはずの叔母(従姉妹母)が襖をスパーンと開けて鬼の形相で立ってた
「お前はーーー」と絶叫しながら従姉妹の髪を掴んで往復ビンタ

ばあちゃんの初盆だったのに・・・ごめんねばあちゃん

続きを読む

140: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/30(火) 22:41:20.62
子どもの頃の話。
前提としてうちは田舎で、当時は日中はどの家も鍵なんかかけてなかった。

当時私は(たぶん)幼稚園児で、夏休みだったから家で昼寝してた。
ぱっと起きたら横に知らないおばさんと、自分と同じくらいの年頃の女の子がいた。
「誰?」
って聞いたらおばさんが
「あんたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの」
って言う。
「ここは私ん家だよ」
って反論したんだけど、おばさんは
「おまえなんか知らない!うちの子はこの子だけだ出てけ!」
と怒鳴った。
私はわけがわからなくて、親以外の大人に怒鳴られたのが怖くて家を飛び出た。

おうちがなくなってしまった。
おかあさんはどこにいったんだろう。
二度とおかあさんにも友達にも先生にも会えないかもしれない。絶望しながら遠くまで歩いた。

続きを読む

232: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/31(水) 21:14:12.76
母が体験した修羅場。今から約50年前のことです。

母は当時小学生。母の実家は、大きな商家で住込みの弟子が常時15人以上はいた。
母を含め経営者一家は3階だての3階、弟子は2階、トイレや風呂などは一階。
そんな感じで住んでいたそうだ。

ある夜、小学生だった母が夜中に尿意を覚えてトイレにいこうと、1階までいくと血だらけのみたことない女性が倒れていた。
びっくりして叫ぼうとすると、後ろから手で口を塞がれて意識を失った。
ここで一端、母の記憶は途切れます。次に気付くと病院のベッドで目を覚ました。

母の口を塞いだ犯人は、当日住込みで働いていた弟子の1人で、母がみた血だらけの女性はその弟子の恋人で、別れ話のもつれから刺したそうです。
祖父は夜中に弟子が抜け出していないかみるために、真夜中に巡廻しており、ちょうどその時に口を塞がれて意識を失った母を発見。
そのまま、弟子と格闘し、祖父も刺されながらなんとか身柄を確保し警察につきだしたそうです。

女性や祖父を刺した包丁が、祖母のものであったことや弟子を監督できなかった責任者をとって、事業は縮小し、
預かっていた弟子は全員祖父の知人に託したそうです。
それ以降は一族だけで事業をすることになり今に至っています。

続きを読む

264: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/01(木) 17:15:42.70
 流れを無視ししてカキコ

 まだうら若き乙女だった頃の話。
快速電車内で毎日のように痴漢にあった事があった。
耳元でンふっ…ンふっ…と気持ち悪くて仕方がない。
泣きながら兄に一緒に通学してくれるよう頼んだところ、一言「潰せ」と言われた。
そうか、潰せばいいんだ!と妙に素直に納得したのを覚えている。

兄の指示に素直に従い、翌日いつものように痴漢してきた野郎の○玉を
全身の力を込めて思いっきり握った。
次の停車駅で痴漢を電車内から叩き出し、駅員に引き渡した。
…ところを当時憧れていた先輩に目撃された。 orz

帰宅した兄に「お兄ちゃんのせいよ!!」と文句を言ったが
「俺は(痴漢してきた)手を叩き潰せと言ったつもりだった。
玉を潰すなんて、お前は鬼か!!」と逆切れされた。
「痴漢の玉なんざ、みんな潰れちまぇーっ」と泣きながら
何故か兄をポカポカ叩いたのを覚えている。

元気に帰宅してくる子供達を見ていたら思い出したので、吐き出しカキコ

続きを読む

321: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/01(木) 23:26:15.99
タヒ体発見話ではなく
あやうく発見される方になるところだった話
いいですか?

続きを読む

363: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/02(金) 18:09:31.12
私と友人の昔話。

桜舞い散る季節の深夜、仕事から帰宅中にコートを着た男と出会った。
怪しい男だな…と思っていたら、案の定「ンバッ」と勢いよく前を広げて
ご自慢のブツを見せてきた。

私「…!(声にならない悲鳴)」
男は満足げに笑うと立ち去った。
気持ち悪くて、泣きながら交番に駆け込み、警察官に慰められつつ被害届を提出。
状況説明を求められたが、口にするのも恥ずかしく情けなかった。

同じく、夜勤帰りに遭遇した友人
(犯人の背格好や着ていたコートの色等から、恐らく同一人物と思われる)

思わず一言出たそうな。

「あ!仮性だね。早めに治療した方がいいよ!」
そして逃げる男の背中に残酷な一声
「人様にお見せするなら、ちゃんとしようね~わかった~?」
犯人は泣いただろう(たぶん)

「思わず確り観察しちゃった。一種の職業病よね~」
友人は泌尿器科の看護師だった。
少しだけ、犯人が可哀想な気もしたが、ザマァ!と内心笑ったのは内緒だ

続きを読む

384: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/02(金) 21:55:07.34
携帯からなんで見辛かったらごめん。
子どもでも衝撃的すぎるとよく覚えてるもんですよね。

私と兄が幼稚園前くらいの年に、母が教習所へ行くことになった時のことです。
その教習所には併設の託児所があり、私と兄はそこに預けられました。

が、この託児所にいた保母さんがとんでもない人でした。

ニコニコしているのは親がいるときだけで、普段は別室でお菓子食べつつテレビを見ていて子どもは放置。
子どもが騒いだ(といっても普通にキャッキャ声を出しただけ)時だけ子どもの部屋(?)に来て、うるさいと容赦なく子どもをぶん殴る。

おかげで託児所には私と兄以外にも4?6人はいたのに誰もが騒ごうとせず、壁際にピタッと張り付くように座り、ひとり遊びばかりしていたのを覚えています。

私と兄は両親に「いつも叩かれる!あそこには行きたくない!」と訴えたのですが、私たちがあまりにも幼かったせいで、
何か悪いことをして怒られたのを大げさに言っているとしか思われておらず、この状態は数ヶ月続きました。

続きを読む

このページのトップヘ