890: (1/3) 投稿日:2014/01/19(日) 16:30:23.29
昨年末にあった個人的に修羅場だった事。
怪我でグロイかもしれないので注意。

サービス業なので祝日も仕事がありその日も朝出だったんだけど、
前日は夜出勤だったのもあり、寝坊してしまった。
電車に乗り遅れる!遅刻!と準備もそこそこに家を出て自転車に乗った。
そしたら着てたロングのモッズコートの裾の絞り紐が自転車のチェーンリングに引っかかってしまった。

あちゃーと思ったんだけど、走り出してすぐで漕ぐのに支障はないし焦ってたので
駅近くの駐輪場手前まで行ってから紐を取ろうとそのまま駐輪場まで自転車を走らせた。
駐輪場に着いてから、スタンドで立てて紐を取ろうと右手を突っ込むけど上手く取れない。
直ぐに取らなかったせいか絡まってるみたいで、電車の時間も近づいてたので焦ってたら
スタンドにロックをかけていなかったせいで自転車がガタンと向こう側に倒れた。



891: (1/3) 投稿日:2014/01/19(日) 16:34:20.16
ガッって指に硬いものが当たる衝撃が走って手を引き抜いたんだけど
あんまり痛くないから、肉抉れちゃったかな~絆創膏買わないと…
とか思いながら見たら、中指の肉が第一関節越えた辺りまで抉れていて白いのが見えた。
よく見たら第一関節くらいまでの手の甲側の肉を綺麗に抉れている。

これは自分で何とかできるレベルを超えてる…
そう思って救急車を呼ぼうとするもコートの紐がまだ引っかかって上手く動けず。
何とか自転車を立て直して(今度はちゃんとロックしたw)鞄を漁っていると
さっきまで血の出ている様子なんてまったく無かったのが、ボタボタと超血が出てる。
血ってあんなに大量に出ちゃうもんなんだね、凄い焦る。多分ここが最初の修羅場だったと思う。
あ、この出血量はヤバイと相当焦って携帯探して、救急車呼ぼうとして117で時報聞いたw
でも、これのおかげでだいぶ落ち着きを取り戻して、今度はちゃんと救急車を呼べた。

892: (3/3) 投稿日:2014/01/19(日) 16:37:22.91
わああ、ごめんなさい。これの前のは(2/3)でした…

で、救急車呼ぶ時に傷の具合を聞かれて、あんまり見たくなかったけど患部を観察してみると
爪が何か異様に長い。なんでだろうとじっくり見るとその爪の半ば辺りに甘皮がひっ付いていて
甘皮から下は本来肉に埋まってるべき部分なのに、肉の上に乗り上げていて完全に剥がれてた状況だと
理解してしまい、ここで第二の修羅場。

その後病院に送られるも外科の先生にこれ無理だわ…って触りもせず30分程放置されたのも修羅場。
30分後に整形外科の先生が爪に穴あけて肉と爪を縫い合わせてくれたけど、
ガーゼ当ててはいるけど血は止まってないし、いっそ貧血で倒れたいと思った。
最後に珍しいから後学のためにって縫い合わせた患部の写真撮られた。
写真撮った後、整形外科の先生に「くっ付いても爪が壊タヒして取れたら、もう爪生えてこないかも…」
って言われたのもプチ修羅場だった。

皆も怪我には気をつけてください。
長々と失礼しました。

893: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/19(日) 16:41:00.80
>>892
血みどろ乙!
爪はえてきたの?

895: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/19(日) 17:14:33.67
>>892
>第二の修羅場
書いちゃったか

896: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/19(日) 17:37:24.39
>>891
>>892
>最初の修羅場
>第二の修羅場

うぜえええええええええええええええええええええええええええええええええ
もうタヒねよ消えろよ二度と来るなよ

900: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/19(日) 18:47:38.10
>>893
乙ありがとうございます。
今やっと剥がれていた爪が付いたところで、
生えるかどうかはもう少し先にならないとわからない状況です。

895-897
私のミスで不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。
これで最後にします。大変失礼いたしました。

901: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/19(日) 18:57:15.99
足の親指の爪が剥がれた時は、最初の衝撃で2/3以上剥がれて
ぶらぶらになってから数週間して貼りついている部分が徐々に
剥がれて行って、完全に剥離したなぁ
あと爪って、剥がれると根元から徐々に生えてくるんじゃなくて
爪の下の皮膚が角質化から硬質化して爪になっていくって工程を
リアルタイムで観察できた

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1386658612/


PickUp!


関連記事

みんなに読まれている記事